ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2014年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Frohe Weihnachten 2014

e0038811_20565527.jpg
今日12月26日はクリスマス休みの2日目。少し遅くなってしまいましたが、クリスマスの様子を何枚かお届けしたいと思います。

e0038811_20574027.jpg
1週間ほど前、知人のドイツ人家族のお宅へお邪魔しました。かれこれ10年以上いろいろお世話になっているフレンツェルさん夫妻。今年の夏にご主人が亡くなり、一番奥の椅子は空席のまま。それでも、奥さんのウラさんは、クリスマス直前に訪れた私たちを例年と同じように迎えてくださいました。

e0038811_20571791.jpg
ウラさんは可愛らしい小物や木の人形を集められていて、毎年少しずつ顔ぶれが変わっています。これは、チェコとの国境に近いハルツ地方のザイフェン(Seiffen)という村で作られたStriezelkinderという木の人形。貧しい子どもたちが自分で作ったおもちゃを売っている様子を描いたもので、このデザインの人形は1937年にパリの万国博覧会で金賞を獲得し、有名になったのだそうです。

e0038811_20572310.jpg
これもやはりザイフェンで作られたSeiffener Reiter(ザイフェンの騎手)という木の人形。

e0038811_20575403.jpg
これはRäuchermannといって、火を付けたお香を中に入れると、パイプの先から煙が出てくる人形ですね。

e0038811_20573518.jpg
ハルツ地方は鉱山の多い地域で、左の人形の頭には坑夫のマークが付いています。昔はこの人形を窓側に向けて、鉱山で働く男たちが家に帰って来るのを家族は待っていたのだそうです。クリスマスの人形から、昔の人びとの生活を想像するのもなかなか楽しいものです。

e0038811_20574620.jpg
この日はクリスマスのお菓子をたくさんいただきました^^。奥にはシュトレン、さらに隣に住むメヒティルトさんがケシの実を包んだケーキを焼いてきてくださいました。イヴの夜には、子どもと孫、総勢14人がウラさんのアパートにやって来るのだとか。いやいや、迎える側は準備が大変です^^;)

by berlinHbf | 2014-12-26 18:00 | ベルリンのいま | Comments(0)

クロイツベルクのココロラーメン

e0038811_06561062.jpg
仕事が一段落した先週末、ちょっとしたお疲れ様会ということでクロイツベルクにある「ココロラーメン」に行ってきました。U1のKottbusser Torから南に5分ほど歩くと(U8のSchönleinstr.からも同じぐらいの距離)、ラントヴェーア運河にかかるコトブサー橋が見えてきます。毎週2回トルコマーケットが行われる場所でも知られているところ。ここからPaul-Lincke-Uferという運河沿いの道に沿って歩くと、ラーメンの赤提灯が見えてきました。このCocolo Ramen、もともとはオリヴァーさんというラーメン好きのドイツ人(本業は工業デザイナー)の方が14年ぐらい前(?)に始めた屋台のラーメン屋で、当初はミッテのカフェのスペースを使って週末だけ営業していました。私も屋台時代に何度か食べに行ったことがあります。やがて、ミッテのGipsstr.に店舗の形でオープンし、昨年6月、2号店としてオープンしたのがこのクロイツベルク店というわけです。

e0038811_06554106.jpg
店内は超満員で、しばらく入口で待つことになりました。ココロラーメンはお昼も営業していますが、やはり夜の方がラーメン屋らしい熱気に溢れています(屋台を彷彿とさせるカウンターのデザインもいいですね)。とはいえ、ここはベルリンのクロイツベルク。多国籍の地元の人々がラーメンをすすっている様子は、初めて来たときは不思議な感じがしました。

e0038811_06554813.jpg
私たちが訪れた先週土曜日は、今年最後の営業日。日本人の店長をはじめとするスタッフが慌ただしく店内を駆け回っていました。ちなみに、地下にある広々としたトイレの構造とデザインもなかなか面白いです。

e0038811_06561606.jpg
さて、ラーメンが運ばれてきました。こちらは味噌ラーメン(8ユーロ)。
e0038811_06560385.jpg
そして、私が注文したとんこつラーメン(10ユーロ)。全種類を食べたことがあるわけではないのですが、私はここではとんこつが一番好きです。チャーシューのほかに、トロトロになるまで煮込んだ豚の角煮が付いていてこれがまた美味しい^^。この日は偶然、日本人画家の友人にばったり会い、彼が連れて来たイタリア人カップルの友人らとテーブルを囲んで一緒に食べることになりました。パスタという麺文化の本場からやって来た彼らも「美味しい」「体が温まる」と大喜び。枝豆をつまみに楽しく食べているうちに、私は結局替え玉(2ユーロ)を注文することになったのでした。ちなみに、来年の営業は1月2日の18時からだそうです。

Cocolo Ramen
Paul-Lincke-Ufer 39-40
10999 Berlin
Tel.030-98339073

by berlinHbf | 2014-12-24 16:53 | ベルリンあれこれ | Comments(2)

『ベルリンガイドブック』が増刷されました

e0038811_05374849.jpg
昨年7月に『素顔のベルリン』(ダイヤモンド社)の増補改訂版として刊行された『ベルリンガイドブック』が、おかげさまでこの度増刷されることになりました。早いもので初版から5年が経ちましたが、いまも多くの方に読んでいただいていることを大変ありがたく思っています。今回の増刷に際して、すべてのデータを再チェックし、情報をアップデートしました。また、変わりゆくベルリンの風景に合わせて、写真も数枚差し替えています。もしこの最新版をご希望という方は、巻末に「改訂第2版第2刷発行」と記載されている本を書店にてお選びいただけたらと存じます。
by berlinHbf | 2014-12-23 22:12 | ベルリンを「読む」 | Comments(2)

ベルリンの秋 2014

e0038811_01115503.jpg
Volkspark Wilmersdorf (2014-10-28)

e0038811_01120171.jpg
U-Bahnhof Spichernstrße

e0038811_01121754.jpg
Mauerpark (2014-11-02)

e0038811_01123290.jpg
Hof in der Kastanienallee

e0038811_01131278.jpg
Tempelhofer Feld (2014-11-09)

e0038811_01130591.jpg
S-Bahnhof Beuselstraße (2014-11-14)

e0038811_01170970.jpg
Gendarmenmarkt (2014-12-17)

いまさらながら秋の写真を何枚かアップしましたが、この3ヶ月半は本当にあっという間でした。今年最後の大きな原稿を書き上げ、少しほっとしている第4アドヴェントの週末です^^。

by berlinHbf | 2014-12-20 17:37 | ベルリン発掘(全般) | Comments(0)

発掘の散歩術(53) -21世紀の「消費のカテドラル」が誕生-

e0038811_01283750.jpg
モール・オブ・ベルリンの吹き抜けホール。この日はファッションショーが行われていた

バスがポツダム広場を過ぎ、ライプツィヒ通りに入ると、左手に広大な空き地が広がる。ここを通るとき、私は「Tresor」と手書きで書かれた看板を見るのが好きだった。「金庫室」を意味する壁崩壊後の伝説的なクラブは、2005年に閉鎖となり、やがて工事現場へと変貌していった。

ある時、ここをタクシーで通ったら、運転手がこんな話をし始めた。「ここには戦前ユダヤ人が経営する大きなデパートがあったんですよ。彼らが所有権を持っていた土地をベルリンが巨額のお金を出して獲得し、新しいビルを建てることになったそうです」。彼の話の真偽はともかく、いわくありげな雰囲気が漂う場所だったのは確かだ。

e0038811_01290146.jpg
入口の脇に飾られていた戦前のヴェルトハイム百貨店の写真

戦前ここにあったのは、「ヴェルトハイム百貨店」。1906年にアルフレート・メッセルの設計により建てられたデパートは、7万㎡の売り場面積を持ち、欧州最大級の規模を誇った。今日の目で見ても驚くのは、華麗な装飾が施されたガラス天井を持つ吹き抜けのホールで、そこには圧倒的な富を感じる。外観のゴシック風ファサードなどから、「消費のカテドラル」の異名を持ったほどだ(ちなみに、先の「Tresor」はもともと百貨店の地下の金庫室だった場所)。しかし、ナチス台頭後、ユダヤ系資本のヴェルトハイムは接収され、やがて第2次世界大戦の空爆により、デパートの歴史は終焉を迎えた。

関連記事(この場所のかつての様子です):

e0038811_01502077.jpg
e0038811_01503065.jpg
11月のある日、日本から来た知人にアドルフ・ヒトラーが自殺をした場所を案内していたら、その奥に完成したばかりの「モール・オブ・ベルリン」の姿が目に入った。ヒトラー終焉の地から150mも離れていない。中に入ってみると、いきなりガラス天井の大きなホールに出た。間違いなく、戦前のヴェルトハイムを意識して設計されたであろう舞台の上を、大勢の買い物客が行き交っている。中心部のほぼ最後の無人地帯にも資本の波が押し寄せているのを感じ、その変貌のスピードに頭がクラクラした。反対側の出口を出ると、そこはかつてヴィルヘルム広場と呼ばれたモーレン通り駅の前。ポツダム広場から地下鉄一駅分が商業ビルのトンネルで結ばれたことになる。

11月9日の壁崩壊25周年に合わせて、日刊デア・ターゲスシュピーゲル紙は各界の著名人からの寄稿文を特集した。その中の映画監督ヴィム・ヴェンダースのエッセイを読んでいたら、こんな箇所に出会った。

「私からNiemandsländer(東西どこにも属さない場所)は失われてしまった!新しいものが建てられると、私は無意識的に深く息をつく。また1つ、自由がなくなった。また1つ、向こう側を見通せなくなった。自然に踏みならされた道はもうない。ベルリンはまた1つ、ほかの都市と同じようになっていく……」

大都市は変化し続ける。ヴェルトハイム百貨店ができたときだって、驚き嘆いた人も少なからずいただろう。だが、ベルリンを愛する者としては、ヴェンダースの言葉にどうしても共感してしまうのだ。
ドイツニュースダイジェスト 12月5日)


Information
モール・オブ・ベルリン 
Mall of Berlin

ライプツィヒ広場に新しくオープンしたショッピングモール。7万6000㎡の敷地内に、270のショップ、270のアパート、ホテル、フィットネスセンター、オフィスなどを収容し、最上階はフードコートになっている。ショッピングモールの規模としては、ベルリンで2番目に大きい。屋上には、アパートの住民だけが利用できる公園があるそう。

オープン:月~土10:00~21:00
住所:Leipziger Platz 12, 10117 Berlin
電話番号:030-20621770
URL:www.mallofberlin.de


ライプツィヒ広場 
Leipziger Platz

ポツダム広場の東側にある八角形の広場。正方形のパリ広場、円形のメーリンク広場と並んで、1732~38年に掛けて造られた。戦前までは商業の中心と交通の要衝として栄えたが、ドイツの東西分断後は、この場所の上に壁が建設されたため無人地帯に。現在この広場周辺には、カナダ大使館や連邦参議院の議事堂などが建ち並んでいる。

by berlinHbf | 2014-12-08 17:56 | ベルリン発掘(境界) | Comments(1)

(続)村上春樹氏がヴェルト文学賞を授賞

e0038811_08263974.jpg
授賞式後の記念撮影にて。村上春樹さんとパティ・スミスさん(左から2番目)ほか

作家の村上春樹氏が、ドイツの大手日刊紙ディ・ヴェルトが主催するヴェルト文学賞を授賞し、11月7日、出版社アクセル・シュプリンガーの本社ビルで行われた授賞式に参加しました。

ナチスが台頭する以前の1920年代のベルリンは、文学や映画などの分野で文化が花開き、130以上もの新聞が発行されるメディアの中心地でもありました。この賞は、戦前ベルリンで活躍したジャーナリストのヴィリー・ハース(1891~1973)を記念して作られたもの。1999年以降毎年1人を選出しており、これまでにベルンハルト・シュリンク、ケルテース・イムレ、フィリップ・ロスといった著名作家が受賞しています。

村上氏はドイツでも抜群の人気と知名度を持つだけに、大勢の招待客で埋まった客席は期待感に満ちていました。

小説『1Q84』で、重要なモチーフとして使われるヤナーチェクの「シンフォニエッタ」のファンファーレが流れる中、開始予定の19:00より少し遅れて授賞式は始まりました。同紙文芸部の編集長リヒャルト・ケメリングス氏が村上氏を歓迎する挨拶を述べた後、女優のフリッツィ・ハーバーラント氏により、村上氏の短編小説『パン屋襲撃』が朗読され、その合間にはやはり作品に登場するワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」の音楽が流れました。

村上氏は一貫して音楽を作品のモチーフに取り入れてきたことで知られていますが、その後、米国の著名なロック歌手のパティ・スミス氏がサプライズで登場。村上作品の大ファンを公言している彼女は、ギターの弾き語りで3曲を披露し、67歳とは思えないほど若々しく伸びやかな声に、参加者は皆感嘆していました。

オーストリア人作家クレメンス・ゼッツ氏は、「村上さんの作品がなかったら、世界はより貧しいものになっていただろう。あなたと同時代に生きていることを嬉しく思う」と熱烈な賛辞を寄せ、続いて授賞セレモニーが行われました。特に印象深かったのは、最後の村上氏のスピーチです。1983年に初めて東ベルリンを訪れた際にオペラを観て、帰りにハラハラしながらチェックポイント・チャーリー検問所まで走った体験談に始まり(村上氏は、このときの滞在を基に『三つのドイツ幻想』という短編を書いています)、「人と人、価値と価値を隔てて、一方では自分たちを守ってくれるが、他方では向こう側の人を排除する論理で作られている壁」が、自らの創作活動の重要なモチーフであり続けてきたと語りました。

「壁を抜けて違う世界を見る。それを描くのが作家の日常の仕事。読者もまた、作家とともに壁を抜けることができる。厚い壁を抜けて、再び戻ってきたときに味わう自由。その身体感覚こそが、読書において最も大事なことだと確信している。壁のある現実で、壁のない世界を想像すること。物語はその力を有していると考えたい」。

奇しくもこの日は、ベルリンの壁崩壊25周年の光の風船の点灯が始まった日でした。壁について改めて考える機会を、日本人の作家から与えられたことに感謝したくなりました。

by berlinHbf | 2014-12-05 00:38 | ベルリンの人々 | Comments(2)

「家庭画報」2015年1月号 特集「ベートーヴェンの軌跡を巡る」

e0038811_04145939.jpg
最近発売になった「家庭画報」2015年1月号が、「ベートーヴェンの軌跡を巡る」と題して、ベートーヴェンの特集を組んでいます。彼の生誕地であるドイツのボンと作曲家としての飛躍の場となるウィーンの2都市で構成されており、ボン編の取材コーディネートをさせていただきました(ナビゲーター役はピアニストの仲道郁代さん。音楽評論家の伊熊よし子さんが記事を書かれています)。

ボンは、ベルリンを除くと私がドイツで唯一長期間滞在したことがある街。学生時代、ボン大学のサマーコースに参加したのが、ドイツに「住んだ」最初の機会でした。今回ベートーヴェンという切り口で、ボンのことを調べ、取材に同行することができたのは幸せでした。家庭画報ならではの大判の写真を眺めていると、ベートーヴェン博物館でラーデンブルガー館長と学芸員のケンプケンさん直々に案内していただいたことや、仲道さんが1824年作のグラーフ製のピアノを弾かれたときのやわらかい音色が、鮮やかな記憶としてよみがえってきます。また9月に、ベートーヴェン音楽祭の取材でアンドリス・ネルソンス指揮の「第9」やピアニストのレイフ・オヴェ・アンスネスが弾く協奏曲を聴き、さらに彼らに直接お話を伺えたことは、私にとって宝物のような経験になりました。書店などで見かけたら、ぜひお手元に取っていただけたらと思います(新春特別付録も付いています)。

それにしても、お正月の記事を眺めていると、日本の年末年始がちょっと恋しくなりますね^^;)。

以下は「家庭画報」のHPより
-----------------------------------
【最新号】2015年1月号歓喜の調べで新年を寿ぐ ベートーヴェンの軌跡を巡る

聴く者の心に、歓喜と、情熱と、希望をもたらしてくれるベートーヴェンの音楽。新年を迎えるこの時期にふさわしい名曲が生まれたゆかりの音楽都市ボンとウィーンを訪ね、ベートーヴェンの魅力に迫ります。

by berlinHbf | 2014-12-04 22:03 | ベルリン音楽日記 | Comments(0)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング