ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

山梨での週末

e0038811_20571963.jpg
横須賀の実家に1週間ほど滞在した後、先週末は山梨県に住む義理の両親のもとを訪ねた。義母は長男の出産時に3週間ほどベルリンまでヘルプに来てくれたが、義父は今回が孫と初対面。土曜日は天気がよかったので、河口湖に面した天上山(通称カチカチ山)のロープウェイに連れて行ってもらった。

e0038811_20572549.jpg
カチカチ山にロープウェイで上るのは、かれこれ25年ぶりだった。前回上ったときと山頂の設備も観光客の顔ぶれも大きく変わっていたけれど(外国からのお客さんが本当に増えた)、ここからの富士山の眺めはやはり感動的。

e0038811_20573305.jpg
昼食は富士吉田にある美也川といううどん屋へ。普通の民家のような座敷の席で、つるつるの吉田うどんをいただく。

e0038811_20574185.jpg
夜は甲府盆地の東南端にある「みたまの湯」という温泉に連れて行ってもらった。東日本と西日本を分けるファッサ・マグナの開口割れ目に位置する天然温泉だそうで、露天風呂からは甲府盆地を一望のもとに見渡せる。茶褐色の独特の湯は、数万年前の太古の植物から溶け出した天然有機物が混じったものだ。そんなことが書かれた浴場内の説明文を湯に浸かりながら読むと、自然の恵みと悠久の時の経過を感じずにはいられない。そして、家に戻って間もなく、今回の滞在中で2回目になる地震に遭遇したのだった。これもまた、普段のベルリンの生活では決して味わうことのない感覚・・・。

e0038811_20575092.jpg
帰りは石和温泉駅から「かいじ」に乗って東京へ。2年前にこの駅を利用したときは(写真は2013年4月の様子)、国鉄時代の面影を残す趣きのある駅舎だったのだが・・・

e0038811_20580948.jpg
いつの間にか近代的な駅舎に生まれ変わっていてびっくり。車窓からの新緑の風景を楽しみながら、新宿、品川と乗り換えて京急へ。生後4ヶ月半の息子にとって、ベルリンから成田への飛行機での移動ほどではないにせよ、3時間半の鉄道の旅も大移動だったはず。最後の方では電車の中でかなり豪快に泣き叫んだため、最寄りの駅に降り立ったときは、私たちも少々ぐったりとなってしまった・・・。

e0038811_20581831.jpg
今回の一時帰国では、いろいろな方々が息子に会いに来てくれたり、また面倒を見てくれたりする。普段とは違う人びとと触れ合うことで、この2週間で成長しているなと感じる一方、気持ちが昂ったためか夜なかなか寝付けないこともあった。猫という生き物に接するのも、そういえばこれが人生で初めてのはず。昨年秋にやって来たクルミちゃん(写真)の前に連れて行っても、最初の頃は決して目を合せようとしなかった息子だが、やんちゃな猫に少しずつ慣れてきているのかどうか。

# by berlinHbf | 2015-06-02 00:54 | ニッポン再発見 | Comments(4)

長男誕生3、4ヶ月目 - 日本行き -

e0038811_10263619.jpg
月に1回ぐらいはベルリンでの子育てのことを綴っていけたらと思っていたが、いつの間にか前回の投稿から2ヶ月が経ってしまった。3月半ばからのこの間を少々振り返ってみたい。最初の2ヶ月との大きな違いは、まだまだ小さな赤ちゃんながら、生活のリズムが少しずつできてきたことだろうか。どうしても夜寝付いてくれなくて、深夜に抱っこ紐を身につけて近所を歩き回ることはこのところまずなくなった。顔の表情が豊かになって、にっこり微笑んでくれることも増えてきた。そして私たちにとってありがたかったのは、まだまだ気持ちがいっぱいいっぱいになることも多い時期に、季節が春を迎えたことだった。私は家で仕事をすることも多いので、そういう日は大体午前か午後に一度、ベビーカーで散歩に出る。今住むアパートは階下のスペースが狭いので、ベビーカーを下に止めておくことができず、毎回組み立てて下に運ぶのが少々難だが、一旦外に出てしまえば、ベルリンの土地は大体平坦なのでベビーカー移動は非常に快適。

e0038811_10250793.jpg
好きな散歩コースの1つは、徒歩10分ぐらいの距離にあるヴィルマースドルフのフォルクスパークという公園まで往復すること。行き方はいくつかあるが、私たちはよくプリンツレゲンテン通りを歩く。写真のヴァークホイゼラー通りと交差する辺りに、ヴァルター・ベンヤミンが1930年から亡命する1933年まで住んでいたアパート跡がある。残念ながら建物は戦争で破壊されたが、跡地に記念プレートが掲げられており、ベンヤミンはここに滞在している間に『ベルリンの幼年時代』の一部分を書いた。私がベルリンで最初に住んだアパートがベンヤミンの生誕地のすぐ近くだったこともあって、この人物には個人的な縁を感じてしまう。

e0038811_10251300.jpg
ここを過ぎると、フォルクスパークはもうすぐ。東西に細長いこの公園は、一周すると結構な距離になる。この斜面は、冬に雪が積もると子供たちのそり遊びの舞台になる。

それ以外で思いつくのは、毎月1回小児科に定期健診に行く。大変お世話になった助産婦さんとのお別れ(卒業)があった、などだろうか。助産婦さんからは「そろそろKita(幼稚園)を探し始めるといいわ」と何度も言われていたのだが、まだそこまではなかなか余裕がないというのが正直なところ。そして、4ヶ月目で早くも息子のパスポートをベルリンの日本大使館で作ってもらった。こんなに早くパスポートを作ったのは、首がほぼ据わったこの時期に合わせて初の一時帰国をするためで、この雑文は横須賀のスタバで海を見ながら書いている。

e0038811_20461185.jpg
ベルリンからは日本への最短であるヘルシンキ経由で帰ることにしたのだが、やはり約9時間という長時間のフライトが心配だった。気圧が変わる離陸と着陸時は、息子に授乳、またはおしゃぶりをくわえさせてしのぐ(普段おしゃぶりは嫌いなのだが、今回は持ってきて本当によかった)。途中もちろん何度か泣くことはあったし、赤ちゃん用ベッドではあまり寝てくれなかったけれど、成田に着いたときに、フィンランド人のフライトアテンダントさんは「まだ小さいのに、この子はよく頑張ったわね」と褒めて(?)くれた。実際、初フライトにしてはよく頑張ったのではないかと思う。飛行機ではちょうどバルト三国周遊の日本人ツアー客と乗り合わせたのだが、孫を持つ世代の何人もの方から声をかけられ、温かい目で見てくださったのがありがたかった。もっとも、私は飛行機の中でわずかながらも寝られたが、妻は結局一睡もできなかったそう。成田空港まで母が車で迎えに来てくれ、横須賀の実家に着いたときはさすがにほっとした。今日はこれから2人の弟が息子に初めて会いにやって来るなど、約3週間の今回の一時帰国は、これまでとは違う特別なものになりそうです。

# by berlinHbf | 2015-05-23 21:39 | ベルリン子育て日記 | Comments(1)

旧カール・マルクス書店が文学サロンに

e0038811_21053576.jpg
文化財に指定されている旧カール・マルクス書店 (2015-05)

社会主義時代の巨大なアパートが建ち並ぶカール・マルクス大通り(Karl-Marx-Straße)に、かつてその通りと同じ名の本屋がありました。東独時代、東ベルリン最大規模の売り場面積を誇り、その充実した品ぞろえから、東側だけでなく、西ベルリンの人々も本を求めてやって来たといいます。秘密警察シュタージを題材とした映画『善き人のためのソナタ』(2006年)の印象的なラストシーンに登場する書店と言えば、ご記憶の方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、2008年に経営難から惜しまれつつ閉店。その後、建物はオフィスとして使われていましたが、今年3月、文学サロンとして生まれ変わったという嬉しいニュースが入ってきました。

関連記事:

仕掛人は文化マネージャーのヴァネッサ・レミー氏。アウフバウやズーアカンプといった著名な出版社での勤務経験を持つ同氏が、旧書店の上階に事務所を構える映像制作会社に話を持ち掛け、プロジェクトが実現するに至ったといいます。「もう一度、この街の読書愛好家を惹き付ける文化的な場所にしたかった」と同氏。

オープニングの月に行われた4回の朗読会はいずれも満員だったそうです。通常は入場料に8ユーロかかりますが、5月最初の日曜日の午前、入場無料のイベントが行われるというので足を運んでみました。

地下鉄U5のシュトラウスベルガー広場駅から徒歩5分。久々にやって来た旧書店の正面には、Karl-Marx-Buchhandlungの大きな文字が、変わらずそこにありました。建物の外観と内観は共に文化財に指定されているため、内部の木製の書棚を含め、書店時代そのままの状態が残されたのでした。

e0038811_21052906.jpg
書店時代の面影を残した内部の様子

この日は、国境なき記者団の年刊写真集の発売に際して、ウクライナ人カメラマンとドイツ人ジャーナリストが登壇し、ウクライナ東部での現地の様子を率直な言葉で語り、訪れた人は熱心に耳を傾けていました。

興味深かったのは、この日配布された国境なき記者団による最新の「報道の自由度」を示す世界地図。「良い状況」にあるドイツやポーランド、北欧などの欧州諸国に比べて、アジアにおいて「十分な状況」にあるのは台湾のみ。日本は「顕著な問題のある」カテゴリーに置かれていました。すでに知っていた情報とはいえ、かつて報道の自由が著しく制限されていた国の元書店で、母国の現状を複雑な思いで眺めました。

久しぶりにカール・マルクス書店に足を運び、やはりオフィスよりは書物が似合う空間だと感じました。そして、自由で創造的な意見が交わされる場こそ、書物が満たす空間にふさわしいのだと思います。
www.karlmarx-buchhandlung.com
ドイツニュースダイジェスト 5月15日)

# by berlinHbf | 2015-05-17 14:12 | ベルリンを「読む」 | Comments(0)

ドイツニュースダイジェストの1000号と終戦70周年特集

e0038811_21425763.gif

ドイツニュースダイジェストは、日本にお住まいの方にはあまり馴染みがないと思いますが、ドイツ在住の邦人の方は、おそらく一度はどこかで目にされたことがあるのではないでしょうか。日本関係のお店やレストランなどによく置いてあるフリーペーパーです。同紙はデュッセルドルフに拠点を構え、姉妹紙としてイギリスとフランスにも同名のニュースダイジェストがあります。私個人2007年から毎月寄稿してきた(連載記事はこのブログにも転載させていただいています)このドイツニュースダイジェストが、つい最近、記念の1000号を迎えました。数年前からそれまでの週刊から月2の発行になったものの、このご時世、広告費だけの収益でフリーペーパーを続けるのはなかなか大変なことだと想像します(私は一ライターに過ぎないので、その辺のスタッフの方々の苦労はわかりませんが)。大手新聞などに比べると本当に小さなメディアではありますが、ドイツ在住者やドイツに関心のある人々の貴重な情報源として、これからも続くことを願いつつ、ご紹介させていただいた次第です。1000号では、岡崎慎司選手のインタビュー、村上春樹作品の翻訳者ウルズラ・グレーフェ氏のエッセイ、日独の知られざる歴史に迫る記事など、なかなか充実した特集記事が並んでいますので、よかったらぜひお読みください(HPよりすべての記事をお読みいただけます)

さて、一昨日(5月8日)ドイツは70回目の終戦記念日を迎えました。最新の1001号の終戦70周年特集で、フォルカー・クレップさんというまさに1945年5月8日に生まれた方のインタビュー記事を書かせていただく機会がありました。ベルリン広しといえども、この日に生まれた人を探そうとしても、そう簡単には見つからなかったと思いますが、知人を介した偶然のつながりで出会うことができました。ドイツとヨーロッパの歴史において、極めて重要な日に生まれた一人のドイツ人が何を考えて生きてきたのでしょうか。クレップさんのご両親は、外国生まれのドイツ人という背景を持つゆえ、彼自身のドイツ社会での立ち位置や一般のドイツ人との感じ方の違いも、興味深いところではないかと思います。合わせてお読みいただけると幸いです(こちらより)。
# by berlinHbf | 2015-05-10 15:00 | ドイツ全般 | Comments(1)

発掘の散歩術(58) - Sバーン博物館でノスタルジーに浸る -

e0038811_20311787.jpg
Berliner S-Bahn Museum (2015-04)

日々移り変わるベルリンに15年近く住んでいると、いつの間にか消えてしまったものへのノスタルジーが募るときがある。私の場合、その1つが古いSバーンだ。私がベルリンに来た当初、独特の唸り声を立てて走る旧型のSバーンがまだわずかながら走っていた。開閉するときのドアの取っ手の重かったこと。内装の壁と座席は木製で、車内に入ると木目が醸し出す温かい雰囲気に気持ちがほころんだ。

2003年にこの電車が突如姿を消した後、477型と呼ばれるこの車両が1935年に製造されていたことを知った。ナチスの時代もベルリン・オリンピックも経験した電車が、21世紀になっても現役で走っていたのだ。その意味を思うと、「もっと味わって乗っておくのだった!」と私は後悔したが、時すでに遅し。あの懐かしい電車は、記憶の彼方へと旅立ってしまった。

そんなSバーンの博物館がベルリンの郊外にある。冬期以外の毎月2日間しかオープンしていないため、今回ようやく日程を合わせて訪ねることができた。ベルリン市をわずかに外れたSバーンのグリープニッツゼー駅で降り、表示に従って歩いて行くと、昔の信号扱い所だった建物を利用した博物館が見えてきた。

e0038811_20274813.jpg
グリープニッツゼー駅に面したSバーン博物館

細い階段を上って行くと、文字通りの「鉄(テツ)」の匂いが立ち込めてくる。以前、本コラム(第973号、2014年3月7日発行)でご紹介したベルリン地下鉄博物館を思い出した。窓口で硬券の入場券を買って中に入ると、壁にはSバーンの緑色の看板や駅名のプレートがぎっしり飾られ、奥にはあの懐かしい電車の姿もあった。

関連記事:

e0038811_20273706.jpg
実物に触れられる運転台は子どもにも人気

同じベルリンにあっても、Sバーンが地下鉄と異なるのは、その錯綜した歴史背景ゆえだろう。第2次世界大戦後、ドイツ、そして首都ベルリンは連合国の占領下に置かれたが、連合国の命でSバーンは一括して東独の国営鉄道であるライヒスバーンの管轄下に置かれた。東西どちらを走ろうが、である。1961年に壁の建設が始まると、西側のSバーンの利用者は激減した。どれだけ乗っても、収益は東側に流れたからだ。館内には、分断時代のSバーンの映像や写真が多く展示されていた。そこに見られる廃墟のような駅舎や保線状態の悪さが想像できる線路……。Sバーンこそは、西側にある東の世界だった。戦前の電車が世紀をまたいでも走り続けたのは、このような特殊な背景があったからにほかならない。この博物館のすぐ近くにあった壁を越えて、Sバーンがベルリンからポツダムまで再び走るようになったのは、東西統一後の1992年のことだ。

e0038811_20374242.jpg
博物館に保存された電車のあの木製の椅子に座り、しばし思い出に浸った後、グリープニッツゼーの駅に戻る。目の前には同名の湖が広がり、高級住宅が立ち並ぶ。1945年7月、トルーマン米大統領がポツダム会談中に滞在し、広島と長崎の原爆投下を決定したと言われる邸宅はこのすぐ近くにある(関連記事はこちらより)。人々を分断し続けた東西ベルリンの壁も、今も人々を苦しめる原爆も、時の権力者が「正しい」と考えた一瞬の判断によって引き起こされた。そんなことを思うと、ノスタルジックな気分が一気に覚醒した。
ドイツニュースダイジェスト 5月1日)


Information
ベルリンSバーン博物館 
Berliner S-Bahn-Museum

1996年にオープンした鉄道博物館。Sバーンの同好会により運営されており、様々な時代のSバーンの座席、プレート、切符、刻印機、信号などが展示され、その多くに触ることができる。実物のコントローラーを動かせる運転台も人気。入場料は2ユーロ(16歳以下は1ユーロ)。S7のGriebnitzsee駅より徒歩2分。

開館:4~11月まで毎月第2土曜・日曜(11月のみ第3週)
11:00~17:00
住所:Rudolf-Breitscheid-Str. 203, 14482 Potsdam
電話番号:030-78705511
URL:www.s-bahn-museum.de


ベルリンのトラム150周年 
150 Jahre Straßenbahn in Berlin

乗り物好きにお勧めしたいのが、今年創業150周年を迎えるベルリンのトラム(路面電車)の記念イベント。6月22日にアレクサンダー広場で行われる祝典では、1883年の馬車鉄道から最新型のトラムまでが一堂に会する。6月27日と28日の週末にはリヒテンベルクの車庫が一般公開され、さらに28日には祝賀の花電車が市内を走る予定だ。

# by berlinHbf | 2015-05-10 13:48 | ベルリンあれこれ | Comments(1)

変わりゆくツォー駅周辺

e0038811_05373753.jpg
Bahnhof Zoologischer Garten (2015-04-04)

この数ヶ月、ほとんど更新できないまま、あっという間に5月に入ってしまいました。久々の更新の機会に、最近変化が著しいツォー駅周辺の様子をお届けしたいと思います。

2006年にベルリン中央駅が完成した後、長距離列車は通過するようになり、寂れた感がやや色濃くなったツォー駅ですが、いよいよこれから数年間に及ぶ大規模な改装工事が始まるようです。

e0038811_05375503.jpg
カレーソーセージCurry36のインビスの横には、最近になってスタバのカフェスタンドもできていました。

e0038811_05380415.jpg
右からようやく修復作業が終わったカイザー・ヴィルヘルム記念教会、最近50周年を迎えたヨーロッパセンター、昨年オープンしたビキニ・ベルリン。

関連記事:

e0038811_05384412.jpg
ツォー駅の北側にあるアメリカ・ハウスは、昨年秋、写真ギャラリーのC/O Berlinの展示会場に生まれ変わりました。この中にある細長いスペースのカフェは、なかなか居心地がいい場所なので、ギャラリーと一緒に改めてご紹介したいと思っています。

e0038811_05381860.jpg
そして、最近解体が始まったのがこの建物。この中に入っていた店舗を思い出すと、バーガーキング、バックパッカー向けのホステル、花屋、両替所、スポーツバー、軽食のスタンド、エロティック・ミュージアム……。昼間から酔っ払いがたむろし、少々猥雑な雰囲気も漂う場所でしたが、こういう場所が今ツォー駅の周りから消え去ろうとしています。

e0038811_05420618.jpg
解体が進む上の建物。奥に見えるのは高級ホテルのWaldorf Astoria

e0038811_05385701.jpg
クーダムとヨアヒムスターラー通りの角には、大きな写真パネルが置かれていました。1945年春の街の様子をとらえた特大の写真は、非常に迫力があり、現在の風景と比較すると、やはり胸に迫るものがあります。この「ベルリンの春」という野外展示は、ブランデンブルク門、ポツダム広場、アレクサンダー広場、ヴィッテンベルク広場など、市内の主要な場所で開催中。

e0038811_17542901.jpg
記念教会の70年前と今。新聞やラジオでは、このところ連日のように、70年前に起きたベルリンの地上戦や強制収容所の解放などを思い起こさせるニュースが報じられます。5月8日のドイツの終戦記念日が近づいてきました。
# by berlinHbf | 2015-05-01 18:52 | ベルリン発掘(西) | Comments(3)

「西ベルリン」の回顧展

e0038811_04123926.jpg
東西ドイツ統一後10年から15年くらいにかけてでしょうか、東(オスト)とノスタルジー(郷愁)を掛けた「オスタルギー(Ostalgie)」という造語がよく使われた時期がありました。統一25周年の今年は、西ベルリン時代に焦点を当てた展覧会「WEST:Berlin」が開催され、大きな注目を集めています。

e0038811_04122830.jpg
「西ベルリン」展で展示中の1961年製の水陸両用車「アンフィカー」
© Stadtmuseum Berlin | Foto: Michael Setzpfandt


ニコライ教会からほど近い展示会場のエフライム宮殿は、平日の午前中にもかかわらず、多くの来場者で賑わっていました。最初に目にしたのが、世界的にも数少ない、市販された水陸両用車「アンフィカー」。1960年代前半、主に西ベルリンで製造されたもので、この街に長く住む知人は、休日になると郊外の湖ヴァンゼーにこの車が浮かんでいるのを何度も見たことがあるそうです。東ドイツとの国境に接した湖の上を、乗用車がのんきに「走る」姿を想像したら、何となくおかしくなりました。

e0038811_04123425.jpg
最上階には、2013年末に廃業となったホテル・ボゴタのサロンが再現されていた。これも「ヴェスタルギー」(西ベルリン時代のノスタルジー)の一つか
Hörlounge / Hotel Bogotá

© Stadtmuseum Berlin | Foto: Michael Setzpfandt



1949年から90年まで地図上に存在した西ベルリンとは、実に不思議な場所でした。周囲が東ドイツ領に囲まれた「赤い海に浮かぶ島」であり、ここを統治した西側の連合国にとっては、「西側のショーウインドー」という言葉に象徴される、繁栄を死守すべき場所でした。政治機能がなかった一方、同時に極めて「政治的な」西ベルリンを象徴したのが「壁」の存在でしょう。この展覧会でも、壁と共にある日常や、列車や車で西ベルリンを出入りする際の様子が大きく紹介されていました。

壁に囲まれながらも、西ベルリンには独特の活気とエネルギーが溢れていました。兵役が免除されたゆえ、この街に大挙して訪れた左翼系の若者によって形成されたオルタナティブ(前衛的)な空気。そして、出稼ぎ労働者としてやって来たトルコ人を始めとする多くの外国人によって、今日に続くベルリンの多様性が築かれていきます。印象に残ったのは、クロイツベルクの写真館の女性が1945年から93年までの長きにわたって収めた11点の家族写真。そこには街の住民構成が変わっていく過程がくっきりと映し出されており、掛け替えのないドキュメントになっていました。

e0038811_04121377.jpg
展示会場のエフライム宮殿

西ベルリン時代を語る上で欠かせないのが、第一級の「文化」の存在でしょう。戦後間もない頃に創設された国際映画祭、ベルリン・ドイツ・オペラ、カラヤンとベルリン・フィルが一時代を築いたフィルハーモニー、新ナショナルギャラリー……。赤い海に浮かぶ摩訶不思議な島は、世界とも身近なところで繋がっていたのでした。

今も刻々と移り変わるベルリン。この街の行方を考える上でも、一見の価値のある展示内容になっています。6月28日までの開催。
www.west.berlin
ドイツニュースダイジェスト 4月17日)

# by berlinHbf | 2015-04-20 21:23 | ベルリン発掘(西) | Comments(0)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング