ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2009年最後の夕暮れから

e0038811_19471113.jpg
2009年最後の夕暮れは、不思議な形をした分厚い雲が横須賀の上空を覆いました。私の好きな走水の坂からの眺めです。

関連記事(同じ場所からの眺め):
横須賀の海辺より (2006-11-12)

e0038811_19473442.jpg
今日は風も強く、日本に戻ってきてから一番の寒さだったかも(日本海側は大雪だそうですね)。観音崎の海辺からは、久里浜の火力発電所の煙突、背後に房総半島も望めました。

e0038811_1954134.jpg
走水の丘の上から。

e0038811_19483593.jpg
実家の近くからは、富士山のなだらかな稜線を見ることができました。2009年が終わるのかとしみじみ。


今年1年も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-12-31 20:46 | ニッポン再発見

九州・山陽紀行(2) - 大宰府天満宮と博多の夜 -

e0038811_14231810.jpg
12月22日、午前中は近くに住む妻の叔母も来てくれて、しばし歓談。その後、みんなで大牟田で一番おいしいというラーメン屋「福龍軒」へ。前日に食べた東洋軒もよかったが、ここも美味だった。見た目ほどくどくなく、どんどんいける。さらに紅しょうががいいアクセントとなって、替え玉までいただいてしまった。

e0038811_1482538.jpg
手厚くもてなしてくれたおばあちゃんらと別れ、13時過ぎの西鉄の特急で大宰府へ。太宰府天満宮を訪れるのも、中学1年の時以来だった。年月を経て同じ場所を訪れると、その間の時間が一気に消え去る瞬間がある。88年に来た時は、○○大学合格を祈願したとか、ソウル五輪の直前でこの街出身の選手の応援垂れ幕が掲げられていたことなどを思い出す。名物の梅が枝餅も懐かしかった。前回と違うのは、韓国や中国からの観光客が非常に多いことで、そういえば「リレーつばめ」の車内放送も中韓併用だった。「大陸」とのつながりを実感した。

e0038811_14291510.jpg
博多に戻って、19時過ぎ、ホテルでIさんご夫妻と落ち合う。Iさんは博多の販促商材を扱う会社の社長さんで、私の末の弟がこの夏自転車で九州に行った際、大変お世話になった方。弟がぜひ会ってみるといいよ、と何度も勧めるので、直前にも関わらず連絡を取ってみたら、この夜だけ空いているとのこと。ラッキーだった。

女社長のIさんは大らかで天真爛漫。どんなことにも関心を示し、よくしゃべり、笑いが絶えない。一見無口だが、時折ぼそっと面白いことを言うご主人とのやり取りも楽しく、そして2人ともよく飲む(笑)。絶品の魚料理をご馳走になった後、少し街を案内してもらった。昔からの運河を利用した、モダンなキャナルシティがある一方で、その近くには昔ながらの商店街が佇み、有名なお祭りの神輿が飾ってある神社(名前失念)を見たりと、博多はいろいろな意味で興味深かった。最後は中州に繰り出し、川沿いの屋台「一竜」のラーメンで締め。結局全部ご馳走になってしまったが、Iさんは「あなたたちが私ぐらいの年になったら、今度は若い人たちに返してあげればいいのよ」とさりげなく言う。弟も言っていたが、気持ちのいいお金の使い方を生で見せてもらった気がした。お腹も心も大満足の一日。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-12-31 15:16 | ニッポン再発見

九州・山陽紀行(1) - 「のぞみ」で九州へ -

e0038811_265516.jpg
12月21日、新横浜9時49分発の「のぞみ17号」で一路西へ。今回の旅は、九州に住む妻の祖母を訪ねるのが目的で、帰りに何箇所か寄り道をすることになっている。久々に日本の長距離列車に乗れるとあって、うれしくてしょうがない。九州は4度目だが、これまではブルートレインが主で、新幹線で行くのは初めてだった。普通車でも足はゆったり伸ばせるし、十分過ぎるほど快適なのだが、車窓を楽しむにはさすがにちょっと速過ぎるかなとも思った。田子の浦付近での富士山の眺めは、まさに最高。だが、直前に片山右京さんの遭難事故のニュースを何度も見ていたので、複雑な感情も沸く。彼らが事故に見舞われた17日の夜は、横須賀でも不気味な音を立てて強風が鳴り響いていたのを思い出す。自然を甘く見てはならない。大阪を越えた頃、車内販売の弁当「牛すき重」で昼食。

それにしても博多まではあっという間で、疲れもほとんど感じなかった。斬新なデザインの「リレーつばめ17号」に乗り換えて、大牟田着15時59分。81歳のおばあちゃんが出迎えてくれた。新幹線があまりに速過ぎたために、関門海峡を越えたのも気付かなかったくらいなのだが、おばあちゃんとタクシーの若い運ちゃんとの生き生きとした会話のやり取りを聞いて、九州にやって来たのだという実感が一気に沸いた。駅前の「東洋軒」にておいしい大牟田ラーメンをいただいた後、おじいちゃんのお墓参り。戦後、シベリア抑留を経験し、語学に堪能でロシア語の通訳まで務めたのだそうだ。かなり若くして亡くなったために、妻は会ったことがない。

夜は近くの温泉に連れて行ってもらい、体が芯から温まる。家に戻り、コタツに入って、さらに石油ストーブに温まりながら、テレビを見る。ここに来るのは初めてなのに、どこか懐かしい感じがする。おばあちゃんからは昔話もいくつか聞いた。特に、1945年8月9日、玉名で農作業をしていた際、有明海の向こうに巨大なキノコ雲が広がるのを目撃したという話は印象深かった。もちろん長崎の原爆のことだが、当時はそんなこととは露知らず、遠くを眺めながら「きれいだな」と感じたという。「あれは正午前だった」と時間帯も正確に記憶していた。

この夜、忘れがたき人に「再会」した。私が中学1年の夏に九州を1人で旅した際、偶然泊めてもらった水俣に住むおじさんに電話したのだ(この経緯についてはこちらを)。このおじさんと直接話すのは21年ぶりだったが、「あの時の少年か!」とすぐにわかってくれたし、私も彼の声や話しぶりにピンとくるものを感じた。実は、おじさんは最近胃ガンにかかっていることが判明して、抗がん剤を投与してガンと戦っている最中だった。この2年ぐらいが勝負だという。話を聞いていくらか救いだったのは、代々不動産を営んでいて、経済的には困っていないということだった。おじさんは昔から旅好きで、壁がある頃のベルリンにも来たことがあるそう。私の本を贈ることを約束し、いつか再会できることを願った。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-12-29 03:07 | ニッポン再発見

「壁とベルリン」第7回 - 壁の向こうを想う -

e0038811_1533955.jpg
ベルリンの壁記録センターがあるベルナウアー通りには、約200メートルにわたって本物の壁が残されているが、その周辺は数カ月前から工事現場になっている。かつての壁の緩衝地帯ではブルドーザーが唸り声を上げ、コンクリートの壁の延長線上には茶褐色の鋼材の柱が並び始めた。

初めてここに来た人は、「また新たに壁でも造るのか?」と驚くかもしれない。

あながち間違ってはいない。壁崩壊20周年の記念行事は終わったが、今度は2011年8月13日の壁建設50周年に向けて、「ベルリンの壁 記憶の場所」の拡張工事が本格的に始まったのだ。

壁のあった時代、ベルナウアー通りは、東西の分断を象徴する場所の1つだった。1990年、すでにこの通りの壁の保存が決められていたが、通り全体のほぼ半分を「記憶の場所」とするプランが実行に至るまでには長い時間を要した。

e0038811_1542642.jpg
分断時代、東西境界地点に位置したがゆえ、列車が停まることなくひたすら通過した、通称「幽霊駅」と呼ばれたSバーンの北駅を降りてみよう。目の前には、かつての緩衝地帯を利用した新しい公園や、11月にオープンしたばかりの茶褐色の情報パビリオンが見える。壁記録センターの向かい側の保存用の緩衝地帯には、最近オリジナルの監視塔が設置された。その向こうでは、壁と壁の緩衝地帯に位置していたため、東ドイツによって爆破された和解教会を偲ぶ「和解のチャペル」の見学も可能だ。将来的には、かつて通りに沿って建っていたアパートの土台部分が目に見える形で残されるという。昔ここに住んでいたが、西へ逃げようと試みたか、あるいは政府によって退去させられた東の住民を想う意味が込められている。

e0038811_242548.jpg
多くの観光客は記録センターと壁の遺構を見て帰ってしまうが、もし時間的に余裕があったら、東側のアッカー通りからゾフィーエン墓地に入ってみることをお薦めしたい。墓地の奥へと歩いて行くと、やがて先ほどの壁が姿を現す。ベルリンでは、見慣れた光景が角度を変えることでまったく別の風景に見えることがあるが、ここはその好例だ。私は初めてこの位置から西側の方を見た時、「私たち東ベルリンの人間にとって、西ベルリンは月よりも遠い」という言葉や、当時壁に描かれていた“Next Coke 10.000 km”という落書きを思い出した。


イーストサイドギャラリーの代表者、カニ・アラヴィ氏は、現在あるプロジェクトのスポンサー探しのために奔走している。来年、朝鮮半島の南北の国境にイーストサイドギャラリーと同じ約1300メートルの人工的な「壁」を置き、約100人のアーティストに絵を描いてもらうというものだ。その「壁」を、ベルリンを経た後、南北キプロスの境、イスラエルとパレスチナの国境へと巡回させたいという。「その国の政府を挑発するのではなく、自由と人間の尊厳の価値を知るベルリンからのメッセージとして、このプロジェクトを実現したい」とアラヴィ氏は意気込む。ベルリンが30年かけていやおうなしに学んだことから、世界の現実に対して示せるものは決して少なくない。ベルナウアー通りの記憶の場所から、私はかなたの世界へと思いをはせた。
ドイツニュースダイジェスト 12月25日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-12-27 01:35 | ベルリン発掘(境界)

私の先週一週間

先週は人に会う週と決めていたので、時間の許す限りいろいろな方にお会いした。大事なことを忘れないうちに、簡単にメモ書きしておこうと思う。

12月14日
山梨から東京に戻って、14時に麻布にある出版社にご挨拶。担当の編集者の方にお会いするのは初めてだったのだが、本当に感性の豊かな方という印象を受ける。私の書いたものもよく読んでくださっていて、また仕事をご一緒できればとモチベーションが高まった。その後、久々に早稲田大学へ。大学時代のドイツ語の恩師に6年ぶりに再会し、研究室でしばし歓談。その研究室のある11号館というのが巨大に生まれ変わり、自分が卒業してからずいぶん変わったなあと実感。先生の1年生の教え子も合流して、高田馬場で飲んだ。若い学生さんにはドイツのことをいろいろ聞かれた。自分のベルリンでの経験を若い人たちに少しずつでも還元していかなければと思った。

12月15日
夕方、横浜の有隣堂本店へ。日本に帰ると大抵一度は足を運んでいたのだが、隣の文具館と合併したため、品揃えがかなり落ちていた。大型書店は他にもあるし、わざわざここに行くことは今後ないかもしれない。馴染みのある本屋だけに残念。大学時代の先輩で、北海道新聞記者の佐藤千歳さんが『インターネットと中国共産党』(講談社文庫)という本を出されたので、これは迷わず購入した。

12月16日
午後、有楽町でブログを通じて知り合ったフリーの映像作家さんとお茶。それから、渋谷に行き、昨年までベルリン在住だったライターの方に再会。最後に池袋で、メンデルスゾーンの研究をしている大学院生にお会いする。それぞれ短い時間だったけれど、いずれも楽しかった。

12月17日
11時半、恵比寿で建築家の光嶋裕介君に再会。おいしいハンガーガー屋さんでランチする。彼が昨年、日本に完全帰国して以来だから、1年半ぶり?でも、近況はお互いのブログやHPでよく知っているので、その間の時間をあまり感じない。いつか何か仕事を一緒にできればいいねと話す。午後は、2つの出版社にご挨拶を兼ねた打ち合わせ。メールのやり取りだけで原稿も本も書けてしまう時代だけど、直接会ってじっくりお話できるのはやはり大きい。夜は中目黒で、『素顔のベルリン』のお疲れさま会。執筆中はいろいろ大変なこともあったが、間違いなく自分にとって今年一番大きな、そして節目と言える仕事だった。素晴らしいスタッフの方に恵まれて本当に幸運だったと思う。程よく酔って東急東横線に乗ったら、実はそこは女性専用車だった。大分経ってから気付き、酔いが一気に覚めた。

12月18日
午後、新宿にあるキャノンのサービスセンターで修理に出していたデジカメを受け取った後、お茶の水駅前のスタバで大学時代の友達とお茶。その後、上野のIT関係のベンチャー企業にお邪魔する。そこの若い起業者の方とは、某SNSを通じて知り合ったのだが、『素顔のベルリン』の熱い感想をわざわざお寄せくださり、またベルリンに共通の友人がいることがわかって、お会いすることに。普段そうそう会う機会のない職種の方だけに、大変刺激を受けた。東京駅丸の内ビルの「醍醐味」は絶品の和食屋さん。仕事でたまにベルリンに来られるそうなので、今度はこちらがおもてなしをしなければ。

12月20日
根津でテレビ局勤務の知人に再会。近くの高層マンションの自宅に呼んでいただき、素晴らしい夜景を眺めながら、垂涎ものの海賊盤のCDなどを聴きながらしばし音楽談義。その後、根津駅前の串焼き屋さん「はん亭」で、奥さんやオペラ演出の友人も交えて飲む。いろいろお話を聞いて、民主党には文化芸術政策に関してはまったく期待できそうにないことがわかってしまった。

その次の日から数日間の旅行で、現在博多に来ています。それではまた。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-12-23 01:08 | ニッポン再発見

KaDeWeのクリスマス

e0038811_331098.jpg
ドイツを始め、ヨーロッパは寒波が到来中だそうですね。皆さん、どうぞお体にご自愛ください。今回は、日本に戻る直前、地元誌に書いた小さな記事を再掲します。

----------------------------------------------
毎年この時期はベルリンのクリスマスの様子をお届けしていますが、今年は老舗デパートKaDeWe(カーデーヴェー)のデコレーションをご紹介しましょう。

カーデーヴェーは1907年創業の、今も昔もドイツで最大級の高級百貨店です。世界中の食材が手に入る6階の食品売り場は特に有名ですが、毎年異なるクリスマスのデコレーションを楽しみにしているベルリンっ子は多いのです。

e0038811_2575184.jpg
さて、今年はどんなだろうと期待を膨らませてエントランスホールに入ると、ゴージャスに装飾されたツリーが目に飛び込んできました。周りのクリスマスマーケットには種々のオーナメントが並び、メリーゴーランドを模したお店があるかと思えば、異国に迷い込んだようなオリエンタルなムードも漂わせています。子供から大人まで見入ってしまう演出は、「さすがカーデーヴェー!」と唸ってしまいました。

e0038811_2585898.jpg
外のショーウィンドウは、曲芸師やバレリーナ、サーカスの世界をモチーフに構成されており、こちらも楽しめました。

今年はカーデーヴェーの親会社であるアルカンドーア社が倒産し、ドイツ社会に暗い影を落としましたが、まばゆい光に誘われ、クリスマスマーケットには相変わらず多くの人が足を運びます。不況のご時勢でも、12月は個人消費が一時的に伸びるのだそうです。多くのデパートが、例外的に日曜日も営業していることと関係しているのでしょう。

今年も1年間お付き合いいただき、どうもありがとうございました。皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。
(はまかぜ新聞 12月18日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-12-21 02:50 | ベルリンのいま

実家のネコちゃんたち

e0038811_15483094.jpg
日本に帰って来ると、つい一度は書いてしまうわが家のネコです。1年ぶりでしたが、3匹とも元気でした。まずは、穏やかな日差しを浴びてソファの上で寝っころがるルナちゃん(♀6歳半)。もこもこしたお腹を、つい触りたくなってしまいます。

e0038811_15481247.jpg
カメラにちょっかいを出そうとするミントくん(♂8歳半)。もう1匹、同じ日にやって来た白猫のモモちゃんもいますが、昼間は別の場所で寝ていることが多く、写真があまりありません。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-12-19 15:46 | その他

日本滞在2週目

日本に帰る度に、今回こそはブログもマメに更新しようと思うのだが、これがなかなか難しい・・・^^;)。

先週末は妻の実家の山梨で、北アルプスや八ヶ岳の雄大な眺めを堪能したのだが、今週は再び横須賀の実家に戻り、東京との間を往復する日々が始まった。来週は遠出をするし、その次はもう年の暮れ。仕事でつながりのある方々や友達にはできるだけ今週中に会っておきたいと思うと、どうしても過密日程になってしまう。その他にも会いたい人はたくさんいるのだが、時間と体がなかなか追いつかない。

京急での1時間の移動時間に携帯からブログが更新できればとも思ったが、日本で携帯は持っていないし、結局、心地よい揺れの中、本を読むか寝るかして過ごしている。

そんな慌しい日々だが、久々に東京を歩くのは楽しい。懐かしい気持ちと、異郷人のような目でモノを見る感覚が同居している。

明日は『素顔のベルリン』の打ち上げ会。デザイナーの方には実はまだお会いしたことがないので、いろいろと楽しみだ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-12-17 02:58 | ニッポン再発見

横須賀市佐島より

e0038811_11585832.jpg
久々に実家に帰ると、まず海のある風景を見たくなります。今回は横須賀の東海岸にある佐島というところに行って来ました。これは佐島の丘という開発中の新興住宅地の丘からの眺め。

e0038811_11501049.jpg
近くのキャベツ畑。

e0038811_11502168.jpg
佐島の小さな港にて。ここはしらすの名産地としても知られています。

e0038811_11532478.jpg
富士山は見えませんでしたが、相模湾の雄大な大海原にしばし見入ってしまいました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-12-12 11:49 | ニッポン再発見

コーミッシェ・オーパーのオペラ『リア王』

ドイツ代表GKのロベルト・エンケ選手の自殺は、ドイツ全土に大きな衝撃を与えました。私もショックを受けた1人だったのですが、そんな折、新聞に掲載された演出家ハンス・ノイエンフェルスのインタビュー記事が目に留まりました。

「人生はショーではない。演劇もまたそうで、人間という存在の孤独さを表現することにかかっている。我々は人生での失敗や無能、ばかばかしさを認めてやらなければならない。それは、ロベルト・エンケの生と死にも関わるものだ」。

このインタビューを読んで、彼が演出する現代オペラ『リア王』を観てみたくなり、11月22日のプレミアに足を運んで来ました。

e0038811_11283580.jpg
冒頭のシーンより。うごめく虫に象徴されるものは?
© Wolfgang Silveri


1978年に初演されたアリベルト・ライマン作曲の『リア王』は、シェークスピアの原作をかなり忠実にオペラ化した、今も歌劇場のレパートリーに残っている数少ない現代オペラの1つです。幕が開くと、極めてシンプルな舞台が現れ、椅子に並んで座った登場人物がこちらを見つめています。背後には無数の小さな虫がうごめく映像。老リア王が、領土を象徴する自分のマントを引き裂いて、娘たちに与えるところから悲劇が始まります。

挑発的な演出で知られるドイツ人演出家ノイエンフェルスは、数年前モーツァルトのオペラ『イドメネオ』でムハンマドの首が登場する場面をめぐり、社会的な論争の的になりました。

しかし、この『リア王』では、スキャンダラスなシーンは皆無でした。不協和音を駆使した音楽に力があるため、テキストと音楽が生み出すドラマに忠実に舞台を組み立てている印象を受けました。そこから浮かび上がってくるのは、安定した社会構造から放り出され、娘にも裏切られたリア王のすさまじいまでの孤独感でした。並行して描かれるグロスター伯爵の悲劇と、カウンターテノールで歌われるその息子エドガーの悲痛な叫びも、生きることの深淵を見るかのようなすごみがありました。

e0038811_11282359.jpg
リア王とそれに寄り添う道化師
© Wolfgang Silveri


「個人の力を信じたヴェルディは『リア王』を音楽化しようとしなかった、できなかった。でも、20世紀のカタストロフィーを知るライマンは、愛、信頼、友情のいずれとも切り離された孤独な人間存在を描くことができた」(ノイエンフェルス)。今年73歳の作曲者ライマンは、カーテンコールの最後に登場し、熱狂的な喝采を浴びていました。現代作品特有の難解さはあまりなく、原作の『リア王』の筋さえ知っていれば、きっと何らかの発見がある舞台だと思います。

コーミッシェ・オーパーでは最近、全座席に字幕システムが導入され、英語かドイツ語の字幕を選べるようになりました。シンプルで使い勝手がよく、鑑賞する上で大きな手助けになってくれることでしょう。今後の上演は12月18、27日、1月17日。
ドイツニュースダイジェスト 12月11日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-12-12 11:27 | ベルリン音楽日記

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

その他のジャンル

記事ランキング