ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

タグ:Kreuzberg ( 86 ) タグの人気記事

発掘の散歩術(55) - 演劇で体感する戦争と武器のグローバリズム -

e0038811_18141657.jpg
“Situation Rooms“の一場面より
© Ruhtriennale / Jörg Baumann


テロ、無差別攻撃、集団虐殺、難民、拉致、処刑……。今日も新聞やパソコンを開くと、このような言葉が見出しに並ぶニュースが飛び込んでくる。その度に陰鬱な気持ちになるが、紛争地域からの難民の受け入れをめぐる論議は、ドイツに住んでいるともはや他人事ではない。ある時は、遠い場所での事件やテロが連鎖し、「ベルリン中央駅でイスラム過激派がテロを計画」というニュースを目にして愕然とする。モノや情報の伝達だけでなく、憎悪の感情までもがあっという間に伝播するグローバルな世界にわれわれは生きている。

昨年12月末、友人に勧められてリミニ・プロトコルの“Situation Rooms“という演劇作品を観に行った。会場のHAU2の中に入ると、映画の撮影セットのようなものが置かれている。まず担当者からセット内の回り方の説明を受け、1人ひとりにiPadが渡された。一度に参加できる人数は20人まで。戦争をテーマにしたインスタレーションということは聞いていたが、一体何が起こるのかよく分からないまま、指定された部屋のドアを開けてみた。

e0038811_18143287.jpg
© Ruhtriennale / Jörg Baumann

そこは病院の手術室だった。iPadには「国境なき医師団」のあるドイツ人医師のインタビューと共に、まさに同じ場所で撮影された映像が流れている。それに従ってベッドの上に横になり、負傷した人々の映像を見る。私はこの医師がかつて経験した、アフリカのシエラレオネ共和国の内戦で負傷した市民の目線になったわけだ。そこに、やはりiPadを持った別の観客が入ってきて、医師の視線からベッド上の私を見下ろした……。

これでようやく分かった。“Situation Rooms“の演者はわれわれ観客なのだ。リミニ・プロトコルが取材した、住む場所も立場も異なる20人の部屋に入り、「住人」である彼らの体験に自分を「同化」させるのである。ある時はガザ地区との国境をパトロールする若いイスラエル兵になって監視塔に上り、またある時はパキスタンのテロリストの掃討を目的とするインド空軍の中尉のヘリコプターの中に入る。リビアからのボート難民の一家が住む部屋に紛れ込み、彼らと一緒にお茶(本物が用意されている)を飲んだかと思うと、9歳で兵士に駆り出されたコンゴ人青年の人生を追体験する……。

e0038811_18142254.jpg
© Ruhtriennale / Jörg Baumann

この作品の重要なテーマは、戦争の構造を形作る上で不可欠な「武器」である。1時間20分の行程の間、観客は時間差を置きながらある人を演じ、別の観客にバトンを渡していく。立場を変えることで、武器をめぐる様々な風景や状況が見えてくる。巨大軍需コンツェルンの社長の部屋にも入ったし、完成品がどこに運ばれるか知らされないまま、長年軍需産業の工場で働いたスイス人の作業工程も体験した。射撃の名手であるドイツ人警察官の「指導」を受け、地面に這いつくばって射撃の練習をするとは、よもや思わなかった。

セットの間を行き来する間に、ドイツが世界第3位の武器輸出国であるということや、「ドイツ銀行」が爆弾を製造するスペインのコンツェルンの重要なスポンサーであることなど、知られざる現実にも出会った。一市民である自分自身も、いつどこで戦争の加害者として巻き込まれるか分からない。ドイツ政府の武器輸出を糾弾する活動家が、こんなことを話していてドキリとした。「ドイツが模範とするのは日本です。なぜなら武器の輸出を全く行っていないから」。
ドイツニュースダイジェスト 2月6日)


Information
ヘッベル・アム・ウーファー 
Hebbel am Ufer(HAU)
e0038811_18292975.jpg
2003年、クロイツベルクの川沿いの大中小3つの劇場が統合して生まれた1つの劇場組織。2012年からベルギー人のアネミー・ファンアカラが芸術監督を務め、演劇やダンスなどのパフォーミングアーツで先進的なプロジェクトを実現している。リミニ・プロトコルは2004年以来ここを本拠地とし、数々の話題作を送り出してきた。

チケットオフィス:月~土15:00~公演の1時間前まで(公演のない日は15:00~19:00)
住所:Hallesches Ufer 32, 10963 Berlin(チケットオフィス)
電話番号:030-25900427
URL:www.hebbel-am-ufer.de


シチュエーション・ルームズ 
Situation Rooms
e0038811_18143910.jpg
複雑に入り組んだSituation Roomsのセットの模型

現代社会の諸問題をテーマとする演劇集団「リミニ・プロトコルRimini Protokoll」のインタラクティブアート作品。2013年のルール・トリエンナーレで初公開された後、欧州各地に巡回している。3月12日(木)~29日(日)まで、ドレスデンの軍事史博物館にて上演される。1回の参加人数が限られており、予約が必須。第17回文化庁メディア芸術祭アート部門優秀賞授賞作品。
URL:www.rimini-protokoll.de

by berlinHbf | 2015-02-14 10:28 | ベルリン文化生活 | Comments(1)

クロイツベルクのココロラーメン

e0038811_06561062.jpg
仕事が一段落した先週末、ちょっとしたお疲れ様会ということでクロイツベルクにある「ココロラーメン」に行ってきました。U1のKottbusser Torから南に5分ほど歩くと(U8のSchönleinstr.からも同じぐらいの距離)、ラントヴェーア運河にかかるコトブサー橋が見えてきます。毎週2回トルコマーケットが行われる場所でも知られているところ。ここからPaul-Lincke-Uferという運河沿いの道に沿って歩くと、ラーメンの赤提灯が見えてきました。このCocolo Ramen、もともとはオリヴァーさんというラーメン好きのドイツ人(本業は工業デザイナー)の方が14年ぐらい前(?)に始めた屋台のラーメン屋で、当初はミッテのカフェのスペースを使って週末だけ営業していました。私も屋台時代に何度か食べに行ったことがあります。やがて、ミッテのGipsstr.に店舗の形でオープンし、昨年6月、2号店としてオープンしたのがこのクロイツベルク店というわけです。

e0038811_06554106.jpg
店内は超満員で、しばらく入口で待つことになりました。ココロラーメンはお昼も営業していますが、やはり夜の方がラーメン屋らしい熱気に溢れています(屋台を彷彿とさせるカウンターのデザインもいいですね)。とはいえ、ここはベルリンのクロイツベルク。多国籍の地元の人々がラーメンをすすっている様子は、初めて来たときは不思議な感じがしました。

e0038811_06554813.jpg
私たちが訪れた先週土曜日は、今年最後の営業日。日本人の店長をはじめとするスタッフが慌ただしく店内を駆け回っていました。ちなみに、地下にある広々としたトイレの構造とデザインもなかなか面白いです。

e0038811_06561606.jpg
さて、ラーメンが運ばれてきました。こちらは味噌ラーメン(8ユーロ)。
e0038811_06560385.jpg
そして、私が注文したとんこつラーメン(10ユーロ)。全種類を食べたことがあるわけではないのですが、私はここではとんこつが一番好きです。チャーシューのほかに、トロトロになるまで煮込んだ豚の角煮が付いていてこれがまた美味しい^^。この日は偶然、日本人画家の友人にばったり会い、彼が連れて来たイタリア人カップルの友人らとテーブルを囲んで一緒に食べることになりました。パスタという麺文化の本場からやって来た彼らも「美味しい」「体が温まる」と大喜び。枝豆をつまみに楽しく食べているうちに、私は結局替え玉(2ユーロ)を注文することになったのでした。ちなみに、来年の営業は1月2日の18時からだそうです。

Cocolo Ramen
Paul-Lincke-Ufer 39-40
10999 Berlin
Tel.030-98339073

by berlinHbf | 2014-12-24 16:53 | ベルリンあれこれ | Comments(2)

60周年を迎えたアメリカ記念図書館

e0038811_23032696.jpg
1954年に完成したアメリカ記念図書館

ベルリンの大きな図書館といえば、長い歴史と膨大な蔵書を誇る2つの国立図書館が有名です。とはいえ、学生や研究者ならばともかく、一般の市民により親しまれているのは、それぞれの地区にある市立図書館の方でしょう。その中でも規模が大きいことで知られているのが、クロイツベルク地区にあるアメリカ記念図書館Amerika Gedenkbibliothek(通称AGB)です。今年60周年を迎えるAGBが、このたび改装工事を経てリニューアルオープンしました。


地下鉄U1のHallesches Tor駅前にあるAGBは、その名前が示す通り、そもそもはアメリカ合衆国からの「贈り物」。1948~49年に掛けて行われた、いわゆるベルリン空輸作戦が終わった後、アメリカは同盟関係にあった西ベルリンに新たな文化施設をプレゼントすることになりました。当時の市民からは、博物館や新フィルハーモニー建設の要望が強かったそうですが、結局「教育と言論の自由のシンボル」として、西ドイツ最大規模の公立図書館が建てられたのです。

e0038811_23033268.jpg
広々とした図書館の内部

この図書館の良いところは、書架に並んでいる本を実際に手に取った上で借りられることでしょう(国立図書館では通常、事前に借りたい本を申請した後、書庫から本を出してもらう流れになっています)。蔵書のジャンルは、歴史や宗教、文学などの人文系から社会科学、語学書、旅行関係、児童書まで多岐に及ぶため、学生からシニア、家族連れまで幅広い利用者が集います。もう1つ特筆すべきは、楽譜やCD、DVDなどの充実ぶり。DVDコーナーでは、日本映画の作品もちらほら見掛けます。今回の改装によって内部の雰囲気が明るくなり、閲覧スペースも増えて、以前よりも利用しやすくなったという印象を受けました。館内はWiFi無料なので、パソコンを持って作業している人も多く見られます。

e0038811_23072582.jpg
以前音楽書や楽譜が置かれていた部屋は、新聞と雑誌のコーナーに生まれ変わった

ベルリン在住者であれば、外国人でも住民票とパスポートを持参すれば、その場で図書カードを作ることができ(年会費は大人10ユーロ、学割5ユーロ)、本やCDは28日間、DVDは14日間、一度に60までのメディアの貸し出しが可能。ベルリンの公共図書館のネットワーク(www.voebb.de)を通して、ほかの市立図書館を含めた、あらゆるメディアを検索できるのも便利です。今年9月1日からは、平日の開館時間も延長されました(月~金10:00~21:00、土10:00~19:00)。ある程度長くベルリンに住む予定の方ならば、利用価値の高い図書館として、ぜひお勧めしたいと思います。www.zlb.de
ドイツニュースダイジェスト 10月17日)

by berlinHbf | 2014-10-18 16:11 | ベルリン文化生活 | Comments(2)

「ジャパン・シンドローム」のシンポジウム

e0038811_07264999.jpg
HAU2で行われたシンポジウムの様子

5月20~29日、クロイツベルク地区にある劇場「ヘッベル・アム・ウーファー」(通称HAU)にて、「Japan Syndrome」と題した大規模な日本フェスティバルが開催されました。東北地方を中心に甚大な被害を及ぼした東日本大震災と福島の原発事故から3年。 日本の社会、そして芸術の文脈がどのようにこの大災害に呼応し、変容してきたのかを問い掛ける試みです。

演劇や音楽、インスタレーションなどの多彩なプログラムが並びましたが、その中から25日に行われた「安全地帯の崩壊? フクシマ以後の芸術と政治」と題するシンポジウムをご紹介したいと思います。

最初にキュレーターの相馬千秋氏が登壇し、「大震災は目に見える形においても、見えない形においても日本に大きな分断をもたらした。この困難な状況の中、私がアートを通して取り組んでいくべきは、単純に国家や原発に反逆することではなく、演劇的な方法で死者を埋葬し、鎮魂すること。そして今、国家によって作り出されようとしている新たな秩序を、ある種宙吊りにしたり、それに対して揺さぶりを掛けることだと思う」とスピーチしました。

シュテファニー・カープ(ドラマトゥルク)の司会の下、相馬、丸岡ひろみ(キュレーター)、高山明(演出家)、シュテフィ・リヒター(ライプツィヒ大学日本学教授)の各氏により行われたその後のトークセッションでは、日本社会を覆っている空気の変容を肌で感じてきた日本人の3氏を中心に、興味深い議論が交わされました。

最後の質疑応答で、あるドイツ人の聴衆が「なぜ日本人はもっと声を上げないのか。このような過酷な状況の中、芸術の側も政治を直接変えるような活動をすべきでは?」という問いを投げ掛けました。東日本大震災以降、ドイツ人と日本人の間に横たわるこのような現状認識の違いに戸惑い、答えに窮した経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

それに対して、高山氏はこう答えます。「過激になっている政治に対して、もっと過激になるべきなのかという問いに対しては、僕は全く逆に行くべきという立場。むしろ過激さから距離を取り、小さなものや弱いものと、または対立している人と、いかに友情を結べるかに賭けた方が良いのではないか。あるいは、熱狂するよりは熱狂する人をどのように自分と切り離して醒めた目で見られるのかという技法をアートや演劇の分野で見付ける方が、ひょっとしたら政治的な意味があるのではないかと思う」。

「時代や場所を超えられるのがアートの持つ力。今ここ、目の前にあるものに対してのみ有効な形ではなく、例えば過去と今とを繋ぐこと、まだ生まれていない未来のものに対して何か作用をもたらすことができないだろうか。そのようなビジョンを持って、津波や原発事故で直接的な被害を受けた東北地方と向き合っていきたい」(相馬氏)。

ドイツに住む私にとっても、今自分はここでどう生きるべきかを考えさせられる機会となりました。
ドイツニュースダイジェスト 6月20日)
by berlinHbf | 2014-06-22 00:36 | ドイツから見た日本 | Comments(2)

Japan Syndrome 20.–29.5.2014 @HAU 日本語プログラム

今日から29日まで、クロイツベルクのHAU(Hebbel am Ufer)にて「ジャパン・シンドローム─フクシマ以後の芸術と政治」と題した大規模な演劇・パフォーマンスのフェスティバルが開催されます。私の大学時代の友人や先輩も何人か関わっていて、最近続けて案内をもらいました。プログラムの日本語訳をいただいたので、以下にご紹介します。現地在住の日本人にとっても、さまざまな表現を通して現在の日本の状況を多角的に知る貴重な機会ではないかと思います。ぜひ足をお運びください!

ジャパン・シンドローム─フクシマ以後の芸術と政治 プログラム
5月20日(火)
時間未定 / HAU2(屋外)
田口行弘「オープンハウス:Confronting Comfort #2」

19時 オープニングイベント / HAU2
(入場無料)
高嶺格「ジャパン・シンドローム─ベルリン・バージョン♯3」
インスタレーション─21日〜29日まで毎日18時より開催

20時/ HAU2
岡田利規/チェルフィッチュ「現在地」
演劇─日本語上演(英語・ドイツ語字幕)[20€ / 15€ / 12 €]


5月21日(水)
18時 オープニングイベント / HAU1
「道程 3.11」(入場無料)
参加作家・作品
高山明「国民投票プロジェクト」(2011/2014)
藤井光「3.11 Art Documentation」(2011-継続中)
ニナ・フィッシャー&マロアン・エル・サニ
  「Spirits Closing Their Eyes」(2013)
  「PET Bottle Shield」(2014)               
  「Contaminated Home」(2014)
鈴木光「Mr.S&ドラえもん」(2012)
インスタレーション─22日〜29日まで毎日17時より開催

19時/ HAU2
岡田利規/チェルフィッチュ「現在地」
演劇─日本語上演(英語・ドイツ語字幕)[20€ / 15€ / 12 €]

21時/ HAU1
工藤冬里&Maher Shalal Hash Baz
(マヘル・シャラル・ハシュ・バズ)
コンサート [15€]


5月22日(木)
17時30分 サロン3.11 / HAU1(入場無料)
藤井光
ステファン・バウアー(キュレーター)
トーク─ドイツ語&日本語(ドイツ語通訳あり)

19時 / HAU3
村川拓也 「ツァイトゲーバー」(ヨーロッパ初演)
演劇─日本語上演(英語・ドイツ語字幕) [13€]

20時30分 / HAU1
藤井光 「プロジェクト FUKUSHIMA!」
ドキュメンタリー映画(日本、2012、90分)─日本語(英語字幕)
*会場ではNPO 法人プロジェクト FUKUSHIMA!のためのカンパを受け付けます(入場無料・カンパ制)

5月23日(金)
17時30分 サロン3.11 / HAU1(入場無料)
高嶺格
シュテフィ・リヒター(日本学者)
トーク─ドイツ語&日本語(ドイツ語通訳あり)

19時 / HAU3
村川拓也 「ツァイトゲーバー」(ヨーロッパ初演)
演劇─日本語上演(英語・ドイツ語字幕) [13€]

20時30分 藤井光 「ASAHIZA」/ HAU1
ドキュメンタリー映画(日本、2013、74分)
              ─日本語(英語字幕)[5€]
上映終了後 藤井光と高山明によるアフタートーク
モデレーター:シュテフィ・リヒター
ドイツ語&日本語(ドイツ語通訳あり)


5月24日(土)
15時 サロン3.11 / Cuvry-Brache
オープンハウス(参加無料) 
「Dis-Cuvry-Confronting Comfort #1」
田口行弘&キアラ・チッチェレルロ&ルッツ・ヘンケ
(集合場所:Schlesische Str. / Ecke Cuvrystr.)

19時 / HAU3
村川拓也 「ツァイトゲーバー」(ヨーロッパ初演)
演劇─日本語上演(英語・ドイツ語字幕) [13€]

終演後 村川拓也とハンス=ティース・レーマン(演劇学者)によるアフタートーク
ドイツ語&日本語(ドイツ語通訳あり)

20時30分/ HAU2
マンガという現象─日本のマンガと3.11
ジャクリーヌ・ベルント(マンガ研究者)
シュテフィ・リヒター
ドイツ語(日本語通訳あり)


5月25日(日)
18時 サロン3.11 / HAU1
原サチコ「ヒロシマサロン」
ドイツ語&日本語上演 [5€]

20時 / HAU2 (参加無料)
「安全地帯の崩壊? フクシマ以後の芸術と政治」
相馬千秋(キュレーター)
丸岡ひろみ(キュレーター)
高山明
シュテフィ・リヒター
モデレーター:シュテファニー・カープ(キュレーター)
ドイツ語&日本語(同時通訳あり)

5月26日(月)
17時30分 サロン3.11 / HAU1(入場無料)
小泉篤宏(サンガツ)
クリストフ・グルク(キュレーター)
トーク─ドイツ語&日本語(ドイツ語通訳あり)

20時 / HAU2
ニナ・フィッシャー&マロアン・エル・サニ
「3.11後の生きものの記録」
(ドイツ&日本、2014、29分) [8€]

上映終了後 岡田利規&ニナ・フィッシャー&マロアン・エル・サニによるアフタートーク
モデレーター:エルケ・ブア(ジャーナリスト)
ドイツ語&日本語(ドイツ語通訳あり)

黒澤明「生きものの記録」
(日本、1955、103分)日本語(ドイツ語字幕)


5月27日(火)
18時 サロン3.11 / HAU2(屋外)(入場無料)
オープンハウス
「Dis-Cuvry-Confronting Comfort #2」
田口行弘&キアラ・チッチェレルロ&ルッツ・ヘンケ

20時 / HAU1
サンガツ
コンサート [15€]

5月28日(水)
17時30分 サロン3.11 / HAU1(入場無料)
都築響一
クリストフ・グルク(キュレーター)
トーク─ドイツ語&日本語(ドイツ語通訳あり)

20時 / HAU2
岡田利規/チェルフィッチュ
「スーパープレミアムソフトWバニラリッチ」
演劇─日本語上演(英語・ドイツ語字幕)[20€ / 15€ / 12 €]


5月29日(木)
17時30分 サロン3.11 / HAU1(入場無料)
岡田利規
ペーター・ラウデンバッハ(ジャーナリスト)
トーク─ドイツ語&日本語(ドイツ語通訳あり)

20時 / HAU2
岡田利規/チェルフィッチュ
「スーパープレミアムソフトWバニラリッチ」
演劇─日本語上演(英語・ドイツ語字幕)[20€ / 15€ / 12 €]

22時 / HAU2
都築響一による深夜のレクチャーパフォーマンス
英語上演 [5€]

*公演チケットはインターネット(www.hebbel-am-ufer.de)およびHAU 2窓口にて発売しております。(営業時間:月曜日〜土曜日の15時〜19時)
*各種割引および3公演のセット券[40€]もご用意しております。
*当日券は公演当日、開演1時間前より各劇場にて発売いたします。

■「ジャパン・シンドローム」に関するお問い合わせ
チケット窓口 +49 (0)30-259 004-27 (ドイツ語・英語)
制作担当直通 +49 (0)30-259 004-283 (ドイツ語・英語・日本語)

Hebbel am Ufer Berlin www.hebbel-am-ufer.de
HAU 1: Stresemannstr. 29 / 10963 Berlin
HAU 2 : Hallesches Ufer 32 / 10963 Berlin
HAU 3 : Tempelhofer Ufer 10 / 10963 Berlin

by berlinHbf | 2014-05-20 21:03 | ドイツから見た日本 | Comments(0)

東京の本屋がベルリンに

e0038811_19282930.jpg
クロイツベルクの書店「Motto Berlin」に並んだ日本の書籍

3月末から2週間、「ベルリンの街に東京の本屋がやって来た!」をコンセプトに、東京の独立系書店5店が選んだ日本のアートブックと文房具がクロイツベルク地区の書店で展示販売されました。


地下鉄U1のSchlesisches Tor駅から徒歩3分。大通りから中庭に抜けると、アートブックを中心に扱う書店「Motto Berlin」が構えています。今回のイベントを企画したのは、ベルリン在住の原田潤さん。東京の大学を卒業後、グラフィックデザインを学び、現在は本とデザインにまつわる活動をしている彼に、そもそもなぜ日本の本をベルリンに紹介しようと思ったのか聞いてみました。

「一昨年、フランクフルトの書籍見本市で日本の本が紹介されている様子を見たのですが、僕らが楽しんでいる東京の本屋の雰囲気とずいぶん違うなと感じたのです。自分がやってきたことを生かして、日本の面白いものをドイツの人々に媒介できないかと思いました」。

e0038811_19283917.jpg
今回のイベントを企画した原田潤さん

店内に並ぶ書籍は、日本語を解さなくても楽しめる写真集など、70タイトル以上のビジュアルブックやバイリンガル表記の本が中心。2014年の木村伊兵衛賞を受賞した写真家・森栄喜さんの最新刊や、2012年にカッセルの現代美術の国際展「ドクメンタ」に出展した大竹伸朗さんの作品集のほか、戦後間もない時代の九州の街角を収めた井上孝治さんの写真集『想い出の街』といった古書まで、独自の視点で選ばれた幅広い年代の本が並びます。中学生の頃から神保町の古書店に通っていたという原田さんは、「古書を混ぜることで、時間軸に奥行きが出てくるんです」と、本への愛情を込めて語ってくれます。「デジタル書籍が増える中で、本の身体性というものを考えていきたい」との想いから、装丁やパッケージがユニークな本も何冊か置かれていました。

書籍に加えて展示されていたのが、日本発の文房具。ライフやツバメノート、印刷加工連といった日本の高い職人技術を感じさせる美しい紙文具、使いやすい筆記具や机周りの小物など、こちらも思わず欲しくなってしまうものばかり。

今回のイベントは、フィンランドのヘルシンキに次いでベルリンが2都市目の開催で、原田さんは「日本の出版物やものづくりに対するヨーロッパの人々の関心の高さを感じています。今後もドイツやヨーロッパの他都市で紹介していけたら」と意欲を語ります。

e0038811_19305536.jpg
「Motto Berlin」の"副店長"Tinte(写真提供:原田潤さん)

「Motto Berlin」は、アートブックに興味のある方にはお勧めの書店です。ひょっとしたら入り口で、店主が飼っている黒猫の「Tinte」(=「インク」の意)が迎えてくれるかもしれません。
www.mottodistribution.com

MOTTO BERLIN
Skalitzer Str. 68, im Hinterhof
10997 Berlin
U1 Schlesiches Tor
Ph: +49 (0)30 48816407
Fax: +49 (0)30 75442120
Open Monday – Saturday: 12h-20h

by berlinHbf | 2014-04-17 12:40 | ベルリンを「読む」 | Comments(1)

クロイツベルクのカフェChapter One

e0038811_197586.jpg
しばらくブログをお休みしていました。今週は疲れがたまったのか、数年ぶりにダウンしてしまいました^^;)。しばらく安静にしていなければなりませんでしたが、周りの方の看護のおかげで、ほぼ回復しました。まあ、近所のお医者さんに久々に会って近況報告もできたし、体のことを考える上ではいい機会になったと思うようにします。そうこうするうちに、ベルリンではアイ・ウェイウェイの大規模な展覧会が始まったり、ツォー駅近くにBikini-Hausがオープンしたりといろいろな動きがあり、街にも早くまた出たいもの。

e0038811_1975262.jpg
今日はクロイツベルクのカフェを一つご紹介します。U7のGneisenaustr.駅から徒歩5分のところにあるChapter Oneという小さなカフェ。私が以前住んでいたクロイツベルク西側の界隈にあり、さらに歩くとマルクトハレのある広場にぶつかります。さほど目立たない外観のカフェですが、とても香り豊かなコーヒーを出してくれます。ご覧の通り、カプチーノのラテアートにもうっとり。

e0038811_19899.jpg
周りを見ていると、地元の人がやって来て1杯飲んでは出て行き、また次の客が入ってテイクアウトしていったり、結構回転が速い。店内にトイレはないので、ゆっくりくつろげる感じではないけれども、味は本格的。こういうカフェが今ベルリンでは増えている気がします。

Chapter One
Mittenwalderstr. 30
10961 Berlin
火〜土9:00〜18:00
日11:00〜18:00

e0038811_1922469.jpg
近所のプラーク広場でも春の気配を感じられるようになってきました。
皆さん、どうぞよい週末を!
by berlinHbf | 2014-04-05 13:07 | ベルリン発掘(西) | Comments(0)

発掘の散歩術(43) -ベルリンでスタートアップ!-

e0038811_7203932.jpg
ベータハウス地上階にあるカフェの様子

ベルリン関連のニュースで、少し前くらいから「スタートアップ」という言葉を頻繁に耳にするようになった。IT系ベンチャー起業の拠点として、欧州の中で今ベルリンが注目されているのだそうだ。

と、言葉を並べてみても、ピンとくる方は少ないかもしれない。1990年代、ベルリンの壁崩壊後の混沌とした雰囲気や極めて安価な家賃でアトリエを借りられるとの理由から、世界中のアーティストがこぞってベルリンにやって来た時期があった。それと同じようなことが今、IT分野でも起こっていると考えれば分かりやすいだろうか。当時に比べると家賃はかなり上がったものの、パリやロンドンに比べると生活費は依然として安い。ベルリンでは英語も比較的通じるし、プログラミングやデザインの技能があれば、ITベンチャー事業の立ち上げには元手があまり掛からない。ゆえに、EU諸国や米国の若者たちが夢を求めてベルリンに集まって来るというわけである。

e0038811_751173.jpg
もともと工場だった建物をリノベーションして造られたベータハウス

そんな中、今注目されているのがコワーキングスペースだ。先日、ベルリンでもこの分野で最大級の「ベータハウス」を訪れた。場所は、近年再開発が進んだ地下鉄U8モーリッツ広場駅近く。一度は通り過ぎてしまったほど目立たない外観だが、中へ入ると空気は一変する。

e0038811_7412914.jpg

地上階はカフェになっており、ゆったりとしたスペースの中でPCに向かって作業している人の姿が見られる。建物の1階から5階には、アトリエ、大小様々のオフィス、ワークショップが行われるイベントスペースなどが備わっている。照明のデザインが面白い。壁や机には木材が多用され、居心地は良さそうだ。もちろん全館Wi-Fi完備。1カ月の利用料は159ユーロで、別料金で郵便の受け取りサービスもある。プログラマーやデザイナー、建築家、ジャーナリストといった職種の人がちょっとしたオフィスを構えることを考えれば、魅力的な条件かもしれない。掲示板には、フリーランサーの名刺やスタートアップの人材募集といったチラシがそこかしこに貼られていた。コワーキングスペースは、仕事の情報交換やスカウティングの場としても機能しているというわけだ。

かつてベルリンの壁が建っていたベルナウアー通りの一角では、欧州におけるITの大規模なハブとなる建物「Factory」の建設が進んでいる。その工房は、米グーグル社が100万ユーロ(約1億4000万円)の投資をしたことでも話題になった。もっとも、プラス面の話題だけではない。家賃が急激に高騰している現在のベルリン。IT関係者の流入による物価上昇に伴い、活発な不動産投機が追い討ちを掛けて、今後家賃がさらに上がる可能性もある。そうなると、ITのハブは東欧方面に移っていくかもしれない。

ベルリンのITシーンの面白さに惹かれ、2012年にこの街に移住してきたフリーランス・イラストレーターの高田ゲンキさんは、「シリコンバレーに代表される北米のストイックな文化とベルリン特有の緩い空気が、今後どのように混ざり合っていくのか興味深い」と語る。2014年もベルリンのITシーンは流動的であり続けるだろう。多種多様な人と文化の融合に、今後も注目していきたい。
ドイツニュースダイジェスト 2月7日)


Information
ベータハウス 
Betahaus


2009年にオープンしたクロイツベルク地区のコワーキングスペース。興味のある方には、毎週火曜17:00と木曜の11:30に行われる無料の見学ツアー(英語)がお勧め。情報交換のための朝食会も定期的に開催。ベルリンのスタートアップの分布を示したマップ(http://berlinstartupmap.com)を参照すれば、この街における現在の活況を実感できる。

オープン: 月~金8:00~20:00
住所: Prinzessinnenstr. 19-20, 10969 Berlin
URL: http://betahaus.de


ザンクト・オーバーホルツ 
St. Oberholz


地下鉄U8ローゼンターラー広場駅の目の前に位置し、ベルリンではWi-Fi無料カフェの先駆けとして知られる。天井の高い1階と2階では常にPCで作業する人で賑わっており、まさにコワーキングな雰囲気。2011年からは、その上階にあるオフィス、アパートメントを貸し出すサービスも行っている。

営業: 月~木8:00~24:00、金土8:00~翌3:00、日9:00~24:00
住所: Rosenthaler Str. 72a, 10119 Berlin
電話番号: 030-2408 5586
URL: www.sanktoberholz.de
by berlinHbf | 2014-02-09 23:53 | ベルリンのいま | Comments(2)

生誕100年 ヴィリー・ブラントの写真展

e0038811_18231276.jpg
ヴィリー・ブラント写真展のチラシより

先日、地下鉄の駅で印象的なモノクロ写真を使ったポスターを見掛けました。列車の食堂車の中で、中年の男性が通路を隔てて座る女性に渋い表情の眼差しを向けた瞬間をとらえたもの。報道写真というよりは、主演俳優と女優を映した映画のワンシーンのようだと思いました。

この男性は、かつて西ドイツの首相を務めたヴィリー・ブラント(1913~1992年)。1913年12月18日のブラント生誕100年を記念し、クロイツベルク地区にある社会民主党(SPD)本部、通称「ヴィリー・ブラント・ハウス」で行われた写真展に足を運んできました。

政党本部での展覧会というと、日本では馴染みがないかもしれませんが、ドイツの政党や政治家は美術品の収集に熱心ということが少なからずあり、特にこのSPD本部では定期的に展覧会が開催されています。

e0038811_18224398.jpg
ヴィリー・ブラント・ハウスのアトリウム

三角形のモダンな外観の建物の中に入ると、そこは天井ガラスで覆われた大きなアトリウムで、光がたっぷり差し込んでいます。写真展は2部に分かれ、1階は長年ブラントを撮り続けたポートレート写真家、コンラート・ルーフス・ミュラーの作品。暗闇を背景に、近距離からブラントの表情を捉えた写真が中心で、表情の豊かさと刻まれた深いしわが彼の歩んだ激動の道のりを物語っているようでした。

静的なミュラーの作品に対し、2階には、4人の報道写真家によって収められた躍動感溢れる写真が多く並びます。シュテルン誌の委嘱を受けてブラントを追い続けた彼らの写真は、西ベルリン市長時代から連邦首相、さらにその後まで、さながらブラントの政治家人生を一望できるボリュームがありました。モノポリーで遊び、家族と過ごす時間などを収めたプライベートショットでは、くつろいだ表情を見せています。本業の政治の方では1970年、初の東西ドイツ首脳会談のためにエアフルトを訪れた際の緊張感が印象に残りました。ほかにも、やはりドイツの首相として初めてイスラエルを訪問したときの様子、ベルリンの壁が崩壊した直後の感慨に満ちた表情、そして談話に応じる際、いつも左手に持っていたタバコに焦点を当てた写真等々。

それにしても感じたことは、あの冷戦時代、しかも相手に手の内を見せないことが美徳とされる政治の世界で、ブラントが見せた率直な表情は人間味があり、絵になる人だなということでした。そんなヴィリー・ブラントの写真展は2月1日まで開催されています。火~日曜の12:00~18:00オープン。入場は無料ですが、パスポートなどの身分証の提示が必要です。
www.willy-brandt-haus.de
ドイツニュースダイジェスト 1月17日)
by berlinHbf | 2014-01-17 10:30 | ベルリン文化生活 | Comments(0)

小野雅楽会のベルリン公演

e0038811_7381389.jpg
クロイツベルクの受難教会で行われた小野雅楽会の公演

普段海外に住んでいるからこそ、日本の伝統的な文化に接したときに、はっとするような新鮮な感動を受けたという経験をお持ちの方は結構いらっしゃると思います。私自身、振り返ってみて特に印象に残っているのが、2008年の平成中村座の歌舞伎と2011年の金春流能の『船弁慶』の舞台(いずれもベルリンの「世界文化の家」にて)。恥ずかしながら、歌舞伎も能も、私はそれまで生の舞台に接したことがありませんでした。

11月19日にクロイツベルクの受難教会(Passionskirche)で行われた小野雅楽会の公演も、私にとってはそんな貴重な機会でした。小野雅楽会は1887年に創設された、民間では最古の歴史を持つ雅楽演奏団体。今回、ロシア、ドイツ、オーストリアの5都市を巡る演奏ツアーの一環でベルリンを訪れました。

キリスト教会で日本の雅楽を聴くということに、最初はやや違和感を抱いていましたが、パイプオルガンとレンガ造りの美しい祭壇の前に設置された雅楽の舞台は、驚くほど見事に溶け合っていました。

前半は、管弦と呼ばれる楽器のみによる演奏。笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)の管楽器のほか、楽琵琶(がくびわ)、楽箏(がくそう)という弦楽器、鉦鼓(しょうこ)、鞨鼓(かっこ)などの打楽器から構成されます。篳篥と龍笛の合奏はうねるような力強さがあり、笙の響きは天から降り注ぐ光のように眩しい。最初の音が鳴った瞬間、私は古の時代に連れ去られるかのようでした。

e0038811_7382550.jpg
後半は舞を伴う舞楽。最初の振鉾(えんぶ)では、複数の龍笛がカノンのように掛け合うところが印象的でした。続く『蘭陵王』は唐を経由して伝来した左舞と言われるもので、華麗な1人舞が舞台上で繰り広げられます。それに対し、『延喜楽』は朝鮮半島(高麗)を経由して伝来した右舞と呼ばれ、4人の踊り手が舞を演じます。地元の聴衆は、最後まで静かに聴き入っていました。

終演後、打ち上げに参加する機会を得ました。たまたま私の前に座ったのは、今回のツアーの特別ゲストで、最近まで宮内庁式部職楽部首席楽長を務めた豊英秋(ぶんのひであき)さん。実に1300年以上前から天皇家に仕えてきた楽師の家系の方と知り、仰天しました。雅楽人間国宝でもある豊さんは、大らかな口調でこんなことを話してくださいました。

「雅楽は唐から大きな影響を受けていますが、当時の西安はキリスト教、イスラム教、仏教が混在する国際都市でした。三島由紀夫がこんな言葉を残しています。『雅楽をひもとけば、ローマに通じる』と」。

雅楽がこのように多彩な要素を持つ一方で、これほど長い間、いったいどのようにして芸が伝承され得たのでしょうか。

「世襲の良さというのは『平均』だと思うんですよね。世襲の中には優秀な人もいれば、そうでない人もいますが、それはさほど問題ではありません。伝えることに愚直に専念すれば、結果的に昔とそれほど変わらないものが受け継がれていくと思うんです」。

私自身のルーツにも繋がる「世界最古のオーケストラ」。その生演奏と伝統を今に伝える人々に直に接し、感銘深い夜となりました。
ドイツニュースダイジェスト 12月20日)
by berlinHbf | 2013-12-21 23:45 | ニッポン再発見 | Comments(0)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング