ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

消えゆく夜行・長距離列車

e0038811_7114386.jpg
廃止されたパリ東駅行きのシティーナイトライン(ベルリン中央駅にて。2013年6月撮影)

「夜行列車」という言葉には、洋の東西を問わず旅心を誘う響きがあります。今年の3月限りで日本のブルートレインは全廃されることになりましたが、残念ながら欧州でも、夜行列車や長距離列車は縮小傾向にあります。昨年12月14日のドイツ鉄道(Deutsche Bahn)のダイヤ改正で、いくつもの歴史ある列車が姿を消しました。

この改正で廃止になったのは、ベルリン発(およびハンブルク、ミュンヘン発)パリ行き、プラハ発ベルリン経由コペンハーゲン行きなど計6本のシティーナイトライン(CNL)。ただし、格安航空や格安長距離バスとの競合により、利用客が減ったとは一概に言えない部分があるようで、例えばベルリンとパリを結ぶCNL「ペルセウス」は乗車率も高く、特に個室寝台は予約が取りにくいほどでした。ところが、車体が古いため利用者のニーズに対応できず、また、フランス鉄道側の線路や駅の使用料が高額といった要因が廃止の決め手になったと言います。私は2003年にパリからこの列車に乗ったことがあります。3段ベッドの簡易寝台はさすがに狭さを感じましたが、心地良い横揺れとともによく眠れましたし、何より朝起きたらベルリンに着いていたのが魅力でした。食堂車横のスタンドバーで、ほかの旅行者と語らいながら飲んだことも、今となっては良い思い出です。

e0038811_7115062.jpg
かつてはハンブルク―クラクフ間を結んでいたユーロシティー「ヴァヴェル」の表示板

夜行列車以外にも、今回の改正でベルリンとウィーンを結ぶユーロシティーなど、何本かの長距離列車が消えました。象徴的だったのは、ベルリンとポーランドのヴロツワフ(ドイツ語ではブレスラウ)間を走るユーロシティー「ヴァヴェル」の廃止です。ベルリンからかつてドイツ領だったシレジア地方の中心都市ブレスラウまでは、実に1853年以来、直通の特急列車が結んでいました。ポーランドの古都クラクフにあるヴァヴェル城に因んだこの列車は、もともとハンブルクとクラクフ間を12時間半掛けて結んでいましたが、2012年にヴロツラフまでに短縮された後、その翌年に運行を開始した同じドイツ鉄道による高速バスに利用客を奪われたこともあって、今回の廃止が決まりました。昨年12月13日にベルリン中央駅を出た最終列車の客車はわずか2両編成。しかも、暖房設備の故障で発車が20分遅れるという悲しい幕切れとともに、由緒ある列車はポーランドへと旅立って行きました。

e0038811_7175959.jpg
「ヴァヴェル」号の車窓から(2007年11月)

欧州の鉄道の旅の魅力は、国境を越えるたびに車掌のアナウンスや乗客の話す言葉が変わったり、朝目が覚めると異国の地に着いていたりといった、多様に交錯する文化や歴史をじかに体感できることにあると思います。そんな旅の道程の楽しさそのものを味わわせてくれる列車が消えつつあるのは残念なことです。
ドイツニュースダイジェスト 1月23日)
by berlinHbf | 2015-01-23 23:20 | 欧州を感じる旅 | Comments(9)

発掘の散歩術(54) -ノイケルンの天井で遊ぶ-

e0038811_318392.jpg
Klunker Garten (2014-11)

地下鉄U7のノイケルン市庁舎駅で降りて地上に出ると、ショッピングセンター「ノイケルン・アルカーデン」は目の前だ。トルコ系移民の家族連れが目立ち、ベルリンのショッピングセンターの中でもとりわけ混み合っている。大手家電量販店を横目に、多少迷いながらもエレベーターを見付けた。ここが入り口らしい。5階で降りると、そこはただの駐車場。ほかの人の後を追ってもう1階分さらに坂を上って行くと、狭い天井から解放され、屋上に出る。ハーブや花のプランターや木組みの小屋が目の前に現れ、さながらガーデンセンターに来たかのようだ。かと思えば、少し先から聴こえてくるのは軽快なクラブ音楽。この場所の名は「クルンカークラニッヒ」。ホオカザリヅルという鶴の一種のことだ。

e0038811_315152.jpg
まずは、ここからの眺望にしばらく見入ってしまった。周囲には高層建築が皆無ということもあって、テレビ塔から西側のヨーロッパセンターの方まできれいに見渡せる。手前のアパートの屋根には移民の人々のものと思われる丸い受信アンテナがいくつも連なり、紅色の屋根瓦が西日に反射している。ベルリンの高い場所はいくつも見てきたが、トップ5に入れても良いくらいの眺めだ。

クルンカークラニッヒは2013年に、もともと屋上の駐車場だったスペースを利用してオープンした。仕掛け人は、この近くのヴェーザー通りでFuchs&Elsterというライブバーを営むロビン・シェレンベルク氏とドーレ・マルティネク氏ら。夏の間によく見掛けるビーチバーではなく、持続可能な都市文化を実現する場所にすることを目指して作られた。建物の屋上を緑地にして、野菜などを植えるルーフトップガーデンの動きは、米国の多くの都市で見られるそうだが、遮るものが周囲に何もなく、大きな空を感じられる場所で植物を眺め、土の匂いを感じられるのは新鮮だ。

e0038811_342539.jpg
市内のパノラマが広がるノイケルンのクルンカークラニッヒ

クルンカ―クラニッヒは緑があるだけの場所ではない。3ユーロの入場料を払ってさらに奥へ進むと、土曜日の夕暮れ時を様々な人々が思い思いに過ごしていた。若者の割合は高いが、砂場で遊ぶ子どもたちもいるし、コーヒーとケーキの時間を楽しむご婦人もいた。木組みの小屋の中では、DJが音楽を掛け、飲み物やピザも注文できる。「当初、ショッピングセンターの運営部や駐車場のオーナーは我々の計画に懐疑的でしたが、クルンカークラニッヒのプロジェクトが多くの人を惹き付けているのを見て、理解してくれたようです」とシェレンベルク氏は語る。クラブに限定することなく、ジャズやクラシック音楽のコンサート、朗読会がここで開かれることもある。

e0038811_343239.jpg
子どもが遊べる砂場も用意されている

オーナーの2人は、「見掛けや年齢に関係なく、誰もが来られる場所を目指しています。また、地元ノイケルンの皆さんにも参加していただきたい。この場を生かすためのアイデアを募集しています」と語る。ベルリンの中でも、とりわけ多様性とオープンな雰囲気溢れるノイケルンに、また新しい遊び場を見付けた。
ドイツニュースダイジェスト 1月9日)


Information
クルンカークラニッヒ 
Klunkerkranich


2013年6月にオープンしたノイケルン地区の屋上テラス。U7のラートハウス・ノイケルン駅前のショッピングセンターの6階にあり、2500㎡のスペースを持つ。コンサートのほか、蚤の市、フードマーケット、クリスマスマーケットなど、季節に応じて様々な行事が開催されている。冬の間、ガーデンはお休み、レストランは週末のみの営業。

オープン:火〜木18:00〜1:30、金~日12:00〜1:30
住所:Karl-Marx-Str. 66, 12049 Berlin
電話番号:030-666666
URL:www.klunkerkranich.de


デック5 
Deck5


Sバーンのシェーンハウザー・アレー駅前のショッピングセンター「アルカーデン」の屋上にあるバー。クルンカークラニッヒとは違い、こちらは夏期のみの営業。デッキチェアが置かれ、ヤシの実や砂浜がリラックスムードを盛り上げる。眼下に広がるプレンツラウアー・ベルク地区のパノラマも魅力的。5月からの夏期シーズンに向けて現在は改装中。

オープン:月〜土10:00〜、日祝12:00〜(2015年5月から営業予定)
住所:Schönhauser Allee 79, 10439 Berlin
電話番号:030-41728905
URL:www.freiluftrebellen.de
by berlinHbf | 2015-01-20 19:21 | ベルリン発掘(西) | Comments(0)

岩波書店『世界』2015年2月号 - アウシュヴィッツ解放70周年 -

e0038811_2273377.jpg

岩波書店の月刊誌『世界』2月号に、「インゲ・ドイチュクローンが心に刻んできたもの—アウシュヴィッツ解放70周年—」というタイトルのルポを寄稿させていただきました。間もなくやって来る1月27日のアウシュヴィッツ解放70周年に合わせて書いたものです。

『世界』という非常に歴史ある雑誌に書かせていただくことになり、また1万字を超える字数のルポを書くのは初めてということもあって、昨年の秋はこの原稿をどうまとめるかがずっと頭の中にありました。いろいろ考えた結果、戦時下のベルリンで生き延びた1922年生まれのユダヤ人女性、インゲ・ドイチュクローンさんのインタビューを軸に、戦後ドイツ社会がどのようにして「アウシュヴィッツ」に向き合うようになったのか、さまざまな立場から描こうと試みました。

とても重く、また難しいテーマですが、書くにあたっては、ベルリンの生活者としての立場、そしてそこでの人間関係から生まれるものを大切にしようと心がけました。実際、友人や知人と話している中で、「この人に会って話を聞いてみるといい」というありがたい提案や紹介をいただくことが何度もあり、取材対象はどんどん広がっていきました。字数の関係から、今回原稿の形になったのはその中の限られた部分ではありますが、今後掘り下げていきたいテーマもいくつか見つかりました。まだまだ稚拙な部分もあるかと思いますが、力を込めて書きましたので、『世界』2月号をご一読いただけると大変嬉しく存じます。

後記:
嬉しいことに、朝日新聞の「論壇委員が選ぶ今月の3点」(1月29日朝刊)にて、小熊英二氏が拙ルポ「インゲ・ドイチュクローンが心に刻んできたもの」を選んでくださいました。

by berlinHbf | 2015-01-13 19:52 | ベルリンを「読む」 | Comments(11)

細貝萌選手インタビュー(ドイツニュースダイジェスト掲載)

e0038811_23213689.jpg
昨年11月に行ったサッカーブンデスリーガのベルタ・ベルリンの所属する細貝萌選手のインタビュー記事が、ドイツニュースダイジェストの2015年新年号に掲載され、オンラインでも全文をお読みいただけるようになりました(こちらより)。

ドイツでの日々からサッカー観、ファンとの交流まで内容は多岐に及び、細貝選手の人間性も伝わってくるインタビューになったと思うので、ぜひご一読いただけたらと存じます。
by berlinHbf | 2015-01-13 18:07 | サッカーWM2006他 | Comments(0)

ブランデンブルク州ユーターボークの旧市街を歩く(2)

e0038811_19152734.jpg
Dammtor in Jüterbog (2014-01-04)

ダム・トーアと呼ばれる門が、鉄道でユーターボークに来る場合の街の入り口になる。ユーターボークの帰属は何度も変わっている。

30年戦争期間中の1635年、この街はザクセン選定侯領に組み込まれた。そして1756年、プロイセンのフリードリヒ大王はザクセンとの国境に近かったユーターボークに進軍したことで、7年戦争が始まった。次にこの街が歴史の表舞台に出てくるのは、19世紀になってから。1813年9月6日、ナポレオン解放戦争の最中、ユーターボークのすぐ西側のデネヴィッツ(Dennewitz)において「デネヴィッツの戦い」が行われた。この戦いで連合軍はナポレオンのベルリン進軍を完全に食い止め(わずか1日の戦いで、両軍合わせて約2万人が戦死している)、1ヶ月後のライプツィヒの戦いでナポレオンのドイツ支配は終わりを告げたのだった。1815年のウィーン会議の結果、ユーターボークを含めたザクセン王国はプロイセンに譲渡されることとなる。

e0038811_19154167.jpg
門の近くにソ連軍の名誉墓地があった。第2次世界大戦末期の1945年4月18日、ユーターボークはアメリカ軍に空爆されたが、旧市街は幸い無傷だった。その2日後、赤軍が大きな戦闘を行うことなくこの街を占領。以来、ユーターボークは赤軍の駐屯地となり、彼らが完全に撤退したのは1994年になってからのこと。

e0038811_19162089.jpg
ユーターボークの歴史を振り返ってみると、血なまぐさい争いの過去に彩られつつも、ほんのわずかのところでこの街は破壊から守られたことがわかる。これだけ人通りが少ないと、どうもわびしい気分から抜けられないけれど、ベルリン・ブランデンブルク州において希有な街なのは間違いない。

e0038811_19163103.jpg
Mönchenkircheという大きな教会の前に出た。ここが一応ユーターボークの文化の中心とパンフレットに書いてあるので、扉を開けてみたら、驚いた。ようやくここでまとまった数の人に出会えたのだった。中には舞台があり、ニューイヤーコンサートの休憩時間中らしかった。地元の人びとが談笑したり、コーヒーを飲んだりしている。小さな街の住民の大半がここに集まっているのではないかと思ったほど。何はともあれ、ユーターボークで人のぬくもりを感じることができて、少しほっとした。

e0038811_19165493.jpg
1507年に完成したレンガ造りの市庁舎。

e0038811_19171317.jpg
e0038811_19172109.jpg
いくつかの場所では、城壁や市門が完全な状態で残っている。

e0038811_19172865.jpg
数は少ないものの、廃屋になっている建物もいくつか見かけた。東ドイツ時代、建物の外壁はどこもこんな感じだったのかもしれない。

e0038811_19173458.jpg
ひっそりと眠ったような街だったが、30年戦争以来の名残をとどめながら、ほかのベルリン・ブランデンブルクの都市では味わったことのない悠久の時が流れていた。

by berlinHbf | 2015-01-10 11:06 | ドイツ全般 | Comments(2)

ブランデンブルク州ユーターボークの旧市街を歩く(1)

e0038811_07034410.jpg
Dammtor in Jüterbog (2014-01-04)

ちょうど1年前、近所に住む友達の車を借りる機会を得て、妻と日帰りでどこかに行こうという話になった。私はこの機会に、ユーターボーク(Jüterbog)に行ってみようと思った。何年か前に、ベルリンの新聞で「中世の面影がほぼ完全に残る街」とユーターボークが紹介されていて、興味を持っていたのである。

e0038811_07042519.jpg
ユーターボークはベルリンから南に約60キロほど、ベルリンーライプツィヒの鉄道の線上にあるブランデンブルク州のテルトウ=フレーミング群の街だ。もっとも、ユーターボークの旧市街は駅から大分離れているので、車窓からこの街を望むことはこれまでなかった。ベルリンからさほどの距離ではないとはいえ、久々の車の運転、しかもナビも付いていない状態だったので、道に迷いながら結局2時間近くかかった気がする。

旧市街に入った頃から街の閑散ぶりに驚いた。土曜日のお昼にも関わらず、人通りが皆無なのだ。マルクト広場に車を止めて、営業している数少ないお店の中からAmerican Dinerという周囲から若干浮いた感じのレストランに入ってハンバーガーを食べる。地元の若い人が出入りしているような店だった。写真は広場から伸びているニコライキルヒ通りの様子。まずはニコライ教会の方に行ってみることにした。

e0038811_07043886.jpg
ユーターボークに都市権が与えられたのは1174年のこと。法的にはブランデンブルク州最古の都市になるそうだ。13世紀半ば以降、この街は遠隔貿易の中心地として栄え、3つの教会や市壁などがこの時期に形作られた。2つの対照的な塔を持つゴシック様式のニコライ教会もその時代に建設が始まった(写真)。しかし、1478年の大火災、そして17世紀の30年戦争で街は壊滅的な被害を受ける。現在の街並みは30年戦争以降に再建されたものが主体になっているそうだ。

e0038811_07044779.jpg
ここがGroße Straßeというまさに「大通り」という名のメインストリート、なのだが、道行く人はほとんどいない・・・

人口約1万2000人の街なのだが、この街の住民はどこでどういう生活を送っているのだろうと思う。

e0038811_07050268.jpg
19世紀までは、ユーターボークは「マルク地方のマントヴァ」「マルク地方のローテンブルク」などとも呼ばれていたそうだ。建築的には大変興味深いのだが、人があまりに少ないので、いくらかわびしい気持ちにもなってくる。

e0038811_07045335.jpg
次回はこのDammtorという門の向こう側に行ってみます。

by berlinHbf | 2015-01-06 11:55 | ドイツ全般 | Comments(1)

Frohes Neues Jahr 2015!

e0038811_20483224.jpg
Tauentzienstr.にて(2014年12月26日)

新年あけましておめでとうございます。

昨年はいつになく時間が経つのが早く感じられました。特に9月から12月中旬まではこれまで経験したことがなかったほどめまぐるしい日々でしたが、お仕事に恵まれ、充実した年を送ることができたように思います。本業の執筆の方では、この秋は多くの方にインタビューする機会がありました。少しずつですが、自分が本当に書きたいテーマのお仕事もいただくようになり、今後もたゆまず努力していきたいと思っています。

e0038811_20483930.jpg
ベルリンは12月28日に初雪が降り、一面雪景色となりました。翌29日のシェーネベルク地区のアカーツィエン・シュトラーセの様子。

e0038811_20484734.jpg
大晦日にスーパーに行ったら、パンコーナーに行列ができていました。ドイツは地域差があって一概には言えないのですが、ベルリンではこの日にプファンクーヘンPfannkuchenと呼ばれる揚げパンを食べるのが伝統です。一番ポピュラーなのはジャム入りのものですが、昨日は卵入りリキュール(左)やチョコ入りなど、いろいろな種類のものが店頭に並んでいました。部屋の掃除を終えてから、私はリキュール入りのパンをほおばりました^^

e0038811_02405394.jpg
昨日は直前になっておもいがけずにベルリン・フィルのジルヴェスター・コンサートを聴けることになり、夕方妻とフィルハーモニーに足を運びました。同じプログラムの29日の演奏会を聴いたことは何度かありますが、31日のコンサートを聴くのはラトルが音楽監督に就任した2002年以来のこと。テレビ中継が入る大晦日の公演はやはり雰囲気が特別で、夢の中にいるようでした。ベルリン・フィルの第1ヴァイオリンの音のシャワーを間近に浴び、ラトルの表情を眺めつつ、メナヘム・プレスラーが弾く枯淡のピアノに酔いました。心から感動したので、また別の機会に感想を書きたいと思っています。

2015年は戦後70年。ベルリンに住む私にとっても、執筆の大きなテーマになるだろうと思います。早いもので、このブログも夏に10周年を迎えます。皆さまと世界の人びとにとって、幸せな1年となることを願いながら。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

by berlinHbf | 2015-01-01 20:28 | ベルリンのいま | Comments(4)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング