ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

西日本自転車の旅

e0038811_64734100.jpg
私には大分年の離れた弟がいるのですが(現在大学3年生)、長い夏休みを利用して、現在横須賀から九州まで自転車で旅するということをやっています。8月12日に自宅を出てから、その様子は時々伝え聞いていたのですが、昨日走行距離1250キロを経てついに関門海峡を越えたと聞き、さすがにちょっと興奮しました(笑)。

e0038811_6475531.jpg
こういうコースで回っているのだそうです。毎日100キロ近く走り、夜は漫画喫茶を宿代わりにすることも結構あるようですが、大学の友達や知人宅に泊めてもらったり、この前は真ん中の弟のつてで陸上の某有名選手の実家に泊めてもらい、大変な刺激を受けたとか(旅の様子はブログで綴っているので、よかったら覗いてあげてみてください)。

こういう旅っていいなと思います。自分を動力にして走り、リアルに体感しながら道中で見聞きしたものは、貴重な情報・記憶として確実に残るはずですから。それにいつでもできるというわけじゃない。こういう一件「無駄な」行為の中に、人生の大事なことって結構あるような気がします。今日も彼は九州のどこかを走っていることでしょう。無事に帰って来ることを願うことにします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-08-25 23:57 | ニッポン再発見

男女マラソン&世界ふしぎ発見!

e0038811_1740692.jpg
Photo: berlin.deより

世界陸上もいつの間にか大詰めを迎え、残り2日となりましたね。
今日はあと1時間ほどで男子マラソンがスタート。もうご存知の方も多いと思いますが、このコースは約10キロの周回コースを4周するというもので、ベルリンの観光名所が次々に出てきます。ざっと挙げるだけでも、ブランデンブルク門、ポツダム広場、フィルハーモニー、シェルハウス、ラントヴェーア運河沿い、戦勝記念塔、ベルビュー宮殿、ライヒスターク、首相官邸、中央駅、ドイツ座、オラーニエンブルガー通り(タヘレス、新シナゴーグ)、博物館島、テレビ塔、ウンター・デン・リンデンといった具合。お茶の間でいまのベルリンが感じられると思います。ぜひぜひご覧ください。

あと、これは仕事でお世話になっている日本の方から教えてもらったのですが、今晩の「世界ふしぎ発見!」もベルリン特集だとか。てっきり博物館島や壁を取り上げるのかなと思ったら、こちらも今日のマラソンに関連したテーマだそうです(詳細はこちら)。ちょっとユニークな視点でベルリンを眺められるかもしれません。こちらもよかったらどうぞ。

-----------------------------------------------------
第1111回
世界陸上開催記念!
走れば見える!ベルリンの秘密

2009/08/22(土)21:20~
世界陸上開催で盛り上がるドイツのベルリン
ミステリーハンター・山口日記が
先行取材でマラソンコースにチャレンジ!
市内を巡るコースには名所や見所が満載
走れば見える走ればわかるベルリンの秘密とは?

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-08-22 10:53 | ドイツから見た日本

「壁とベルリン」第4回 - 復活する壁ギャラリー -

e0038811_2052233.jpg
ドイツ統一をテーマに描くアーティスト、シャミル・ジマイェフ(Schamil Gimajev)氏

「イースト・サイド・ギャラリー」、今も残る壁の遺構の中で最も知られたものだろう。まだ壁が崩壊して数カ月後の1990年1月、イギリス大使館の元文化担当官クリス・マクリーンが発起人となって、21カ国118人のアーティストが壁に沿って絵を描いた。オーバーバウム橋から東駅まで全長1300 メートルにわたって続く壁は、やがて世界最長のオープンギャラリーとして保存されることになったのである。

時の経過とともに、排気ガスや観光客の落書きによる壁と絵の破損はひどくなり、もはやギャラリーとは呼べない状態が続いていた。それでも市内に残る最長の壁ゆえ、観光客の流れが途絶えることはなかった。

先日、久々にイースト・サイド・ギャラリーに沿って歩いてみた。今までと様子が違う。ぼろぼろの壁がある一方で、まっさらな状態に戻された壁もあれば、描かれたばかりの鮮やかな絵もある。壁崩壊20周年の今年、壁に沿った105枚の絵がかつてのアーティストによって元の姿のまま描き直されることになったのだ。

イースト・サイド・ギャラリーを運営する芸術家団体が、宝くじ基金や連邦や州からの援助を通じて250万ユーロの資金を集め、今回の修復が実現した。最初に80℃の蒸気で壁面からすべての色を取り除き、むき出しの壁にコンクリートが強化された。その上に、今度は風化にも耐えられるよう、特殊な絵の具を使って描かれるという。ただ、アーティストには3000ユーロの製作に関する手当が支払われるのみで、ギャラは出ない。そのことに対して不満の声もあったようだ。

e0038811_21174567.jpg
ソ連のブレジネフと東ドイツのホーネッカーがキスをするシーンを描いた「兄弟キス」も、ロシア人作家ドミトリー・ヴルーベリによって製作が終わったばかり。この絵は絵ハガキやマグカップのモチーフにしばしば用いられ、ヴルーベリはそれによって有名になった。だが、「ドイツでは公共の場に描かれたイラストレーションは著作権の対象外になるため、自分のもとには一銭も入ってこないのだ」と彼はシュピーゲル誌のインタビューで答えている。

e0038811_2116123.jpg
また、トラバントが壁を突き抜けて飛び込んでくるビルギット・キンダーの「Test the Best」や、富士山と五重塔をモチーフにしたトーマス・クリンゲンシュタインの「日本への迂回路」も同様に蘇った。人々を分断し続けた壁に描かれただけあって、「自由」や「ユートピア」をテーマにした作品が多く並ぶ。19年前に描いた時と、どのような心境の変化があったのか、彼らに直接聞いてみたい気がする。

10月までに絵の修復はすべて終わり、壁崩壊記念日の翌11月10日にオープニング式典が行われる予定だ。イースト・サイド・ギャラリーの芸術家団体は、ヴォーヴェライト市長の傘下で、同所を「ドイツ統一のシンボル、ヨーロッパの歴史の重要な証言者」として、世界遺産登録の申請を開始した。
ドイツニュースダイジェスト 8月14日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-08-20 14:22 | ベルリン発掘(境界)

ベルリンから世界記録誕生

e0038811_8104571.jpg
Berlin Olympiastadion (2009-08-16)

ベルリン・マラソンで世界記録やアジア記録が出た日に居合わせたことはありますが、今回はさらに特別な気分です。やりました!ウサイン・ボルトが9秒58の世界新で優勝。新たな歴史が生まれた現場にいることができて幸せです。

初めて生で観る世界陸上は、楽しかったのはもちろん、選手の極限のパフォーマンスからスタジアムの雰囲気まで含め、何かとても美しいものに触れた気がしました。熱狂の余韻がまだ体の中に残っています。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-08-17 01:43 | ベルリンのいま

世界陸上2009、今日開幕!

e0038811_631372.jpg
Pariser Platz (2009-8-15)

一昨日の夕方、ちょっと面白い出来事がありました。ヴィッテンベルク広場駅の近くで写真を撮っていたら、向こうからやって来る東洋人の男性2人と目が合ったんです。「こんにちは」と向こうが軽く声をかけてくださったので、ああ日本人かと思って私も近寄り、少し立ち話になりました。お2人ともジャージ姿だったので、聞いてみたら案の定世界陸上の関係者とのこと。ただ、選手ではなく、短距離走のコーチでした(しかもそのうちの1人は私の母校の先生)。とても気さくな方々で、私がベルリン在住とわかると、この町のいろいろなことについて聞いてこられました。何かベルリンの名物を食べたいとおっしゃるので、(非常にベタですが・・・)近くのカレーソーセージのインビスにお連れし、結局その後はレストランでビールをご馳走になりながら、ゆっくりお話を伺うことになったのでした。普段はまず接する機会のない分野の方々だったので、話は実に新鮮で楽しかったです。

しばらく前から世界陸上のポスターを街の至る所で見かけるようになりましたが、ベルリンの人々の関心度はお世辞にも高いとはいえない状況でした。チケットの売れ行きが芳しくないとか、大会マスコットが「ベルリーノ」という名前だと知っているベルリーナーはほとんどいない、などと書かれた新聞記事も読んでいました。私もそれに近いレベルだったのですが、10日前にチケットを買ってから気持ちが一気に高まってきました。びっくりしましたよ。男子100mの決勝が行われる大会2日目のチケットが公式サイトであっさり買えたんですから。陸上にずっと関わってきた弟に聞いても、「本来はプラチナチケットのはずなんだけどね。しかも陸上競技が人気のヨーロッパでの開催なのに」とうらやましがりつつも、ちょっと怪訝な様子でした。

考えてみたら、オリンピックや世界陸上クラスの大会の、しかも100m決勝を生で観られる機会など一生でもおそらくそうないことなので、明日は選手のきらめきを脳裏に刻んでおきたいと思います。もちろんその他の種目も楽しみですし、あのコーチの方にも会場で再会できるかもしれません。明日は期待を胸にオリンピアシュタディオンに行ってきます。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-08-15 23:57 | ベルリンのいま

前代未聞のSバーンの大混乱

e0038811_403264.jpg
S-Bahnhof Friedrichstraße (2009-07-24)

80年近い歴史を持つベルリンのSバーンが、かつてない大混乱に陥っています。東京に例えると、山手線や中央線をはじめ、JRの近郊電車が数週間にわたってほぼ麻痺状態になるという、普通は考えられない状況です。

事の発端は5月1日にカウルスドルフ駅で起きたSバーンの脱線事故でした。幸い大きな事故ではなかったものの、ある車輪円盤に見つかった50ミリの亀裂が事故の原因だったことがわかり、鉄道連邦庁は車輪検査の周期を短くするよう命じました。Sバーン側はその要求に応じましたが、実際は要求された規模の検査を行っていないことが6月末に発覚。同庁から、検査が実施されていない車両を運行から外すよう命じられました。その頃からSバーンのダイヤが大幅に乱れ、街は大混乱に陥ったのです。

e0038811_475752.jpg
脱線事故で今回の騒動の発端となったSバーンの481型

Sバーンの経営側は7月20日から2週間半にわたって、8つの路線と19の駅の営業を休止し、緊急ダイヤを実施することに決めました。その中には、ツォー駅から中央駅を経て東駅まで続く大動脈やシェーネフェルト空港行きの路線も含まれているというから、これは一大事。運休中の路線では、姉妹会社であるドイツ鉄道のレギオナル・バーン(地域鉄道)やバスによる代替輸送が実施されました。

今あるSバーン632両のうち、安全基準を満たしている車両は4分の1だけとのこと。車軸を超音波で調査し、場合によってはそれを交換する作業が急ピッチで進められていますが、同社は車軸を扱っていた工場を数年前に解体、その際に従業員も解雇したため、修理工の人員が足りていないという不都合も重なりました。

しかし、8月3日、現場の必死の作業もあって、当初の予定より早くこの状況に終止符が打たれました。通常ダイヤより本数は少ないものの、現在はほぼすべての路線で運行が再開しています。ベルリンでは、8月15日から23日まで「世界陸上」という一大イベントが控え、世界中から大勢の関係者や見物客がやって来るだけに、ひとまず安堵した関係者は多かったことでしょう。

とはいえ、通常の状態に戻るのはまだ当分先のことです。Sバーン社長のブーフナー氏は、最近のインタビューの中で、Sバーンが通常ダイヤに戻るのは12月と約束していますが、懐疑的な見方もあります。これからベルリンに来られる方には、Sバーンのサイト(www.s-bahn-berlin.de)などで最新の情報をチェックされておくと良いかもしれません。
ドイツニュースダイジェスト 8月14日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-08-12 21:19 | ベルリン発掘(全般)

祝U55開業@ブンデスターク駅

e0038811_18191213.jpg
U-Bahnhof Bundestag (2009-08-08)

首相官邸の真下を通ることから、「首相線」(Kanzler-Linie)という呼び名が定着しているこのU55ですが、ヴォーヴェライト市長は開業に際して、この線を"Linie der Einheit"(統一線)と呼びました。ブランデンブルク門の下を通る新線というのは、東西分断時代は考えられなかったからです。実際、U55はドイツ再統一後に開業した最初の地下鉄線ということになります。

さて、超満員の電車に揺られること2分弱、真新しいブンデスターク(連邦議会)駅に到着しました。

e0038811_18193043.jpg
実はここに来るのは初めてではありません。そう、昨年5月の地下鉄駅の「魔笛」で一度ご紹介しましたね。このベンチの上で、パパゲーノやタミーノがひょうきんに演じていたのを思い出しました。それにしても、暑い一日でしたが、駅の内部はひんやりとしていい気持ち。モニュメンタルな柱と相まって、本当に神殿のような地下鉄駅です。

e0038811_18223521.jpg
地上に上がると、目の前が首相官邸、そして向かいのパウル・レーベ議員会館。ここも大勢の人で賑わっていました。

e0038811_1820472.jpg
ここまで来たら、もう一度地下に戻らずに、歩いた方が早いんじゃないかと思うほど中央駅とは目と鼻の先なのですが(笑)、今日はおめでたい日なので最後まで付き合うことにしました。では出発進行!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-08-11 15:33 | ベルリン中央駅

祝U55開業@ブランデンブルク門駅

e0038811_249485.jpg
久々に仕事の締め切りが何もない今週末、気分も晴れやかに向った先はブランデンブルク門前でした。今日は、長年工事中だった地下鉄U55の記念すべき開業日。初日は誰でも乗車無料ということもあって、早速行ってきたのでした。このU55とは何かということについては、数年前に日本の友人たちに向けて書いたメールが出てきたので、以下に引用します。
数日前、現在建設中の地下鉄55番線(U-55)の3つある駅のうち、ブランデンブルク門前の、未だ手付かずだった最後の駅の工事が始まったという記事が新聞に載っていたので、早速現場に足を運んでみました。U-55は、現在急ピッチで建設が進んでいるベルリン中央駅から連邦議事堂前を通って、ブランデンブルク門前のパリ広場を結ぶわずか1,8キロのミニ路線。ただ、ここで終わりなのではなく、将来的にはウンター・デン・リンデンの地下をくぐって、アレクサンダー広場まで延長される予定です。

今建設中のこの辺りは、以前壁が近かったところで、戦後ほとんど放置されたままになっていた地帯。工事現場前の案内板によると、この地下鉄建設の案自体は20世紀の初頭から既にあったそうなのですが、2度の戦争、そして東西を分ける壁が着工を阻み続け、世紀を超えてようやく実現の見通しが付いたというわけなのです。ちなみにこの路線、首相(Kanzler)官邸前を通ることから、別名はKanzler-Linie。中央駅からパリ広場までは2006年ワールドカップが始まる直前までには何とか完成させるつもりで、そのため、例年ブランデンブルク門前で開催されるジルベスター(大晦日)のパーティーも、今年は休まず工事を続けるために中止が決まった、なんていう話も読みました。

e0038811_2501325.jpg
上のメールを書いたのは2004年7月24日なので、あれから早5年。ワールドカップどころか、2009年になってようやく開通に至った大きな理由は、工事の難しさにあったようです。思わぬところから地下水で出てきたりして、計画プランの変更を再三余儀なくされました。世界一難しいトンネル工事などと呼ばれていたほどです。

パリ広場前からウンター・デン・リンデンにかけての柵も取り払われ、ようやく通りがすっきりしました。

e0038811_2503380.jpg
BVGのスタンドで最新の路線図やU55のマークが入ったプレイモービル人形をもらい、いざ地下へ。駅名が「ブランデンブルク門」だけあって、さすがに立派という印象です。面白いのは、写真の上の辺りにベルリンの壁についての展示があったこと。そして階段を下りていくと、ブラントやゴルバチョフ、ホーネッカーといった人たちの壁に関する発言がプレートに掲げられていることに気が付きます。ブランデンブルク門の真下に地下鉄駅があるのはどういうことなのか、その歴史的な意義まで実感できる構成はさすがと思いました。

e0038811_2504916.jpg
ベルリンの他の地下鉄に比べて、地下の大分深いところに駅があります。ホームの壁にはブランデンブルク門の歴史についてのパネルが展示され、ホームの上にはいくつもテレビがあり、ベルリンの壁の様子をリアルに再現した3D映像が流れています。

e0038811_25164.jpg
しばらく待っていると、真新しい電車が現れました。これに乗って、中央駅まで行ってみることにしましょう。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-08-08 21:13 | ベルリン中央駅

ベルリンの文化カーニバル

e0038811_420193.jpg
今日は広島の原爆の日ですね。しばらく前になりますが、地元のタウン紙に書いたこんな記事をアップしたいと思います。

聖霊降臨祭と呼ばれる5月31日の祝日、毎年恒例の「文化のカーニバル」(Karneval der Kulturen)というパレードが開催されました。ベルリンには約180の国の人が住んでおり、この町の住人のざっと6人に1人は外国人といわれています。これはドイツの他の町に比べても大変高い割合です。特に多いのはトルコ人、また中東や旧ユーゴからの移民も少なくありません。もちろんヨーロッパ諸国やアジアからの人も。このように人種も宗教も生活習慣もさまざまという社会では、多様な価値観を認め合うということが一番大事(とはいえ、実践するのは容易なことではありません)。以前お話しましたが、ベルリンの現在の市長さんは同性愛者で、「世界に開かれた寛容な都市」というイメージを打ち出すことにとりわけ熱心です。

「文化のカーニバル」は、異文化に対する偏見を取り除き、相互理解を深める目的から1996年に始まりました。それは年々規模が大きくなって多くの人を巻き込み、いまやベルリンを代表するお祭りに発展したのです。
e0038811_4274488.jpg
日曜日の午後、パレードの行われるクロイツベルク地区に足を運んできました。人はあふれ、多くの屋台が立ち並び、なんとも楽しそうな雰囲気。やがて道路の真ん中が封鎖され、太鼓の響きが遠くから聞こえてきました。色とりどりの衣装に賑やかなリズム。踊りの種類も多種多様です。踊る人も眺める人もみんな笑顔なのが印象的で、なんとも平和ないい1日でした。世界もこうあればいいのですが。
はまかぜ新聞 6月19日)
e0038811_428468.jpg
人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-08-06 21:37 | ベルリン文化生活

宮殿と王宮のはざまの時

e0038811_1849732.jpg
Karl-Liebknecht-Str.にて(4月23日)

旧共和国宮殿の解体が昨年末で終わり、しばらく更地の状態が続いていたのですが、先日久々にその横を通ったら、まったく風景が変わっていてびっくりしました。

e0038811_18525994.jpg
鉄骨の廃墟があった場所が、一面緑地になったのです。誰でも自由に出入りできて、日光浴するのも、サッカーをするのもこれまた自由。来年から王宮(フンボルト・フォーラム)の再建が始まるまでの一時的な措置ですが、こういう使い方はうれしいですね。いまのうちにここでごろ寝しておけば、5年後ぐらい経って王宮が完成した時、感慨がより深いかもしれません(?)。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-08-02 12:21 | ベルリン発掘(東)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

その他のジャンル

記事ランキング