ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ティーレマン指揮ベルリン・フィルのブラームス

e0038811_8111128.jpg
●先月ウィーン・フィルとのブルックナーが大評判だったクリスティアン・ティーレマン指揮のベルリン・フィルを聴く(14日)。私はその客演を聴けなかったので、大変楽しみにしていたコンサート。後半のブラ1(つまりブラームスの交響曲第1番)に絞ってちょっと書いてみたい。

●まずティーレマンから。このコンサート、私は舞台裏のコーラス席のティンパニのすぐ後ろ、つまりティーレマンとほぼ正面で向き合う形で聴いたのだが、すごいインパクトだった。ティーレマンの指揮を間近で見ていると、音の瞬発性よりは、彼の棒の振り方そのもののように底から突き上げてくる重量感のある響きを志向しているのがリアルに感じられた。またこのブラームスでは、ヴァイオリンを両翼に配置する彼のやり方がとても効果的だったと思う。第1楽章が鳴り響いた瞬間、私は突然大河の中に巻き込まれてしまったような気分に陥り、ベルリン・フィルの弦楽器のいつになく深みのある響きに圧倒された。

●ティーレマンの作り出す音楽にはピアニッシュモに特徴があるように思う。舞台に電流が流れているかのような独特の緊張感と深い森のような静けさが同居しているように感じられるのだ。ティーレマンはこういう息の張り詰めるようなピアニッシュモを生み出すかと思うと、一方で頭を縦に揺らして妙に脱力感のある動きをしたり(これは映像で見たことのあるフルトヴェングラーの仕草を想起させる)、音楽の緊張と脱力の関係をうまく使い分けているように感じた。

●2、3楽章はほとんど夢幻的でさえあり、ゆったりとしたテンポの中からこれまで聴いたことのないような美しい響きが随所で聴こえてくる。フィナーレでもアゴーギク(テンポの揺らし)やゲネラルパウゼを駆使し、稀に見る濃厚な演奏となった。お客さんの熱狂ぶりはすごかったし、私もいい演奏だと思ったが、個人的には4楽章などより躍動感と勢いのある演奏の方が好きかもしれない。来月、ノリントンがベルリン・ドイツ響とこの曲を共演するので、どういう演奏になるのかこちらも楽しみだ。

●枚挙にいとまがない木管のソロでは、とりわけジョナサン・ケリーのオーボエソロに感銘を受けた。私が言うのもおこがましいが、この人数年前に入団した時に比べて圧倒的にうまくなっている。私自身今たまたまあるアマオケでこの曲に乗っているため余計思うのかもしれないが、他の木管奏者も含め、何でこんないい音が出せるのかとため息が出た。すぐ真後ろで浴びたライナー・ゼーガースのティンパニも圧巻。

Berliner Philharmoniker
Christian Thielemann Dirigent
Alban Gerhardt Violoncello

Robert Schumann
Ouvertüre zur Oper Genoveva op. 81
Konzert für Violoncello und Orchester a-Moll op. 129
Johannes Brahms
Symphonie Nr. 1 c-Moll op. 68

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-04-17 01:22 | ベルリン音楽日記 | Comments(6)
Commented by pauken at 2007-04-17 09:47 x
ご無沙汰しています。いいなぁ、聴いてみたいという気持ちにさせてくれるコメントを読みながらドイツの爽やかな空をおもっています。ブラ1は冬のイメージですが、今くらいの気候も案外マッチしてるかもしれませんね。「大河の中に巻き込まれて」というくだりはまさにそういうのを目指してこの冬やっていた(こないだの定期のメインでした)のでよくわかります。難しいです。
Commented by gramophon at 2007-04-17 16:00 x
昨年、バイロイトで指環を振ってましたね。私は聞けませんでしたが、皆さん、「ああ、あの若造」って感じで軽く扱って他のが印象に残ってます。上手になったのでしょうかね。
Commented by berlinHbf at 2007-04-18 03:26
>paukenさん
本当にお久しぶりです!
paukenさんもこの曲をオケで(ティンパニで?)演奏されたのですか。ブラームスが20年以上かけて書いた曲だけあって、おいそれとは近づけない何かがあるように思います。新緑の季節に聴くブラームスも決して悪くなかったですよ。
Commented by berlinHbf at 2007-04-18 03:31
>gramophonさん
>「ああ、あの若造」って感じで軽く扱って
そうでしたか(笑)。結構好き嫌いが分かれる指揮者のようですが、注目すべき指揮者の1人であることは間違いないと今回も思いました。ベルリンフィルのシェフには、まだ当分なってほしくないですが。ベートーヴェンとかはどうなんでしょうねえ。
Commented by rbhh at 2007-04-21 07:23
うわぁ、マサトさんの記事読んでとっても感動しました。その場の雰囲気がリアルに伝わってくるのがうれしくて、何回も読み返してしまいました!真ん前からティーレマンをご覧になったなんて素晴らしいですね。いつか私もその席に座って聴いてみたいです。
私はブラ1は聴けませんでしたが、来週ドイツ・レクイエムをティーレマン/ミュンヘンフィルで聴く予定なので楽しみにしているところです。
Commented by berlinHbf at 2007-04-22 09:44
>rbhhさん
>その場の雰囲気がリアルに伝わってくるのがうれしくて、
それでしたら大変うれしいです。聴いた音楽の雰囲気をわかりやすく伝えるのって本当に難しいです。でもあの位置からティーレマンを見ると、受けるインパクトは相当なものがありましたね。来週の「ドイツ・レクイエム」もおそらくすばらしいでしょう。どうぞ楽しんできてください!

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング