ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

東京・谷中を歩く(1)

e0038811_1839424.jpg
JR上野駅中央口(2006年11月)

最近、「谷中スケッチブック」(森まゆみ著、ちくま文庫)という本を読んでいたら、前回の一時帰国時に谷中や根津を歩いたときのことが懐かしく思い出されてきました。前からブログに書こうと思っていたのと、この界隈がベルリンとの関連性が全くないわけではないことも併せて、これから2回に分けて綴ってみます。

e0038811_18285819.jpg
この日は近くの大手出版社に勤務する知り合いのJさんに夕方会うことになっていて、それまでの間1人で谷中・根津をぶらぶら歩いてみました。これは根津銀座から少し入ったところにある路地。東京芸大出身のベルリンの友達に、この辺を歩くと面白いよと言われていたのでした。確かに迷路のようです。

e0038811_18411494.jpg
11月の下旬ともなるとさすがに日が暮れるのが早く、5時前にはもうとっぷり暮れてきます。下町に夕暮れはよく似合う。

e0038811_18314226.jpg
「柏湯」という古い銭湯を改造した現代アートのギャラリーSCAI THE BATHHOUSE。昔ながらの外観がいいですね。

e0038811_18321124.jpg
JRムードの料理店「せとうち」なる店は意外と古いらしく、「谷中スケッチブック」の中にも出てくる。
左側路地奥にあるのは国鉄ムードの飲み屋「せとうち」。新幹線の東京―大阪間と同じ3時間という短い時間しか営業していない。
e0038811_18324748.jpg
ぶらぶら歩いていたら気になる横丁を発見。ここも森さんの本に紹介されていたのでうれしくなった。
朝倉彫塑館の並びのマーケットの中も、何やら興味ひかれる雰囲気である。木組みの高い天井のアーケード、どうやら闇市の名残らしい。以前は角に「初音横丁」の古びた看板があった。暗い中で、「都せんべい」の電気がキラキラしている。ここのゴマせんべいのおいしいことといったら・・・・・・。
「谷中スケッチブック」が刊行されたのは1985年。私の写真で見ても、どうやら「都せんべい」は健在のようだし、この通りだけ時の流れが止まっているかのようだ。

e0038811_1833694.jpg
さらに歩くと、谷中銀座商店街のネオンが見えてきた。通称「夕やけだんだん」からの風景は写真で見ていて、何とか明るいうちに着きたかったのだが・・・

階段には猫が何匹もたむろしていて、私はしばし彼らとじゃれていた。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-03-03 12:18 | ニッポン再発見 | Comments(6)
Commented by akberlin at 2008-03-03 21:11
母の実家がこの界隈だったので子供の頃にはよく歩いた辺りです。
今は現代美術を扱うギャラリーの柏湯にはお風呂屋さんだった時代に
行ったことがあるのが自慢?・・・にならないか・笑。
Commented by AK at 2008-03-04 02:40 x
berlinHbf さん
 友人が谷中で中国茶と世界各地の酒の店を営んでいます。
友人はシタールの奏者でもあり、民俗音楽の音源を求めて各「国」の
奥地をまわっています。次回谷中に寄った際はおたずねください。
「ANOMA(アノマ)」
http://www10.plala.or.jp/anoma/gallery_index.html
 店内には
「色々な楽器を展示しております。ヴェトナム、中国、印度そしてイランやキルギス様々な国の素晴らしい楽器です。」

 文学散歩的なフィールドワークでソウルの友人たちや東京の大学に
研究留学に来ている人たちを、この数年で4,5回案内をしています。

 「夕焼けだんだん」の猫たちも、階段横の空き地でビルの建設工事が始まってから減ったような気がします。
 漱石の「三四郎」でも界隈の描写がありますが、本郷も含めると「文学
散歩」の「スポット」だらけですね。

 続きを楽しみにしています。

Commented by nanacello at 2008-03-04 18:18
なつかしい!谷中銀座。高校時代は根津から登校していたのに、毎日素通りしていたんですが、ドイツに来てから、日本に帰国した時に、根津に住む姉と一緒にウロウロ観光してとても楽しかったの覚えています、2年前にも谷中銀座の辺りをウロウロしていたのですが、ここのお煎餅屋さんも行きましたよ!それから谷中銀座商店街のコロッケ50円!てのも最高でした。姉の部屋に泊まっている時は朝、お豆腐やさんが通るのにビックリしました。今でも下町では自転車でお豆腐を売ってる人がいるんですね。
あ、マサトさんは根津の鯛焼き食べましたか?いつも焼きたての時間は行列ができる有名なお店です。学校帰りによく食べてました。あと、”いせ辰”で買ったお土産はドイツ人にすごく喜ばれました。あぁまた行きたくなってきたな、、、谷中ってほんと落ち着く場所ですよね。
Commented by berlinHbf at 2008-03-05 20:29
>akberlinさん
この辺をよくご存知なんですか!
あの柏湯、僕がイメージする銭湯そのままの外観で、たっぷりした湯船につかるのはさぞや気持ちよかったことでしょうね。
Commented by berlinHbf at 2008-03-05 20:41
>AKさん
谷中情報をどうもありがとうございます。
「ANOMA(アノマ)」、なかなか素敵な感じのお店で、機会があったらぜひ訪ねてみたいです。あの辺りは「谷中スケッチブック」にも描かれていて、また歩いてみたいと思っていたんですよね。

>本郷も含めると「文学散歩」の「スポット」だらけですね。
今回それを痛感しました。明治の文豪、留学生とドイツとの関わりも大いに興味があるところです。

「夕焼けだんだん」の猫は、あれでも昔より減ったんですか・・・
Commented by berlinHbf at 2008-03-05 20:46
谷中といえば、こななさんからのコメントを心待ちにしていました(笑)。ありがとうございます。
「谷中銀座商店街のコロッケ50円」、「根津の鯛焼き」、「”いせ辰”で買ったお土産」、どれも大変気になりますね。今度はもう少し明るい時間帯に、ぶらぶら歩いてみたいと思っています。またいろいろ教えてくださいね!

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

Masato さま  ..
by Yozakura at 14:33
山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

その他のジャンル

記事ランキング