ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ベルリン中央駅発の夜行列車を眺めて(1)

e0038811_5161767.jpg
Berlin Hauptbahnhof (2013-06)

夏のバカンスシーズン真っ盛り、ベルリンも素晴らしい天気がしばらくずっと続いています。どこかに旅したいなあと思いますが、来月少し遠出するので、いまは我慢。せめて旅行気分をということで、今回はこんな写真をお届けしたいと思います。

e0038811_4292159.jpg
最近発売になった『ベルリンガイドブック』のベルリン中央駅のコラム(エリア6内)の写真を差し替えたいと思い、6月末、中央駅に何回か通いました。この駅の国際的性格を示そうと、ここから発車する長距離夜行列車の写真を使いたかったんです(結局本に採用されたのは、写真のベルリン−ワルシャワ・エキスプレスだったのですが)。

e0038811_5162924.jpg
この日のお目当ては地上ホームから出るモスクワ行きの夜行列車。が、いざホームに行ってみると、何かの事情からベルリン・リヒテンベルク駅始発になったとの表示が。まったくいい加減なものです。この駅では地下ホームから発着する夜行列車の方が多く、このスリリングなエスカレーターに乗って地下へ向かいます。

e0038811_4295011.jpg
ベルリン中央駅の地下ホームはあまり趣きはないのですが、それでも普段Sバーンから見ることのない重々しい列車が横たわっていると、ヨーロッパが地続きであることを実感します。これは18時10分発のプラハ経由ブダペスト行き。ブルーの車体にPRAHAと書かれていたので、チェコ製なのかもしれません。

e0038811_4295827.jpg
20時07分発、パリ東駅行きのCNL(City Night Line)。個室寝台も備えた優等列車ですが、外観は地味で、薄汚れています(「たまには洗車したら・・・」と思うのはICEなどを眺めてもよく思うこと)。それでも、発車の際は、端から見ていてもじんとくる別れのシーンに出合うこともあります。

e0038811_525169.jpg
これは昨年秋に撮ったものですが、こんな夜行列車があるのをご存知でしょうか。パリ発モスクワ行きのユーロナイト(EN 453)。

e0038811_53468.jpg
現在の時刻を調べてみると、パリ東駅を土曜日の9時28分に発車するこの列車は、その日の21時頃にベルリン中央駅に到着。そこからワルシャワ、ミンスクを経由して、終点のモスクワ・ベラルースキー駅に着くのは翌23時58分。実に36時間30分かけて走り切るわけですが、その間運転手や車掌は何回交代するのだろう?

e0038811_534647.jpg
この列車の愛称はOst-West-Express。考えてみたら、地図を見るとベルリンは西のパリと東のモスクワのほぼ中間に位置することがわかります。この3都市のシンボル的な塔が描かれているのが面白いですね。

e0038811_54374.jpg
先頭の機関車は、ドイツのシンボルカラーでした!

e0038811_54935.jpg
ヨーロッパの西と東の代表的な都市を結ぶだけあって、中の寝台はホームから覗き込んでもかなり豪華な印象を受けました。一度乗ってみたいものですねえ。そしてこの食堂車。人件費削減で昔に比べれば減っているのかもしれませんが、それでもいまだ多くの長距離列車で食堂車が連結されていることは、ヨーロッパを鉄道で旅することの楽しみのひとつと言えそうです。

(つづく)
by berlinHbf | 2013-07-25 23:57 | ベルリン中央駅 | Comments(11)
Commented by ながしま at 2013-07-26 16:09 x
夜行列車に乗ってどこかに行きたいものです。できれば個室の寝台の方で。うちの場合、女房の賛成が得られません。飛行機の方が安いからって・・。ブダペスト行きMetropol、乗りたいですねぇ。ロシア鉄道の寝台車も乗ってみたいですが、ロシア以外の途中区間は利用できませんでしたね、たしか。
Commented by berlinHbf at 2013-07-27 00:32
ながしまさん
ご無沙汰しています。コメントありがとうございました。以前書かれていたながしまさんのブログの夜行列車ルポも、とても楽しく読ませていただきました。

>女房の賛成が得られません。飛行機の方が安いからって・・。
わかります。さらに個室で行くとなると、結構贅沢な旅になりますよね。私もまだヨーロッパで個室寝台に乗ったことはありません。いつになるかなあ。究極の夢はシベリア鉄道経由で日本に行くことです^^
Commented by ながしま at 2013-07-29 02:33 x
あれぇ、中村さん、もうシベリア鉄道体験済かと思っていました。どこかで読んだような気がしていましたが、私の勘違い?。シベリア鉄道、面白かったですよ。私の体験は20数年も前の話ですが。是非乗って現在のシベリア鉄道をレポートしてください。私もいつかもう一度乗ってみたい。
できればポルト(ポルトガル)からスタートしてサイゴン(ベトナム)までとか。夢見るのはだれにも邪魔されませんが・・。
Commented by berlinHbf at 2013-07-30 01:15
ながしまさん
シベリア鉄道は中学の時に宮脇俊三さんの旅行記を読んで以来、いつか乗ってみたいと夢見ているのですが、まだ実現はしていないんですよ。

>私の体験は20数年も前の話ですが。
というと、90年代初頭でしょうか?(まさかソ連時代ではないですよね)。今とはまた全然違う時代に体験されましたね。

>ポルト(ポルトガル)からスタートしてサイゴン
それは面白い!私はやはりベルリンからスタートしてウラジオストクまでか、モンゴル経由で北京までかなあ。その時は旅行記を1冊にまとめたいです。本当に、夢を見るのは自由ですよね・・・。
Commented by ながしま at 2013-07-30 07:10 x
そう、まだ辛うじてソ連時代でした。ちょうど綱紀粛正時代で食堂車にはアルコール飲料がありませんでした。綱紀粛正は、お客に対してではなく、乗務員の問題だろ!って突っ込みたくなりましたが、ソ連はそういう倒錯した面白いところでした。乗務員はちゃんとウォッカを持ち込んで飲んでいましたが。
ユーラシア大陸横断旅行記、スポンサーが見つかるといいですね。北京行きも面白そうです。今はどんな人が使っているのでしょう。レポートを期待しています。
Commented by berlinHbf at 2013-07-31 17:17
ながしまさん
へぇ〜、ソ連時代にシベリア鉄道に乗られたとは!アルコールのことにせよ、いろいろ面白い体験をされたようですね。最近はシベリア鉄道にも豪華列車なるものが走っているようですが、私はまず普通のスタンダードなものに乗りたいですね。それでも飛行機より大分高くつきそうですが、しょうがないか・・・。

ベルリン中央駅からは、昔ヴォルガドイツ人多く住んでいたサラトフ行きの直通夜行列車も走っていて(土曜のみの運行)、そちらもちょっと気になります。
Commented by ながしま at 2013-08-01 19:28 x
サラトフ行き、ありましたね。私はLichtenberg駅でサラトフとかロストフとかいう行き先があったのを見ました。なんでそんなところに?と思いましたが直ぐに忘れてしまった。ヴォルガドイツ人との関係というのはあるかもしれませんね。一体いつからそういうKurswagenがあったんでんでしょう。Thomas Cookを見てみたら私が持っている1998年夏にはありました。もっと前、壁崩壊前からあったんですかね。需要があって運行しているんでしょうから、どんな人が利用しているのかわかったら面白いなぁ。ビジネス? Visaが出ないほど面白かったりして・・。車両はT3寝台車だよね。同室の人を観察してみる?
Commented by berlinHbf at 2013-08-03 02:14
ながしまさん
ベルリン中央駅の時刻表に、Saratovが行き先の列車を見つけた時は、「一体どこだろう?」と首をひねりました。後でヴォルガドイツ人が多く住んでいた町と知って何となく納得した次第です。今でも、その子孫たちが自分たちのルーツを求めて訪ねたりということがあるのでしょうかね。昨年旅行したポーランドのグダンスクは、ドイツ人にとってまさにそんな町でしたが。ロシアにはまだ行ったことがないのですが、とにかく「そそられる」列車であることは間違いありません。
Commented by のりぞう at 2013-08-04 17:19 x
はじめまして。
いつもブログを楽しみに拝読させていただいております。
奈良県在住のOLです。
8/13~15までベルリンに行きます!
高校生の頃にベルリンの壁が崩壊し、それ以来、いつかベルリンに行きたいと思い続け、この夏、やっと念願がかないました!
ベルリン中央駅はとても国際色豊かな駅ですね。
鉄ちゃんではないのですが、ブログの写真を見ていると「電車って面白い」と思いました。それぞれの電車に表情やドラマがありますね。
ますます旅行が楽しみになってきました。

これからもブログの更新を楽しみにしています。
Commented by 椿 わびすけ at 2013-08-11 12:26 x
こんにちは。
http://www.bn789.de/
繋がりませんね。takeさんのサイトを経由していたからでしょうか?ブロバイダの変更でマガジンが日本で読めなくなっているようです。いちかさん、よろしくお願いしますね。
Commented by berlinHbf at 2013-08-17 02:45
のりぞうさん
はじめまして、コメントいただきありがとうございました。
念願のベルリン行きの興奮がこちらにも伝わってきました。私もベルリンの壁の崩壊をリアルタイムで聞き知り、その後の人生のどこかで影響を受けた1人です。ご旅行いかがだったでしょうか。すばらしい滞在になったことを願っています。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

Masato さま  ..
by Yozakura at 14:33
山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

その他のジャンル

記事ランキング