ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

新ナショナルギャラリーの「メランコリー」展

e0038811_593072.jpg
メランコリー漂うベルリンの冬の空。Neue Nationalgalerieにて(2月24日)

ノイエ・ナツィオナールギャラリー(新ナショナルギャラリー)で開催中の「メランコリー 芸術における天才と狂気」という展覧会を先日観て来ました。これは、「メランコリー」という概念が、ヨーロッパにおいていかに芸術の源泉になったかを、古代ギリシャから現代までの300以上の絵画、彫刻、写真、ビデオアートなどの作品を観ながら辿ることができるという、圧巻ともいえる展覧会でした。
内容を少しご紹介してみましょう。

e0038811_137160.jpg
Deodato di Orlandi, Johannes der Täufer (13c)

メランコリーという言葉は、「黒い肝汁(Melas cholé)」意味する古代ギリシャ語が起源です。紀元前400年頃、ヒッポクラテスが始めた体液病理学によると、メランコリックな気質の人というのは、血液に黒い肝汁が余分に流れ込んでいるからだと説明されていました。憂鬱気質の人は立派な病気とされていたのです。その理論によると、人間の性格も「多血質・肝汁質・憂鬱質・粘液質」の4つに分類され、憂鬱質の要素は「土(元素)、秋(季節)、成人(人生の中で)、午後(一日の中で)」でした。

e0038811_6164858.jpg
Geertgen tot Sint Jans, Johannes der Täufer in der Einöde (1480-1485)

そんなわけで、メランコリーであるということはネガティブに見られることが多かったようなのですが、一方でその逆の見方も古代から存在していました。つまり、「メランコリーは天才の創造の源泉である」という考えです。「哲学、政治、詩、芸術において、卓越した業績を残した人間は、どうして揃いも揃ってメランコリックなのだろうか?」という紀元前4世紀のアリストテレスの言葉が紹介されていました。

中世においては、メランコリーは「修道士の病気」として知られ、7つの罪のひとつでさえあったそうです。このコーナーでは絵画だけでなく、中世の医学書や神学書なども展示されていました。こうもりの剥製なども置いてあって、ちょっと恐かったですが^^;)。

e0038811_1393398.jpg
「メランコリー」というタイトルで、おそらく最も有名な芸術作品はこれではないでしょうか。デューラーの「メランコリア1」という銅版画ですが、思いのほか小さい作品でした。モデルの男性はデューラー自身といわれています。これも、「メランコリー=孤高の天才」という系譜に属する作品と見ていいのでしょう。

e0038811_6152210.jpg
さて、こちらも「メランコリア」というタイトルのクラナッハの作品。これはメランコリーと当時盛んだった錬金術とが結び付いた作品だそう。クラナッハ作品に出てくる女性特有の挑発的な目が印象的ですが、この絵にはいろいろなアレゴリーが隠されているようです。

e0038811_6142877.jpg
これは17世紀、ドメニコ・フェッティの「メランコリア」。この時期、メランコリーは死と結び付けられ、無常観(Vergänglichkeit)の色の濃い作品が多く登場します。しばしば画面に登場する、されこうべ、ろうそく、砂時計はいずれもそのシンボルです。

この展覧会では、「メランコリーの響き」というメランコリーと音楽を結び付けたコーナーもありました。憂鬱性をまぎらわすのに、音楽には古くから重要な癒し効果があるとされていたんですね。ちなみに、音楽療法という概念は旧約聖書のサムエル記にすでに出てくるんだそうです。

1628年に血液循環が発見されたことにより、「メランコリックな人間は体液が黒いからだ」という考えはもはや意味をなさなくなりますが、「メランコリーは芸術における創造の源泉」、「天才と狂気は紙一重」という古代からの考えは、18,19世紀の芸術美学に強い影響を及ぼします。今回の展覧会でも、19世紀の作品にとりわけゆったりしたスペースが割かれていたのには頷けました。まずは左右対称に並ぶ、C.D.フリードリヒの大きな画面の2作品に圧倒されます。メランコリーは自然と結び付いていくのです。

e0038811_6174545.jpg
Casper David Friedrich, Adtei im Eichwald (1809-1810)

e0038811_618740.jpg
Casper David Friedrich, Mondaufgang am Meer (1822)

e0038811_146349.jpg
静謐感漂うアーノルド・ベックリン(Arnold Böcklin)の「死の島」。この時代からは、ゴッホ、ムンク、ピカソをはじめとした名作が目白押し。有名な、ロダンの「考える人」も登場します。

e0038811_4352772.jpg
Vincent van Gogh, L'Arlésienne: Madame Joseph-Michel Ginoux (1888 or 1889)

それにしても、腕を曲げて、手を頭にやるポーズがやはり多いですね。これはヨーロッパ特有なのか?例えば、日本の絵画で、こういうポーズを描いた人物画は、あまり思い浮かばないのですが。

e0038811_1465758.jpg
Frank von Stuck, Luzifer (um 1890)

この時代のメランコリックな絵を観ていると、マーラーの音楽でも聴きたくなってきます。この前書いたR.シュトラウスのオペラ「ばらの騎士」も、私の中ではまさにメランコリーな作品。

実はこの「メランコリー」展、絵画だけでなく、メランコリーをテーマにした映画やコンサートなどの付属プログラムも充実しているのです。例えば映画だと、タルコフスキーの「ノスタルジア」やジャン・コクトーの「オルフェオ」、最近のものだと、「ロスト・イン・トランスレーション」や「花様年華」といった作品が上演されます。このラインナップには、うーん納得という感じです。

e0038811_1473025.jpg
やがて時代は20世紀へ。これはベルリン生まれのアメリカ人画家、ゲオルゲ・グロッス(Georg Grosz)のDer Liebeskranke(恋の病)という作品。このあたりまでくると、どこがメランコリーでどこが狂気なのだかわからなくなってきますが、これが20世紀というものなのでしょうか。

書き疲れてきたので最後は駆け足になってしまいましたが(後ほど少し書き足します)、メランコリーに彩られてきたヨーロッパのアートの歴史をたっぷり眺めることができる、文句なしにおすすめの展覧会です。5月7日までなので、機会のある方はお早めにどうぞ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-04-18 23:01 | ベルリン文化生活

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

その他のジャンル

記事ランキング