ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

発掘の散歩術(59) - 70年目の「解放」の日、ドイツ・ロシア博物館にて -

e0038811_23353211.jpg
Sowjetisches Ehrenmal im Tiergarten (2015-05-09)

5月8日の終戦記念日の夜、ベルリン東側の郊外リヒテンベルク区にあるドイツ・ロシア博物館を目指した。ドイツ鉄道(DB)のストライキのため、通常の最寄り駅であるSバーンのカールスホルスト駅を避け、地下鉄のティーア・パーク駅から運良く最終バスに乗ることができた。人気のない静かな住宅街を走ること約10分、バスは突然雑踏の中に紛れ込んだ。

正直、これほどの人出は予想していなかった。博物館横の芝生には多くの屋台が並び、ウオツカやロシアビールを片手に人々は陽気に飲み語らっている。まさに祭りの雰囲気だ。「日本人がイメージする終戦記念日の雰囲気とずいぶん違いますね」と、この日に合わせて関西からやって来た知人が驚きを込めて言う。確かにそうだ。
e0038811_23233957.jpg
リヒテンベルク区のドイツ・ロシア博物館

1945年5月8日の深夜、もともとはドイツ国防軍工兵学校だった赤軍司令部内で、ナチス・ドイツの代表が降伏文書に調印。欧州における第2次世界大戦が終わった瞬間だった。私たちは22時から行なわれる「平和の乾杯」というセレモニーに合わせて来たのだが、人が殺到し、調印式が行なわれたホールへは一向に進めない。ついに諦めた人々は、前に立つ屈強な門番の指示を受けて外に出て行く。どうやら大型のスクリーンに式典の様子が映し出されるらしい。後に付いて行くと、ドイツの文化大臣が、赤軍がナチスの支配から人々を解放したことへ感謝の挨拶を述べるところだった。

e0038811_23175743.jpg
ドイツの無条件降伏の調印が行なわれた歴史的なホール

乾杯の式典の後、ホールの中に入ると、熱気がまだ残っていた。ポツダム会談が行なわれたツェツィーリエンホーフ宮殿と同じく、背景に掲げられた戦勝国の旗、調印式に使用されたテーブルや机などが、当時と同じ状態で保存されている。画面に映される調印式の映像を見ると、ドイツ国防軍のカイテル元帥があの席に座ったのかとリアルに想像できた。その横には、本物の文書がガラスケースの中に保管されている。

e0038811_23345598.jpg
気が付くと、ホールの中からほとんど人が消えていた。向こうの方から爆発音が聞こえる。急いで外に出ると、花火の打ち上げが始まっていた。色とりどりの花火が夜空に放たれる度に歓声が上がり、スピーカーからはナポレオンのロシア遠征を描いたチャイコフスキーの序曲『1812年』が流れる。ベルリンでこんな立派な花火を見るのは初めてで、私と知人はあっけに取られるようにしてその様子を眺めていた。ここがモスクワならばともかく、敗戦国であるドイツの閣僚を交えて行なわれた公式行事で、ここまで派手な演出は予想外だったからだ。

e0038811_23361400.jpg
翌9日、ベルリンは平和的なムードに包まれていたが、サッカーの国際試合以外でこれほど多くのロシア国旗を街中で見たのは初めてだった。モスクワでは過去最大規模の軍事パレードが行なわれ、ドイツのメディアはロシアの動きを警戒する論調の記事も掲載した。お祭りの雰囲気の中、その前日、町で出会ったドイツ人女性が語っていた「(強制収容所などで)解放されなかった人々のことも記憶に刻まなければ」という言葉がふと思い起こされた。
ドイツニュースダイジェスト 5月19日)


Information
ドイツ・ロシア博物館 
Deutsch-Russisches Museum

ソ連軍がベルリンから退却した後の1995年にオープンした博物館。第2次世界大戦、特に甚大な犠牲者を出した41年6月からの独ソ戦の歴史が、ドイツとロシア双方の視点を取り入れて展示されている。S3のKarlshorst駅、もしくはU5のTierpark駅からバス296番に乗り、Museum Berlin-Karlshorst下車すぐ。入場無料。

開館:火~日10:00~18:00
住所:Zwieseler Str. 4, 10318 Berlin
電話番号:030-50150810
URL:www.museum-karlshorst.de


ソ連戦勝記念碑 
Sowjetisches Ehrenmal

ブランデンブルク門の西側、6月17日通りに面した記念碑。第2次世界大戦で犠牲になった赤軍兵、中でも大戦末期のベルリン地上戦による犠牲者を追悼する目的で建てられ、45年11月に完成。当時そこはすでに英国占領地区だったため、東西分断時代は事実上ソ連の「飛び地」の形で存在し続けた。記念碑の両側にはベルリンの戦いで使われた2台の戦車と榴弾砲が並ぶ。

住所:Straße des 17. Juni 4, 10785 Berlin

by berlinHbf | 2015-06-13 16:43 | ベルリン発掘(東) | Comments(0)

マルティン・グロピウス・バウのテルアビブ美術館展

e0038811_10034284.jpg
ワシリー・カンディンスキー『ムルナウ、緑の家のある風景』(1909年)
© VG Bild-Kunst, Bonn 2015


2015年は、ドイツとイスラエルの国交樹立50周年という節目の年。これを記念して、ポツダム広場から近いマルティン・グロピウス・バウ(Martin-Gropius-Bau)でテルアビブ美術館展が開催されています。

西ドイツ(当時)とイスラエルとの間で国交が結ばれたのは、1965年5月12日のこと。第2次世界大戦中、ナチス・ドイツにより約600万のユダヤ人が犠牲になったホロコーストの記憶は、この両国の間に重く複雑なしこりを残しました。1932年に創設されたテルアビブ美術館は、特に20世紀の近現代の作品で充実したコレクションを誇りますが、今回展示される作品のうち約70点は、初めて欧州、またはベルリンで公開されるといいます。

同展では、絵画、彫刻、グラフィックアートの分野で重要な潮流を生み出した20世紀の作家の作品がテーマごとに展示されており、さらに、それに並行して現代イスラエルのビデオアートやインスタレーションが対峙して紹介されているのが特徴です。

「都市と田舎」と題された最初の部屋では、ポール・シニャックやワシリー・カンディンスキーらの牧歌的な風景画の傍らに、テルアビブの街中で撮られた映像作品が並んでいます。また、「混乱した惑星」という部屋には、抽象表現主義のマーク・ロスコやジャクソン・ポロック、シュルレアリスムのマックス・エルンストらの作品と並んで、「ガザ地区が地震により内陸部から隔てられ、もはや紛争のないリゾート地に変貌した」という架空のプロモーションビデオ「ガザ運河」が上映されるなど、現在のイスラエルの政治状況ゆえに人々が求めるユートピアへの憧れも感じられました。

e0038811_10035005.jpg
マルク・シャガール『孤独』(1933年)
© VG Bild-Kunst, Bonn 2015 / Photo Elad Sarig


奥の「ベルリン」という名の部屋には、マックス・リーバーマンの自画像、ルートヴィヒ・マイトナー、マックス・ペヒシュタインら、戦前ベルリンで活躍した表現主義の画家の作品が並びます。1933年から47年まで美術館の初代ディレクターを務めたカール・シュヴァルツはベルリン出身の美術史家で、それゆえドイツの表現主義のコレクションが多いのだそうです。そのほか、ピカソ、シャガール、ムンク、モネ、ジャコメッティといった著名な芸術家の作品も、展示の大きな目玉になっています。

この展覧会は、ベルリンとテルアビブ両都市のキュレーターによって構想されたとのこと。重く複雑な歴史背景を持つドイツとイスラエル。しかしまた、それゆえに両国の間には唯一無二の関係が育まれてきたと言えるのかもしれません。開催は6月21日まで。
Jahrhundertzeichen. Tel Aviv Museum of Art Visits Berlin: www.gropiusbau.de
ドイツニュースダイジェスト 6月5日)

by berlinHbf | 2015-06-08 10:18 | ベルリン文化生活 | Comments(0)

山梨での週末

e0038811_20571963.jpg
横須賀の実家に1週間ほど滞在した後、先週末は山梨県に住む義理の両親のもとを訪ねた。義母は長男の出産時に3週間ほどベルリンまでヘルプに来てくれたが、義父は今回が孫と初対面。土曜日は天気がよかったので、河口湖に面した天上山(通称カチカチ山)のロープウェイに連れて行ってもらった。

e0038811_20572549.jpg
カチカチ山にロープウェイで上るのは、かれこれ25年ぶりだった。前回上ったときと山頂の設備も観光客の顔ぶれも大きく変わっていたけれど(外国からのお客さんが本当に増えた)、ここからの富士山の眺めはやはり感動的。

e0038811_20573305.jpg
昼食は富士吉田にある美也川といううどん屋へ。普通の民家のような座敷の席で、つるつるの吉田うどんをいただく。

e0038811_20574185.jpg
夜は甲府盆地の東南端にある「みたまの湯」という温泉に連れて行ってもらった。東日本と西日本を分けるファッサ・マグナの開口割れ目に位置する天然温泉だそうで、露天風呂からは甲府盆地を一望のもとに見渡せる。茶褐色の独特の湯は、数万年前の太古の植物から溶け出した天然有機物が混じったものだ。そんなことが書かれた浴場内の説明文を湯に浸かりながら読むと、自然の恵みと悠久の時の経過を感じずにはいられない。そして、家に戻って間もなく、今回の滞在中で2回目になる地震に遭遇したのだった。これもまた、普段のベルリンの生活では決して味わうことのない感覚・・・。

e0038811_20575092.jpg
帰りは石和温泉駅から「かいじ」に乗って東京へ。2年前にこの駅を利用したときは(写真は2013年4月の様子)、国鉄時代の面影を残す趣きのある駅舎だったのだが・・・

e0038811_20580948.jpg
いつの間にか近代的な駅舎に生まれ変わっていてびっくり。車窓からの新緑の風景を楽しみながら、新宿、品川と乗り換えて京急へ。生後4ヶ月半の息子にとって、ベルリンから成田への飛行機での移動ほどではないにせよ、3時間半の鉄道の旅も大移動だったはず。最後の方では電車の中でかなり豪快に泣き叫んだため、最寄りの駅に降り立ったときは、私たちも少々ぐったりとなってしまった・・・。

e0038811_20581831.jpg
今回の一時帰国では、いろいろな方々が息子に会いに来てくれたり、また面倒を見てくれたりする。普段とは違う人びとと触れ合うことで、この2週間で成長しているなと感じる一方、気持ちが昂ったためか夜なかなか寝付けないこともあった。猫という生き物に接するのも、そういえばこれが人生で初めてのはず。昨年秋にやって来たクルミちゃん(写真)の前に連れて行っても、最初の頃は決して目を合せようとしなかった息子だが、やんちゃな猫に少しずつ慣れてきているのかどうか。

by berlinHbf | 2015-06-02 00:54 | ニッポン再発見 | Comments(4)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング