ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2013年バイロイト音楽祭レポート

e0038811_22102261.jpg
生誕200年で沸いたバイロイト祝祭劇場

筆者は2003年からバイロイト音楽祭のチケットを毎年申し込み続けてきた。「外れても、とにかく送り続けることよ。それが大事」と知人のワグネリアンの方に諭され続けて早10年、今年ついに「当選」の通知が届いた。奇しくもワーグナーの生誕200周年というメモリアルイヤー。その中で一番の注目を集めた「ニーベルングの指環」新演出を体験することができた。
(ドイツニュースダイジェスト 9月20日)


「ニーベルングの指環」は4夜に分けて上演される、音楽史上稀に見る大作だ。記念すべき年の新演出を任されたのは、ベルリンのフォルクスビューネで長年芸術監督を務めるフランク・カストルフ。旧東独出身のカストルフは、指環をめぐる物語を米国やロシアといった超大国による「石油」をめぐる争いに置き換えた。「ラインの黄金」は米国の「ルート66」のガソリンスタンドとモーテル、「ワルキューレ」ではアゼルバイジャンの油田が舞台という具合に。「ジークフリート」の後半では、ベルリンのアレクサンダー広場が登場する。殺伐とした情景の中で、ジークフリートがカーニバルのパレードから飛び出したかのような派手な衣装をまとった森の小鳥と出会うシーンは、とても印象的だった。

ところがその後、「事件」が起こる。ようやく出会ったジークフリートとヒロインのブリュンヒルデが愛の歓喜を歌い上げるのだが、どうもお互いにあまり関心を持っていない様子。しかも、そこになぜか2 匹のワニが現れて、森の小鳥を食べてしまう。何時間も堅い椅子に座って聴き続けてきたワグネリアンにとって、普通ならば一番のカタルシスを味わうシーンだけに、最後の音が鳴り止むと、かつて体験したことのないほどのブーイングが劇場内に飛び交った。

オペラの休憩中、ワーグナー研究家の北川千香子さんにお会いした。北川さんは、2005 年から会場係の仕事をしながらこの音楽祭と関わり続けている。お話の中で印象に残ったのは、バイロイトに来てすぐの頃に出会ったというクリストフ・シュリンゲンジーフ演出の「パルジファル」のこと。「とても『変な』演出の舞台で、評判も悪かったんです。でも、即興性が豊かで、観る度に違うことが起こる。一体、演出家は何を意図して、あの舞台を作ろうとしたのか考えていったんです」。

北川さんはそれを機に「パルジファル」をテーマとする博士論文を書き上げた。「実験工房」の色が濃いバイロイトにおいて、ブーイングが起こるのはさほど珍しいことではないが、彼女の場合、その強烈な印象が立ち止まって考えるきっかけになったのだ。

最終日「神々の黄昏」の最後では、ニューヨークの証券取引所が目の前に現れた。結局、石油との関連性は不明確なままだったが、カストルフが込めようとしたであろう社会主義国家の理想と挫折、忘却。そして大国間の利権争い。それは、冷戦後の今も根本においてそう変わっていないのではないかと思わせる妙なリアリティーを残し、幕は閉じられた。

ところで今回、知人のワグネリアンのお孫さん、アダム君がバイロイト音楽祭に「デビュー」を果たした。5歳のアダム君は幕間に、好奇心たっぷりに周囲に質問を投げ掛け、約6時間の「ジークフリート」を最後まで見通した。舞台だけでなく、聴衆側にも新しい風あり。ワグネリアンはこうして次の世代へと受け継がれてゆく。

ワーグナーの生誕250年の頃には、アダム君は55歳。私は果たして生きているのか微妙な年代だ。その頃、世界はどうなっていて、指環は何に置き換えられているだろう。緑豊かなこぢんまりとしたバイロイトの町で、世の行く末に思いを馳せる。世界の生成と崩壊を描いたワーグナーの芸術には、そんな壮大な思いに至らせる何かがある。
by berlinHbf | 2013-09-28 00:07 | ベルリン音楽日記 | Comments(0)

AERA 2013年9月30日号「現代の肖像」日下紗矢子

e0038811_1426397.jpg

現在発売中のAERA(朝日新聞出版)2013年9月30日号の「現代の肖像」という有名なルポシリーズで、ヴァイオリニストの日下紗矢子さんのことが取り上げられています。執筆されたのはフリーライターの千葉望さん。5ページのルポですが、日下さんのご家族から恩師、各関係者にまで丹念に取材を重ねて書かれた、とても読み応えのある記事になっています。実はその関係者の中に私も入っていまして(笑)、今年5月に千葉さんが取材でベルリンに来られた際、日下さんとご近所付き合いのある私まで取材を受けることになったのでした(記事の中でそのことが少し出ており、私も読んでビックリ)。それはともかく、日下さんのルーツから音楽への真摯な取り組み方、その目指すものまで多角的に描かれており、大変興味深く拝読しました。日曜日までの発売だと思いますので、ご興味のある方はぜひご一読いただけたらと思います。

もう1つお知らせです。日下さんがベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団と並んでコンサートマスターを務める読売日本交響楽団の演奏会が来週4日間に渡って行われます。S.スクロヴァチェフスキ指揮で、ショスタコーヴィチの交響曲第5番がメインのプログラム(2日サントリー、3日東京オペラシティ、4日東京芸術劇場、6日横浜みなとみらい)。日下さんもコンマスとして出演されますが、特に3日のオペラシティでの公演は、室内楽の演奏付きでおすすめです。ちなみにこの日は、スクロヴァチェフスキ氏の90歳の誕生日だとか!2011年に聴いたスクロヴァチェフスキ指揮ベルリン・フィルのコンサートは、この年私が聴いた中でもっとも感動を受けた生演奏の一つでした。今回も圧倒的な名演が期待できるのではと私も楽しみにしています。

以下は読売日響のHPより
-------------------------------------------
第3回東京オペラシティ・プレミアムシリーズ
2013年10月 3日(木) 18:30 東京オペラシティコンサートホール
指揮=スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ

【第1部】
日下紗矢子と読響の仲間たち(室内楽)
チャイコフスキー(武満徹:編曲):秋の歌(クラリネットと弦楽四重奏のための)
ショスタコーヴィチ:弦楽八重奏のための2つの小品
出演:日下紗矢子、小杉芳之、荒川以津美、肥田与幸、鈴木康浩、榎戸崇浩、毛利伯郎、室野良史、金子平

【第2部】
ベルリオーズ:劇的交響曲「ロミオとジュリエット」作品17から〈序奏〉〈愛の情景〉〈ロミオひとり〉〈キャピュレット家の大饗宴〉
ショスタコーヴィチ:交響曲 第5番 ニ短調 作品47
by berlinHbf | 2013-09-27 14:31 | ベルリンの人々 | Comments(2)

2013年秋の一時帰国(上)

e0038811_14131988.jpg
日本に戻って1週間が過ぎ、その間あっという間というべきか、そうでもないのか、よくわからないままに時間が流れていました。9月も半ばとはいえ、成田空港に降り立ったときのむわっとくる蒸し暑さには驚きました(ベルリンを発つ朝の気温はもう10度ぐらいでしたから)。長時間のフライトではずっと寝ているときとほとんど寝られないときがあって、今回は後者。成田空港からは京成と京急を乗り継げば実家までほぼ1直線で帰れるのですが、さすがにキツいので、横浜まではバスで出ました。

e0038811_14132957.jpg
横須賀に着いた日、両親はちょうど旅行に出ていたので、この日のお昼は妻と京急久里浜駅前の商店街へ。歩いていると昔からやっているラーメン屋「元祖札幌や」が目に入り、懐かしさのあまり思わず入ってしまいました。すると、顔に見覚えのあるおじさんとおばさんが今でもラーメンを作っている!ちょうどお客さんが他にいない時間帯だったので、「子供の頃、この店によく食べてきていて、ちょうどドイツから帰ってきたばかりなんです」と話したら、うれしそうに聞いてくれ、無口なおじさんかと思いきや、意外と面白いことをおっしゃる。「この味噌ラーメン、昔から変わらない味ですねえ」「それって、味に進歩がないってことかい?物は言いようだからねえ。ハッハッハ」

