ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

大変貌するアレクサンダー広場(2)

e0038811_7442116.jpg
Kaufhofデパートの屋上レストランより(4月25日)

(前回のつづき)

最近リニューアルしたデパートKaufhof最上階にあるレストランからは、現在大工事中のアレクサンダー広場がよく見渡せる。窓際の席に座れたらラッキーだ。正面に見えるビルは"Haus des Lehrers"、その隣の丸いドームのある建物は"Berliner Congress Center"で、どちらもDDR時代に作られたもの。左上に延びている大通りは、以前ご紹介したかのカール・マルクス・アレー(詳細はこちら)。

e0038811_7445064.jpg
手前の建物は前回も出てきたベロリーナハウス、通りをはさんだ奥に見えるのはアレクサンダーハウスで、1930年代初頭同じ設計者によって対の形で作られた。

e0038811_745209.jpg
Kaufhofデパートは、すっかり明るい空間に生まれ変わった。

e0038811_7471245.jpg
これは改装中の時の様子だが、2年以上に渡る改装工事は何とお店を営業したまま行われたのだった。

e0038811_746012.jpg
Kaufhofの入り口付近から、ごちゃごちゃに入り組んだ広場を望む。左手に見えるオブジェらしきものは、 1970年にできた"Brunnen der Völkerfreundschaft"(民族友好の噴水)。こちらも改装中。

e0038811_7484289.jpg
"Hotel Park Inn"は、ベルリンでは珍しい高層ビル。1970年に国営ホテル"Stadt Berlin“としてオープンした。DDR時代は、ワルシャワ条約機構による同盟国の使節団がベルリンに来る際によく利用されたという。現在でもドイツ最大級のホテルの一つ。

e0038811_750629.jpg
カール・リープクネヒト通り(Karl-Liebknecht-Straße)とメムハルト通り(Memhardstraße)の交差点にある地下道は取り壊される。2007年秋までに交差点は改造され、歩行者用の信号が新しく設置される予定。

e0038811_7503891.jpg
カール・リープクネヒト通りでは新しいトラム(通称AlexⅡ)の建設が進む。完成予定は2007年5月。右側に見えるのはDDR時代のオフィスビルで、現在解体中。ここにも新しいビルが建つことになっている。

e0038811_751494.jpg
同じ通りだが、こちらはアレクサンダー広場方面。奥にマリーエン教会が見える。とにかくどこもかしこも工事現場。

e0038811_7513953.jpg
フォルクスビューネのあるローザルクセンブルク広場もご覧の通り。広場に面したローザルクセンブルク通りも新しくなる。

e0038811_7544666.jpg
アレクサンダー広場の現在の様子はざっとこんな感じだ。
だが、実はこれらはまだ序章に過ぎない。次回はあっと驚く(?)視点から、この広場の未来をのぞいてみることにしよう。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-08-06 02:44 | ベルリン発掘(東) | Comments(11)
Commented by nozomuz at 2006-08-06 16:10
アレクサンダー広場の変貌ぶりは目を見張りますね。完成後が楽しみ!

いろいろ取り壊しも進んでいるようで、ベーレンスが設計したベロリーナハウスは何とか壊されずに改修中とのことですが、歴史的なものは残しておいてほしいなあ。

この広場もポツダム広場みたいになると思うのですが、同じようなものを作るのではなく、社会主義時代の雰囲気を残した東ベルリンならではの開発(あくまでも建物のデザイン上の話です)ができたら一味違って面白いのにと思います。

それと、これだけの大規模な開発は、カウフホフの建て替えは私企業の事業だとしても、全体の事業主体は市などの公的機関でしょうね。事業スキームが興味深いところです。
Commented by la_vera_storia at 2006-08-07 00:38 x
イタリアから戻って数日、日本も暑くなっていて少々疲れが出てしまいました。

アレックスの変貌、予想されていた計画が着々と進行中のようですね! 中央駅さんやコメントをされていらっしゃる皆さん方と否応なしに世代の違いを痛感してしまいます(苦笑!)。 えっ、何ですって、Kaufhofですって? いやいや、あの建物は私にとってCentrumという百貨店以外の何物でもありませんよ(笑)。下のサイトの左側の上から2枚目を見てください。
http://sambamarco.piranho.de/Alex1970.htm
Commented by la_vera_storia at 2006-08-07 00:40 x
DDR時代の今から約30年前、あのCentrumに初めて入ったときの驚き! とにかく商品を西側のものと比較してみると....(これ以上は書かなくてもおわかりになるでしょう)。あそこの最上階には電気製品のコーナーがありました。並んでいたのはみんなみすぼらしいものばかり。TVもありました(もちろん白黒)。確か20万円ほどの値段だったはずです。その当時のDDRで言えば、多分一般の平均的労働者の実質月収の何か月分~1年分かに相当したでしょうかねえ。私はその当時タオルをあそこで買ったことがありました。使ってみたら、肌がヒリヒリしましたよ(笑)。 この下を開けていただくと、Centrumの包装用紙が見られます(いやはや、懐かしい! この袋、家のどこかを探したらまだ何枚か残っていると思います。)
http://www.ddr-alltagskultur.com/einkauf.html
Commented by la_vera_storia at 2006-08-07 00:49 x
イタリア滞在中にコメントしたDDR時代の写真の件ですが、将来アレックスがその姿を変貌させた後で、過去の写真との比較をやってみたいです。 たとえば、この下のサイトのように新旧2枚を対比させ、そしてコメントを入れてみたいです。まだまだ先の夢ですが。

http://www.ostberlin.de/index.php?id=266
http://www.ostberlin.de/index.php?id=267
http://www.ostberlin.de/index.php?id=268
Commented by new_city at 2006-08-07 11:19
昨年9月に行った時はまだ改装中だったKAUFHOFも今はキレイになったんですね!今年も9月に行くので、屋上レストランへ是非行きたいです!あの辺りはゴチャゴチャしていましたよね~あの感じも東ベルリンっぽくて良かったですが、キレイになったAlex.platzも楽しみです!大変貌するアレクサンダー広場(1)のコメントに書かれてた方がいらっしゃいましたが、私はBERLINの中でもTV塔とマリエン教会がお気に入りなので、確かにあまりにも変わってしまうと寂しさも感じます。。。
Commented by berlinHbf at 2006-08-07 22:30
>nozumuzさん
>同じようなものを作るのではなく、社会主義時代の雰囲気を残した東ベルリンならではの開発
私もそのご意見には賛成です。今のポツダム広場の建築群には正直それほど親しみを感じないので、あれとは違うコンセプトを打ち出した空間を期待したいところですが。

>全体の事業主体は市などの公的機関でしょうね
おそらくそうだと思います。市のHPを見ると、都市設計がかなり長期的な視野に立って考えられているのがよくわかります。
http://www.stadtentwicklung.berlin.de/planen/
staedtebau-projekte/alexanderplatz/index.shtml
Commented by berlinHbf at 2006-08-07 22:39
>new_cityさん
TV塔とマリーエン教会はまずなくなることはないので、心配する必要はないと思います(笑)。カール・マルクス・アレーの巨大アパート群も文化財に指定されているので、変わることはないでしょう。ただ駅前周辺はご覧のように今の面影はなくなってしまいそうです。まだ10年ぐらい先のことだとは思いますが。
Commented by berlinHbf at 2006-08-07 23:04
>la_vera_storiaさん
すてきなエピソードをありがとうございました。"Centrum"百貨店について一言も触れずに失礼しました。年収1年分の値段のテレビ、使うと肌がひりひりするタオル(笑)、あの新しくなった"Kaufhof"の中に入ると、もはやかつての面影はほとんど見出せないのかもしれません。Centrumの包装用紙、拝見しましたが実にいいですね(笑)。ぜひ他の皆さんにも見ていただきたいです。
la_vera_storiaさんはもうご存知かもしれませんが、先月ベルリンにDDR Museumというのがオープンしました。DDR時代の日常生活に関する展示が主だそうで、訪れる価値のあるものなのかわかりませんが、今度観に行こうと思っています。
http://www.ddr-museum.de/

過去と現在の写真比較はおもしろいですね。ただアレックスの場合、あと10年経ったらかつての場所を探すのが非常に困難になっているかもしれません。
Commented by Auty at 2006-08-08 20:36 x
>Kaufhofデパートは、すっかり明るい空間に生まれ変わった。

おひさしぶりです。あのショボイデパートが。。表参道ヒルズかと思いましたよ(笑)。
オスタルギー博物館とかベルリンは日々変わっているようですね。また行きたいです!
Commented by berlinHbf at 2006-08-12 21:12
>Autyさん
表参道ヒルズと言われても、私には何のことだかさっぱりわかりませんが(笑)。六本木ヒルズですら行ったことがないものですから・・

DDR博物館は近々足を運んでみるつもりです。ベルリン大聖堂の川をはさんで向かいにあるらしいですよ。
Commented by nozomuz at 2006-08-14 21:15
トラックバックありがとうございました。
気になる開発状況また楽しみにしています。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング