ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

アレクサンダー広場の「駅ギャラリー」

e0038811_6512298.jpg
U-Bahnhof Alexanderplatzにて(4月6日)

次回予定の「クロイツベルク時空散歩(4) - あるユダヤ人女性の記憶 -」は決して長い話ではないのですが、時間のある時にゆっくり書きたいので今回は写真中心にこんな話題を。

ベルリンの地下鉄は駅ごとにカラーが明快に違っていておもしろいのですが、そんな中でもU2のアレクサンダー広場駅のホームはまた独特です。普通は広告が貼られるホーム背後の壁が、ここではアート作品のスペースとして確保されているからです。手元の新聞の記事によると、なんと1958年から続いている「伝統」だとか。現在はベルリン在住のアーティスト、Marc Brandenburgの作品が展示中で(6月30日まで)、ここを利用する人々になかなか強烈なインパクトを与えています。

e0038811_755158.jpg
アレクサンダー広場周辺は、いまベルリンで最も大きく変貌しようとしている場所かもしれません。しかしそれは地上での話。地下鉄の駅、中でのこのU2のホームはレトロチックな雰囲気を残しています。

e0038811_74311.jpg
1913年に開業したこのU2の駅はユーゲント様式で造られており、鉄骨の柱さえもこのような装飾が施されています。それに対して1930年代に造られた同じ構内のU5とU8路線のホームは、ノイエ・ザッハリヒカイトの機能的な様式。この違いに注目すると、地下鉄の待ち時間を少しはつぶせるかもしれません。

e0038811_653342.jpg
アルフレード・デープリンの小説の舞台であるアレクサンダー広場は、戦前のベルリンの都市伝説の舞台でした。21世紀はここから何が生まれようとしているのか?

e0038811_6473689.jpg
"Zurückbleiben bitte!"

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-05-12 01:24 | ベルリン発掘(東) | Comments(10)
Commented by しゅり at 2007-05-12 17:48 x
マサトさん、こんにちは!
アレキサンダープラッツ駅って大きい割にシンプルで好きです。
交通の要所としての駅ですが、じっと見ると
歴史やそれぞれの特長があるもんなのですね。
ベルリンの駅で印象深いのはクロスター駅のあの重厚さ?
でしょうか。
なんだか石造りの重々しい、遺跡の中に入り込んだみたいな
印象を受け印象に残っています。
ベルリンの駅はそれぞれ大きな歴史と特長がありそうなので
駅についての連載なんかも始まらないかなーと
密かに期待しております(笑)。
Commented by momidori at 2007-05-12 19:53
ああ、良いですね、この写真。Alexの地下世界も、Uバーンを乗り換えたり、通りを越えた遠い出口に出るときに歩くんですけど、迷路みたいじゃないですか?忘れ去られた通路なんかもあったりして、地上に出たらPlattenbauの真ん中だったとか。これからシックなアレックスに変貌してしまうのは、機能的で良いですが、なんだかモノ悲しいですね。ちょっとレトロで汚くて、コミュニスムフェチシスト的な部分も残って欲しいですね。
Commented by at 2007-05-13 00:51 x
あれってギャラリーだったんですね〜。
独特だったので思わずシャッターを切ったんですが、ここにきて判明しました。
今回はU-Bahnを1回しか使わなかったんですが、次回はさまざまな駅をみてみたいですね。
Commented by berlinHbf at 2007-05-14 19:01
>しゅりさん
>ベルリンの駅で印象深いのはクロスター駅のあの重厚さ?

あの駅も独特ですよね。古い時代に迷い込んだようなあの照明がなんともいえません。

>ベルリンの駅はそれぞれ大きな歴史と特長がありそうなので
>駅についての連載なんかも始まらないかなーと
>密かに期待しております(笑)。

ありがとうございます(笑)。
それをやったら面白いだろうなあと私も思っているのですが、相当手間暇がかかりそうだし、今は他のことで手一杯なので、目下のところは予定はありません。スポンサーになってくれるところがあれば喜んでやりますけど(笑)。
Commented by berlinHbf at 2007-05-14 19:12
>momidoriさん
Alexの地下駅は本当に広くてややこしいですよね。
開かずの扉のような謎の空間がどこかにきっとあるに違いないと思います。まだまだ先でしょうけど、ウンターデンリンデンを通ってAlexに向かう新線ができたら、あそこのどこに新しい駅ができるのでしょうね。

>ちょっとレトロで汚くて、コミュニスムフェチシスト的な部分も
>残って欲しいですね。

そうですね。
ポツダム広場みたいにはなってほしくないなと私も思います。
これからの動向が気になる場所です。
Commented by berlinHbf at 2007-05-14 19:18
>鮭さん
ベルリンの地下鉄の駅は、それだけで1冊の本が書けそうなくらい多彩で歴史が詰まっています。ぜひまたいろいろな路線にチャレンジしてみてください!
Commented by la_vera_storia at 2007-05-15 01:43 x
中央駅さん、お久しぶりです。ようやく帰国できました。「クロイツベルク時空散歩」、期待しています。先日ブダペストに数日滞在したのですが、あそこでは地下鉄の一部に、まだソ連時代のモスクワの地下鉄と同じ車両が使われていました。さて、Alex駅についてですが、以下を覗いてみて下さい(もう御存知fかもしれませんが)。これは懐かしい映像です。
http://www.youtube.com/watch?v=3RI1m7_04mw&mode=related&search=
Commented by berlinHbf at 2007-05-16 07:29
>la_vera_storiaさん
お久しぶりです!長期のご出張ご苦労様でした。ブダペストの地下鉄は乗ったことがありますが、ソ連製の車両がまだ現役とはびっくりです。

教えていただいた映像、とても興味深く拝見しました。
アレックスの駅前のデパートがCentrumだった頃の映像は初めて見ました。U2の駅も今とあまり変わっていませんでしたし、ベルリンの地下鉄は昔からあんな感じだったのだということがよくわかりました。いわゆる「幽霊駅」を通過する場面はちょっとどきどきしましたね。

またちょくちょくコメントいただけるとうれしく思います。
Commented by gramophon at 2007-05-16 10:38 x
地下鉄は外の風景が見えず、どこを走っているか判らず、目的駅も判別しずらいことから、駅毎に色分けしたり、趣向を凝らして、同じに見えないようにしてると聞いたことがあります。

東側では地下鉄に乗ったことがありませんでした。統一後もせいぜいポツダマー・プラッツくらいだけで、そちらに用もなくて、未だに足を踏み入れたことが殆どありません。
Commented by berlinHbf at 2007-05-18 18:21
>gramophonさん
>地下鉄は外の風景が見えず、どこを走っているか判らず、目的駅も
>判別しずらいことから、駅毎に色分けしたり、趣向を凝らして、

なるほどと思いました。駅の利用者だけでなく、地下鉄の運転手さんにとっても識別するのに便利なんでしょうね。ベルリンの初期の地下鉄駅のデザインをしたのは確かスウェーデン人の技師だったはずです。4月までドイツ技術博物館でそれに関する展示会をやっていたのですが、見逃してしまいました。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

Masato さま  ..
by Yozakura at 14:33
山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

その他のジャンル

記事ランキング