ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

タグ:ダンス(Tanz) ( 7 ) タグの人気記事

コンテンポラリーダンスと古楽の出会い

e0038811_0554392.jpg
対談後、聴衆から拍手を受けるサシャ・ヴァルツ氏と鈴木雅明氏
©Shinji Minegishi

11月16日、ベルリン日独センターの「対話サロン」にて、異色の対談が実現しました。オーケストラ・合唱団のバッハ・コレギウム・ジャパンの音楽監督で、この6月に日本人として初めてライプツィヒ市より「バッハ・メダル」を受賞した鈴木雅明氏と、革新的なダンス作品を世に送り出し、近年はオペラの分野にも進出している振付家のサシャ・ヴァルツ氏。実はこの日初対面という2人の対談には多くのファンが詰め掛け、会場はほぼ満員となりました。

同センターの河内彰子文化部長が司会を務めた対談では、まず2人の芸術家が古楽、舞踊に目覚めたきっかけについて語られました。最先端のアートを学びたくて、2人が留学先として選んだのは、偶然にも同じアムステルダムだったとか。

e0038811_055357.jpg
サシャ・ヴァルツ氏
©Shinji Minegishi

        
数年前、初めて古楽アンサンブルと共演し、「そこに開かれた即興の要素」を感じたというヴァルツ氏に対し、鈴木氏はこう反応します。「ヴァルツさんの作品で、たくさんのダンサーの体がまとわり付くように反応しているのを見て、対位法的なラインのようなものを感じました。作曲家個人の思いに縛られている19世紀以降のロマン派音楽と違い、古楽では音楽そのものが自由を求めていて、自然な音の形を表現することがとても大切。それを舞踊という目に見える形で表現されているように感じたんです」。

古楽とコンテンポラリーダンス。相反するようでいて、実は意外と近いところにあるようです。話題は、芸術における身体コミュニケーションへと移ります。

「演奏において絶対的に重要なのは呼吸。呼吸を通して、体の動きが自然なものとなるからです。日本語で言う『気』は、呼吸と一体なのです」(鈴木氏)。「演じる側と聴衆の間に、私もそのようなエネルギーの流れを感じることがあります」(ヴァルツ氏)。「オーケストラを指揮している最中、何の合図もしていないのに、あるメンバーの方を見て、その人とふと目が合う瞬間がある。このような気の交流は最高に楽しい」(鈴木氏)

e0038811_0551922.jpg
鈴木雅明氏
©Shinji Minegishi


最後の質疑応答では、鈴木氏が長年取り組んできたバッハの話が印象に残りました。「僕は信仰心からバッハの音楽に入ったのではなく、彼の音楽に捕らえられ、やりたいことを一生懸命やってきただけ。18世紀半ばまで、音楽というのは芸術ではなく、ある目的のために機能すべき職人芸だったんです。だから、バッハの音楽は今日においても芸術作品として鑑賞するだけでなく、慰められたり、励まされたり日常的に役に立てられるもの。いわば、毎日食べて栄養になるお米と同じ。決して高級レストランの食事というわけではありません(笑)」。

e0038811_0584049.jpg
この日の対談は日独の同時通訳付きで行われた
©Shinji Minegishi


対談中、「もし(ヴァルツ氏のレパートリー作品である)『ディドとエネアス』を日本で上演することがあったら、僕らが伴奏しますよ」という鈴木氏の突然の提案に対し、ヴァルツ氏が「それは良いアイデアですね!」と返す場面がありました。2人の芸術家の自由な精神が言葉の端々に感じられた対談。近い将来、夢の共演は本当に実現するのかもしれません。
ドイツニュースダイジェスト 12月21日)
by berlinHbf | 2012-12-21 17:06 | ベルリン文化生活 | Comments(2)

バッハの平均律とダンス

スペインのカタルーニャ地方の劇場や音楽シーンを紹介するFet a Cataluyaというフェスティバル現在開かれており、昨日は近所にあるヘッベル劇場のHAU2でマリア・ムーチョス(María Muñoz)という人のダンス・パフォーマンスを観て来ました。

バッハの平均律クラヴィーア曲集に合わせて踊るというので、特に興味があったのです(グレン・グールドの演奏が使われていました)。曲は平均律2巻の中からかなり自由に選ばれており、曲間には結構長い間があります。そして時折、ダンサーの心象風景を写すかのような映像も挿入されます。

こういうダンスもあるのかという思いで、約50分のパフォーマンスを観ていました。それは確かにダンスなんですが、同時に身体を通した思索のようでもありました。彼女の表情とかニュアンス豊かな手の動きとか、全体的に派手さとは無縁ですが、バッハの音楽の内面世界と見事に呼応しているのです。秋の夜長にふさわしい美しいパフォーマンスを見せてもらいました。

それにしても、昨夜は一時期すごい豪雨でした。最近気候の変動が激しく、私もどうやら風邪気味のようなので気を付けなければ。明日はベルリン・マラソンです!

BACH – CHOREOGRAFIE: MARIA MUÑOZ /MAL PELO
28. und 29.09.07, 19.30 Uhr, HAU 2

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-09-29 23:49 | ベルリン文化生活 | Comments(0)

MOZART/CONCERT ARIAS; UN MOTO DI GIOIA

e0038811_1154643.jpg
「ベルリン・天使の詩」のロケ地を訪ねるシリーズ、この映画を知らない方にも読んでもらえるよう書いているつもりですが、たまには気分転換をということで今日は別の話題を。最近見た舞台やコンサートの話です。

まずは“Tanz im August“(8月のダンス)というフェスティバルのトリを飾ったベルギーの著名なダンスカンパニー、ローザス(Rosas)の公演から。タイトルはその名も、“Mozart/Concert Arias; un moto di gioia“。
モーツァルトとコンテンポラリー・ダンスの組み合わせというだけでも興味を引かれるが、「コンサート・アリア」というモーツァルトの作品群の中でも比較的地味なジャンルを選ぶあたり、しかもベルリン・ドイツ交響楽団の生演奏つきということで、興味津々に出かけた。初演は1992年のアヴィニョン・フェスティバルという作品。

これは最高だった。モーツァルトの曲は結構いろいろ聴いてきたつもりだったが、音楽が始まると「コンサート・アリア」というジャンルの曲はほとんど知らないことに気付いた。確かに有名オペラのアリアに比べるとメロディーの親しみやすさという点では幾分劣るのだけれど、モーツァルトが特定の女性歌手に向けて書いた曲だけに、音楽は親密な雰囲気にあふれている。

作品の核になっているのは、モーツァルトが30歳の時にイギリスのソプラノ歌手ナンシー・ストーラスのために書いた「どうしてあなたを忘れよう(Ch’io mi scorde die te, KV505)」
プログラムによると、モーツァルトがコンサートアリアを書いたのは21歳から33歳までにかけてで、この時期に書かれたこれらの作品群は作曲家自身を巡っての愛、確執、別れなどと深く関わっているのだそうだ。振り付けのアンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルはそこに目を付けたのが、その成果はすばらしいもので、単に音楽に合わせて振付けるという次元のものではなかった。

ソプラノ歌手が歌っているところにちょっかいを出す、かつらをかぶったモーツァルト風のダンサーもコミカルでおもしろかったが、ほのかなエロティシズムを漂わせる女性ダンサーたちの踊りには本当にうっとり。現代的でありながら、ロココの世界にも浸らせてくれた稀有な舞台と言えるかもしれない。ダンサーのメンバー構成を見るとかなり国際的で、その中には日本人の社本多加さんもいた。3人のソプラノ歌手、そしてベルリン・ドイツ交響楽団の演奏もすばらしく、音楽面でも十分に満足できるものだった。

振り付けのアンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルは常に「音楽的構造と身体的構造の関係」を探求している人、これまでもモンテヴェルディ、ベートーヴェンからスティーブ・ライヒ、マイルス・デイビスまでさまざまな音楽を取り入れて振り付けをしてきたのだそうだ。彼女の他の作品も見てみたいと強く思った
(9月2日 Haus der Berliner Festspiele)。

Choreografie: Anne Teresa De Keersmaeker Regie: Jean Luc Ducourt Konzept: Anne Teresa De Keersmaeker / Jean Luc Ducourt Tanz: Vincent Dunoyer, Nordine Benchorf, Bruce Campbell, Clinton Stringer, Kosi Hidama, Igor Shyshko, Moya Michael, Samantha van Wissen, Marion Lévy, Marta Coronado, Cynthia Loemij, Elizaveta Penkóva, Taka Shamoto Musik: W. A. Mozart Live gespielt von: Deutsches Sinfonie Orchester Berlin Musikalische Leitung: Alessandro De Marchi

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-09-11 18:33 | ベルリン文化生活 | Comments(0)

サシャ・ヴァルツ インタビュー(2)

前回に続いて、ラディアルシステムのオープニング作品の振り付けをする、サシャ・ヴァルツへのインタビューをお届けします。


Tip: あなたの建築への関心は、あなたの父親が建築家であることと関係があるのでしょうか?

Waltz: おそらくそれは重要なことだったでしょうが、青春期の頃は、私は建築よりも造形芸術の方にずっと関心があったんです。肉体との取り組みを通して、つまり空間を動く肉体、ダンスを通じて、空間というものを自分の重要なテーマだと発見したのだと思います。私は建築家になりたいという望みを押さえ込んでいたわけではありません。空間には本当にさまざまなエネルギーの場があります。こう言うとひょっとしたら少し密教的に聞こえるかもしれませんが、私はこのことを非常に具体的に考えています。

Tip: シャウビューネと決別した時、あなたのアンサンブルは厳しい財政状況に置かれました。客演による提携や収入を通じて状況はよくなりましたか?

Waltz: 私たちは完全にシャウビューネから去ったわけではありません。シーズンごとに25公演はあそこで行いますし、そのことも私はとても重要だと思っています。私は、“Körper“や“noBody“といった作品を引き続きシャウビューネで披露したいのです。

e0038811_2134113.jpg
"Körper"の舞台

Tip: しかし、シャウビューネ内部でのいざこざの後、あなたは組織面でも財政面でも独立しましたよね。あなたのカンパニーの財政状況は現在どのような感じなのですか?

Waltz: 私たちは大きな削減をしなければなりませんでした。私は何人かのダンサーに別れを告げなければなりませんでしたし、アンサンブルと事務所のスタッフの数も縮小しました。私はもちろん今後何年間でアンサンブルを増強できることを願っています。シャウビューネと組織面で決別したことが、私たちの財政状況を明らかによくしたというわけではありません。この決別は、とりわけ自分たちの自由と独立に関することだったのです。現在私たちは予算の3分の1を自らやりくりしなければなりませんが、これは大きな圧迫です。

Tip: ラディアルシステムでは、シャウビューネで実現できなかったプロジェクトが実現可能ですか?

Waltz: ラディアルシステムとは、劇場ではなくプロダクションの場所です。私はここではシャウビューネの時のように芸術監督の一部ではなく、会議に参加する義務はもうなくなりました。賃借人というよりはゲストというわけで、そのことは非常に快適に感じています。私は自分たちのダンサーとカンパニーに対してのみ責任を負えばよく、建物全体に対してではありません。ここでは川が望め、日当たりのいいすばらしいスタジオを使えますし、別のカンパニーの音楽家やダンサーが他の部屋で同時にリハーサルをすることもできます。このクリエイティブなエネルギーの波はとにかく刺激的で、完璧なプロダクションハウスだと想像しています。しかし私たちは、他のプロジェクトが部屋を使う要求に応じて、引き続き街の様々な場所で公演を行うことになるでしょう。シュターツ・オーパー(州立歌劇場)ではパーセルの“Dino & Aeneas“を、レパートリーの大部分をシャウビューネで、そしてもちろん引き続き外国で多くの公演を行います。私の次のプロダクションはオペラ「メディア」で、再びルクセンブルクの劇場(Grand Théâtre de la Ville in Luxemburg)との緊密な協力関係のもとで出来上がります。

e0038811_212141.jpg
"Dino & Aeneas"は、10月下旬にシュターツ・オーパーで再演される。

Tip: そのような遊牧民的な活動をしていると、ハイマート(Heimat)、つまり特定の場所に対する欲求が増してくるのではありませんか? ラディアルシステムはそのようなハイマートといえますか?

Waltz: 私にとって(ひとつの場所に)根を下ろすということは極めて重要なことです。グループにとっても、ですが。それには土台が必要です。ラディアルシステムがまさにそれなのです。

(了)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-08-26 14:26 | ベルリン文化生活 | Comments(2)

サシャ・ヴァルツ インタビュー(1)

e0038811_2028555.jpg
Radialsystemにて(8月24日)

数え切れないほどの劇場、コンサートホール、クラブなどが軒を構えるベルリンに、9月9日、また新しい文化の発信地が誕生する。ラディアルシステム(Radialsystem)という名前のこの施設は、劇場というよりは、複合的な文化センターとでも呼べるものらしい。

場所はオストバーンホフ(東駅)から歩いてほど近い、シュプレー川の岸辺にある。古くから工業地帯だった場所だ。20世紀初頭のレンガ造りの建物が、Gerhard Spangenbergの設計によって斬新に生まれ変わった。ここに大小さまざまのホールにあらゆるジャンルのアートが集結する。コンサートやパフォーマンスアート、アート見本市の会場になるだけでなく、外務省のレセプションに使われたりもする。また、クラブシーンになる一方で、ベルリン古楽アカデミーのような団体がここでコンサートを行ったりもするそうだ。昨日様子を見てきたらまだ工事中だったが、開幕がとにかく楽しみである。

さて、このラディアルシステムのオープニングを飾るのが、コンテンポラリーダンスの第一人者、サシャ・ヴァルツの新作“Dialoge 06 – Radiale Systeme“だ。ベルリンの都市情報誌"Tip"の最新号に彼女のインタビューが載っているので、今回はそれを訳して伝えるという試みをしてみたいと思う。それほど長いインタビューではありませんが、2回に分けてお届けします。


Tip: 粗造り状態のユダヤ博物館、ゾフィーエンゼーレ、シャウビューネ、内部が空っぽの共和国宮殿など、あなたの演出は建築物に対して強い反応をします。あなたは今、ラディアルシステムのオープニング作品の演出のリハーサル中ですが、ここでもそれは同様なのですか?

Sasha Waltz: ええ、絶対的に。空間の調査からリサーチが始まり、そこから作品が生まれます。私がさまざまな空間で取り組んできたインスタレーションは一時的なプロジェクトに過ぎませんが、強いインスピレーションの源泉になり、それが大きな作品への動力になります。ラディアルシステムにおいては、20世紀初頭のレンガ造りの建物と極めてモダンな建築とが組み合わさっています。建築において、これはすでに刺激的な対話です。この小屋のオープニングのプロジェクトでは、さらに先へと進みます。私は24人のダンサーと3つの音楽アンサンブルと一緒に仕事をします。つまり、ベルリン古楽アカデミー(Akademie für Alte Musik Berlin)、Vokalconsort Berlin、そして現代音楽を演奏するmusikFabrikです。これらがどのように1つの対話の中で歩み合うことができるのか?本当に一つの実験です。この非常に様々な音楽がこの建物のさまざまな空間でどのように作用し、ダンスアンサンブルとどのように発展するのか、これはものすごいコントラストです。私はダンスで、この建築物に対してはっきりと反応するよう試みます。つまり、この壁が語るものを、肉体(Körper)で聞くのです。肉体を使って何ができるでしょうか?

e0038811_19503446.jpg
"Körper"の舞台装置

Tip: 開幕公演は建物全てを使って行うそうですね?

Waltz: ええ。でも建物だけでなく、川とその反対の岸辺も使います。“insideout“の時と似ていて、(作品の)大部分の間、聴衆は建物全体を自由に行き来することができ、全てのホールで何かが同時に起こります。座席は置かれずにあらゆることが進行し、聴衆は身動きできる状態で出たり入ったりします。建物の前でのシーンもあって、そばを流れる川がこの建築にとって重要です。最後、聴衆の全てと4つのアンサンブルが再び集まり、動きは濃密さと集中の度合いを高めます。私たちはゼロから始めます。この建物はまだ工事中で、開幕公演の時になってようやく完成します。それはとにかく特別な瞬間になるでしょうね。

Tip: ラディアルシステムの魅力として、さまざまなアートが部屋を持ち、互いに反応する可能性がある、ということが挙げられます。このことはあなたの芸術活動と合致するのではないですか?つまり、あなたは、ダンスとこれまで同様に音楽と造形芸術を反応させるのですか?

Waltz: „insideout“や“Körper“の時はいずれにしろそうですね。オペラ“Dino & Aeneas“においてはなおのことです。それはいつも個々の要素が豊穣なものになるための試みなのです。私の作品において、音楽はただの背景ではなく、それ独自の生命を持っています。舞台装置も同様に、ある力を発揮する物体でなければならず、ただそこにあるだけではだめです。“insideout“の舞台はそもそもインスタレーションです。“insideout“の経験を私は今回の“Dialoge 06 – Radiale Systeme“に使います。ただ、空間は5倍もの大きさになりますが。

e0038811_19541912.jpg
"insideout"の舞台より

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-08-25 14:00 | ベルリン文化生活 | Comments(1)

サシャ・ヴァルツの"Impromptus"

e0038811_19271378.jpg
Schaubühne am Lehniner Platz(2005年12月)

クーダムにあるシャウビューネ劇場で、振り付け師サシャ・ヴァルツの"Impromptus"という作品を昨夜観て来た。
開演45分前に会場に行くとすでにチケットは売り切れ。初演からもう2年近く経つ作品なのに大した人気のようだ。キャンセル待ちのチケットを求めると、「8番目」と書かれたカードを渡される。微妙な数字だったのだが、7番目の人が1人で来ていたために、1番最後のチケットが8番目の私に回ってきた!思わず劇場の地面にほおずりしたくなるような気分で中に入る。

作品のタイトルの"Impromptus"とはF. シューベルトの「即興曲」というピアノ曲のタイトル。2集各4曲づつから成る、いずれもシューベルト最晩年の作品だが、今回は作品90の曲を中心に、サシャ・ヴァルツが振付けるというもの(その合間にシューベルトの4曲の歌曲が挿入される)。サシャ・ヴァルツ自身はドイツ人だが、プログラムを見ると実際に踊る7人のダンサーはみんな外国人。1番最初に出てきた男性ダンサーは中国人だった。いずれもその技量はすさまじい。

それにしても美しい舞台だった。今まで何度もCDで聴いてきた「即興曲」が、サシャ・ヴァルツという振付師との出会いによって、かくも新しい姿を提示しうるのかと。プログラムにはこう書かれている。「サシャ・ヴァルツのとった試みとは、すでに独自の絵が豊富なシューベルトの音楽に新たに絵を挿入することではなく、この置き換え作業の中で、できる限りの単純さを追求することだった。シューベルトの音楽の豊富な『絵』に対して、サシャ・ヴァルツは空間の中における振り付け作業の『素描』で反応する」
2月にも2回上演されるので(8日と9日)、機会のある方はぜひどうぞ。

Tanz/Choreographie: Maria Marta Colusi, Clementine Deluy, Juan Kruz Diaz de Garaio Esnaola, Luc Dunberry, Michal Mualem, Claudia de Serpa Soares, Xuan Shi

Regie / Choreographie: Sasha Waltz
Bühne: Sasha Waltz, Thomas Schenk
Kostüme: Christine Birkle
Dramaturgie: Yoreme Waltz, Jochen Sandig
Licht: Martin Hauk
Gesang: Judith Simonis
Piano: Cristina Marton

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-01-29 13:29 | ベルリン文化生活 | Comments(2)

現代舞踊家 仲野恵子さん

e0038811_22114655.jpg
                            Photo: Ryuro Fukuda

現代舞踊家の仲野恵子さんがベルリンに来られ、先週は彼女のベルリン公演のお手伝いをさせていただいた。これまで国内外で数々の作品を発表してこられた仲野さんは、現在「ダンスミュージアム山羊」の主宰で、1992から93年にかけては、文化庁芸術家在外研修員としてドイツにも留学されている。

今回初めてお会いした仲野さんは、とても小柄な方なのだが、舞台の上では大きく見える。エネルギッシュでありながら、細やかで繊細な踊りに、私は大変魅了された。先週土曜日のRosa-Luxemburg Platz近くの小さな劇場でのパフォーマンスは、とてもいい雰囲気の中で行われたと思う。仲野さんも喜んでおられたけれど、私自身も今回なかなか得がたい経験をさせていただいた。

公演の準備の合間を縫っては、仲野さんと一緒にいろいろな公演を観に行った。ダンスのパフォーマンスや、演劇、バレエ、フィルハーモニー・・仲野さんがとりわけ感激されていたのが、フィルハーモニーでの2つのコンサートだった。サイモン・ラトル指揮のOrchestra of the Age of Enlightenmentという古楽器オケの公演(6日)と、ベルリン・バロック・ゾリステンのコンサート(11日)。仲野さんがお目当てのダンスの公演がその日はやっておらず、私の提案でたまたまその日やっていたコンサートを聴きに行ったのだが、どちらも本当にすばらしかった。舞台のすぐ後ろの安い席だったが、公演の当日に思い立ってこういう水準の高いものが安く聴け、演奏家の息遣いが伝わってくるような客席とのこの距離感というのは、日本ではなかなか考えられないと仲野さんは興奮しておられた。やはりベルリンは、アートに関わる人たちにいろいろな刺激を提供する町のようだ。

ところで、この公演の撮影をされた写真家の福田龍朗さんという方と、今回初めてお会いしたのだが、私のこのブログを読んでくださっているとのことで、うれしい驚きだった。ブログランキングでたまたま「ベルリン中央駅」を見つけてくれたそうなのだが、こういうつながりは初めてのこと。今回の写真は、その福田さんが撮られたものです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2005-12-15 19:04 | ベルリン文化生活 | Comments(2)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング