ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾=...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

『素顔のベルリン』が完成しました

e0038811_172438.jpg
先日お知らせした私の初の著書、『素顔のベルリン~過去と未来が交錯する12のエリアガイド~』(ダイヤモンド・ビッグ社)が完成しました。最後の仕事として残っていた表紙はこんな感じに仕上がりました。

約150ページのコンパクトサイズとはいえ、本を1冊書くというのは並大抵の作業ではなかったです。しかし、熱心なスタッフの方々に恵まれ、また妻や家族友人、他にもベルリンが好きな多くの方々に助けられたり励まされたりしながら、出版にまでたどり着くことができました。この場を借りて心よりお礼を申し上げます。

配本予定日は10月2日となっていますが、実際に書店に並ぶのはその数日後になることが多いようです。多くの方に読んでいただき、また活用していだけるとうれしく思います。
どうぞよろしくお願い致します。

(以下、本の帯より)
-----------------------------------------------------------------
地球の歩き方シリーズ初、
待望のベルリンガイドブック誕生!

比類なき歴史を抱えつつ、
明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。
「ドイツで最もドイツらしくない」といわれる
この町の知られざる魅力を、
現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介!

掲載エリア
ベルリン東地区
 ミッテ地区1~3
 プレンツラウアー・ベルク地区
 フリードリヒスハイン地区

ベルリン西地区
 ティーアガルテン地区1,2
 シェーネベルク地区
 シャルロッテンブルク地区
 クロイツベルク地区1,2
 ノイケルン地区

ベルリン全体図&交通路線図のほか、
各エリアごとにおすすめの散策ルート付き!

コラム
 ベルリン現代史(上下)
 ベルリンとユダヤ人
 映画に見るベルリン
 黄金の20年代

上記のほかにも、「素顔のベルリン」を
知るためのミニコラムが満載!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-09-14 11:45 | ベルリンを「読む」 | Comments(43)
Commented by Ken at 2009-09-14 19:41 x
おめでとうございます!
来週ドイツに行くけど残念ながらベルリンには行けません。
これは、この本を読んでから来い、ということなのでしょう、
ということにします(笑)
買いますね。ご苦労様でした!
Commented by zaichik49 at 2009-09-14 20:19
初の著書出版おめでとうございます。一冊の本を書き上げるというのは並大抵の苦労ではないと思います。この一冊が、また次の一冊に繋がると良いですね。
Commented by じゅん at 2009-09-14 20:21 x
ほんとうにおめでとう。
ベルリンに居たときに身近にいた人が、
ベルリンの本を出すなんて。
本当にすばらしい。
Commented by ゆこ at 2009-09-14 21:53 x
買います~!
出版おめでとうございます!
Commented by yuji-run at 2009-09-14 23:04
おめでとう!
ついに出版だね!

カバーに「中村真人」の名前が入っているのはなんだか不思議な感じだね。
ぼくのブログでも紹介させてもらいます!
大変な作業、お疲れさまでした!
Commented by ima-s at 2009-09-14 23:26 x
いや~、ほんと楽しみ!「地球の歩き方」なら、たくさんの人達が手にとられることでしょう。ベルリンの奥深さが伝わるといいですね。
あのシュタージミュージアムのことも載るのでしょうか。いろいろと考えさせられましたよね。再び訪れたいなと思っています。
Commented by こーどー at 2009-09-15 01:05 x
いやいや、ついにきましたねー。本を手に取るのが楽しみです!

ところで、しばらく来月頭ぐらいまでプラハです。そのあとスロヴァキアとポーランドをまわって、来月半ばまでにはもどってくる予定です。そのときにはまさとさんと本と対面できますことを。
Commented by のりあき at 2009-09-15 01:24 x
まさとさん、おめでとうございます!
本を一冊仕上げることは大変な作業だと思います。すごいなぁ。
来月日本に行くのですが、日本の本屋さんで平積みされているだろう本達を確認してきますよ!
Commented by まねきねこ at 2009-09-15 01:34 x
初めまして、時々お邪魔しておりました。

この4月からベルリン在住ですが、地区ごとのガイドブックがないものかと思っていました。買わせて頂きます。夫が10月末に仕事で帰国しますのでグッドタイミングです。おめでとうございます^^。
Commented by Atopos1 at 2009-09-15 01:46 x
お久しぶりです!
この度は出版おめでとうございます!早速注文させていただきました。アナログ派の私、中村さんのベルリン評を紙媒体でも読めるのが嬉しくてたまりません。手元に届くのが早くも楽しみです^^ 
Commented by janio at 2009-09-15 04:49 x
出版おめでとう! そして大仕事おつかれさま!
Commented by akberlin at 2009-09-15 08:20
出版、おめでとうございます!
弟さんも自転車で西日本一周、お疲れさまでした。
ご兄弟で何かをやり遂げた夏になりましたね。すばらしい!
Commented by noriko-happylog at 2009-09-15 10:03
まさとさん、出版おめでとうございます!
表紙を見るだけでワクワクしてしまいました。内容も興味をそそられますね^^
必ず購入して、お茶のお供にしたいと思います(ほんとは行けたらいいのですが. ..苦笑)。本当に楽しみです!!
店頭に並ぶ日が待ち遠しいですね!
Commented by tsu-bu at 2009-09-15 13:52 x
表紙からベルリンのいきいきした雰囲気が伝わってきます。
楽しみです!
Commented by ねむこ at 2009-09-15 18:29 x
まさとくん、出版おめでとうございます。
いままで苦労した甲斐がありましたね。
私もベルリンにいながらぜひ読んでみたいです。
Commented by you at 2009-09-15 18:34 x
ごぶさたしてます。2月にはお世話になりました。
ついに完成ですね! おめでとうございます。
もちろん買わせていただきます。
それと、友人が来年ベルリンに旅行したいと言っているので、1冊買わせます(笑)

Commented by Fio at 2009-09-16 03:27 x
マサトくん、出版おめでとうございます!!
本当にすごいね!尊敬します。
私も是非読みたいと思います♪
Commented by yuichi@ドゥナ(笑 at 2009-09-16 23:26 x
是非買います!
Commented by キートス at 2009-09-16 23:48 x
おめでとうございます!「ドイツで最もドイツらしくない」・・・のかな?逆にドイツの何でもが密集されている気もするね。ドイツの良い面も悪い面も見えているからこそドイツらしいと思う(「ドイツらしい」田舎では良い面しか見えないからね)。今回完成したガイドブックはベルリンの様々な面を紹介してくれるから最高のガイドブックです。Schoene Gruesse aus Tokyo!
Commented by Aya at 2009-09-17 15:28 x
まさとさん、

大変おつかれさまでした!
とうとう、出版なのですね。
(なんだか私まで感慨深いです…)
かげながらの奥様の精神的支えもあったことでしょう。
おふたりにおめでとうと言いたいです。
まずは、ゆっくり体を休めてくださいね。
そしてまたカフェで(今度は完成したご著書を間に!)再会できることを楽しみに…
Commented by berlinHbf at 2009-09-18 07:40
Kenさん
そういうことにしましょう(笑)。ドイツ旅行楽しんで来てください!またこちらでお会いできますことを。

zaichik49さん
ありがとうございます!僕も今回の仕事が次の何かにつながることを願っています。お母さんとの日々、楽しんでくださいね。

じゅんさん
ありがとうございます。いつかじゅんさんとも喜びを分かち合いたいです。ぜひ読んでくださいね〜

ゆこさん
うれしいです。音楽系のコラムも書いているので、よかったらお読みください。

yuji-runさん
ありがとう!本当にようやくここまできました。そのうちブログで紹介してやってね。
Commented by berlinHbf at 2009-09-18 07:58
ima-sさん
期待度の高さが伝わってきて、うれしい反面ちょっとプレッシャーも感じます(笑)。シュタージ博物館は1ページのコラムで紹介しました。それだけの紹介の価値がある場所ですからね。

こーどーくん
お久しぶり。そろそろ連絡しようと思っていました。今は中欧の旅行中だったんですね。ベルリンはいまショスタコーヴィチのコンサートをたくさんやっているので、一緒に行けないのが残念。また近いうちに会いましょう。

のりあきさん
ありがとうございます。自分の本が書店にどんな風に置かれるのか、やはり気になるので、ベルリンに戻ったらその様子をお伝えくださいね(笑)。

まねきねこさん
ありがとうございます。現地在住の方にも読んでいただけるとうれしく思います。

Atopos1さん
お久しぶりです。早速注文してくださったなんて、感激です。私もどちらかというとアナログ派なので、自分の書いた物が書籍という形になるのは格別の思いですね。
Commented by 楕円球 at 2009-09-18 10:55 x
遅ればせながら、私からもおめでとうございます。

すぐに購入しますね。今後ともご活躍を!
Commented by berlinHbf at 2009-09-18 20:14
janioさん
お久しぶりです。デュッセルでの生活にはすっかり慣れたのかな?またの再会を願っています。

akberlinさん
ありがとうございます。沖縄でも読んでいただけるとうれしいです!

noriko-happylogさん
うれしいです。お茶のお供に読んでいただけるなんて。ベルリンの多彩でいきいきとした面を伝えたくて、表紙はこんな感じになりました。

tsu-buさん
ありがとうございます。tsu-buさんのご感想、楽しみにしています。

ねむこさん
ベルリン在住の方にも何とか読んでいただけるよう、いま考えているところです。またご報告しますね。
Commented by mamebito at 2009-09-19 07:50
まさとさん、おめでとうございます。1年前にベルリンを旅した際にこちらのblogで予習させて頂いたおかげで、観光ルートに乗らない現地の魅力を随分と楽しむことができました。まさとさんの視点と筆致に間違いはありません。刊行を楽しみにしています!
Commented by berlinHbf at 2009-09-19 21:52
youさん
ご無沙汰しています。友人の方にも宣伝してくださるとのことで、ありがとうございます^^;)。地図もかなり詳しいものを付けたので参考になればいいのですが。

Fioさん
ありがとう!昔からのベルリンの仲間たちとも喜びを分かち合えたらうれしいです。ぜひ読んでもらえるようにしますね。

yuichi@ドゥナさん
クロイツベルクでドゥナーのことも触れているので、お読みいただけると幸いです^^;)。

キートスさん
この度はいろいろありがとうございました。
>逆にドイツの何でもが密集されている気もするね。
なるほど、生粋のベルリーナーが言うと説得力がありますね(笑)。「ベルリンはドイツらしくない」と言う人がほとんどなので、この見方は新鮮でした。日本はいかがですか?またメールします。

Ayaさん
>かげながらの奥様の精神的支えもあったことでしょう。
ありがとうございます。
妻はこのお言葉に感激していました(笑)。
近いうちにまたゆっくりお会いできることを願っています。
Commented by berlinHbf at 2009-09-19 21:59
楕円球さん
ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

mamebitoさん
お褒めの言葉をありがとうございます。そこまで言われてしまうと、逆にプレッシャーですが^^;)、率直なご感想を楽しみにしていますね。
Commented by MOTZ at 2009-09-24 13:11 x
お久しぶりの投稿です。ご出版おめでとうございます!マサトさんにとっての夢だったかもしれませんが、これは私にとっても夢だったのですよぉ。「あーマサトさんの文章を本という形で読みたい!」と何度思ったことか。アマゾンで予約できるようになったので予約しました。届くのが楽しみです。
Commented by berlinHbf at 2009-09-24 23:43
MOTZさん
熱いコメントをありがとうございます!
ここまで言っていただけるとは著者冥利に尽きるというものです(笑)。
どうか楽しみにお待ちくださいね。今後ともよろしくお願いします。
Commented by Puku at 2009-09-25 04:25 x
マサトさん、おめでとう!!!!!
すっごく読みたいです。今日実家から荷物が来たばかり。
間に合わなくて残念。でもすぐに母に注文しようっと。
とってもとっても楽しみです。届いたらサイン入れてくださいね。
Commented by しゅり at 2009-09-25 05:49 x
本当に本当に遅ればせながら・・・・
マサトさん、おめでとうございます!!!

ついにですね!!
凄く嬉しいです。
絶対買いますから!!
マサトさんの文章は説得力があって、ベルリンの愛情がこもっていて
広くて深くて、本になったらいいのに・・・とずっと思っていました。

ちょっと興奮しています。
おめでとうございます。
Commented by berlinHbf at 2009-09-27 03:50
Pukuさん
お久しぶりです。そしてありがとうございます!
近いうちにまたゆっくりお会いできたらうれしいです。
DSOに出演される時は教えてくださいね。

しゅりさん
うれしいメッセージをありがとうございます。
しゅりさんはこのブログを始めた当初からよく書き込んでくださいましたよね。距離は離れていますが、一緒に喜びを分かち合いたい気分です^^)。よかったらしゅりさんのブログでもご感想などお聞かせください。今後ともよろしくお願いします。
Commented by kaninchen at 2009-09-29 05:37 x
著書の完成ならびに出版まことにおめでとうございます。
たくさんのドイツ好きの方に愛される1冊となることと思います。
着々とご自分の道を歩まれているまさとさんの姿が目に浮かびます。

実は、本日仕事でベルリン入りしましたが、今回もお目にかかれなさそうです。今年に入ってから3回ほどベルリンに来ているのですが、全て仕事のためなかなか都合がつかず、お会いできなくて残念です。
そういえば書籍を注文したのですが、考えてみたらそのころ私は日本におらず少し心配になってきました。
これからもまさとさんの独特の視点でつづった書籍の発行を楽しみにしています。
Commented by berlinHbf at 2009-09-30 06:50
kaninchenさん
ご無沙汰しております。久々のメッセージ、うれしく拝読しました。
ベルリンには頻繁にいらしていたのですね。
とはいえ、お仕事で来られたら、自由な時間がそうないようで残念。
またの再会を楽しみにしています。
Commented by la_vera_storia at 2009-10-01 20:49 x
マサトさん

大変遅れてしまいましたが、今回の著書の出版を心よりお祝い申し上げます。パリやローマではその街を歩いて視覚に入ってくるものそのものに「歴史」があるわけですが、ベルリンでは視覚に入ってくるものの背後に「歴史」があるように思います。そういったベルリンの魅力を、これからベルリンに旅をしようとする若い方に的確に伝えることについて、マサトさん以上の適格者はいないと思います。

本当にご苦労様でした! 実際に書店で入手する日を心待ちにしております。
Commented by berlinHbf at 2009-10-03 07:35
la_vera_storiaさん
ご無沙汰しております。久々のコメント、うれしく拝読しました。

>ベルリンでは視覚に入ってくるものの背後に「歴史」があるように
>思います。
la_vera_storiaさんには、この点多くのことを教えていただきましたね(こういう視点については、本の前文でも触れました)。いよいよ来週書店に並ぶと思います。ベルリンの多彩な魅力が少しでも伝わる本であればいいのですが・・・。どうぞよろしくお願いします。
Commented by mina at 2009-10-03 11:36 x
マサト様 
大変遅くなりましたが出版おめでとうございます。
昨年6月にガイドをしていただいたものです。
bioのスーパーめぐりなどにお付き合いいただき、
その節は本当にありがとうございました。
ブログを読ませていただいていたときから書籍化を待っていたもの
として、本当に楽しみです。
短かったベルリン滞在ですが、また細部を思い出して楽しめそうです。
Commented by 焼きそうせいじ at 2009-10-03 19:51 x
ご出版おめでとうございます。数年来のこのブログでの蓄積が見事に書籍として結実しましたね。来週日本へ参りますので、そこで拝見しようと思います。
Commented by berlinHbf at 2009-10-04 20:54
minaさん
ご無沙汰しております。コメントうれしく拝読しました。
あの日は快晴に近い天気だったのでよく覚えています。
夕暮れ時の空の色合いもきれいでしたね。
minaさんのご期待に沿える本だといいのですが。

焼きそうせいじさん
いろいろとお世話になりました。焼きそうせいじさんには、たくさんの知恵をいただいた気がします。日本で読んでいただけるのを楽しみにしています。
Commented by HIDAMARI at 2009-10-05 20:20 x
週明け早々の今日、いそいそと書店で購入しました。まだ読んでいませんw

感想は我がブログにて後ほどです。
Commented by berlinHbf at 2009-10-08 07:15
HIDAMARIさん
早速ご購入くださり、どうもありがとうございました。
『ビールを楽しむドイツ』同様、HIDAMARIさんのブログでご紹介いただけるのを楽しみにしています!
Commented by ヴァランシエンヌ at 2009-11-27 17:42 x
マサトさん、その節は大変お世話になりました。
だらだらしていると、あっという間に年の瀬…やっと、拙ブログにて、ご本の紹介をさせて頂いた記事を書きましたので、報告に上がりました。
URL欄から、該当記事にリンクしています。
少しでもお役に立てれば良いのですが…

もうすぐ御里帰りとのこと、お気をつけていらして下さいね。
Commented by berlinHbf at 2009-11-28 08:17
ヴァランシエンヌさん
拙著のことを大変詳しく紹介してくださり、どうもありがとうございます!
とてもうれしかったです。こちらからもまたコメントさせていただきますね。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング