ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る
通知を受け取る

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2008年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

テンペルホーフ空港が今晩閉港

e0038811_23581832.jpg
テンペルホーフ空港が、2008年10月30日の今日、85年の歴史を閉じることになります。個人的に最後のお別れをすべく、昨日の午後、家から徒歩圏内の空港に足を運んで来ました。

e0038811_031058.jpg
中に入ってみてびっくり!いつも閑散としたターミナルが、かつて見たことのないほどの人で賑わっていました。今晩のお別れセレモニーは関係者以外中に入れないので、多くのベルリーナーがこの日訪れていたようでした。

e0038811_00536.jpg
テレビクルーもちらほら。構内をぶらぶら歩いていたら、私たちも地元の新聞社の取材を受けることになったのでした。果たして掲載されることはあるのか・・・。

e0038811_2359766.jpg
その後、自転車に乗って、空港の反対側へ。途中、カメラを持った通りがかりの人に、飛行機を眺める絶好のポイントを教えてもらい行ってみました。

e0038811_23592524.jpg
そのポイントというのは、ベルリン空輸の際に、地上すれすれで着陸する米軍機とそれを待ち構える子供たちをとらえた、Henry Riesの有名な写真の舞台だったのです(そこがどういう場所だったかは後日また紹介します)。小高い丘も、別れを惜しむファンの姿で溢れかえっていました。

e0038811_23594479.jpg
今晩のセレモニーの後、日付が変わる直前に最終機が飛び立ちます。その後、この滑走路の上を飛行機が飛ぶことは、もうありません。


これまでに書いたテンペルホーフ空港関連の記事は、下の「新空港へ」のタグをクリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-10-30 16:24 | ベルリン発掘(西)

沖縄美ら海紀行(4) - 読谷村に到着 -

e0038811_183028.jpg
南国特有の局地的な豪雨に見舞われ、その夜やっとのことで読谷村(よみたんそん)にあるホテルに到着。なかなか天気に恵まれない旅だなと思いつつ、翌朝部屋のカーテンを開けてみて思わず声を上げてしまった。抜けるような青い空と海が眼前に広がっていたからだ。

e0038811_1830199.jpg
いまだかつて見たことのないような海の色だった。

e0038811_18303790.jpg
最後の2日間は、少し奮発してホテル日航アリビラに宿泊。旅行といえば20年間ぐらいバックパッカーを続けてきたような自分からしたら、あまりの至れり尽くせりぶりに少々こそばゆい気もしたが、その一方では、がんばって仕事して、またこういうところに来たいとも思った^^;)。

e0038811_18305476.jpg
昼食後、近くの残波岬に車で行ってみた。31メートルの灯台の上からの眺めは次回ご紹介しましょう。

e0038811_1831895.jpg
時々、かなりの轟音を立てて飛行機が頭上を過ぎていく。この近くの嘉手納基地に向かう米軍機であることは間違いなかった。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-10-29 18:42 | ニッポン再発見

沖縄美ら海紀行(3) - 美ら海水族館 -

e0038811_22393762.jpg
古宇利島の後は、猛烈な雨が降りしきる中、次なる目的地「沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館」へ。沖縄に来たものの、マリンスポーツとは縁がない私。こんなところで、海洋の神秘に触れられるのはありがたかった。その圧倒的なスケールはもちろん、浅瀬から徐々に海の深海へと潜って行く見せ方にもわくわくした。

e0038811_2243462.jpg
ハイライトは、世界最大のアクリルガラスで作られたという1階の大水槽アクアルーム。

e0038811_2244639.jpg
世界中の温かい海に住む魚類の最大種といわれるジンベエザメが餌を食べるシーンを見ることができた。餌を水ごと大量に飲み込んでいく様は圧巻!

e0038811_22442078.jpg
エイ類では最大種の「マンタ」。正式にはオニイトマキエイというらしいです。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-10-27 15:22 | ニッポン再発見

佐渡裕&ベルリン・ドイツ響のコンサート

e0038811_20425148.jpg
ベルリンに戻って久々に足を運んだコンサートは、フィルハーモニーでのベルリン・ドイツ響の定期。指揮は、ここ数年毎シーズンのように客演している佐渡裕さんだった。

冒頭のGolijovの《Last Round》は、アストロ・ピアソラへのオマージュ的作品。ピアソラのバンドネオンを想起させる鋭角的な響きが、弦楽アンサンブルによって執拗に奏でられる。後半はうって変わって、マーラーの長大な叙情楽章から毒を抜いたような、そんな美しい音楽。こちらは《天使の死》という曲を意識した音楽だとプログラムを読んで納得した。

続くショパンのピアノ協奏曲第2番は、生で聴くのはおそらく初めて。ため息のでるようなきれいなメロディーには事欠かないのだが、オーケストラとの協奏的感興にはどうも乏しい音楽だ。リハーサルで聴いた時よりはさすがに仕上がっていたものの、ベネズエラ人ソリストと合わせるのにオーケストラ側はやや苦労していた模様。

メインの《新世界》。これは佐渡さんの長所がいかんなく発揮された名演だった。本番1回のみのライブ収録という条件下、両者が持てる力を全て出し切った燃焼度の高さ。一方で、細部まで音楽がよく練られていたのも注目に値する。

終演後は熱狂的な喝采が続き、舞台裏まで熱気が渦巻いていた。お客さんにとっても演奏者側にとっても双方が満足できるコンサートというのは、シーズン中にそう何度もあるものではない。佐渡さんは間違いなくDSOから再びオファーを受けるだろう。このオーケストラとの関係は目下非常に良好のようなので、今後さらなる期待がふくらむところだ。

Deutsches Symphonie-Orchester Berlin
Yutaka Sado
Dirigent
Sergio Tiempo Klavier

Osvaldo Golijov: »Last Round«
Frédéric Chopin: Klavierkonzert Nr. 2 f-Moll
Antonín Dvorák: Symphonie Nr. 9 e-Moll »Aus der Neuen Welt«

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-10-27 14:06 | ベルリン音楽日記

おんぼろホテルから高級ブティックへ -Unter den Linden-

e0038811_16563155.jpg
Ecke Unter den Linden/Friedrichstraße(10月22日)

1ヵ月半ぶりに戻ったベルリンは、街の風景が微妙に変わっていました。

e0038811_16573675.jpg
この写真を見て、一体どこだと思われた方もいるのでは?ウンター・デン・リンデンとフリードリヒ・シュトラーセの角、かつてのHotel Unter den Lindenの跡地がこのように変貌したのです。この3年間の風景の移り変わりについては、以下のページを見てもらえれば一目瞭然でしょう。

Ecke Unter den Linden/Friedrichstraße (1)(2) (2008.06)

e0038811_1657167.jpg
建物全体に先駆けて、木曜日にDouglas, Zara, Espritなどがオープン。その前の夜にたまたま通りかかったら、ちょうどテープカットが行われる直前でした。

e0038811_16565956.jpg
隣は文化のデパート"Dussmann"。この日は招待客を集めての前祝だったようです。

e0038811_1656310.jpg
DDR時代のくたびれたホテルから、ニューヨークのアッパー・イースト・サイドをモデルにしたという高級ブティック街へ。オフィスやアパートも兼ね備えた複合ビルとして、来年末までに全てが完成する予定です。

参照:
"Good Bye Hotel Unter den Linden!" (2006.02)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-10-25 12:29 | ベルリンのいま

角田鋼亮さんが指揮者コンクールで・・・

e0038811_7212882.jpg
Konzerthaus Berlin(10月23日)

このブログでも何度かご紹介している指揮者の角田鋼亮さんが、15日からベルリンで行われていた「ドイツ全音楽大学・指揮コンクール(Hochschulwettbewerb Dirigieren)」で、第2位の栄冠に輝きました。

角田さんは2年前にドレスデンで行われた同コンクールで1位なしの2位を受賞し(その時の記事はこちら)、再びファイナリストに残った今回は、最上位の賞を取りたいという気持ちが強かったはず。ファンとして少々残念ではありましたが、終演後に楽屋で会った彼の表情は力を出し切れたという晴れ晴れとしたものでした(オケの団員からも高い評価の言葉をかけてもらえたとのこと)。

コンツェルトハウス管弦楽団が演奏した、3人のファイナリストによる決勝コンサートでは、最初に角田さんがR.シュトラウスの《ドン・ファン》を指揮。曲のすみずみまで体にしみ込んでいるのが如実に伝わる指揮ぶりで、エネルギッシュでありながら、細部に至るまで緻密に歌い込まれた、実に聴かせる演奏でした。後に登場した2人に比べても、音のパレットが非常に多彩。今後の活躍に期待を抱かせました。

優勝はシュトラウスの《死と変容》を指揮したドイツ人のJohannes Klumppさん、3位は《ティル・オイレンシュピーゲル》を振った韓国人のSeokwon Hongさん。

今週末に角田さんの地元愛知で行われる演奏会の情報です。近くにお住まいの方々、よかったらぜひ足をお運びください。

オルカ・フィルハーモニー管弦楽団第2回演奏会
 日時:2008年10月26日(日)
 開演:17:00
 会場:愛知県芸術劇場コンサートホール
 ピアノ:田村響
 曲目:R・シュトラウス…交響詩「ドン・ファン」
    モーツァルト…ピアノ協奏曲第23番
    チャイコフスキー…交響曲第6番「悲愴」

参照:
指揮者角田鋼亮さんインタビュー(1)(2) (2008.01)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-10-24 01:37 | ベルリン音楽日記

沖縄美ら海紀行(2) - 古宇利島 -

e0038811_18105940.jpg
初日は那覇、翌日は喜瀬ビーチパレスに泊まり、3日目は名護を越え、最近橋が架かった古宇利島(こうりじま)に行ってみた。

e0038811_18111629.jpg
古宇利島はウニの産地として有名らしく、車で走ると、やがて「うに丼」の看板が掲げられたお店を頻繁に見かけるようになる。私も妻もウニは大好物なので、これは食べないわけにはいかないと、サトウキビ畑の中から忽然と浮かんだ不思議な外観の「下原商店」なる食堂(?)に入ってみた。

e0038811_18113235.jpg
1500円のウニ丼は、ここには写っていないが海の幸の付けあわせ、スープと一緒に給される。今回沖縄で初めて食べた「海ぶどう」と一緒に食するウニは、とろけるようにクリーミーで美味だった。

e0038811_18114722.jpg
小さな島を一周して、再び全長約2キロ、通行無料の橋としては全国2番目の長さという古宇利大橋を渡って屋我地島、そして本島へ。独特の曲線を持つ橋だ。やがて、スコールのような大雨が襲ってきた。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-10-22 21:53 | ニッポン再発見

沖縄美ら海紀行(1) - まずは歴史から -

e0038811_6191617.jpg
沖縄県は、日本の47都道府県の中でまだ唯一足を踏み入れたことがない地だった。もともと鉄道を使っての旅が好きなので、沖縄は目的地の対象になりにくい。またどうしても「リゾート」というイメージが強く、マリンスポーツと無縁な自分にはあまり縁がない場所のような気がしていた。そんな近くて遠い沖縄に新婚旅行という機会で行くことになった。

10月5日、午後のJALで羽田から一路那覇空港へ。国内線の飛行機に乗るのは、幼稚園のとき家族旅行で北海道へ行って以来だった。

e0038811_628054.jpg
今回は移動手段にレンタカーを使った。日本の免許証はしばらく前に失効してしまったので、ドイツの免許を持って麻布のドイツ大使館へ赴き、翻訳証明を作ってもらう(手数料に5千円ほどかかるが、これで国際免許証を取る必要はない)。日本で車を運転するのは何年ぶりだろう。自分で言うのもなんだが、最初は実に危なっかしい運転で、同乗者を何度も冷や冷やさせることになる。

翌日からのホテルが島の北部に位置するので、南から北へというルートで回ることに決め、まずはいきなり島の再南部、糸満市摩文仁の平和祈念公園へ。新婚旅行で来るには、あまりに重い場所だ。でもせっかく来たのだからと思い、ざっと見ようと資料館の中に入ったのだが、結局時が経つのを忘れて見入ってしまった。

e0038811_6285721.jpg
沖縄の地上戦がどういう経緯で起きたかも、その後訪れたひめゆりの塔の話も、知っているようでいてほとんど知らなかった。それだけに実に衝撃的だった。あの凄惨な地上戦は、約1ヶ月ほどしか時間的差異のないベルリンのそれとダブって見えてきた。「地形が変わるほど天文学的な爆弾が打ち込まれた」という説明書きの付いた首里城の廃墟の写真もショッキングで、これを眺めていたら再建された首里城にはどうも行く気が失せてしまった。

e0038811_7275922.jpg
「平和の火」から望む碧い海。この美しい風景が、第二次大戦最後の激戦地の舞台となった。

平和祈念資料館では戦後の沖縄のことも展示されていたが、冷戦の枠組みの中に極端に組み込まれたという点で、やはり私が現在住む町の過去と重なってくる。沖縄の本土復帰を報じる新聞の記事は、ベルリンの壁崩壊に通じるような感慨があった。ベルリンはすっかり平和になったが、日本の米軍基地のいまだ8割近くがある沖縄の現実・・・。
ここに住む人の声、そして彼らを取り巻くさまざまな状況を知りたくなった。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-10-20 01:15 | ニッポン再発見

フィルハーモニーの「舞台席」

e0038811_4401639.jpg
©Lauterbach / Berliner Philharmoniker

ベルリンという街が遠い彼方の存在だった頃、テレビでベルリン・フィルハーモニーのコンサートの様子が映し出される度に気になる場所があった。舞台のすぐ後方にベンチのような簡素な席が何列か並び、そこで人々が体を寄せ合うようにして音楽を聴いている。若い音楽好きにはそこが特等席のように映り、いつかあの場所でベルリン・フィルを聴いてみたいと夢に描いた。

ベルリンに来て音楽に詳しい人に聞いてみたら、なんのことはない、あのスペースは合唱団用の席で、プログラムに合唱曲がない場合に安い値段で開放されているに過ぎなかったのだ。
e0038811_4381357.gif
Podiumsplätzeと呼ばれるこの舞台席は全部で約120席あり、ベルリン・フィルでは原則としてコンサートの数日前にフィルハーモニーの窓口でのみ販売される(値段は8~16ユーロ)。何しろオーケストラの舞台のすぐ後方なので、響きのバランスは決して最上のものとは言えない。また自由席なので、開演ギリギリにやって来ると、金管楽器やティンパニのすぐ後方しか空いていないということもある。その代わり、指揮者と完全に向かい合う形で座るため、あたかも自分がオーケストラのメンバーの1人になったような気分で、ハーモニーが創造される生の現場に立ち会える稀有な場所でもあるのだ。

ベルリン・フィルのドラマトゥルク(文芸)部門のヘルゲ・グリューネヴァルト氏が、舞台席での思い出を語ってくれた。

「1967年に音楽学の学生として西ベルリンにやって来た私は、この舞台席で初めてベルリン・フィルのコンサートを聴きました。ジョン・バルビローリが指揮するブラームスだったのですが、私は大変感動してそれ以来、伝説的な指揮者のコンサートのほとんどをこの席で体験したのです。ジュリーニ、セル、ヨッフム、ベーム、カラヤン……。彼らの表情や動きといったら!当時2マルクぐらいでこの席のチケットが買えたので、若い私は貪るように音楽を聴きました。それが自分にとってかけがえのない財産になっています」

指揮者だけでなく、オーケストラのメンバーを観察するのもスリリングだ。舞台に現れる時のリラックスした表情と演奏が始まってからの集中力、指揮者の細かな動きに奏者が瞬時に反応する様、プレーヤー同士のアイコンタクト、時には予想外のハプニングが起こることだってある。氏が語るように、特に音楽を勉強している人にとっては最高の席だろう。ベルリンの音大に留学中のある友人は、「ここは百戦錬磨の彼らから技を『盗める』場所なんです」と語っていた。ジーンズ姿の若者も多く、他の席に比べてラフな雰囲気があるのが特徴だ。

「確かに、ヴァイオリンや歌のリサイタルをこの場所で聴くのはやや奇妙な体験ではありますが、フィルハーモニーのコンサートは舞台席でしか聴かないというファンもいるんですよ。こういう席は他のホールにはありませんから」(グリューネヴァルト氏)

客席が舞台を取り囲むという民主的な理念によって造られたフィルハーモニーには、値段が安くても音楽を間近に感じられる席が存在する。それがまた、この音楽空間の豊かさを物語っていると言えないだろうか。
ドイツニュースダイジェスト 10月17日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-10-17 21:48 | ベルリン音のある街

落葉のベルリン

e0038811_6375767.jpg
Mehringdammにて(10月16日)

約1ヵ月半ぶりに戻って来たベルリンは、すっかり落葉の季節に入っていました。
その間この街で起きた出来事についてはほとんど何もチェックしていませんでしたが、季節が変わったとはいえ、人のたたずまいも街の空気も何一つ変わっておらず、いつもながらほっとします。ただ、今回から生活が1人でなくなるので、見える風景も微妙に違っているような、そんな気もします。

さて、一緒にやって来た妻ですが、私の部屋の散らかり具合にいきなりショックを受けたようで^^;)、今日は昼過ぎからドラッグストア、スーパー、IKEAとはしごし、新生活は大掃除から始まりました。しばらくは新しい環境への土台作りに追われそうです。少し落ち着いたら、沖縄の話から始めたいと思います。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-10-16 23:57 | ベルリンのいま

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

その他のジャンル

記事ランキング