ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「破壊された多様性」について考える年

e0038811_8382719.jpg
ポツダム広場に設置された「破壊された多様性」の展示

今年に入ってベルリンへ来られた方は、街の多くの場所で赤と黒を基調としたインパクトの強い展示ポスターをご覧になったことがあるのではないでしょうか? そこには必ずこう記されています。「Zerstörte Vielfalt(破壊された多様性)Berlin 1933-1938-1945」と。

今年は、ヒトラー率いるナチスが1933年1月30日に政権を握ってからちょうど80年、さらに1938年11月9日、ユダヤ人の商店やシナゴーグが焼き討ちにあった、いわゆる「水晶の夜」事件から75年という節目の年に当たります。

この2つの出来事は、それまでのベルリンを特徴付けていた豊かな多様性が破壊されていく決定的な要因となりました。そこでベルリン市は、「破壊された多様性」を2013年のイヤーズ・テーマに定め、博物館や大学、教会、劇場、ユダヤ人協会などで、多くの関連行事が開催されることになったのです。

その主眼は、ナチスの台頭以前、ベルリンの多様な文化世界に貢献していたジャーナリストや芸術家、学者、商人、労働者といった人々に焦点を当て、彼らへのその後の迫害が何を意味したのかを問うことです。街中に置かれた赤と黒のポスターによる展示もその1つで、例えば劇作家のブレヒト、物理学者のアインシュタイン、核分裂の発見に寄与したマイトナーら著名人から、1920年代のベルリンで活躍したダンサーやデパート経営者といった人々の歩みが紹介されていました。

先日、ナチス時代にゲシュタポの本部があった「テロのトポグラフィー」記録センターでの特別展「ベルリン1933――独裁制への道」に足を運ぶ機会がありました。ナチスがこの年のわずか半年の間に権力を「合法的」に掌握し得たのは、国民の圧倒的な支持があったからこそ、ということがよくわかる展示になっており、それゆえの恐ろしさも感じました。

e0038811_8381315.jpg
「テロのトポグラフィー」の特別展「ベルリン1933――独裁制への道」。5月からは内容を拡大し、野外で展示

現在のベルリンは、再び自由な空気を謳歌しているように見えます。世界中の人を引き付けるのも、それゆえなのでしょう。しかし、このイヤーズ・テーマのプログラムの前文には、あえてこのように書かれていました。「2013年の今、ナチスによって破壊された多様性を心に刻むことの意義は、私たちが誇るべきベルリンの新しい多様性が決して自明のものではなく、このオープンな心や寛容さ、多面性が大切にされ、常に新しく獲得され直さなければならないものなのだと意識することにもある」。

社会の変化から何かを感じ取ること、煽動政治家の発言に流されないこと、歴史に学ぶこと。それは決して過去のドイツだけの問題ではないと思います。詳細情報は、www.berlin.de/2013より。
ドイツニュースダイジェスト 5月17日)
by berlinHbf | 2013-05-26 01:41 | ベルリンのいま | Comments(5)

発掘の散歩術(34) -マルクトハレの復活!-

e0038811_22502263.jpg
マルクトハレ・ノインの週末のマーケットの様子 (2013-04)

ポツダム広場の「アルカーデン」に代表されるような大型ショッピングモールは、ベルリンに限らず、現代の消費生活の中心的存在と言えるだろう。便利な反面、中に構えているのは大手スーパーやドラッグストアのチェーン店、お馴染みのファストファッション店ばかり。どこでも代わり映えしないのもまた周知の事実だ。

このショッピングモールの「元祖」と言えるのが、マーケットホールを意味するマルクトハレである。ベルリンの人口が急増した19世紀末、この街には14の屋内市場が立て続けに建てられた。屋外の市場が主流だった当時、衛生面、また雨から商品を守れるという利点からも、マルクトハレはたちまち市民生活に浸透したのだった。

戦災を経て、現在まで生き残っているマルクトハレは市内で5つほど。その1つ、地下鉄U1のゲルリッツ駅(Görlitzer Bahnhof)から徒歩10分弱のところにあるマルクトハレ・ノインを4月の週末に訪ねてみた。

e0038811_22495796.jpg
Markthalle IX

「9番目のマルクトハレ」を意味するここを訪ねたのは、近年小売業が衰退し、寂れた状態のマルクトハレが多い中、ある成功を収めていると聞いていたからだ。

堂々たるレンガ建築の中に入ると、高い天井にまず驚いた。この時代に建てられた駅や教会とも共通した、ベルリンが欧州屈指の大都市へと上り詰める予感に溢れている。そこに無数の店舗が並び、行き交う人々でごった返していた。

3人の仕掛人によって、マルクトハレ・ノインが再オープンしたのは2011年10月のこと。新しいコンセプトでは、地域産や季節もののオーガニック食品の提供にこだわり、生産者から直接仕入れることを重視した。さまざまな実験や修正を繰り返した結果、今の形態に落ち着いた。営業を金土のマーケットに重点を置いたことも、成功の要因と言えるだろう。

e0038811_2250178.jpg
ヴィーガンの野菜グラーシュGemüsegulasch(5.50ユーロ)は美味

ブランデンブルク産の野菜、パン、ケーキにマカロン、薫製の魚、どれも新鮮そうで、威勢のいい声が飛び交う。中央にあるカンティーネという名のイートインコーナーでヴィーガンの野菜グラーシュを食べてみたら、確かに美味しい。子ども連れの家族も多く、奥では小さな音楽ライブも行われていた。

一緒に行ったドイツ人の友人がこんな感想を口にした。「うーん、みんなビオやエコの信者って感じだね。トルコ系住民が多い地区なのに、彼らの姿をほとんど見ないのもちょっと不自然」

この界隈に10年以上前から住む彼の言い分もわかる。確かに品質を重視している分、値段はやや高めだ。また、最近のプレンツラウアー・ベルク地区に見られるようなプチ・ブルジョア的な雰囲気が漂っていると言えなくもない。

e0038811_22564392.jpg
それでも、数年前に初めてマルクトハレ・ノインを訪れ、その寂れ具合に唖然とした私にとって、この活気は自分の知らない往年のそれを彷彿とさせ、ショッピングモールにはない市場を徘徊する楽しみを存分に味わったのだった。よし、週末はまたマルクトハレへ行こう!
ドイツニュースダイジェスト 5月3日)


Information
マルクトハレ・ノイン
Markthalle IX


1891年10月にオープンしたクロイツベルク地区のマルクトハレ(通りの名前から、アイゼンバーン・マルクトハレと呼ばれることも)。現在は食べ物だけでなく、ハンドメイドの製品なども扱っている。また、年に4回開催される„handmade supermarket “ では、手作りのオーナメントやコスメ、セラミック製品が販売され、人気を集めている。

オープン(マーケット):金土 10:00~18:00
住所:Eisenbahnstr. 42/43, 10997 Berlin
電話番号:030-577094661
URL: www.markthalleneun.de


マールハイネッケ・マルクトハレ
Marheineke Markthalle


クロイツベルク西部のマールハイネッケ広場に面している。2007年の大改装の際、南側の一面にガラスを大胆に取り入れ、雰囲気ががらりと変わった。「オーガニック、新鮮、地産」をモットーに、食材や豊富なイートインコーナーが並ぶ。マルチカルチュラルな土地柄を反映して、売り場の店員さんも多様だ。U7のGneisenaustr.駅より徒歩5分。

オープン:月~金 8:00~20:00、土 8:00~18:00
住所:Marheinekeplatz 15, 10961 Berlin
電話番号:030–61286146
URL: www.meine-markthalle.de
by berlinHbf | 2013-05-10 15:58 | ベルリン発掘(西) | Comments(1)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング