ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2013年秋の一時帰国(中)

e0038811_23175235.jpg
先週末でドイツは夏時間が終わり、日本との時差は8時間になりました。まだ比較的暖かいのが救いですが、17時にはもうほぼ真っ暗。間もなく陰鬱な11月に入ろうとしています・・・。

そんなわけで、日本で過ごした1ヶ月間も遠くなりつつありますが、今回の滞在の後半で印象に残ったいくつかの出来事をスケッチ風に綴っておきたいと思います。

冒頭の写真は、秋葉原から近い旧万世橋駅。この場所がつい最近商業施設としてリニューアルされたというので立ち寄ったのですが、中のお店の雰囲気といい、昔の駅のホームに上がって往時を偲べるようになっている点といい、なかなかセンスのあるリノベーションの仕方だと思いました。この赤煉瓦の高架線はベルリンのシュタットバーンとも関係が深いので、いずれまた書きたいと思っています。それにしても、久々に歩いた秋葉原電気街の変貌ぶりにはびっくり!でした。

e0038811_23362090.jpg
大相撲秋場所の終盤に差し掛かったある日、当日券を狙って妻と両国国技館に行ってきました。日本に帰る度に、日本の伝統的なものに触れたいという思いを持っているのですが、今回はたまたま相撲だったわけです。が、1戦1戦が本当に面白くて、手に汗握りながら観戦しました。私は小学校高学年から中学生にかけて、あらゆるスポーツの中で相撲が一番好きだった時期があるのですが、あの頃生で見る機会があったらどんなに感動しただろうと思ってしまいました。この日のこともまた改めて書きたいところ。

e0038811_23402479.jpg
先日書いた三ツ峠に登った翌日、山梨の昇仙峡を訪れました。ロープウェイで山頂に上り、さらに奥まったところにある岩山からの富士の眺めも実に素晴らしかった。

e0038811_23181250.jpg
山梨から中央線の「あずさ」で帰る途中、吉祥寺に寄り、写真家のHさんに再会。おいしいタイ料理屋の「アムリタ食堂」でお昼をご一緒した後、「そういえば最近、この近くを歩いていたらベルリンの雑貨屋さんを見つけたんですよ」とおっしゃるので、食事の後そのお店に行ってみることに。何度か迷いながらも、ありました!『ゲミュートリヒ』という名のドイツ雑貨屋さん。オーナーの田中理奈さんは、2002年にドイツを初めて訪れて以来ドイツの虜となり、今年1月にこのお店をオープンさせたのだとか。立ち話でしたが、しばしベルリン話で盛り上がりました。素敵なお店だったので、吉祥寺訪問の際はぜひ立ち寄ってみてください。

e0038811_23182174.jpg
吉祥寺を訪れたのはまだ2回(?)ですが、好きになれそうな町でした。昔からの商店街に賑わいがあって歩くのが心地よく、駅前にはハモニカ横丁というそれこそ戦後の闇市から続いているような飲屋街もあります。Hさんはヨーロッパからお客さんが来ると、毎回この迷路のような空間を案内されるそうですが、皆さん喜ばれるのがわかる気がします。

e0038811_2318281.jpg
10月頭のある日、以前ブログを通じて知り合った研究者Oさんのご案内で、横須賀市追浜にあるJAMSTECこと海洋研究開発機構を見学。日本が世界の最先端を行く海底研究の今をたっぷり見せていただきました。ちょうどこの日、これから大槌町に旅立つ東北海洋生態系調査研究船「新青丸」(写真)の出航に立ち会えたのもよかったです。NHK特集のダイオウイカの番組の影響で、国立科学博物館の深海展も大人気だったそうで。

e0038811_23183829.jpg
10月3日、東京オペラシティでの読響のコンサートを聴きました。ホールのロビーに「指揮者のスタニスラフ・スクロヴァチェフスキ氏は、本日90歳の誕生日を迎えました。」と書かれた張り紙が注目を集めていましたが、90歳の老人とは全く思えない、切れ味のある颯爽とした指揮ぶりで、ショスタコーヴィチの交響曲第5番を堪能しました。終演後、コンミスの日下紗矢子さんや何人かの知人にご挨拶できたのもよかった。この日のプログラムに、スクロヴァチェフスキの息子さんによるエッセイが載っていたのですが、マエストロの食生活に関する内容が興味深かったです。毎晩1杯の赤ワインを飲むのを長年の「儀式」としているという記述に示唆を受け、私も最近はビールよりも赤ワインを飲むようにしています(笑)。マエストロは12月15日にベルリン放送響とブルックナーの交響曲第4番をベルリン・フィルハーモニーで共演する予定なので、そちらも今から楽しみです。
by berlinHbf | 2013-10-28 23:47 | ニッポン再発見 | Comments(0)

ノイケルンのカフェ「two and two」

e0038811_21281645.jpg
パニーア通りにあるカフェ「two and two」の外観

地下鉄U7、8のヘルマンプラッツ駅から徒歩5分のパニーア通り(Pannierstr.)は、ここ数年来のノイケルン地区の隆盛に合わせて、カフェやショップが劇的に増えた通りです。大通りから入ってすぐのところにあるカフェ「two and two」は、ある友人から「ちょっと素敵なカフェがあるから」と誘われて行った待ち合わせ場所。ちょうど12時に開店したばかりで、お店の女性がにこやかな笑みを浮かべながらも、忙しそうに準備をしていました。

店内に入ってまずびっくりしたのは、日本の文房具が置かれたコーナーがあったこと。カラフルなペンや筆箱から懐かしいデザインのノートやファイルまで、小さなスペース一杯に並んでいます。もう1つ驚いたのが、オーナーの女性が日本語を話したことです。少したどたどしさはあるものの、一生懸命伝えようとする姿に惹かれ、その場で取材をさせていただくことになりました。

e0038811_21282326.jpg
カフェ「two and two」の共同オーナーの1人、トセさん

オーナーのトセさん。日本人とフランス人の両親を持つパリ出身の女性です。パリでスタイリストとして働いた後、彼女にとってもう1つのルーツである日本に渡り、しばらく東京でフランス語教師を務めていたそうです。「本当に楽しい日々でした」と語るトセさんですが、再び欧州に戻ることになり、次に住む場所として考えたのがベルリンでした。「パリから近く、友人もいましたし、何よりベルリンには楽しそうなイメージがあったんです」。

ベルリンで何か仕事をしたい。そんなとき、こちらで出会った日本人アーティストのエリさんとカフェ巡りをしているうちに、自分たちも開いてみたいという想いが芽生えてきます。「カフェなら比較的安く始められますし、エリと話しているうちにいろいろなアイデアが湧いてきました」。2011年12月に開業を決意し、ノイケルンに物件を購入。約1年の準備期間を経て12年12月12日12時にカフェはオープンしました。

「two and two」という名前は、「異なる文化的背景を持つ2人によるカフェ。コンセプトも2つということで付けました」。メニューには、フランスの伝統的なレシピによるキッシュやガトーショコラ、アップルケーキなどが並び、もちろんすべて手作り。店内に並ぶトセさんお気に入りの文房具は、日本から自分で仕入れたものだそう。店内のインテリアもセンスが光るもので、入り口前の街路樹を囲むように並ぶ木製のベンチ(こちらも手作り)は一見の価値あり。ノイケルンを訪れた際は、ぜひお立ち寄りください。オーナーがきっと温かく迎えてくれるはずです。

Café Two and Two
www.twoandtwoberlin.com
Pannierstr. 6, 12047 Berlin
月~日12:00~18:00

ドイツニュースダイジェスト 10月18日)
by berlinHbf | 2013-10-23 14:33 | ベルリン発掘(西) | Comments(0)

ベルリン、秋深し

e0038811_1993767.jpg

e0038811_1994773.jpg
昨夜ベルリンに戻りました。今朝7時、秋が深まりゆく近所の情景です。1ヶ月間ずっと半袖で過ごしていた日本とは別世界の感あり。
by berlinHbf | 2013-10-16 12:20 | ベルリンのいま | Comments(2)

三ツ峠山から臨む富士

e0038811_0224298.jpg
おかげさまで、先週日曜の講演会を無事終えることができました。はるばるお越し頂いた方々、Twitterでの告知をリツイートなどして応援くださった皆さん、どうもありがとうございました。課題も残りましたが、普段自分が住む場所を日本の大勢の方の前でお話しするというのは、とてもいい経験となりました。今後も機会があれば、テーマを変えながら続けていきたいと思っています。

さて、講演会が終わって気持ちの重荷が取れたので^^;)、爽快感のある風景をお届けしたいと思います。9月末に妻の実家の山梨に行った時のこと。義理の両親は登山が趣味なので、初心者の私にも比較的登りやすく、かつ富士山の眺めが味わえる峰ということで、三ツ峠山に連れて行ってもらうことになりました。甲府盆地から御坂みちを通って長いトンネルを抜けた直後、御坂峠方面への道に曲がります。ここで思いがけず野生の猿に遭遇!カメラを向けても特に物怖じせずこちらを見つめていました。

e0038811_0225034.jpg
そのまままっすぐ行くと、数年前にご紹介した天下茶屋(太宰治の「富嶽百景」の舞台)に続くのですが、今回はその手前から入った奥の駐車場に車を止め、ここから登山道に入ります。最初は谷底の川のせせらぎを聞きながら。

e0038811_0225733.jpg

e0038811_023562.jpg

e0038811_0231740.jpg
この週末は天気に恵まれ、絶好の登山日和。日本でそこそこの標高の山に登るのっていつ以来だろう。

e0038811_163599.jpg
最初の絶景ポイント。岩がせり出したこの場所に、1人で来ていたおじさんが座ってカップラーメンを食べていたのですが、実に美味しそうだったなあ。

e0038811_0233230.jpg
頂上に近づくに連れて、眺望が開けてきます。こちらは甲府盆地。この画面で一番目立つ、山間に架かっている白い線は、将来東京ー名古屋間を結ぶことになる例のリニア線ですね。

e0038811_0234134.jpg
南アルプスの山々もよく見えました。

e0038811_0235830.jpg
三ツ峠山頂からの眺めは素晴らしかった。欲を言えば、てっぺんに雪を抱いた富士を見たかったなあと思うけれど、左右から伸びて手をつなぐように浮かぶ雲が、風情を作り出していました。

e0038811_024567.jpg
頂上で食べたおにぎりとお菓子が、まあおいしかったこと。標高1785メートル。約1時間40分の登山でこの眺めを手にできることを思うと、かなりお得感はあります。

e0038811_0244252.jpg
こちらは山中湖方面。

e0038811_0245290.jpg
降りてくる頃にはかなり雲が広がってきたので、登山は早起きに限ると痛感。下山した後の昼食に、吉田うどんを食べました。富士急ハイランド近くの「美也樹」というお店。とても歯ごたえのあるぴちぴちしたうどんで、生姜と大根おろしのさっぱり感が疲れを癒してくれました◎
by berlinHbf | 2013-10-10 01:33 | ニッポン再発見 | Comments(0)

発掘の散歩術(39) -オリンピアシュタディオンで観るヘルタ・ベルリン-

e0038811_2159490.jpg
数々の名舞台が繰り広げられてきたオリンピアシュタディオン (2013-08-24)

5月半ばのある日、日本から訪れた知人と飲んでいて、ふとこんな話題が私の口を衝いて出た。「ベルリンにも日本人サッカー選手が来ればいいのにね」。

この数年間、香川真司選手(現マンチェスター・ユナイテッド)や長谷部誠選手(現1.FCニュルンベルク)がドイツに移籍したことで、ドルトムントやヴォルフスブルクといった地味な町に(と言っては失礼だけれど)どれだけの日本人ファンが訪れたことだろうか。対する我がヘルタ・ベルリン。町としてははるかに大きく、見どころの多い首都のサッカークラブであるにもかかわらず、リーグ全体ではどうも影が薄い。ここ数年は1部と2部の間を揺れ動き、今年50年を迎えるブンデスリーガの歴史の中で優勝経験も当然ない。2000年以降、日本人選手加入の噂は何度かあったが、噂以上にはならなかった。「いつかベルリンから日本への直行便が飛べばいいのにね」というフレーズ同様、実現の見込みがあまりない漠然とした希望として私は口にしただけだった。

そのわずか数日後、「細貝萌選手がレヴァークーゼンからヘルタ・ベルリンへ完全移籍」のニュースが伝えられた。びっくりした。そして嬉しかったが、この数年間、レギュラーに定着せずにドイツのチームを去った日本人選手は何人もいる。とにかく試合に出られるようにと、私は願った。

そのヘルタは開幕戦でいきなり爆発し、フランクフルトを相手に6-1と大勝。細貝はフル出場し、何とマン・オブ・ザ・マッチに輝いた! 私は居ても立ってもいられなくなり、第3節のホームゲーム、久々に本拠地のオリンピアシュタディオンに駆け込んだ。

正面の席につくと、鮮やかな緑の芝生とそれを縁取るブルーの陸上トラックが目の前に広がる。そして、隙間が全くない密度でスタジアムの東側に陣取るサポーターの大合唱。何度来ても心躍る、この巨大スタジアムの魅力だ。

e0038811_2275447.jpg
試合終盤から。写真中央に見えるのが細貝選手

この日の相手はハンブルガーSV。ブンデスリーガの歴史で、一度も2部に落ちたことがない古豪だ。細貝はボランチで先発出場。前半は両者とも攻め手を欠いたが、後半開始早々、ヘルタの若手DFニコ・シュルツが左サイドを駆け上がると、ワンツーで一気にシュートチャンスまで持って行った。この試合で初めてワクワクする攻撃だった。

その期待感が現実のものとなる。74分、再び左サイドでボールを持ったシュルツが、中央の位置から前線に絶妙の長いボールを蹴る。MFベン¬=ハティラがキープする間、勢いよくゴールに向かって走り込むシュルツへボールが渡った! 決めたのはコロンビア出身のFWラモスだったが、完全にシュルツがお膳立てしたゴールだった。これがヘルタ2勝目の決勝点となる。

e0038811_21585619.jpg
試合終了後、勝利の喜びを爆発させるヘルタ・ベルリンの選手とサポーターたち

精力的に動き回った細貝だったが、この日はどちらかと言えば攻撃と守備とをつなぐ職人的な仕事に終始した。が、大きなミスもなく、チームの信頼を勝ち得てきていることは、試合後にチームメイトと談笑する様子からも伺えた。

開幕3戦はチーム史上最高のスタートを切ったヘルタだったが、その後2連敗。さて、ここからどう踏ん張るか。来年の5月まで一喜一憂することになるだろうが、細貝選手の加入は、ベルリン生活に新たな楽しみをもたらしてくれた。
ドイツニュースダイジェスト 10月4日)


Information
ベルリン・オリンピアシュタディオン 
Olympiastadion Berlin


1936年のベルリン五輪に合わせて建設された石造りのスタジアム(収容は7万4200人)。試合やイベントが行われない日はスタジアムと周囲のオリンピックパークの見学が可能。これだけでも雰囲気は十分に味わえる。少し離れた所にある鐘の塔Glockenturmは、屋上からの眺望が素晴らしい(見学は7ユーロ。+3ユーロで日本語オーディオガイドも)。

オープン:月〜日9:00〜19:00(試合やイベントの開催日を除く。冬期は10:00〜16:00。詳細は下記URLを参照)
住所:Olympischer Platz, 14053 Berlin
電話番号:030-2500 2322
URL:www.olympiastadion-berlin.de
e0038811_2274520.jpg


ヘルタ・ベルリン 
Hertha BSC Berlin


ベルリンに本拠地を置くプロサッカークラブ。創設は1892年。2000年代はブンデスリーガ1部で安定した成績を残してきたが、その後2度の2部降格を経験。今季から再び1部でプレーしている。チームのマスコットは、ブラジル出身のゆるキャラ(?)ヘルティーニョ。ファンショップは市内に数カ所あり、以下はヨーロッパセンター前の店舗情報。
営業:月〜土10:00〜20:00
住所:Am Breitscheidplatz, 10789 Berlin
電話番号:01805-1892 00
URL:www.herthabsc.de
by berlinHbf | 2013-10-04 22:18 | サッカーWM2006他 | Comments(0)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

Masato さま  ..
by Yozakura at 14:33
山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

その他のジャンル

記事ランキング