ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

タグ:フォトスケッチ ( 67 ) タグの人気記事

Frohe Weihnachten 2014

e0038811_20565527.jpg
今日12月26日はクリスマス休みの2日目。少し遅くなってしまいましたが、クリスマスの様子を何枚かお届けしたいと思います。

e0038811_20574027.jpg
1週間ほど前、知人のドイツ人家族のお宅へお邪魔しました。かれこれ10年以上いろいろお世話になっているフレンツェルさん夫妻。今年の夏にご主人が亡くなり、一番奥の椅子は空席のまま。それでも、奥さんのウラさんは、クリスマス直前に訪れた私たちを例年と同じように迎えてくださいました。

e0038811_20571791.jpg
ウラさんは可愛らしい小物や木の人形を集められていて、毎年少しずつ顔ぶれが変わっています。これは、チェコとの国境に近いハルツ地方のザイフェン(Seiffen)という村で作られたStriezelkinderという木の人形。貧しい子どもたちが自分で作ったおもちゃを売っている様子を描いたもので、このデザインの人形は1937年にパリの万国博覧会で金賞を獲得し、有名になったのだそうです。

e0038811_20572310.jpg
これもやはりザイフェンで作られたSeiffener Reiter(ザイフェンの騎手)という木の人形。

e0038811_20575403.jpg
これはRäuchermannといって、火を付けたお香を中に入れると、パイプの先から煙が出てくる人形ですね。

e0038811_20573518.jpg
ハルツ地方は鉱山の多い地域で、左の人形の頭には坑夫のマークが付いています。昔はこの人形を窓側に向けて、鉱山で働く男たちが家に帰って来るのを家族は待っていたのだそうです。クリスマスの人形から、昔の人びとの生活を想像するのもなかなか楽しいものです。

e0038811_20574620.jpg
この日はクリスマスのお菓子をたくさんいただきました^^。奥にはシュトレン、さらに隣に住むメヒティルトさんがケシの実を包んだケーキを焼いてきてくださいました。イヴの夜には、子どもと孫、総勢14人がウラさんのアパートにやって来るのだとか。いやいや、迎える側は準備が大変です^^;)

by berlinHbf | 2014-12-26 18:00 | ベルリンのいま

ベルリンの秋 2014

e0038811_01115503.jpg
Volkspark Wilmersdorf (2014-10-28)

e0038811_01120171.jpg
U-Bahnhof Spichernstrße

e0038811_01121754.jpg
Mauerpark (2014-11-02)

e0038811_01123290.jpg
Hof in der Kastanienallee

e0038811_01131278.jpg
Tempelhofer Feld (2014-11-09)

e0038811_01130591.jpg
S-Bahnhof Beuselstraße (2014-11-14)

e0038811_01170970.jpg
Gendarmenmarkt (2014-12-17)

いまさらながら秋の写真を何枚かアップしましたが、この3ヶ月半は本当にあっという間でした。今年最後の大きな原稿を書き上げ、少しほっとしている第4アドヴェントの週末です^^。

by berlinHbf | 2014-12-20 17:37 | ベルリン発掘(全般)

地下鉄の駅で見た夕日

e0038811_07044314.jpg
e0038811_07044946.jpg
10月13日、地下鉄U2 Neu-Westend駅を上がったら、こんな夕日が広がっていた。2週間近く、撮影ロケの仕事に同行した最後の夜だっただけに、感動も大きかった。2枚目はオリンピア・シュタディオン方面。
by berlinHbf | 2014-10-17 17:39 | ベルリンのいま

ベルリン、夏の終わりの日々

e0038811_06454606.jpg
Lustgarten (2014-08-28)

猛暑の日本から戻って2週間。ベルリンは予想外にいい天気が続いており、なんだかうれしいです。今回の一時帰国中に購入したソニーのコンパクトデジカメで撮った、最近の街の様子をいくつかご紹介したいと思います。

e0038811_06461671.jpg
最初の2枚は、建設が進むベルリン王宮(フンボルト・フォーラム)の様子。隣接する大聖堂の天蓋からは、こんな風に望めます。このペースで建設が進めば、ベルリンの新空港よりも早く完成するかも(?)。そういえば、ベルリンに戻った翌日、クラウス・ヴォーヴェライト市長が空港問題の責任を取って辞任を発表しました。私がベルリンに住んできた大部分の期間が、ヴォーヴェライト市長の任期と重なります。いろいろ批判もされましたが、マイノリティを大事にするヴォーヴェライト氏がこの街の市長だったことは、外国人の私にとって、何となく安心感がありました。

e0038811_06462835.jpg
一時期はすっぽり工事用の覆いが被さっていたカイザー・ヴィルヘルム記念教会も、ようやくここまで顔を見せるようになってきました。2010年から始まってもうかれこれ4年、ようやくこの11月に修復工事が完了する予定だそうです。

e0038811_06463677.jpg
8月末、久々にブランデンブルク門を訪れたら、パリ広場の前に新しいパネルが設置されていました。今年9月1日が第2次世界大戦の開戦から75年ということで(大戦は、ドイツがポーランドを侵攻したことにより始まりました)、Vernichtungskrieg in Polen(ポーランド掃討戦)に焦点を当てたもの。その横には、ドイツ語、ポーランド語、英語の3つの言語で無料の解説書が置かれていたのが印象に残りました。今回の一時帰国で、久々に広島・長崎の原爆の日や終戦記念日の前後を日本で過ごし、さまざまな報道に接しましたが、日本とドイツの過去の歴史の伝え方の違いに、改めていろいろ考えさせられた次第です。

e0038811_06465062.jpg
8月末のある日、ベルリン中央駅を利用したら、駅の真ん中のスペースに特設ステージが設けられ、現代音楽の音楽祭が開かれていました。もちろん入場無料です。時間の関係でリハーサル風景を見ただけですが、こういう開放的な文化イベントに接すると、「ベルリンに帰ってきたなあ」という気持ちを強くします。

e0038811_06465654.jpg
そして、ベルリン・フィルハーモニーでも2014/15シーズンが始まりました。私が最初に聴いたのは、ティーレマン指揮ドレスデン・シュターツカペレ。久々にフィルハーモニーの空間で音楽に浸り、充実した演奏と相まって、胸が熱くなる時間を過ごしました。開演前に立ち寄ったのが、9月2日にフィルハーモニーの前で除幕されたばかりの新しい記念碑。ナチス時代、ティーアガルテン通り4番地だったこの場所で、多くの人々がナチの安楽死政策の犠牲になりました。来年で終戦から70年になるいまも、このような身近な場所で、批判的な視点をもって過去の歴史と対峙する作業が続けられています。

by berlinHbf | 2014-09-08 18:34 | ベルリンのいま

日本の夏2014

e0038811_06084628.jpg
ベルリンに戻って、テーゲル空港に降り立ったとき、ちょっと肌寒いほどのひんやりした空気が体を包みました。数日経って、こちらの生活に馴染んでくると、日本でのあの暑さが急速に記憶の背後に過ぎ去っていく感じがします。忘れないうちに、いくつか書き記しておきたいと思います。

e0038811_06082964.jpg
実家に帰って最初の1週間は、ベルリンで残してきた執筆作業に追われていました。そんな頃、地元の花火を2つ見ることができました。これは三浦海岸の花火大会。
e0038811_06082379.jpg
花火を見るのは本当に久々でした。知らぬ間に花火も進化していて、三浦のだとスイカや三浦大根を模したものまであって、大いに楽しみました。

e0038811_06074893.jpg
その後、3日間ほど山陽方面に旅行に行き、戻った頃はお盆休み。東京と茨城の親戚のお墓参りに行きました。海外に住んでいる自分にとっては、これもまた貴重な時間でした。これまでほとんど知らなかった家族の歴史に思いを馳せたり、叔父の幼少期の戦争体験を初めて聞いたり・・・。今回の滞在中、家族全員が揃った唯一の日でもありました。

e0038811_06075445.jpg
それにしても、子どもの頃から知る街が寂れているのを見るのは、ちょっと切ないものがあります。私の実家のある横須賀市も人口減の問題に直面しており、2013年には人口減少数が全国トップという不名誉な記録を作ってしまったとか・・・。

e0038811_06080011.jpg
妻の実家のある山梨にも何度か足を運ぶ機会がありました。山梨は盆地にあるため、経験したことのないような暑さには参りました。その一方、日本の夏の山河の青々とした美しさには目を見張りました。大きな入道雲も久々に見たなあ。

e0038811_06080505.jpg
勝沼にある「ぶどうの丘」からの眺め。残念ながら、富士山は今回一度も望めませんでした。

e0038811_06090678.jpg
後半は東京にも何度か出かけました。雨の日の渋谷駅ハチ公口。今回は友達にはあまり会えませんでしたが、仕事でつながりのある方々にご挨拶に伺えたのはよかったです。

e0038811_06085269.jpg
3週間ほどの間に美味しいものをたくさんいただきましたが、忘れられない味のひとつが、山梨のある温泉&鰻屋で食べたうな重。温泉に入った後に、いまや貴重になってしまったうな重を食する。もう言葉にならない美味しさでした^^

e0038811_06091550.jpg
相変わらず箱に収まるのが好きな実家のネコ、ミントくん(6年前の様子はこちらより)。また来年会えることを願って。

by berlinHbf | 2014-08-30 22:34 | ニッポン再発見

グライスドライエック駅の階段

e0038811_7391.jpg
U-Bahnhof Gleisdreieck (2014-02-10)

e0038811_732455.jpg
地下鉄U2とU1が交差するグライスドライエック駅。U2の駅の方は最近改修されましたが、それでも約100年前の創業当時の雰囲気を今に残しています。この階段の上からの光が印象的で、写真を何枚か撮ってみました。

e0038811_733187.jpg
階段を上がるとU1のホームへ。多くの人は乗り継ぎのために利用するだけですが、私の好きなベルリンの駅のひとつです。

関連記事:
天使の降りた場所(12) - 都心の中の無人地帯 - (2006-10-16)
100年の重みに耐えた橋 - 天使の降りた場所(13) - (2006-10-18)
by berlinHbf | 2014-02-16 23:47 | ベルリン中央駅

やはり!寒波到来のベルリン

e0038811_311384.jpg
Nassauische Str. (2014-01-22)

暖冬と言われ続けてきたこの冬でしたが、やはりこのままでは終わらなかった・・・。先週後半からついに本格的な寒さが到来した感があります。雪化粧を帯びた街の様子を何枚かご紹介したいと思います。最初は私が住むヴィルマースドルフ地区の街角から。

e0038811_3114468.jpg
こちらは先週土曜日の様子。天気はいいですが、先週末は本当に寒く、この日の日中もマイナス12〜13度はありました。15分も歩けば、体がキンキンに冷えてきます。この正面のアパート、よく見ると1枚目の写真のアパートとデザインがそっくりですね。このエリアには、19世紀末から20世紀初頭にかけて建てられた美しいアパートが多く残っています。

e0038811_3115811.jpg
昨日は1つ用事があって南の郊外まで行ってきました。Lichterfelde Süd駅に停車中のSバーンより。手前の大きな広告には「300 Jahre "Hamburger Bach"」と書かれています。今年は、作曲家カール・フィリップ・エマヌエル・バッハの生誕300周年のメモリアルイヤー。ハンブルク、ポツダム、ベルリン、フランクフルト(オーダー)、ライプツィヒ、ワイマールの縁の6都市で多くの記念行事が行われるようです。http://www.cpebach.de

e0038811_312553.jpg
私がもっとも頻繁に利用するSバーンのひとつ、Yorckstrasse駅。鉄柱の装飾を見ても、戦前の名残を留めているのがわかります。

e0038811_3121120.jpg
この駅は地下鉄S7に接続しているので、自宅からポツダム広場やミッテの方面に出るにはここを経由するルートが便利。

e0038811_3121727.jpg
こちらは今日の写真。最近よく通う図書館のカフェにて。作業の合間に飲む熱いコーヒーが身にしみる季節です^^。

e0038811_3122345.jpg

今週末は、昨年秋から取り組んで来たオーケストラの本番があるので、演目であるマーラーの交響曲第2番《復活》が毎日どこかで頭の中に鳴り響いています。この曲の魅力は改めて書きたいと思っていますが、「こんな大曲を演奏できるのはこれが最初で最後かも」という気持ちで取り組んできたので、ここでも告知させていただきたいと思います(詳しくはこちらにて)。2月1日がプレンツラウアー・ベルク地区のゲッセマネ教会、2月5日はコンツェルトハウスの大ホールにて。コンツェルトハウスで演奏するのは初めてなので、とにかくドキドキしています。舞台裏の別働隊まで含めた大編成のオーケストラに2人のソリスト、3つの団体から構成される合唱団(うち1つはドレスデンから参加)。舞台に上がるのは総勢何人になるのでしょう・・・。私はピッコロと3番フルートを吹きます。もしお時間とご興味がありましたら、ぜひ聴きにいらしてください。

Jubiläumskonzert 20 Jahre Junges Orchester der FU
Samstag 01.02.2014 19:00
Gethsemanekirche, Stargarder Str. 77

Mittwoch 05.02.2014 20:00
Konzerthaus Gendarmenmarkt

Gustav Mahler:
Sinfonie Nr. 2 c-Moll "Auferstehung"

Junges Orchester der FU - Berlin
Künstl. Leitung - Antoine Rebstein
Mezzosopran - Antigone Papoulkas
Sopran - Lydia Teuscher
Chor - cantamus chor berlin, Jens Bauditz
Chor - HXOS Chor Berlin, Stelios Chatziktoris
Chor - Junges Ensemble Dresden, Tobias Walenciak
by berlinHbf | 2014-01-28 21:41 | ベルリン発掘(西)

ベルリンのクリスマス2013

e0038811_2032655.jpg
Domäne Dahlem (2013-12-21)

今年はなかなかクリスマス気分を味わう機会がなかったのですが、本番間近の頃になってようやくいくつかのクリスマスマーケットを巡ることができました。第4アドヴェントの土曜日に訪れたのは、地下鉄U3ダーレム・ドルフ駅近くのドメーネ・ダーレム。ここは以前、農村生活を味わえる場所として紹介したことがありますが、やって来たのは久々でした。

関連記事:
発掘の散歩術(9) -ドメーネ・ダーレムで体感する農村生活- (2011-04-28)

e0038811_203378.jpg
ドメーネ・ダーレムでは第1から第4アドヴェントまでの週末、クリスマスマーケットが行われていました。入り口で入場料2ユーロを取られますが、ここのマーケットは商業色が薄く、手作りのものやオーガニック食品を扱った屋台が多く並んでいます。

e0038811_2034542.jpg
屋台で買って食べたジャガイモはここで栽培されたものだそうで、小ぶりながら濃い味わいがしました。定番のグリューワインを飲もうと思ったら、果実酒の屋台があったので、試してみることに。コケモモから作られたというホットワイン。今年のクリスマスは幸い比較的温暖で、金管アンサンブルによるクリスマスソングを座って聞いていても寒さが苦になりません。

e0038811_2043692.jpg
こちらは過去に何度かご紹介したポツダム広場のショッピングモールArkaden内の豪華なツリー。久々に行ったら、地下のスーパーKaisersがReweに変わっていたり(!)、出口前の昔よく使っていた写真屋がなくなっていたりといくつかの変化を感じました。

e0038811_2045912.jpg
Arkadenの入り口に置かれていたピラミッド。

e0038811_5221776.jpg
今日25日は、今年再オープンになったベルクグリューン美術館を訪れた後、目の前のシャルロッテンブルク宮殿のマーケットへ。小雨がぱらついていましたが、かなりの人手でした。

e0038811_521462.jpg
ここでの今年の目玉は、ドイツ人の知人もお勧めのクリッペ(キリスト降誕を情景を描いたうまやの模型)。樹齢200年近くのナラの木から作られた立派なもの。キリストを取り巻く人々も等身大(!)で忠実に描かれており、確かにこれは素晴らしい見物でした。

e0038811_5221129.jpg
食べ物でおいしかったのは、サーモンをグリルにしてサラダと一緒に挟んだパン。やわらなくジューシーなサーモンでした。シャルロッテンブルク地区はロシア系住民も多いので、心なしかスラブ系の言葉を頻繁に耳にした気もします。

e0038811_5253712.jpg
日本ではもうお正月への準備が始まっているのでしょうが、ドイツでは明日26日までがクリスマス休暇です。Frohe Weihnachten!
by berlinHbf | 2013-12-25 22:25 | ベルリンのいま

ベルリン、秋深し

e0038811_1993767.jpg

e0038811_1994773.jpg
昨夜ベルリンに戻りました。今朝7時、秋が深まりゆく近所の情景です。1ヶ月間ずっと半袖で過ごしていた日本とは別世界の感あり。
by berlinHbf | 2013-10-16 12:20 | ベルリンのいま

春の日本一時帰国

e0038811_1612094.jpg
すっかりご無沙汰しております。現在日本に一時帰国中です。今回は2週間弱の比較的短い滞在なのですが、それでも日本に帰る前は留守中の間にやっておくべきことでてんやわんや。実家に帰ってからもあちこちに出かけている毎日です。ここ1週間の様子を何枚かお届けします。

e0038811_1611615.jpg
今回はパリ経由の夜行便で帰ってきたのですが、すぐ近くに座っていたMさんという青年との会話が面白かった。ヨーロッパ系の方かと思ったらトルコ人で、静岡県の鋳造メーカーで働いているとのこと。日本語が本当に流暢なのに、日本滞在は留学も含めてまだ3年というのには驚きました。Mさんはハノーファーで開催されていた国際見本市に仕事で来ていて、ちょうど帰るところ。1年ぶりに日本に帰るのだと私が言ったら、「私もトルコに帰るのは1年に1回だけだから、気持ちはよくわかります。今回ハノーファー滞在中に、両親と兄が会いに来てくれたんですよ。トルコは家族の絆が日本よりも強いからネ。分かれる時は涙涙でした・・・」という話に共感し、ドイツに住むトルコ人の事情もいろいろ教えてくれました。トルコ語の挨拶も丁寧に教えてくれたので、ベルリンに戻ったらぜひ使ってみたいと思います。

e0038811_1614577.jpg
帰国した翌日の夕方、近所の神社を散歩したら、遊んでいる子供たちに遭遇。この神社の向こうからは、東京湾が一望できます。

e0038811_16203836.jpg
翌日は、東京の出版社を訪ね打ち合わせをしました。帰り際、そこから東京駅までは歩いて20分ぐらいだと聞き、新装オープンされたばかりの東京駅でも見て帰ろうかと思ったのですが、道を間違えてしまったようで、一向に駅が見えてきません。築地という地名が目に入った辺りから、「あれれ」とウロウロしながら歩き続けていると、オープンしたばかりの歌舞伎座の前に・・・。すごい賑わいでした。もう少し余裕があったら、中に入ってみたかったです。

e0038811_1612457.jpg
翌日は新宿での用事。帰りは、こちらも新しくなったばかりの東急の渋谷駅から帰ってみました。あの頭端式の駅をもう一度見ておきたかったですが、入り口付近はもちろん封鎖。間もなく取り壊し工事が始まるそうですね。

e0038811_1612931.jpg
新しい東急渋谷駅は地下5階でしたか。降りても降りても地下駅に到達せず、というほどではなかったものの、ここを毎日上り下りするというのは、やはり相当に大変なことではないかと。もともと渋谷という場所への思い入れはほとんどないのですが、再開発事業が完成したら、一体どんな街になっているのか、もはや想像がつきません。

e0038811_1621568.jpg
毎日おいしいものもいただいています^^。といっても、1日に食べられる量は限られているので、もどかしさも感じますが。

e0038811_1621914.jpg
昨日の横須賀中央の三笠通りの様子です。子供の頃からずっとあった西友がいつの間にか解体されていてびっくり。カメラは大体いつも持ち歩き、移りゆく風景を収めておきたいと思っています。ここ数日は寒いですが、明日からまた晴れるといいですね。
by berlinHbf | 2013-04-21 17:10 | ニッポン再発見

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

その他のジャンル

記事ランキング