ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ベルリン王宮の再建が延期に

e0038811_15235991.jpg
王宮の完成図が壁に描かれた「フンボルト・フォーラム」のインフォ・ボックス。1ユーロ払えば屋上から眺めることが可能

先頃、連邦政府は2014年までに建国以来最大とも言われる総額800億ユーロ(約9兆2000億円)の歳出を削減する方針を明らかにしました。今後、社会保障などさまざまな分野での歳出削減が予想されますが、首都ベルリンでも、ある巨大事業のプランが大きく方向転換を迫られることとなりました。

ホーエンツォレルン家の王宮の再建です。プロイセン時代に端を持ち、1950年に東独政府によって爆破されたバロック様式の王宮の再建は、近年ベルリンにおける最大のプロジェクトと言われています。この王宮は、プロイセン文化財団の博物館や図書館などを収容する複合文化施設「フンボルト・フォーラム」として生まれ変わる予定で、建設費用は総額5億5200万ユーロ(約634億8000万円)と見積もられています。うち、連邦政府が全体の約8割に相当する4億4400万ユーロ、ベルリン市が3200万ユーロを負担し、残る8000万ユーロは募金で賄われることになっています。とにかく途方もない額であることは確かです。

昨年1月、イタリア人建築家フランコ・ステラの建築プランが採用されることに決まった際、当レポートでは「2010年着工、14年完成予定」と伝えましたが、今回の歳出削減策により、「早くとも14年からの着工」と決められたのです。

この決定に対する政治家の反応は、さまざまです。ベルリンのヴォーヴェライト市長は「この短絡的な決定によって、『フンボルト・フォーラム』の将来は完全に不確実なものとなった」と非難。それに対し、緑の党の建築専門家は「王宮の外観と、世界の文化の対話の場という『フンボルト・フォーラム』の理念は一致しない」、左派党のフリエール前文化大臣は「(莫大な費用が掛かる王宮の復興という形にはこだわらずに)現代建築のコンペを新たに行うべきだ」などと、王宮の再建にそもそも否定的な発言をしています。

e0038811_15295897.jpg
王宮建設予定地。共和国宮殿の解体後は芝生になり、市民の憩いの場に

一方、最近の世論調査では、ベルリン市民の約8割が「この財政危機の中で、王宮再建は諦めるべき」との考えであることが明らかになりました。どうやら一般市民も、古風なバロック様式のお城を再建することに、あまりポジティブな思いを抱いていないようなのです。

博物館島やダーレム博物館が建てられた時の例を見ても、ベルリンの巨大プロジェクトには予定よりも大幅に時間が掛かるのが常とはいえ、王宮再建においても今後さらなる紆余曲折が予想されそうです。ちなみに、ブランデンブルク門からアレクサンダー広場までの地下鉄U5の工事は、予定通り続けられるとのこと。
ドイツニュースダイジェスト 7月30日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-07-30 08:33 | ベルリンのいま | Comments(2)

テンペルホーフ公園を歩く(1)

e0038811_0301279.jpg
ブログ「東十字の熊さん」の最近の記事を拝見していたら、NHKのBSで今度の水曜日にこんな番組が放映されることを知りました。
こだわりライフヨーロッパ 巨大滑走路 再生計画 ~ドイツ ベルリン~(仮)
BS1 7月28日(水)午後11:30~11:50
ドイツ、ベルリン。2008年に閉鎖されたテンペルホフ空港の再利用を巡り議論が渦巻いている。今年1月には、試行されるいくつかのプランが決まった。いずれもそれぞれの思いでベルリンの未来を描こうというものだ。子どものためのアドベンチャー・グランドを作ろうという旧東ベルリンの福祉団体職員のアイデアや、トウモロコシを育ててバイオ燃料を生産しながら、野鳥の生態を守るという計画もある。幾つかの試案を実践しながら、10年後には最終決定される見込みだ。とにかく町の真ん中の巨大な空き地をどうすべきか、全く前例のない問題を、みんなで試行しようというのだ。ベルリンっ子たちが抱くテンペルホフ飛行場への偏愛にも似た思いを描く。
これはぜひ見てみたいですね。というわけで、今年5月にオープンし、一度自転車で回ってみたものの今まで紹介する機会のなかったテンペルホーフ公園のことを、2回に分けて書こうと思います。

e0038811_0304382.jpg
このブログで何度も紹介してきたあのテンペルホーフ空港が、市民誰でも利用できる公園として新たなスタートを切りました。日の出から日没まで毎日オープンしていて、もちろん旅行者でも誰でも入場無料です。ただ、注意すべきなのは入り口。かつての空港本館に来ても、そこから中へは入ることはできません。Sバーンのテンペルホーフ駅前のTempelhofer Damm, 北側のColumbiadamm, 及び東側のOderstraßeの計3箇所の出入り口より入場可能です。私たちはColumbiadamm口より中に入ったのですが、入り口付近は結構芝生があって、この写真だけ見たら誰もが普通の公園と思うでしょうね。

e0038811_031938.jpg
近くの小さなインフォタワーで公園の地図などをもらえます。この日は隣のアイスの屋台が繁盛していました。

e0038811_0321347.jpg
インフォタワーからの眺め。自転車で訪れている人が多かったですが、これは賢明な選択です。おや、右上の場所で煙がもうもうと出ていますね。ちょっと行ってみましょう。

e0038811_0323348.jpg
テンペルホーフ公園には、バーベキュー可能なエリアが2箇所用意されています。ここと、Oderstraße入り口の南側です。ノイケルンという土地柄もあって、頭にスカーフを巻いたトルコ人女性の姿も目立ちました。

e0038811_0325240.jpg
そんなのどかな光景を眺めつつ、かつての滑走路の方へと向かって行きました。その後、この公園のとんでもないスケールを実感することになります。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-07-26 18:00 | ベルリン発掘(西) | Comments(9)

バルセロナより帰宅、そしてしばしの夏期休業

e0038811_2326323.jpg
お久しぶりです。数日前、バルセロナより無事戻ったのですが、今度は写真選びと執筆作業などで息つく暇がないため、ブログは(原則として)7月末までお休みさせていただこうと思います。いつも見に来てくださっている皆さん、大変申し訳ありませんが、いましばらくお待ちいただけると幸いです。

e0038811_23264673.jpg
旧市街のC/ Pintor Fortunyという通りで見かけた壁の絵。その一番下にこの絵がありました↓。

e0038811_23291655.jpg
バルセロナは最高でした。またお話できる機会があるといいのですが。皆さん、どうぞよい夏をお過ごしください。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-07-22 16:45 | 欧州を感じる旅 | Comments(0)

バルセロナへ!

スペインの初優勝でワールドカップが幕を閉じた2日後、不思議なご縁で、1週間ほどスペインへ海外取材で出かけることになりました(ここ数日間は、その準備等でブログも全然更新できず・・・)。

今回の目的地はバルセロナ。2004年に一度だけ旅行で訪れたことのある、私の大好きな街の1つです。現地在住の方から、こんなメールをいただきました。「この10年でバルセロナも随分変わりましたが、それでもまだどこかしら無垢で素朴な、言葉を換えれば田舎くさいのんびりとした空気の流れる街です」。なんだかベルリンにも当てはまりそうな言葉に惹かれました。

夏真っ盛りの季節だし、スペインも優勝したしで、街角取材では皆さんたくさんしゃべってくれるといいなあ(といっても、今回はサッカーとは直接の関係はないのですが)。それでは行って来ます!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-07-13 03:32 | 欧州を感じる旅 | Comments(6)

ちゃりんこ旅日記(6) - 鹿児島から宮崎へ -

横須賀を出て19日目、ついに鹿児島に着いた。大きなことを成し遂げるのに、特別なことはいらない。1日1日のノルマを着実にこなしていくだけだ。ぼくはこの旅を通じて、人生を学んでいた。

桜島へはフェリーで渡った。美しい山を眺めながら走っていると、突然山頂からボワっと煙が噴き出た。煙は雲となり、ぼくの上空へやってきた。と、その瞬間。何か降ってきた。雨?いや、違う。火山灰だった。雨のように灰が降ってくる。「地球も生きているんだ」。服やかばんが黒ずんでしまったが、この貴重な体験に興奮し、感動した。

e0038811_19205883.jpg
油津の優しいおばちゃん、おじさんと

宮崎県に入り、油津で日が暮れた。駅前に素泊まり2500円の宿を見つけたので、そこに泊まることにした。夕食を食べに外へ出ようとしたら、宿のおばちゃんに呼び止められた。「良かったら、一緒に食べてかない?」それだけじゃない。翌朝出発しようとしたら、「たいした物は出せないけど…」と、朝食まで食べさせてくれたのだ。素泊まりのハズじゃ・・・。また人の優しさを知る経験になった。

e0038811_19212675.jpg
高さ日本一(?)のかき氷。440円は安い

宮崎市を北上し、延岡までやってきた。遠くに高い山が見える。明日から、「ツール・ド・西日本」最大の山岳コースに突入する。高千穂、阿蘇、湯布院と高地の名所が続く。自転車で登れるだろうかと、不安になることもある。「だが、試練はそれを乗り越える奴のために存在するもんだ。足がつってでも登ってやる」。そう自分を励ましながらペダルを漕ぎ出した、25日目のよく晴れた朝だった。

(つづく)

「ちゃりんこ旅日記」のバックナンバーは、下のTagsの「旅(Reise)」でご覧いただけます。

作者である弟のブログはこちらより:夢!冒険!ちゃいにっき!(この夏は自転車による西ヨーロッパ一周を計画中)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-07-10 12:26 | ニッポン再発見 | Comments(0)

今夜準決勝!変わりゆくドイツ代表チーム

e0038811_22314287.jpg
先週土曜日、アルゼンチン戦後のクーダムの様子。試合が終わってから2時間近く経っていたので、ほとぼりはやや冷めていたものの、大通り全体は興奮状態にあった。やはり対アルゼンチンだった4年前の準々決勝の後、クーダムのほぼ端から端まで歩いた時のことが脳裏に蘇ってきた。

関連記事:
ドイツが準決勝進出! (2006-07-01)

e0038811_2232743.jpg
それにしても、あのアルゼンチンを相手に4点差でドイツが勝つなんて、誰が予想しただろう。あの強さには本当にびっくりした。

e0038811_22323270.jpg
ブブゼラを吹く子供たち。非ドイツ系の人たちも結構見かけたのが印象的だった。

ドイツ代表チームを取り巻く環境も変わってきたものだと思う。2002年の日韓大会、ドイツが韓国に勝って決勝進出を決めた時、私はやはりクーダムにいたが、あの時のドイツ人(男の割合がずっと高かった)の熱狂ぶりには圧倒されると同時に、ちょっと恐い空気を感じていた。それが2006年、老若男女問わずにサッカーに熱狂する「真夏のメルヘン」があり、車や自宅の窓にドイツ国旗を掲げることを厭わなくなった。あの年、ドイツの人々は、自らの負の歴史と結び付いた呪縛をどこかで解き放ったような気がしてならない。

e0038811_22325383.jpg
Stern誌の今週号。「移民の子供たちがワールドカップのチームをいかに奮い立たせるか。ドイツにとって1つのモデル」が表題

そして、2010年のドイツ代表チームは、ÖzilやKhediraといった見た目も名前の響きも「ゲルマン」でない素性の若手選手がチームの中核で活躍するようになった(そういえば、日本のマスコミも最近はあまり「ゲルマン魂」という表現を使わなくなった)。クロイツベルクのトルコ人も、Mesut Özilに対しては親近感を持って応援しているそうだし、移民統合が遅れるドイツにおいて、彼は社会的にも期待の星である。

ドイツがワールドカップに最後に優勝して今年で20年、ドイツが再統一して20年、私がベルリンに来て10年、とこれはどうでもいいが、何となくドイツが再び優勝する番が回ってきた気がする。「移民」の1人として、私も今夜はドイツを応援しようと思う。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-07-07 17:12 | サッカーWM2006他 | Comments(11)

壁の道に沿って(1) -ボルンホルマー通りから北へ-

e0038811_1857949.jpg
弟が計画しているヨーロッパ自転車旅行に触発されて、というわけでもないのですが、私も自転車に乗ってどこかに行ってみたくなり、この夏前々からやってみたかったあるプランを実行することにしました。それは、かつてのベルリンの壁に沿って、全長約160キロの「壁の道」(Mauerweg)を走ること。何年か前に、一部区間については走ったことがあったのですが、最近自転車デビューした妻と、何回かに分けて全区間を走ってみようということになりました。6月最後の週末、スタート地点に選んだのは、Sバーンのボルンホルマー通り駅。昔検問所があった場所です。

関連記事:
「壁の道」に沿って (2007-06-15)

e0038811_18494680.jpg
この通りの向こうにかつて検問所がありました。89年11月9日の夜、東の人々がここから西側になだれ込んだことが引き金となって、「ベルリンの壁」は崩壊したのです。現在この一帯は、壁崩壊を記念する広場に整備する計画が実行中でした。

関連記事:
18年前の歓喜 - ボルンホルマー通りにて - (2007-11-09)

e0038811_18503353.jpg
この橋の下から、北に向かって進みます。かつての緩衝地帯は、気持ちのいい遊歩道に整備されていました。

e0038811_1942237.jpg
次の駅が、ヴォランク通り駅(Wollankstr.)。分断時代の写真を見ると、駅の出口はかろうじて西側に属していましたが、このガードのすぐ向こう側には壁がそびえ立っていました。

今回壁に沿って自転車で走ってみたくなったのは、少し前に、ある知人から"The Invisible Frame"という映画のDVDを借りて見たことも影響していました。これは、女優のTilda Swintonが1988年に壁に沿って自転車で走った映像と、その20年後に同じ場所を走った映像とで組み合わされた作品で、壁に興味のある方には一見をおすすめします。分断時代のヴォランク通り駅の映像も、この映画に登場します。

e0038811_18522183.jpg
ここからSバーンにほぼ沿って、遊歩道を走って行くと、2つ先の駅がヴィルヘルムスルー駅(Wilhelmsruh)。ここには4年前に一度来たことがあります。ここからしばらく歩くと、音楽家に因んだ通り名がたくさんあり、友達とそれをわざわざ見に行ったのでした。懐かしい。

関連記事:
音楽が鳴り響く界隈(2) (2006-01-21)

e0038811_18525643.jpg
風景としてはかなり単調なこの辺り一帯ですが、それでも結構頻繁に反対方向からの自転車とすれ違います。

e0038811_20111215.jpg
Heinz-Brandt-Str.にて。ここから北東に方向転換します。

e0038811_1974271.jpg
再び細い道に入ると、町中では外で見かけることのないネコちゃんに遭遇^^。

e0038811_198984.jpg
Märkisches Viertelという高層アパート群を左手に眺めながら、単線の鉄道の線路に沿って「壁の道」は続きます。今は走っていないようですが、この線路がどういう路線なのか気になりました。

複雑に入り組んでいる「壁の道」ですが、この表示板のお陰で、この日一度も道に迷うことなく走り切ることができました。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-07-03 13:23 | ベルリン発掘(境界) | Comments(8)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング