ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2008年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

サクラサク

e0038811_1091657.jpg
東京に桜の開花宣言が出た数日後の日曜日、浜松町の駅から東京タワーの方向に歩いてみました。大学時代は毎日のように東京に通っていたのに、この駅で降りた記憶がありません。ほとんど外国人観光客のような気分で、うららかな日差しの中を歩いていきました。

e0038811_1093055.jpg
東京タワーに隣接した増上寺の境内に、(私が見た限り)2本の桜が開花していました。

e0038811_1094395.jpg
降り注いでくるようなソメイヨシノ。

e0038811_10102254.jpg
うわ~^^という感じです。

e0038811_10103659.jpg
境内の一角にはシダレザクラ(ですよね?)も咲いていました。この辺りはさすがに外国人観光客が多い。

e0038811_10104462.jpg
マクロモードで撮ってみました。

e0038811_10105626.jpg
その後はもちろん東京タワーに(笑)。振り返ってみると、ここへは幼稚園生のときに一度だけ上って以来です。展望台からの眺めはまた今度お見せしましょう!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-03-27 10:54 | ニッポン再発見 | Comments(14)

とんかつとパフェ

e0038811_1222240.jpg
日本に帰ったら真っ先に、というほどではないにしろ、食べるのを心待ちにしていたのがとんかつでした。中学生のときに『美味しんぼ』の「トンカツ慕情」という話(11巻に収録)を読んで以来(参照ページ)、なぜかときどきとても食べたくなるのです(笑)。豚肉料理の豊富なドイツにもシュニッツェルという似たような食べ物があるものの、両者はやはり別物。ウィーン風カツレツもおいしいけれど、付け合わせは油で炒めたじゃがいもではなく山盛りのキャベツで、そして衣はさくさくのとんかつが食べたい!
(ドイツのあの固いキャベツを千切りにして食べようとすると大変なことになります。ゴムを食べているみたいで^^;)

そんな私の願いを聞いた相棒に連れられて、東京駅大丸12Fの「まい泉」というお店に行ってきました。ロースかつ定食(1600円)はランチメニューにしてはちょっといい値段ですが、大満足。衣はふわっとするほど軽く、肉はジューシーで、ご飯とみそ汁とのコンビネーションにもほっとします。日本滞在中にとんかつはもう一度食べたいなあ。

ところで、先の「トンカツ慕情」という話の中で、とんかつ屋の親父さんが語る印象的な台詞をここで引用しておきます。
なあに、人間そんなにえらくなるこたあねえ。
ちょうどいいってものがあらあ。

いいかい学生さん、
トンカツをな、トンカツをいつでも食えるくらいになりなよ。

それが、人間、えら過ぎもしない、貧乏過ぎもしない
ちょうどいいくらいってとこなんだ。
e0038811_1223769.jpg
トンカツを食べて少し間をおいてから、今度は10Fの甘味処 都路里へ。ここの抹茶パフェは有名らしく、私は白玉パフェ(1081円)を注文。滑らかな抹茶クリームに手作りのもちもちした白玉がたっぷりで、でも甘すぎずくどすぎず、これまた至福のひととき。

話には聞いていましたが東京駅は変わりましたね。大丸も昨年リニューアルされたようで、すっかりきれいになっていました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-03-25 14:47 | ニッポン再発見 | Comments(23)

横須賀―海の見える風景2つ

e0038811_2374161.jpg
日本に来て4日目の土曜日、ようやく春らしいうららかな日となりました。お昼頃、自宅から歩いて5分の安房口神社に行ってみました。私の住む一帯は15年ぐらい前から開拓された新興住宅地なんですが、この神社は三浦半島で一番古いといわれています。

e0038811_22561981.jpg
この神社を抜けたところからの東京湾への眺めは、なかなかのものです。海に浮かぶのは東京湾唯一の自然島、猿島。その向こうに横浜のベイブリッジや、本当にいい天気の日はここから筑波山まで見渡せます。

e0038811_23232074.jpg
夕方車で足を運んだのは、三浦半島の西海岸にある立石公園。いやすばらしい。かの安藤広重もここからの風景を版画に描いているほとで、「かながわの景勝50選」や「横須賀風物百選」にも選ばれています。

e0038811_23293073.jpg
立石公園からの富士山の眺めは本当に最高なんですが、この日は残念ながら姿を現すことはなく・・・。明日もいい天気になりますように!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-03-23 00:15 | ニッポン再発見 | Comments(2)

日本へ!

e0038811_11152238.jpg
火曜日の朝、自宅からU6に乗ってテーゲル空港に向かっている途中、先生に率いられたちびっ子の集団が乗り込んできて車内は急に賑やかになりました。集団下校なのか、社会科見学にでも行く途中なのかわかりませんが、ベルリンの地下鉄にまた日常の風景が戻ってきたのだなと実感しました。私の前に座った2人組の女の子があまりに愛らしかったので、思わずパチリ。

e0038811_11154223.jpg
黄色い地下鉄から赤い電車の街へ

飛行機内ではロクに寝られませんでしたが、久々に日本に帰ると、見慣れたはずのものが何もかもが新鮮に見えて、体は疲れていてもテンションは上がっているものです。幻想の世界にいるかのよう。神奈川の自宅に着くなり早速散髪に出かけ、夜は久々にゆっくり湯船につかり、おいしい刺身を食べ、ネコとじゃれたりしてからぐっすり眠れました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-03-21 12:18 | ドイツから見た日本 | Comments(12)

12日間のストが終わる!

e0038811_7263193.jpg
昨日、実に12日ぶりにベルリンの地下鉄、バス、トラムが運行を再開しました(まだ完全に通常のダイヤ通りというわけではないようですが)。昨日は買い物で半日中奔走していたため、公共交通機関が普通に動いていることのありがたさを思いました。しかし、BVG職員の賃金引上げということで納まったものの、それによって運賃が現行の2.9%上がることをBVGの社長が示唆したようで、利用者にとっては穏やかではないでしょうね(現在BVGの2時間有効チケットは2.1ユーロ)。

さて、私は今日の昼日本に飛びます。最後までバタバタしていて、親しい友達にも日本に帰ることを告げていなかったりしますが^^;)、機会があればお会いしましょう。ブログもできる範囲で日本から更新するつもりでいます。それではまた!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-03-18 02:58 | ベルリンのいま | Comments(8)

ハノーファーの町田久美展

e0038811_15585025.jpg
現在、ハノーファー(ハノーバー)のケストナー協会(kestnergesellschaft)という美術館で、 荒木経惟と伝統的な浮世絵を組み合わせた"araki meets hokusai"、さらに日本画家の町田久美展という「日本三部展」が開催中です。特に後者の町田久美展は、今回カタログの翻訳をさせていただいたこともあり、ここでご紹介したいと思います。

日本の現代アートシーンのことはあまり詳しくない私ですが、町田久美さん(1970年生まれ)の絵にはとても強い印象を受けました。単にインパクトがあるだけでなく、品が保たれつつ美を感じさせるところが、巷に氾濫する現代アート作品との大きな違いだと思います。

伝統的な筆で描かれている彼女の作品は、一筆で一気に描いたかのような印象を受けますが、実際は細い線を何度も重ね合わせて出来上がったものです。シンプルでありながら肉感的な線。構図は大胆で、非常に大らかなのに、一方ではミクロなレベルで精密に描かれている部分があったりして、思わずゾクッときます(笑)。描かれているキャラクターは不可思議だし、シュールでグロテスクな要素もありますが、その世界に不思議な心地よさと懐かしさを感じてしまうのは私だけでしょうか?

町田久美さんの作品は近年海外でも評価が高く、今回がヨーロッパでの初の単独個展だそうです。先日そのカタログが私の元にも送られてきましたが、予想以上の美しい仕上がりとなっていました。でも、2月のオープニングに作品を観た方からは、「町田さんの作品は、現物は印刷物で見るより遥かにすばらしい」と聞いているので、5月12日までの開催期間中に私も一度はハノーファーに足を運ぶつもりでいます。

北斎―荒木―町田という意欲的なハノーファー「日本三部展」、興味のある方はぜひ足をお運びください!

カタログ情報:
deutsch | englisch | japanisch
Verlag der Buchhaltung Walther König
120 Seiten, zahlreiche farbige Abbildungen
mit Texten von Veit Görner, Eveline Bernasconi
und Satoru Nagoya
Verkaufspreis kestnergesellschaft 25€

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-03-15 12:04 | ドイツ全般 | Comments(5)

カール・マルクス書店が閉店

e0038811_20395172.jpg
Karl-Marx-Buchhandlung (2007年4月29日)

先月22日のBerliner Zeitung紙の記事で知ったのですが、カール・マルクス大通りにあるカール・マルクス書店が2月末をもって閉店になったそうです。

カール・マルクス大通りといえば、かつての東ベルリンの目抜き通りで、このブログでもかつて3回に分けて紹介したことがあります。昨年亡くなったウルリヒ・ミューエ主演の映画「善き人のためのソナタ」のラストシーンに登場する本屋、といえばピンとくる方も多いかもしれません。

e0038811_20403460.jpg
閉店前にできたらもう一度足を運んでおきたかったのですが、結局今年の1月頭に入ったのが最後となりました。以下の写真は、このとき一緒に歩いたKenさんが提供してくださったものです。

e0038811_20405370.jpg
カール・マルクス書店は1953年にオープンした、東ベルリンで最大の本屋でした。当時は2階まで本が並んでいたといいますが、統一後は客足が遠のき、この度55年の歴史を閉じることになったのです(建物自体は残りますが)。近年、この周辺の買い物客はアレクサンダー広場のカウフホフや去年できたアレクサといった大型ショッピングセンターになびいており、この大通りで個人経営を営む人は苦戦を強いられていると新聞記事にも書かれていました。

e0038811_21162610.jpg
かつてカール・マルクス・アレーは「東のクーダム」と呼ばれるほど栄えていたそうですが、いまは昼間でさえ人通りは少なく、巨大なアパート群の威容が空しく感じられるほどで、そんな時代があったことが信じられないほどです。通りの幅は4車線、90メートルもあり、ちょっと散歩にというわけにもなかなかいきません(特にお年寄りにはつらいでしょう)。ベルリンの歴史を知る上では大変興味深い通りですが。

とはいえ、Kenさんの写真からも伝わってくるように、文化の香り漂う本屋がまた一つベルリンから消えていくのは、寂しいことです。

参考:
「善き人のためのソナタ」(2006) (2007-03-12)
カール・マルクス通りを歩く(1) (2005-09-13)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-03-13 14:14 | ベルリン文化生活 | Comments(25)

クロイツベルクの丘に登ろう!

e0038811_4134850.jpg
春のような陽気だった昨日の午後、久々に友達とカフェでゆっくりお茶した後、近くのクロイツベルクの丘に登ってみることにしました。

e0038811_4141449.jpg
クロイツベルク発祥のこの丘をご紹介するのもこれで3回目です。よかったら過去ログもどうぞ。こうしてみると、毎年ほぼ同じ時期に書いていることになりますね。写真の腕もあれから少しは上がっているといいのですが。

関連記事:
元祖クロイツベルクに登る (2006-03-28)
クロイツベルクの日曜日 (2007-04-15)

e0038811_41668.jpg
標高66メートルとはいえ、この丘に登ると下界で起こっていることのいくばくかを忘れることができます。

e0038811_4213287.jpg
この上は、なんというか、「ストなんか関係ねぇ」というような雰囲気に満ちています。ある意味、ベルリンそのもののような場所と言えるのかも。

よかったら一緒に登ったKくんのブログの写真も覗いてみてください。彼は知識とネタの宝庫のような人で、このブログのテーマにもそれが何度も生かされています。多謝!

e0038811_4153797.jpg
2つの教会の尖塔に挟まれた、ここからのテレビ塔の眺めはお気に入りなのですが、いかがですか?

e0038811_4162790.jpg
時刻は5時35分。日が大分延びてきました。冬時間ももうすぐ終わりです。

e0038811_417102.jpg
再び下界に戻ると、やはり自転車の数が目立ちました。今朝の新聞によると、BVGのストは金曜日以降も続く見込みだそうで・・・「こんな町、もうやってられん!」とも思います。

1週間後のベルリン脱出が次第に待ち遠しくなってきました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-03-11 21:37 | ベルリン発掘(西) | Comments(4)

Sバーンのストは回避!

e0038811_7334515.jpg
S-Bahnhof Alexanderplatz (3月9日)

先ほどネットの記事で知ったのですが、今日(月曜)から予定されていたドイツ鉄道(DB)のストはぎりぎりのところで回避されたようです。それにより、DBの管轄化にあるベルリンのSバーンも通常通り運行されるとのことで(BVGのストは継続)、とにかく最悪の事態は免れることになりました(参考記事)。

e0038811_7355612.jpg
昨夜、ちょっとした取材と様子見を兼ねて、フリードリヒ・シュトラーセからアレクサンダー広場間をSバーンで往復して来たのですが、日曜日の夜ということもあってか、普段と格別変わったようには見えませんでした。先週の木曜日から私の交通手段は自転車とSバーンのみです。幸い家が中心部から離れていないので、生活自体に格別の支障は感じていませんが(気温が比較的温和なのも幸い)、普段より体力を使っているので体が少し痛い^^;)。

それにしても、BVG(ベルリン交通局)の方のストは一体いつまで続くのでしょう?

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-03-10 01:10 | ベルリンのいま | Comments(10)

バルコーミ氏のNYスタイルカフェ

e0038811_23435450.jpg
クロイツベルク地区のベルクマン通り周辺は、カフェやセカンドハンドの店が密集する、地元の人にも人気の高いエリアです。この通りの東側、レンガ造りのマーケットホールを隔てた向かいに、自家焙煎のコーヒーが美味しいカフェ「バルコーミズ・カフェーレステライ(Barcomi's Kaffeerösterei)」があります。

シアトルに生まれ、ニューヨーク在住が長いシンシア・バルコーミ(Cynthia Barcomi)氏が、手作りにこだわったニューヨークスタイルのカフェを、ベルクマン通りにオープンさせたのは1994年のこと。風味豊かなコーヒーとアメリカの家庭生活に欠かせないマフィンやベーグル、クッキー、そして種々のケーキがベルリンっ子の心を捉えました。特に「ニューヨーク・チーズケーキ」は、もはや伝説的ともいえる美味しさで知られています。さらに濃厚な味を求める方には「チョコレートエスプレッソ・チーズケーキ」がありますが、こちらはボリューム感たっぷり。

e0038811_23441528.jpg
ミッテ地区のゾフィーエン通りには、姉妹店「バルコーミズ・デリ(Barcomi's Deli)」があります。通りの入り口に掲げられている小さな看板を見落とさずに奥へ入って行った、二つ目の中庭に面しています。小ぢんまりとしたクロイツベルク店に比べ、こちらは広々とした店内と高い天井が印象的な内装です。ただし人気のカフェゆえ、時間帯によっては席を見つけるのが難しいことも。

e0038811_23443688.jpg
ベルリンにお越しの際はぜひ立ち寄っていただきたいカフェですが、いますぐにでもバルコーミのケーキを食べてみたいという方には、昨年同氏が出版した『Backbuch』(Mosaik bei Goldmann出版)という料理本がおススメです。カフェの名物メニューの多くが家庭でも楽しめるようになり、こちらもなかなかの評判を呼んでいるのだとか。
ドイツニュースダイジェスト 3月7日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-03-08 16:15 | ベルリンあれこれ | Comments(6)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

Masato さま  ..
by Yozakura at 14:33
山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

その他のジャンル

記事ランキング