息子さんらしい人が中に混じって働いていましたが、引き継いでくれる人がいるといいなと思い、お店を後にしました。

e0038811_14134552.jpg
最近はシャッター通りになっている商店街も多いですが、久里浜商店街はまだ何とか踏みとどまっているという印象を受けました。八百屋では若いおにいさんが威勢のいい啖呵を切っていたし、頑張ってほしいです。この写真の「ときわ屋」さんには、なかなかいい味のホームページがあります。

e0038811_1413536.jpg
ここまで来たからにはと、これも超久々に商店街から近いある病院の前に行ってみました。読者の方々にはどうでもいい情報ですが(笑)、私と兄弟が生まれた産婦人科です。しかし、ドアの前には「院長高齢のため廃業いたしました。長い間ありがとうございました」と書かれた張り紙が・・・。それほど前に書かれたものではないようです。寂しいですが、こればかりは致し方ないことです。思い出と感謝の念を込めて1枚パチリ。

e0038811_1414476.jpg
最初の日曜日は代官山の蔦屋書店へ。ここによく来る弟に案内してもらいましたが、従来の慣習にとらわれない本の並べ方といい内装といい、大いに刺激を受けた本屋さんでした。拙著『ベルリンガイドブック』も2カ所に置いてくださっていたのはうれしかったです。その後2階のカフェで少し作業をしましたが、カプチーノ1杯900円にはちょっと驚いた(笑)。まあインターネットは使えるし、場所代も兼ねてということなんでしょう。また行ってみたい本屋なのは確かです。

e0038811_14141210.jpg
台風が通過した敬老の日、新宿にて。日本で台風を経験するのも久々です。家に帰って見た、京都の町が洪水に襲われている映像には衝撃を受けました。ドイツもそうですが、今年は水の災害が多いですね・・・。

e0038811_14142442.jpg
実家のネコたち。この数年で2匹が亡くなりましたが、この2匹は元気です◎

e0038811_14143956.jpg
中秋の名月の夜(9月19日)

e0038811_14144641.jpg
この日の夜は、大学時代の仲間3人と久々に高田馬場の焼き鳥屋で飲みました。うち2人に会うのはほぼ10年ぶり。話題は尽きませんでしたが、強く印象に残ったのは、震災が起きてからの数日間、彼らが感じたことや考えたこと。改めて、あの日から重苦しく横たわる問題の数々が想起されました。

e0038811_14145394.jpg
9月の日本は5年ぶりです。限られた日数ですが、久々に秋の日本を味わい、いろいろ見聞きしておきたいと思っています。
by berlinHbf | 2013-09-23 13:03 | ニッポン再発見 | Comments(2)

発掘の散歩術(38) -アルト・リュバースからテーゲル川に沿って-

e0038811_8275660.jpg
今も農村生活が息づくアルト・リュバース (2013-07)

ベルリンの郊外の地図を眺めていて、「オールド」を意味する「アルト」が前に付いた地名を目にすると、古いもの好きの私はそれだけで興味を惹かれる。盛夏のある土曜日、今年初頭にご紹介したテーゲル湖の最寄駅(Alt-Tegel)からアルト・リュバース(Alt-Lübars)へ向かってみることにした。

地下鉄U6の終点駅アルト・テーゲルから222番のバスに乗り、2階建て車両の最前列に陣取った。徐々に緑の色が濃くなる風景を楽しみながら、バスは北東ほぼ一直線に進む。突然馬の姿が目に入ったかと思うと、終点のアルト・リュバースに到着した。

リュバースの名が文書に初めて登場するのは1247年のこと。都市ベルリンより10年ほど若いに過ぎない。同じ「アルト」が付いても、町として賑わっているアルト・テーゲルとは完全な別世界で、こちらは正真正銘の農村だ。1989年まで、ここから400メートルほどの距離にベルリンの壁がそびえていたというが、そんな歴史とは無縁のように、今も昔ものどかな風景が広がっている。

村の中心に、1790年に造られたバロック様式のかわいらしい教会があり、その周りには三角屋根の古い農家、消防署、古くからの酒場など、18~19世紀末にかけて建てられた家々が今も多く残る。村の規模も雰囲気も、中世の時代からそう大きく変わっていないのではないかと思わせてくれる、ベルリンでも希有な場所だ。

20分毎に出ているバスでそのまま市内に戻るのはもったいない天気だったので、BVG(ベルリン交通局)のパンフレットに紹介されていたハイキングコースを歩いてみることにした。アルト・リュバースの少し北側にTegeler-Fließという小さな川が流れ、9キロ先のテーゲル湖に注いでいる。この流れに大まかに沿ったコースだ。

e0038811_85236.jpg
馬が放牧された牧草地を過ぎ、太陽を浴びながら砂地の道を歩いていくと、やがて木道になる。当然こちらの方が歩きやすいし、昔歩いた尾瀬の木道を思い出す。木陰に入り、気持ちいい涼風に包まれた。

e0038811_8282049.jpg
野生のシカが猛スピードで目の前を横切った瞬間

Hermsdorfer Seeという湖が奥に見えた時のことだ。絵画的な風景だなと思ってカメラを取り出した瞬間、目の前を何者かが猛スピードで通り過ぎた。一瞬の出来事で唖然とするほかなかったが、野生のシカだった。

このテーゲル川、元々は氷河期に形成された北部のバルニム台地からの雪解け水が、谷底に流れていく過程で生まれたもの。時には湖に合流するが、その流れ方はいかにも自然に身を任せているうちに出来上がったという感じに、蛇行を繰り返す。樹木や植物の知識があれば、さらに楽しめそうだ。

小さな流れはやがて大きなテーゲル湖に注ぐ。台地の上にあるアルト・リュバースに対して、テーゲル湖はウアシュトロームタール(Urstromtal)という谷底に位置し、そこから南のベルリン市内はほぼこの谷底にすっぽり入る。

アルト・リュバースからテーゲル湖まで徒歩3時間ほど。本物の村から氷河の雪解け水まで、都市ベルリンが生まれる前の悠久の時間に思いを向けさせてくれる散歩道だった。
ドイツニュースダイジェスト 9月6日)


Information
バルニムの村の散歩道
Barnimer Dörferweg


バルニム台地の古くからの村々を結ぶベルリン北端の散歩コース。今回ご紹介したアルト・リュバース−テーゲル湖間以外にも、東のブランケンフェルデ、カーロウ、アーレンスフェルデへと続き、全長31キロに及ぶ。ベルリン北部では著名なハイキングコースで、牧歌的な散策を楽しめる。自転車で回るのもお勧めだ。


アルター・ドルフクルーク
Alter Dorfkrug


アルト・リュバースの中心にある古くからのレストラン。この村に酒場があった記録は1375年にさかのぼるそうで、1896年に建てられた現在の建物は、美しいダンスホールを含め、その保存状態の良さで知られる。メニューは伝統的なドイツ料理が中心。夏の間は裏手の庭がビアガーデンとして開放され、内外の人々の憩いの場となる。

営業:木〜土12:00〜22:00
住所:Alt-Lübars 8, 13469 Berlin
電話番号:030-922 10 230
URL:www.gasthof-alter-dorfkrug.de


e0038811_8342366.jpg
この数日間、ベルリンの夏が終わった感を強くします。めっきり寒くなり、私は風邪を引いてしまいましたが、明日からは日本。この気温の変化に果たして対応できるでしょうか・・・。写真は数日前、バスの中から撮ったもの。中央駅前に掲げられたCDU(キリスト教民主同盟)の巨大な選挙広告です。メルケル首相のお決まりのポーズをモチーフにしたものですが、インパクトありますね。来週末、ドイツではいよいよ総選挙が行われます。
by berlinHbf | 2013-09-12 01:54 | ベルリン発掘(西) | Comments(1)

岩手県被災地内の高校生がベルリンへ

e0038811_7222127.jpg
「翼」プロジェクトでベルリンを訪れた岩手県の高校生たち

この夏、岩手県の高校生5人がベルリンの高校生と交流しました。主催したのはNPOの「絆・ベルリン」。2011年3月の東日本大震災後、ベルリン在住のドイツ人と日本人によって組織されたこの団体は、同年秋から今年5月まで、岩手県大船渡市を中心に陸前高田市や大槌町などで計4回のボランティア活動を行ってきました。

「最初のボランティア活動で大船渡高校の生徒たちと交流したとき、彼らから『地域復興のために役立ちたい。そのために、外国の人たちと交流をして見聞を広めたい』という話が出ました。そこで彼らをドイツに招待し、同じ年代のドイツの若者と交流して少しでもドイツの社会を知ってもらえれば、何かの役に立つだろうと考えたのです。具体的に動き出すまでに時間は掛かりましたが、幸い日本側の窓口となるNPO『遠野まごころネット』、助成金を出してくださるロベルト・ボッシュ財団との共催という形で交流プロジェクト『翼』が実現することになりました」と、代表の福澤啓臣さん(ベルリン自由大学元准教授)。

今回ベルリンを訪れたのは、面接で選ばれた被災地の久慈、宮古、釜石、大船渡の高校生5人。彼らはドイツ人家庭でのホームステイやドイツの高校生との交流を通して、9日間にわたり現地の実際の生活や社会を学びました。

e0038811_7223389.jpg
ワークキャンプの様子

8月10日、福澤さんのお宅で行われたワークキャンプにお邪魔すると、日独の生徒が1人ずつ、食文化やスポーツ、グリム童話、音楽などのテーマで発表し、それについて討論している最中でした。ドイツ側の参加者はベルリンのカニジウス校や自由大学で日本語を学ぶ若者で、日本語を共通語として活発な意見交換が行われました。
 
参加者の声をご紹介しましょう。宮古高校2年の阿部美月さん:「初めての海外で緊張しましたが、毎日とても充実しています。ベルリンは都会なのに自然が多く、地元の岩手に近い感覚がありますね。カニジウス校の日本語の授業を見学する機会があったのですが、日本と違って生徒主体で行われているのがすごいなと思いました。将来海外で日本語を教えたいという夢があり、いつかまたドイツに来たいです」

久慈東高校1年の山根省吾君:「現地の生徒の前で震災時の様子や被災地の話をしたら、皆さん真剣に耳を傾けてくれました。ベルリンは至る所で歴史に触れ合える街ですね。大好きなサッカーも本場で体験してみたいです」

「翼」プロジェクトでは2017年まで計5年間、毎年5人の高校生がドイツに招待されます。「『絆・ベルリン』のボランティア活動が一区切り付き、今後は『翼』のような息の長い復興支援活動を続けていきたい」と語る福澤さん。若い世代による実りある交流が蓄積されることを願いたいと思います。
www.kizuna-in-berlin.de
ドイツニュースダイジェスト 9月6日)
by berlinHbf | 2013-09-06 00:29 | ドイツから見た日本 | Comments(0)

一時帰国&横須賀での講演会(10/6)のお知らせ

e0038811_456267.jpg
8月末にバイロイトから戻ってバタバタしているうちに、しばらくブログの更新が途絶えてしまいました(ごめんなさい)。来週から数週間、日本に一時帰国するのですが、10月6日(日)に地元の横須賀市で講演会を催させていただくことになったので、ここでお知らせしたいと思います。

2011年に横須賀三浦教育会館で「ベルリンの壁」をテーマにお話をした際は、幸い多くの方々にお越し頂きました。今回は、ちょうど『素顔のベルリン』の改訂版を刊行したばかりということで、ベルリンのアクチュアルな姿をお伝えしようと思っています。改訂版の取材で久々に集中的に町を歩いて感じたこと、変わりゆく姿がある一方で、この町が未来に残そうとしているものは何なのか。ベルリンに旅行等で来られたことのある方から、漠然としたイメージしかない方まで、門戸は広く、なるべくわかりやすくお話ししたいと思っています。東京方面からは少し(いやかなり?)遠いのが難ですが、もしご興味がありましたら、10月最初の日曜日の午後、ぜひ足をお運びください。以下がちらしの文面になります。

------------------------------------------------
公益法人横須賀三浦教育会館教養セミナー
講演会「ベルリンの現在(いま)」

パリ・ニューヨーク・ロンドンと並び最新のカルチャー発信基地として注目を集める一方、戦争や東西分断の暗い過去を背負いながら未来へ進む都市ベルリン。多彩な魅力が詰まったこの町を 12 のエリア別に紹介してガイドブック「素顔のベルリン」(ダイヤモンド社) が発売から4年の月日を経て増補改訂。この7月に「ベルリンガイドブック」(同社)として新たに発売されました。取材の過程でリアルに感じた変わりゆく都市の姿、そして未来に残そうとしているもの。筆者の一時帰国に合わせ、最新のベルリン事情を豊富な写真を交えてわかりやすく語っていただきます。この機会にぜひお出かけください。

日時:10月6日(日) 13:30 受付 14:00~15:45
場所:公益法人横須賀三浦教育会館 (http://ymkk.sakura.ne.jp)
申し込み:電話 046-824-0683 定員100名 入場無料
☆予約のない方は入場できない場合があります。
by berlinHbf | 2013-09-04 22:43 | ベルリンのいま | Comments(3)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング