ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

カール・マルクス通りを歩く(1)

e0038811_7383189.jpg
ベルリンのショッピングストリートといえば、まず名前が挙がるのがクーダム(Kurfuerstendamm)だろう。旅行ガイドには必ずこの通りのことが載っている。しかし、かつて「東のクーダム」と呼ばれたこともある、カール・マルクス通り(Karl-Marx-Allee)を紹介した日本語のガイドブックはおそらくないのではないだろうか。有名ブランド店が立ち並ぶ、よって似たような通りは世界中に他にいくらでもありそうな西のクーダムよりも、今となっては、「東のクーダム」の方がおもしろいし、希少価値がある。ここには社会主義時代の建物がほぼそっくりそのまま残っていて、一種独特の気分に浸れること請け合いだ。今回はこの通りを散歩してみよう。

間近から見上げると、巨大なテルテル坊主のように見えるテレビ塔。駅をはさんで現在大改装中のアレクサンダー広場(通称アレックス)が今回の散策の出発点となる。

e0038811_7385925.jpg
広場には世界の時刻を示すWeltuhr(1969年完成)が立っている。この広場から全長約3キロに及ぶカール・マルクス通りが始まる。

e0038811_7392668.jpg
この通りはとにかくだだっ広いので、通して歩くのはちょっと大変かもしれない。自転車で周れたら一番いいだろう。写真の右側に見える赤いラインは自転車道を表す。ドイツでは町の多くの通りに、車道とは別の自転車用のスペースが確保されているため、とても走りやすい。

通りの周りには社会主義時代の典型的な建物が並ぶが、それにしても、かつて東ドイツが国家の威信をかけて造った通りにしては、少しあっさりし過ぎてやいないだろうか。

それには実は理由があって、後に出てくるシュトラウスベルク広場から東へ続く建物に予算がかかり過ぎてしまい、そこから西へは簡素なものにせざるを得なくなったというのが、大きいのだそうだ。

e0038811_7401558.jpg
しばらく経って左手に見えてくるのがKino Internationalという60年代に造られた映画館。外観はこんなだが、シャンデリアと独特の曲線美が彩る内装はすばらしい。私はここで映画を観るとちょっとゴージャスな気分になれる。写真には写っていないが、その向かいの「カフェ・モスクワ」も有名。

e0038811_740368.jpg
やがて、噴水に囲まれたシュトラウスベルク広場(Strausberger Platz)にたどり着く。ここからフランクフルト門(Frankfurter Tor)までの約1,8キロがカール・マルクス通りの最大の見所だ。景観がそれまでとがらりと変わる。続きはまた次回に。
by berlinHbf | 2005-09-13 04:20 | ベルリン発掘(東) | Comments(7)
Commented by 焼きそうせいじ at 2005-09-14 02:59 x
そういえば、このカールマルクス大通り、私は一度も歩いていません。東独時代に用があったのは、フリードリヒシュトラーセの検問所からアレキサンダープラッツまででした。この東ベルリンの中心街は、戦前の姿をかなり残していたわけですが、思い切り「社会主義リアリズム」だかの建築を展開したのが、このカールマルクス・アレーだったわけですね。

続きを楽しみにしています。
Commented by berlinHbf at 2005-09-14 09:59
東独時代の生のベルリンを知る焼きそうせいじさんでも、カールマルクス通りにはまだ行かれたことがなかったのですか。確かに町の中心からは少し離れているので、あそこまで行ったら帰って来れなかったかもしれませんね(笑)。

「社会主義リアリズム」、実は自分でもよくわかっていないのですが、カール・マルクス通りの重要なキーワードですね。ご指摘いただきありがとうございます。
Commented by ymzk at 2005-09-14 13:56 x
いわゆる「スターリン様式」というジャンル(?)の建築様式ですね。
マサトさんが以前話題に出してた映画「グッバイレーニン」に
たくさん出てきますね。
Commented by berlinHbf at 2005-09-14 21:18
モスクワなどに行くと、この様式の建物がたくさん見られそうですね。「グッバイレーニン」には、このカール・マルクス・アレーのパレードのシーンがあったようななかったような・・
Commented by la_vera_storia at 2005-09-28 03:28 x
「カールマルクス大通り」の以前の名称は「スターリン大通り(Stalinallee)」ですね。Cafe Sibylleの中にこのスターリン大通りの建設計画についての展示があります。50年代の前半に建設されたのですが、その時期の写真が以下で見られます。
http://sambamarco.piranho.de/Stalinallee.htm
ちなみに以下の本をわざわざカールマルクス書店で買って、隣のCafe Sibylleでコーヒーを飲みながらぱらぱらめくっていました。
http://www.kmbuch.de/Stalinallee/Stalinalleeindex.htm
すべて「幻影」にくわしく書きたいと思っています。
Commented by la_vera_storia at 2005-09-28 03:48 x
ゴメンナサイ! この大通りとかその周辺とかの話になりますと、つい力が入ってしまって(笑)。 実はこのカールマルクス大通りと某通りとの角に「東側某国」の国営航空会社のオフィスがありました。DDR時代、そして統一後も、2年くらいはまだここにあったと思います。DDR時代に、このほぼ無人のオフィスを好奇心で覗き込んでいた私に「東側某国」のある人物が私に声をかけてきました。背後からの声で心臓が止まるくらいの恐怖を感じました。それは「ちょっと頼みがある。」というような内容でした。この話、書くと長い話になりますし、恐るべき内容の話であり、そして危険な話でもあります。スパイ小説そのもののような体験です。なんとか「幻影」に何回かに分けて書きたいと思いますが、依然としてこの話、危険であり続けています。
Commented by berlinHbf at 2005-09-28 08:18
>la_vera_storiaさん
熱く語っていただきありがとうございます。本当にすごい体験をされているのですね。もし差し支えなかったら、ぜひ「ベルリン幻影」につづってください。ここまで聞いてしまうと、一体あの通りで何を体験されたのか、是が非でも知りたくなってしまいます(笑)。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

Masato さま  ..
by Yozakura at 14:33
山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

その他のジャンル

記事ランキング