ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ドイツ語の新聞で世界を読む

昨夜ベルリンに戻ってくる際、フランクフルトの空港での待ち時間中私は久々にずっと新聞を読んでいた。最近利用することが多い格安航空会社と違って、ルフトハンザのカウンターでは各種の新聞が読み放題なのがうれしい。

ドイツ語の新聞を読むとき、以前は必ず手元に辞書がなければというような一種の覚悟が必要だったけれど、何かを書くため能動的にネタを見つけ出そうとしているうちに、最近は大分身近なものに感じられてきた。あまり多くを読もうと思わず、興味のあるものを重点的に読む。わからない単語があってもそれに拘泥し過ぎずに読み進める(もちろん調べる必要のある単語は辞書で調べる)。タイトルや記事の要約も内容の把握に生かす。そんなことを心がけるようにしている。ドイツに何年も住んでいれば新聞なんてすらすら読めるだろうと思われるかもしれないが、新聞はなかなか奥が深い。読みやすい記事もある一方で、例えば文芸や音楽の批評は大抵が難解だ(何回読んでも、これは一体褒めているの貶しているのかわからないコンサートの批評とかある)。

私が定期購読しているのはBerliner Zeitungだが、いくつかの新聞を拾い読みしていて、これだけじゃだめだと思った。特に印象に残ったのは保守系の代表的なフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング(FAZ)と週間新聞のDie Zeit。どちらも分厚いのだが、解説記事が極めて充実している上、写真とかもいい。昨日の記事でいくつか気になった記事(とその副題)を挙げてみよう。

- ベルリンの自然博物館(Naturkundemuseum)が長年の改修工事を終えて、いよいよ再オープン(FAZ)
「生命の生成発展の中へ」
→今日(13日)の一般オープン初日は12時から20時まで入場無料。世界最大級の恐竜の化石が見もの。ベルリン在住の方にはおすすめです。

- 円がユーロに対して最安値を更新(FAZ)
→ユーロ高はどこまで進むんでしょう・・・

- 演出家ペーター・コンヴィチュニーのインタビュー(Die Welt)
「DDRは厳しい学校だった」

- 美術家Jonathan Meeseの特集(Die Zeit)
「毒は空気のなかにある」

- 参院選を控えた安部内閣(Die Zeit)
「祖父の亡霊の中で」
→やはりというべきか、かなりネガティブな論調で書かれていた。

これから面白いものを書いていこうと思ったら、知的インプットの量とスピードをもっと高めなければと痛切に感じた。まずは、いくつもの新聞を広げられるゆったりした机がほしいなあ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-07-13 01:19 | ドイツ語関連 | Comments(12)
Commented by Ken at 2007-07-13 10:23 x
>- 美術家Jonathan Meeseの特集(Die Zeit)
>「毒は空気のなかにある」

面白そうだなあ。日本の新聞にも、もっと芸術ページが
あったらいいのになあと思います。ないわけじゃないですけどね。
芸術雑誌も高いしなあ。
Commented by ぷりんつ・あるぶれひと at 2007-07-13 12:54 x
とりあえず、日本からの芸能ニュースです。
フランクフルターアルゲマイネや、ベルリナーツォイトゥングには絶対に載らない記事でしょう!!(笑)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070711-00000003-sanspo-ent

その日の当方の食事は、チャーハン、クラブハウスサンドとエスプレッソでした(笑)

ブンデスリーガやドイツ代表試合の画像が一番多いので、フランクフルターアルゲマイネのサイトは重宝してます。ドイツ語はまだまだですが。
Commented by momidori at 2007-07-13 20:39
こんにちは。
やはりBerlinerですか?私はずっとTAZですが、あれ一誌じゃあ、全然ダメですねえ。経済が弱いし、文化もかなり偏っています。でも、政治面は相変わらず、とっても自前の論理を展開して満足ですが、もう書き手も知っているので、小さい新聞て難しいですね。
確かに大判誌の写真は良いですよね。あと特集なんかも毎週楽しみにしたりしています。
ところで、ZEITの、祖父亡霊の中で。以前Spiegelでも、同じように祖父とつなげて批判されていましたけど、どうしても保守的な松蔭の生地と選挙区が同じだと言われるほか、祖父岸信介なんかとも常に比べられてしまうという印象ですね?
それにしても、音楽批評欄。褒めているのかけなしているのか、結局解らずじまいということ、私もいつも実感。Berlinerの批評はでも、かなりわかりやすくて良いですよね。
ところで、もうご存知だと思いますが、
http://www.perlentaucher.de/
このサイト、各誌のFeuilletonsが読めるほか、いろいろな情報が得られて便利です。
Commented by nyf1403 at 2007-07-14 00:27 x
die Zeitのこの記事、まだ読んでいません、読まなくては。
うちは、Süddeutscheとtaz、die Zeitなので、住んでいる街の情報が新聞経由では全く入らないのです。
die Zeitがああいう形でなく雑誌の形だったら読みやすいのになーって思うんですが、ドイツ人友人はみな、あの形だからいいんじゃないって言います。
Commented by berlinHbf at 2007-07-14 20:33
>Kenさん
>日本の新聞にも、もっと芸術ページがあったらいいのになあ
>と思います。
同感です!日本の新聞では政治や経済に比べると文芸部の記者の立場が低いという話を聞いたことがありますが、本当だとしたら悲しいことです。
Commented by berlinHbf at 2007-07-14 20:45
>ぷりんつ・あるぶれひとさん
こんにちは、お久しぶりです。

>とりあえず、日本からの芸能ニュースです。
おおー。これはびっくりしました!と言いたいところですが、実はすでに知っておりました(笑)。あのドラマは大変よくできていただけに、パリ編も楽しみですね。
Commented by berlinHbf at 2007-07-14 20:59
>momidoriさん
TAZは評判のいい新聞ですが、私はちゃんと読んだことがないのです。サイズが小さいですし、物足りない面はあるのかもしれませんね。Berlinerは一通りの情報は得られるのでそれなりに重宝していますが(というかこれだけでも読むのは精一杯なのですが)、上の2紙に比較してしまうと・・・

>祖父岸信介なんかとも常に比べられてしまうという印象ですね?
そうですね。岸とヤクザのつながりまで書かれていたのにはびっくりしました。こんなこと知りませんでしたから。

>http://www.perlentaucher.de/
このサイトの存在は知りませんでした。これから重宝しそうです。ありがとうございました。
Commented by berlinHbf at 2007-07-14 21:06
>nyf1403さん
>住んでいる街の情報が新聞経由では全く入らないのです。
なるほど。私はやはりベルリンの最新の情報はいち早く手にしたいので、ベルリン発の新聞は欠かせませんね。

>ドイツ人友人はみな、あの形だからいいんじゃないって言います。
なんかわかる気がします。私はたまにしか買いませんが、手にしただけで何か豊かな気分になれる新聞という気がします。
Commented by Spin at 2007-07-15 12:31 x
突然おじゃまします。Masato=Mammyさんですか?随分昔の話ですが、もしそうなら同級生かもしれません。
Commented by berlinHbf at 2007-07-16 09:02
>Spinさん
こんにちは。そうですね、昔の同級生だと思います。よかったら一度メールをいただけたらと思います。masatoberlin@yahoo.co.jp
Commented by kon'no at 2007-07-17 08:11 x
ドイツの新聞なら、やはり、TagesspiegelとかSZでしょう。経済系だったらFTDとかHB、tazは左ばりばり(のくせに、アンチポーランドのコメントをだした)、後はDie Zeit, Die Welt, Weltkompakt。

因みに、Berliner ZeitungとかBerliner Morgenpostはやや低レベルですな。後は地方紙かな。

オーストリアのDer Standardとか(墺では他にDie PresseとKurier)、スイスのNZZも宜しいかと。
Commented by berlinHbf at 2007-07-21 08:17
>kon'noさん
さすが、お詳しいですね。参考になります。経済系の新聞はほとんど読んだことがありません。Das Parlamentとかいう政府系の新聞もありますよね。ドイツは本当に新聞の種類が多い。キヨスクには一体何ヶ国語の新聞が並んでいるんでしょうね。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング