ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

タグ:食(Essen) ( 31 ) タグの人気記事

クロイツベルクのココロラーメン

e0038811_06561062.jpg
仕事が一段落した先週末、ちょっとしたお疲れ様会ということでクロイツベルクにある「ココロラーメン」に行ってきました。U1のKottbusser Torから南に5分ほど歩くと(U8のSchönleinstr.からも同じぐらいの距離)、ラントヴェーア運河にかかるコトブサー橋が見えてきます。毎週2回トルコマーケットが行われる場所でも知られているところ。ここからPaul-Lincke-Uferという運河沿いの道に沿って歩くと、ラーメンの赤提灯が見えてきました。このCocolo Ramen、もともとはオリヴァーさんというラーメン好きのドイツ人(本業は工業デザイナー)の方が14年ぐらい前(?)に始めた屋台のラーメン屋で、当初はミッテのカフェのスペースを使って週末だけ営業していました。私も屋台時代に何度か食べに行ったことがあります。やがて、ミッテのGipsstr.に店舗の形でオープンし、昨年6月、2号店としてオープンしたのがこのクロイツベルク店というわけです。

e0038811_06554106.jpg
店内は超満員で、しばらく入口で待つことになりました。ココロラーメンはお昼も営業していますが、やはり夜の方がラーメン屋らしい熱気に溢れています(屋台を彷彿とさせるカウンターのデザインもいいですね)。とはいえ、ここはベルリンのクロイツベルク。多国籍の地元の人々がラーメンをすすっている様子は、初めて来たときは不思議な感じがしました。

e0038811_06554813.jpg
私たちが訪れた先週土曜日は、今年最後の営業日。日本人の店長をはじめとするスタッフが慌ただしく店内を駆け回っていました。ちなみに、地下にある広々としたトイレの構造とデザインもなかなか面白いです。

e0038811_06561606.jpg
さて、ラーメンが運ばれてきました。こちらは味噌ラーメン(8ユーロ)。
e0038811_06560385.jpg
そして、私が注文したとんこつラーメン(10ユーロ)。全種類を食べたことがあるわけではないのですが、私はここではとんこつが一番好きです。チャーシューのほかに、トロトロになるまで煮込んだ豚の角煮が付いていてこれがまた美味しい^^。この日は偶然、日本人画家の友人にばったり会い、彼が連れて来たイタリア人カップルの友人らとテーブルを囲んで一緒に食べることになりました。パスタという麺文化の本場からやって来た彼らも「美味しい」「体が温まる」と大喜び。枝豆をつまみに楽しく食べているうちに、私は結局替え玉(2ユーロ)を注文することになったのでした。ちなみに、来年の営業は1月2日の18時からだそうです。

Cocolo Ramen
Paul-Lincke-Ufer 39-40
10999 Berlin
Tel.030-98339073

by berlinHbf | 2014-12-24 16:53 | ベルリンあれこれ | Comments(2)

2014、白アスパラの季節!

e0038811_04162393.jpg
今年は5月に入ってからも肌寒い日が続いていたのですが、今日はこれ以上ないというぐらい最高の五月晴れ。昨夜1つ大きな原稿を書き上げ、気持ちも少し楽になったところで、今日は自転車で街に出てみました。現在フルートメーカーに勤める大学時代の友人が出張でベルリンを訪れていたので、午後に楽器屋で会った後、ヴィルマースドルフのフォルクスパークに面したカフェへ。カフェの窓から見えるこの行列は、隣のアイス屋さんがお目当ての人たち。これから金曜日にかけて、気温は30度近くまで上がるそうです。

e0038811_04160680.jpg
ちょうど今、白アスパラが旬の時期を迎えているので、久々に食べ物のお話を。先日、ドイツ人の知人宅でアスパラをごちそうになってきました。以前このブログのインタビューコーナーでご紹介したメヒティルトさんのお宅。毎年5月になると、彼女はいつも旬の味覚でもてなしてくださいます。
e0038811_04161496.jpg
メヒティルトさんはベジタリアンで、食べ物もオーガニックにとてもこだわります。太い立派なアスパラも、ほくほくしたジャガイモも、近くの野外マーケットから仕入れてきた新鮮なもの。これに炒り卵とサラダが付け合わせとして出され、アスパラはバターと塩コショウのシンプルな味付けでいただきます。毎年ほぼ同じメニューですが、これを食べると今年も5月が巡ってきたなあと実感します。
e0038811_04155652.jpg
知人との会食で、一度レストランでも白アスパラを食べる機会がありました。これはシャルロッテンブルクのケネーゼベック通りにあるBelmondoというフランス料理のお店。メニューには他にも美味しそうなものがたくさん並んでいましたが、ちょうどシーズンが始まったばかりのアスパラメニューに目が行ってしまったのです。いくつか付け合わせのオプションの中から、私はサーモンのグリルを選びました。何気なく口に運んだところ、これが絶品。固すぎず柔らか過ぎず、湯で加減が絶妙な白アスパラから、カリッと香ばしく焼き上がったサーモン、しっとり味わい深いジャガイモまで、レストランで食べたアスパラ料理ではここ数年で屈指のお味でした(なんて、私の料理評などあまり当てにしないでいただきたいですが^^;)。こちらはクリーミーなオランデーズソースでいただきました◎

Restaurant-Bar Belmondo
Knesebeckstraße 93
10623 Berlin
Tel (030) 362 87 261
http://belmondo-berlin.de

by berlinHbf | 2014-05-21 00:18 | ベルリンあれこれ | Comments(4)

プレンツラウアー・ベルクの"nazuna"

e0038811_20513055.jpg
先週末、ベルリンは気温が一気に18度近くまで上がりました。数日前、そんな春の気配を感じさせる"nazuna"という名のお店に足を運ぶ機会がありました。

もう何年も前になりますが、"nazuna"のオーナーのTさんとは、共通の友達とコンサートでご一緒したことがあります。当時Tさんは調理師としてミッテのレストランで働いておられました。その数年後、彼女が自分のお店をオープンしたという話を風の便りで聞き、ずっと気になっていたのですが、今回ようやく初めて訪ねることができました。

e0038811_20481787.jpg
場所はプレンツラウアー・ベルク地区。U2 Eberswalder Straße駅から東に延びるダンツィガー・シュトラーセに沿って行き、プレンツラウアー・アレーとの交差点近くにありました。カウンターで「今週のお弁当」(7.5ユーロ)とお茶を注文し、大きな窓に面したテーブルに座りました。ここからの眺めがなかなかいいのですね。コルヴィッツ通りの奥に昔の給水塔が見え、さらにその向こうにはテレビ塔がぼんやり浮かび上がっています。かと思うと、アヒルのような顔をしたM10の黄色いトラムが頻繁に通り過ぎて行きます。

e0038811_20483034.jpg
やがて、お弁当が私たちのテーブルに運ばれてきました。ポン酢ドレッシングによる鳥の唐揚げが、ちょっと新鮮でおいしかったです。他にも煮豆やほうれん草のごま和えなど、健康に気を配った付け合わせがうれしい。この店オリジナルのお菓子も添えられていて、全部おいしくいただきました。「弁当」という食文化は素晴らしいと久々に実感。

e0038811_2048368.jpg
カウンターにはお惣菜のほか、パートナーのドイツ人パティシエの方による手作りのお菓子が並んでいるのですが、これがまたどれもおいしそうで・・・ゆずケーキ、黒豆入りチーズケーキ、さくらケーキなどなど。次回はこちらの方も試してみたいです。

e0038811_2053183.jpg
テイクアウトする人、店内で食べる人が頻繁にやって来て(ただし、店内にトイレはありません)、1人で対応するTさんはとても忙しそう。この間、日本人の客は私たちだけでした。ようやく少し時間が取れて、Tさんと立ち話。2011年にオープンして以来、最近は地元の常連さんも増え、口コミでお店の評判が広がっていることを喜んでいました。帰り際、「また来てくださいね。おおきに!」と京都出身の彼女の元気な声で見送られました。プレンツラウアー・ベルクにお越しの際は、ぜひ"nazuna"にも足をお運びください。

関連記事:
ハンドメイドライフ」というサイトで"nazuna"とTさんのことが紹介されていました(こちらより)。

nazuna
Danziger Str. 65, 10435 Berlin
Tel. 030 68 07 50 43
E-mail. info@nazuna-berlin.com
http://nazuna-berlin.com

Opening hours
月〜金12:00〜20:00、土12:00〜18:00
(日曜、第3土曜、第4月曜は定休)
by berlinHbf | 2014-03-10 15:07 | ベルリンあれこれ | Comments(4)

世界を味わうレストラン「ヴェルトキュッヘ」

e0038811_18225163.jpg
パステルカラーの内装がかわいらしい「ヴェルトキュッヘ」の店内

クロイツベルク地区にユニークなコンセプトの下で運営しているレストランがあると聞き、先日お昼時に訪ねてみました。ラントヴェーア運河の岸辺から一歩入ったグレーフェ通りを行くと、リンゴのマークの看板が見えてきました。店の名は「世界の料理」を意味する「Weltküche(ヴェルトキュッヘ)」。

e0038811_18235022.jpg
パステルカラーの内装は温かさと心地良さを感じさせ、セルフサービスのレジからは女性の店員さんの元気な声が響き渡ります。ランチ・メニューは日替わりの3種類で、私はナスに挽肉を詰めてオーブンで焼いたオリエント風の料理を頼んでみました。薄味のトマトソースと肉の香ばしさがマッチしていて、とても美味しかったです。値段は4.50ユーロ。全体的に物価が安めの同地区にあっても、さらにワンランク下の価格設定といえるでしょう。

実は、ここで働く約10人のスタッフの中に、ドイツ人は1人もいません。例えばこの日は、トルコ人のウェイトレスにエジプト人のコック、料理を運ぶウェイターはトルクメニスタンから移住して来たという青年……という具合。ヴェルトキュッヘは、ベルリン在住の無職の移民に職業訓練と働く場を提供しようという社会プロジェクトから生まれたレストランなのです。

ヴェルトキュッヘがグレーフェ・ヴィルトシャフトというNPO団体によって運営されるようになったのは、2009年のこと。当時からアドバイザー役を務めているアネッテ・ヤンコフスキさんに話をうかがいました。「もともと私はドイチェ・バーンに勤務していましたが、ヴェルトキュッヘのアイデアに感銘を受け、力になりたいと思ったんです。ここで働く人の中には、政治状況が困難な国の出身ゆえ、ドイツの滞在許可に問題を抱えている人も多く、州やEUレベルのネットワークとも提携しながら彼らを援助しています」。ランチ、夜のビュッフェ共に、地元の人に好評で、ケータリングサービスも行っているそうです。

e0038811_1823686.jpg
厨房で働くツァーヘアさん(左)とトルコ出身のコザックさん

コックとして働くアブデル・ツァーヘアさんは、18年前にエジプトからベルリンに移住して以来、飲食業を点々としていたそうですが、「ここでは、その日のメニューを自分で決められるんだ。トルコ系、オリエント系、もちろん私の出身地エジプトの料理もね。毎日がとても楽しいよ」と嬉しそうに語ってくれました。

これらの活動と理念が評価され、ヴェルトキュッヘは昨年、連邦政府が主宰する「ドイツ―アイデアの国」コンテストで受賞しています。営業時間は、月〜金 12:00〜22:00(冬期は12:00~16:00)。http://die-weltkueche.org
ドイツニュースダイジェスト 6月8日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-06-10 11:28 | ベルリンあれこれ | Comments(0)

クロイツベルクの行列ができるケバブ屋

e0038811_2101963.jpg
私の地元、横須賀・三浦のタウン紙「はまかぜ」に最近書いた記事を転載します。

日本のような流行の伝播がないドイツで、いわゆる「行列ができるお店」というのはまずお目にかかりません(もちろん従業員が少ないため仕方なく並ぶことはありますが・・・)。ただ、例外はあります。2012年の最初は、ベルリンでおそらくもっとも人気のあるケバブ屋さんをご紹介したいと思います。

e0038811_1583459.jpg
串に刺した肉を回転させながら焼き、それをスライスして野菜と一緒にパンに挟んで食べるドネル・ケバブは、最近日本でも屋台で売られているそうなので、ご存知の方も多いと思います。元々はトルコの伝統的な料理ですが、パンに挟んで食べるようになったのは、1970年代のベルリンが最初だとか。戦後、西ベルリンに出稼ぎ労働者としてやって来たトルコ人が考案し、やがて世界中に広まりました。トルコ系移民が多いクロイツベルク地区を中心に、ベルリンには数えきれないほどのケバブのスタンドがあります。

e0038811_158554.jpg
時間帯によっては1時間近く並ぶことも

地下鉄メーリングダム駅を上がってすぐの「ムスタファズ・ゲミューゼケバブ」の前を通ると香ばしい匂いが鼻を突いてきます。店の前には昼も夜も常に長い行列ができているのですが、毎回並んでも食べたくなってしまう。そんなケバブ屋は他にそうそうありません。

e0038811_1585290.jpg
何が違うのでしょうか。チキンや野菜が新鮮なのはもちろんですが、ここのお店はさらに油で炒めた野菜が盛り込まれているのがミソ。全体の味を決定付けるタレ、さらに締めのチーズとぎゅっとひと絞りのレモン汁。値段は日本円で約300円。これだけで一食分のボリュームがありますから、おいしい上にお得感もたっぷりです。

--------------------------------
このお店は3年半前にも一度ブログで紹介していますが、ここ数年の人気沸騰ぶりはすさまじく、よほどの時間帯を除けば並ばないと買えないようになってしまいました。それでも、この前を通るとどうしても食べたくなってしまうときがあるんですよねぇ。

Mustafas Gemüse Kebab
Mehringdamm 32, 10961 Berlin
http://mustafas.de

関連記事:
メーリングダムの野菜ケバブ屋さん (2008-06-25)
メーリングダムの"Curry 36" (2006-05-09)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-01-30 18:42 | ベルリン発掘(西) | Comments(9)

ドイツ人家庭で味わうクリスマス

e0038811_032552.jpg
このブログでも何度か紹介している知人のフレンツェルさん夫妻(ウリさんとウラさん)を12月に訪ねる際、毎回楽しみにしているのがクリスマス用の種々のお菓子を出してくださること。紅茶をいただきながら、これらのお菓子を味わうのは格別なのです。レープクーヘンやAachener Printenなど、いくつかの種類は以前以下の記事でご紹介しましたね。

関連記事:
ドイツのクリスマス用ケーキ種々 (2007-11-27)
10年目の出会いと別れ (2011-10-22)

e0038811_0331962.jpg
日本でもおなじみのシュトレン。実はスーパーのKaiser'sでこの時期売られているドレスデン製のもの。これが結構本格的なお味。

e0038811_0335849.jpg
こちらの皿にはチョコレートやマジパンやら。外側はチョコレートがけ、中はジンジャーが入ったお菓子は、特においしかったです。

e0038811_035312.jpg
こちらはアドベント・クランツ(アドベント・リース)。今日は第4アドベントなので、最後のロウソクにも火が灯っていることでしょう。

e0038811_0344677.jpg
ウラさんは、かわいらしい小物やオーナメントをたくさん持っていて、写真を撮りたいと言ったら、わざわざ火を付けてくださいました。これはRäucherhausといって、火を付けた小さなお香を中に入れると、煙突部分から煙が出てくるというもの。同じ仕組みの人形が有名ですね。

e0038811_0353519.jpg
スウェーデン製というハート形のローソク立て。

e0038811_0355840.jpg
これはハルツ地方の木の人形。頭の部分に坑夫のマークがありますが、ハルツ地方は元々鉱山の多い地域。昔はこの人形を窓側に向けて、鉱山労働者の男たちが帰宅するのを家族は待っていたのだそうです。

e0038811_0363437.jpg
こちらは天使バージョン。

e0038811_0373284.jpg
アパートの入り口付近に飾られていた星の飾り。ベツレヘムの星をイメージしており、Herrnhuter Sternという名でこの時期ドイツでは至る場所で見かけます。先週スペインに行ってきて思うのは、クリスマス前の華やかさや光というのは、周りの暗さや寒さがあってこそ引き立つものなのかなあということ。ドイツのクリスマスはやはり格別だと思います。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-12-18 13:50 | ベルリンの人々 | Comments(4)

マスタードの専門店『ゼンフ・ザローン』

e0038811_2222439.jpg
天気の良いある日、クロイツベルクを散歩していたら、通りの半地下にちょっと気になるお店を見付けました。その名も『ゼンフ・ザローン(Senf Salon)』。「ゼンフ」とは、ソーセージなどに付けて食べるお馴染みのマスタードのこと。名前に惹かれて階段を下りていくと、そこには黄色のラベルが貼られたマスタードの瓶がぎっしりと並ん でいました。驚いたのは、一言でマスタードと言ってもその種類が半端ではないことです。はちみつ入り、しょうが入り、なんとバナナ入りまで。何種類か試食させてもらうとどれも美味しく、後日オーナーのシャンバッハさんに改めて話を聞かせていただくことにしました。

e0038811_22183287.jpg
『ゼンフ・ザローン』の創業者、エネルギッシュなシャンバッハ夫妻

シャンバッハ夫妻はブランデンブルク州出身。夫のクリストフさんは作曲家、 夫人のメーリットさんは写真家という芸術家カップルです。10年近く前、彼らに創業のヒントを与えたのは有名な子ども番組だったそう。「ある日、『マウス といっしょ』を見ていたら、マスタードにちょっと風変わりな材料を混ぜるということをやっていました。中にはバナナを混ぜたものまであって、私たちはびっくりしたのですが、出演者は『マスタードには何を混ぜても美味しい』と言っている。2人とも料理好きなので、興味を引かれて自分たちでもいろいろ試してみたら、すっかりはまったというわけです。友人たちにも食べさせてみると評判が良く、『次はどんなものを作って持ってくるのか』と向こうも期待し、そうこうする内に、しょっちゅうバーベキュー に呼ばれるようになりました(笑)」。

2003年10月、折しもドイツ政府が失業者対策として導入したばかりの Ich-AG(自分株式会社)という制度を使って、2人は『ゼンフ・ザローン』を創業します。当初は副業として始めたそうですが、アイデアの面白さと美味しさからメディアの注目を集め、旧東独出身の カップルがIch-AGで成功した例として知られるようになりました。現在、その製品はドイツ中のお店で扱われ、各国の旅行ガイドブックでも紹介されているとか。

e0038811_22185041.jpg
地下鉄メーリングダム駅から徒歩5分、クロイツベルクのハーゲルベルガー通りにある店舗

約35種類あるというマスタードの中から、クリストフさんお勧めのものをいくつか紹介してもらいました。フルーティーで特にチーズとよく合う「洋梨マスタード(Birnensenf)」、ニンニクと辛さが食欲をそそる「メキシコ風マスタード」、バニラアイスやチョコレートにも合うという「オリエント風マスタード」などなど。

「マスタードは3000年以上の歴史がある奥深い調味料で、肉、魚、チーズなど何にでも合います。まずはいろいろ試食してみてください」と語るクリストフさん。ゼンフ・ザローンでは、マスタードだけでなく自家製のジャムも作っており、こちらも美味でした。
ドイツニュースダイジェスト 5月20日)

Senf Salon
Hagelberger Str. 46, 10965 Berlin
営業時間:月~金11:00~18:00、土~15:00
www.senfsalon.de

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-05-21 15:29 | ベルリンあれこれ | Comments(5)

ギャラリー・ラファイエットで魚料理を食する

e0038811_2192453.jpg
ドイツに住んでいて時々どうしても恋しくなるのが魚です。

フリードリヒ通りに面したフランス系のデパート、ギャラリー・ラファイエット(Galeries Lafayette)。ここの地下に魚料理を食べさせるお店があると友達から教えてもらい、先日日本からのお客さんと足を運んで来ました。食品売り場のコーナーを歩いて行くと、上りのエスカレーターの目の前にありました!ちょうど牡蠣のシーズンだったので、食べている人もちらほら。ショーケースには新鮮なお魚がずらりと並んでいます。

e0038811_2194465.jpg
黒板に書いてある手書きのメニューはとても読みにくい^^;)。ウェイターさんは、白身魚2種類とイワシの盛り合わせ(18ユーロ)を勧めるのでそれにしてみることに。で、出てきたのがこちらです。

レモンをたっぷりかけていただいたところ、これが大変美味でした^0^。白身魚の種類は残念ながらわからなかったのですが、淡白でくせのない味わい。イワシのグリルはかなり香辛料が効いていて、それがまた香ばしくて食欲をそそります。ライスはこちらにはよくあるパサパサ系だったものの、サラダのドレッシングに至るまで、それを補って余りある満足度でした。日本に住んでいた時は、焼き魚で感動することなんてほとんどなかったのですが、こちらではもう大変貴重なご馳走です。

エスカレーターのすぐ近くのテーブルで食べていたら、香ばしい匂いがそばを通りかかる人々の心に触れたのか、たちまち周りのテーブルが一杯になりました(笑)。決して安くはありませんが、魚が恋しくなったら、訪ねてみてください。

Galeries Lafayette Berlin
Friedrichstraße 76-78
10117 Berlin

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-02-17 15:48 | ベルリン発掘(東) | Comments(6)

フリードリヒ通り駅ガード下のインビスBier's

e0038811_4121753.jpg
ここ数日、久々に気温が8〜9度まで上がっていますが、12月30日ぐらいまでは本当に寒かった。そんな寒い日の午後、フリードリヒ通り駅近くを歩いていたら、久々にあるものが食べたくなり、引き寄せられるようにガード下のお店に入ってしまいました。

e0038811_4123376.jpg
駅とフリードリヒ通りがちょうど交差する地点にあるインビス、Bier'sというお店です。通りをはさんだちょうど向かいが、ケバブのインビスといえば、わかる方もいらっしゃるでしょうか。それにしても、なぜ店の名前が「ビール」なのかと思って少し調べたら、店主の名前がKlaus Bierさんというだけのことでした(笑)。しかし、「ビールさん」て面白い名字ですね。

e0038811_4124356.jpg
店内は狭いですが、暖房はちゃんと効いているのでほっとします。もちろん、カリーヴルストを注文しました。ここのカレーソーセージはベルリンの相場からしたら少し高めなのですが(確か2.1ユーロでした)、その分味はいいです。今回は、前から気になっていた自家製のソース(30セント)を付けてみました(写真左)。これはかなり辛くて、ニンニクが効いているのですが、ソーセージにもフライドポテトにもよく合って、うまかったです(マヨネーズよりもいいかも)。Bier'は10時から明け方の5時まで営業しているので、夜遊びをする方にもいいかもしれません。もちろんビールと一緒に??

Bier's Friedrichstraße
Friedrichstraße 142, Am Eingang S-Bahnhof, 10117 Berlin

追記:
2014年春、このお店の前を通ったら、いつの間にか跡形もなくなっていました。残念です。

人気blogランキングへ

by berlinHbf | 2011-01-07 22:53 | ベルリン発掘(東) | Comments(10)

秋の味覚、ブランデンブルク州産のキノコを食する

e0038811_3534693.jpg
数日前、ベルリンの友人の峯岸進治さんから、「週末にブランデンブルク州の森の中でキノコをたくさん採ってきたので、おすそ分けします」というありがたいお話をいただきました。峯岸さんは写真家で、驚くほど料理が堪能。少し前に発売されたNumber 760号に、松井大輔選手の見開き写真でこの有名なスポーツ誌にデビューしたのは、友達として誇らしい気持ちでした。さて、今朝、彼から受け取ってきたのは、Maronenpilzと呼ばれるキノコ。日本語ではニセイロガワリというちょっと風変わりな名前です。見た目から立派で、色合いもつややか。食欲がそそられます。早速妻に調理してもらって、今晩いただきました。

e0038811_3541032.jpg
1品目はクリームパスタにして。このキノコ特有(?)のぬめりけのある食感が、パスタと絶妙に絡み合います。

e0038811_3544764.jpg
そして2品目はホイル焼きにして、バターとしょうゆの味付けでいただきました。シンプルだけど、ぜいたく。どちらもおいしく、秋の味覚を堪能しました◎

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-09-14 21:42 | ベルリンあれこれ | Comments(3)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング