ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

フィルハーモニーのカラヤン展

e0038811_192335.jpg
先週からフィルハーモニーのホワイエで、今年生誕100周年のカラヤンとベルリン・フィルの歩みをテーマにした展示会が開かれています。「音楽に縦線は必要ない。流れなければならないのだ」という言葉は、カラヤンの音楽美学を集約したものと言えるのかもしれません。

e0038811_1922079.jpg
そのオープニングの小さなセレモニーに参加してきました。準備に携わったドラマトゥルクのグルーネヴァルト氏が、最初に挨拶(中央はベルリン・フィルのインテンダント、ローゼンベルク氏)。カラヤン時代のオーケストラのメンバーと思われる人々もいて、全体的に年齢層は高めという印象。貫禄のある白髪の紳士が自分の目の前にいたので、話しかけてみたら、カラヤンの写真を長年撮り続けたラインハルト・フリードリヒ氏だったので驚きました。

e0038811_1963667.jpg
簡素な展示内容ながら、1938年にカラヤンが初めてベルリン・フィルを振ったときから、89年の死に至るまでの歩みが、今まであまり公にならなかった写真も交えてセンスよくまとめらえているように思いました。それにしても、カラヤンの写真というのは、思わず見入ってしまう何かがあります。

e0038811_1923928.jpg
「重要な演奏旅行」というコーナーでは、1955年のアメリカ旅行や、69年のプラハ―モスクワ―レニングラード旅行などと並んで、57年の初の日本ツアーのことも紹介されていました。これはそのときの様子を伝えたAsahi Evening Newsの記事。当時ベルリン・フィルのメンバーは2機に分かれて、テンペルホーフ空港を発ち、1機はアラスカ経由で29時間、もう1機はローマとバンコク経由で40時間かけて日本にたどり着いたというから、まさに隔世の感がします。

e0038811_198020.jpg
以前こちらで紹介したミシェル・シュヴァルベ氏の写真も見かけました。背後には、昨年亡くなったロストロポーヴィチの姿も。R.シュトラウス「ドン・キホーテ」の録音風景。

e0038811_192567.jpg
89年4月24日、ベルリン・フィル音楽監督の辞任の意向を伝える西ベルリン市文化大臣宛てのカラヤンの手紙。自分の体調が思わしくないことを伝え、さらに行政側への不信感を滲ませるぶっきら棒な文面は、あのカラヤン&ベルリン・フィルの最後にしては似つかわしくないというか、ある種の悲しさを感じてしまいます。この展示会は6月末まで開催。

ところで、ベルリン・フィルの往年のティンパニ奏者にして作曲家、さらに「フルトヴェングラーかカラヤンか」の著書で知られるヴェルナー・テーリヒェン氏が4月末に86歳で亡くなったそうです。あの時代を生きた人たちが、次第に少なくなりつつあるのを実感しました。ご冥福をお祈りします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-05-02 13:47 | ベルリン音楽日記

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

その他のジャンル

記事ランキング