ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

驚きの再会

e0038811_3444877.jpg
Flughafen Tegel(6月19日)

先週の金曜日、ある用があってテーゲル空港に行ったのだが、そこでちょっとした驚きの再会が待ち受けていた。

フランクフルトからやって来るルフトハンザは到着が1時間遅れた。私は日本からのお客さんを迎えるために到着口で待っていたのだが、そろそろ出てくるかなという頃にスーツ姿の1人の日本人が先に出てきた。一瞬でわかった。間違いなくK君だった。「あれ、K君?」と声をかけたら、彼も私の名前を覚えてくれていた。

私が2000年にベルリンに来る直前、東京のゲーテでドイツ語のクラスに通っていとき、たまたま一緒に受講していたのだがK君だった。当時彼は大学の学部生で、その年の秋には1年間の交換留学で南ドイツのある街にやって来た。まだベルリンに来たばかりで友達もろくにいなかった私は、一度彼を訪ねて遊びに行ったことがある。しかし、いつの頃からか連絡が途絶えてしまっていた。彼とはまたいつかどこかで会うような気が内心ではしていたが、まさか6年半ぶりにテーゲル空港でばったり再会するとは!

さらに驚いたことに、K君は最近外務省の専門職員となり、これから2年間の研修を受けるためにこの日ドイツにやって来たとのことだった。優秀な人なので学者の道にでも進むのかと思ったが、外務省とは・・・ベルリンの日本大使館の人が迎えに来ていたので、その場ではほんの少ししか言葉を交わせなかったけれど、その2日後ノレンドルフ広場のカフェでまた会い、今度はゆっくり話をすることができた。

空港は駅と同じく、さまざまな出会いと別れの場所。K君ほどではなくても、長らく会っていなかった人に空港でふと会うことはたまにある。そんなテーゲル空港も、新空港の開業により2011年に閉鎖することがほぼ決まっている。この夏には新空港の鉄道駅の工事が始まるそうだ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-06-25 21:26 | ベルリンのいま | Comments(14)
Commented by gramophon at 2007-06-26 17:42 x
冷戦下では英国航空、エールフランスそれにパンナム(またそれらの系列か子会社)しか乗り入れができませんでしたね。フランクフルトから飛ぶのに、ルフトハンザが使えなかったんです。テンペルホーフに続いていよいよ、閉鎖となると寂しい気がします。

Commented by Kaorintan at 2007-06-26 22:31 x
物凄い偶然ですね。日本国内でもなかなか出会えないものですのに。
やはり何か縁があるのでしょうね。私は、出会いは必然と思っています。
テーゲル、一度だけ利用しました。閉鎖前にもう一度利用してみたいです。
Commented by Ken at 2007-06-27 01:18 x
空港といえば、出会いよりも別れのイメージの方が(僕にとっては?)
強いんですが、なるほど、そういう再会もあるとは。
ホントに人の交差点ですね。
Commented by iskra at 2007-06-27 14:29
こんにちは。まさとさん。ご無沙汰です!
テーゲル空港、変わったつくりだなあ、っていつも思います。
閉鎖になるんですね。
新しい空港はどこにできるんですか?
名称おしえてくださーい。
Commented by at 2007-06-27 22:09 x
凄い偶然ですね!
Tegel空港って広くもないけど、決して狭くもないですよね。
あの空港には色々思い出があるので閉鎖してしまうのは残念ですが、日本ーベルリンの直行便が出るという噂なので、それを楽しみにしています。
Commented by berlinHbf at 2007-06-28 09:19
>gramophonさん
>フランクフルトから飛ぶのに、ルフトハンザが使えなかったんです。

この話は聞いたことがありますが、今から考えると不思議な話ですねえ。
Commented by berlinHbf at 2007-06-28 09:20
>Kaorintanさん
>私は、出会いは必然と思っています。

そうですね。私もそう思いたくなるとき、思わざるをえないときはありますね。
Commented by berlinHbf at 2007-06-28 09:23
>Kenさん
本当に人のつながりというのは不思議だなと思わされた出来事でした。その彼は結局ベルリン滞在を1日延長し、うちにも泊まっていきました。
Commented by berlinHbf at 2007-06-28 09:27
>iskraさん
お久しぶりです!
新しい空港は、現在のシェーネフェルト空港を拡張して造られます。名前はベルリン・ブランデンブルク国際空港(BBI)です。完成予定は確か2011年のはずですが、どうせまた遅れるんじゃないでしょうか。
Commented by berlinHbf at 2007-06-28 09:33
>鮭さん
私もテーゲル空港がベルリンとの最初の出会いでした。確かに空港自体もほどよい大きさですし、何より市内まですぐ行けるのが本当にありがたいです。新空港ができたら、人を迎えに行くのも毎回一苦労ですね。

今度、やはり閉鎖されるテンペルホーフ空港を取り上げようと思っています。
Commented by gramophon at 2007-06-29 14:59 x
4ヶ国占領下って感じだったんですよね。西ドイツにして、ドイツにあらず。特別市扱いだったので所得税とか税率が違ってました。

フランクフルトに転勤してからは、よくパン・ナムの早朝割引を使ってベルリンへ行ったもんです。
Commented by berlinHbf at 2007-06-30 08:50
>gramophonさん
>特別市扱いだったので所得税とか税率が違ってました。

なるほど。
その頃のテンペルホーフ空港はどうだったのでしょうね。映画「ワン、ツー、スリー」にも出てきますが、閉鎖前に一度あの空港のタラップを降りてみたいものです。
Commented by gramophon at 2007-07-03 20:09 x
統一後は、欧州内から空路で飛ぶ際にはわざわざテンペルホーフを利用しましたよ。搭乗口からバスを使いますが、飛行機まで歩くのが、映画のようであり、何とも昔ながらで素敵です。
Commented by berlinHbf at 2007-07-04 08:08
>gramophonさん
最近のテンペルホーフはベルギーからとかのマイナーな路線しか残っていないそうです。でも国内便も数少ないながらあるらしいので、「機会があれば」と思っています。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

Masato さま  ..
by Yozakura at 14:33
山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

その他のジャンル

記事ランキング