ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

タグ:Berlin(Ost) ( 105 ) タグの人気記事

ジャンダルメンマルクト広場の"Fassbender & Rausch"

e0038811_5555792.jpg
そばを通ることが頻繁にありながらこれまでなかなか入る機会のなかった、ジャンダルメンマルクト広場に面した"Fassbender & Rausch"で先日初めてお茶してきました。
"Fassbender & Rausch"は1863年創業の高級チョコレート店。1階は種々のチョコレートが売られており、観光客などで賑わっています。今回行ってみたかったのは2階の方でした。

e0038811_5595558.jpg
ここはカフェのほか、「ヨーロッパ初のチョコレートレストラン」(!)になっています。氷点下の寒い日だったこともあって、私たちは迷わずホットチョコレートを注文。ホットチョコはもともと大好きで多くのカフェで飲んできましたが、ここのはとりわけ濃厚で深い味わいがしました。3,6ユーロとベルリン水準からしたらやや高めですが、この味ならば満足!

e0038811_5563573.jpg
"Fassbender & Rausch"はドイツドームのほぼ真裏、モーレン通りとシャルロッテン通りが交差する地点にあります。U2のStadtmitte駅の東側出口を上がってすぐ。

Schokoladen-Café und Schokoladen-Restaurant :
Montag-Sonntag 11:00-20:00 Uhr

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-02-17 22:50 | ベルリン発掘(東) | Comments(6)

メルキッシュ岸沿いに歩く(1)

e0038811_76653.jpg
雪が降りしきる今日の午後、U2のシュピッテルマルクト(Spittelmarkt)駅で降りて、ベルリンの古層ともいえる地域を散策してみた。この駅からメルキッシュ岸(Märkisches Ufer)に沿った道は、ガイドブックなどで取り上げられることは普通まずないが、なかなか情緒があって私は好きである。写真の風景を後ろ目に見ながら、東に向かって歩いてみよう。

e0038811_7143490.jpg
シュプレー川の支流をはさむ左右の風景は対照的だ。右手は古い建物が結構残っているのに対して、反対側の「フィッシャー・インゼル」はDDR時代の高層アパートがずらりと並ぶ。かつてのケルン(Kölln)の南半分にあたる中世以来の古い地域だが、昔日の面影はもはや何もない。

e0038811_762228.jpg
それでもこの岸辺は、街灯も古いタイプのもので統一され、散歩道としてはなかなかいい。次回は夏の風景も紹介しようと思う。ところで写真に写っている左手の建物・・・。

e0038811_714073.jpg
今は廃墟のようだが、Roßstraßebrückeのたもとにあるこの建物がかつて何に使われていたのか、気になるところである。この橋を渡ると、風景がまた変わる。続きはまた次回に。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-02-15 23:57 | ベルリン発掘(東) | Comments(8)

「ベルリン パノラマ写真展 1949-1952」

e0038811_17165271.jpg
Pariser Platz, 1951, Aufgenommen vom Fotografen Fritz Tiedemann, rekonstruiert von Arwed Messmer 2008, 1,25 x 5,84 Meter

ベルリンに住んでいるとこの町ならではの展覧会に出くわすことが少なくないのですが、これは最近観た中でも白眉と言えるものでした。クロイツベルクのBerlinische Galerieで開催中のSO WEIT KEIN AUGE REICHT (BERLINER PANORAMAFOTOGRAFIEN AUS DEN JAHREN 1949 - 1952)です。

ユダヤ博物館から徒歩5分の距離にあるBerlinische Galerieは、私の好きなギャラリーの1つ。ギャラリーといっても、規模と内容からから見てもう立派な現代美術館です。その内部の一角、大きな長方形の部屋一杯に、戦後間もない時期に撮影された東ベルリンのパノラマ写真が展示されているのですが、これがただのパノラマではありません。まず1つ1つのサイズがとんでもなく大きい。入り口の壁に、約25メートルに渡って飾られている1枚の(!)写真にまず圧倒されました。フリードリヒスハインの労働者街、Fruchtstraßeのある日の日常がそっくりそのまま目の前に現出しているのです。アパートに戦争の傷跡が生々しく残る風景をゆっくり観察しながら、右から左へ歩いていくと、まるで自分がその時代にいるかのような錯覚にとらわれます。

e0038811_643476.jpg
一体なぜこんな写真が残っているのか?
実はこれら、Fritz Tiedemannという写真家が東ベルリンの当局から委託を受け、1949年から52年にかけて大判カメラで撮影した純粋に記録用の写真です。その数は約1500枚。60年近くの月日を経て、写真家Arwed Messmerがこれらの写真を組み合わせデジタル加工し、1枚1枚に仕上げたのが本展覧会の写真というわけです。その労力には拍手を送りたくなります。

なるほど、そういうことを知ると、確かに写真をよく見ると不自然な面があります。連続撮影ゆえ、1枚の写真に同じトラムが2台写っていたりする。それに、展覧会のサブタイトル通り、「人間の視界はこんなに広くない」。

ベルリンの古い写真は好きでよく見ますが、そのどれもが見たことのない風景ばかりでした。1953年の暴動で黒焦げになる前のコロンブスハウスから見たポツダム広場とライプチヒ広場のパノラマ。今と区画が全く違う市庁舎前の通りの風景。ヴァルター・ウルブリヒトスタジアムを建設中のショセー通り。王宮が取り壊された翌年のドーム周辺の風景は、共和国宮殿が解体されたばかりの現代の風景とだぶります。それにしても、観光客であふれる今と違ってどこも人通りが少ないこと。

カタログも出版されていますが、この迫力は本のサイズでは伝わらないでしょう。写真の持つ記録の力のすごさというものを思い知らされた展覧会でした。本来は今週末までの展覧会でしたが、会期が延長されて2月22日までとなったので興味のある方はぜひ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-02-13 12:37 | ベルリンを「観る」 | Comments(0)

黄昏のオストクロイツ駅

e0038811_1717430.jpg
1月の下旬ある夕方、ふと思い立ってオストクロイツ駅に行って来ました。昨年末に久々に訪れたら、駅舎の一部が取り壊されてたりと改造工事が着々と進行しているのを実感し、今のうちに記録に留めておきたいという思いが高まったのです。オストクロイツ駅ほど独特の詩情と味わいを併せ持つ駅は、ベルリンといえども他にほとんどありません。

関連記事:
ベルリン・オストクロイツ駅(2008-05-25)
フリードリヒスハイン散策(2) - 再びオストクロイツ駅へ - (2008-07-03)

e0038811_18204758.jpg
Dホームにて。Sバーンは全て最新式に変わったとはいえ、駅の構内の薄暗い雰囲気は戦前の駅を髣髴とさせる何かがある。

e0038811_17172346.jpg
ホームの先端まで歩くと屋根のない階段があり、そこから眺めた風景がこれ。今回はその先に行ってみたかった。

e0038811_18123323.jpg
人の気配が皆無のホーム。その向こうにはテレビ塔が輝いていた。てっきりもう使われていないホームかと思ったが、その直後にシェーネフェルト空港からのS9の列車がやって来たので、いまだ現役なのだった・・・。
それにしても何と古めかしいホームだろう。

e0038811_18125024.jpg
仮設の路線橋より。黄昏時は、蒸気時代の給水塔の存在感が一段と高まるように感じる。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-02-09 12:08 | ベルリン発掘(東) | Comments(8)

旧トレゾア跡のいま

e0038811_1235934.jpg
先日、雪景色のティアガルテンを散歩した後、ポツダム広場、ライプチヒ広場を通ってU2のモーレン通り駅までさらに歩いた。ライプチヒ広場の東側の広大なスペースは、この気候状況の中で一層鮮やかだった。

e0038811_125795.jpg
この場所については、3年前に変容するライプチヒ広場(2)で紹介したことがある。当時はまだ戦前、そして分断時代の何がしかの痕跡が残っていたのだが、それも今はもうないはずだ。

関連記事:
変容するライプチヒ広場(1) (2006-02-08)
変容するライプチヒ広場(2) (2006-02-10)

e0038811_1253623.jpg
これも3年前の2月に撮影したもの。かつてこの一角にあった、戦前のヴェルトハイム百貨店の金庫室を利用したトレゾア(Tresor)というクラブは、90年代のベルリンで一世を風靡した。

参考サイト:
たくさんの物語 (Goethe-Institut)

e0038811_1274643.jpg
旧トレゾアは2005年の4月で幕を閉じたが、私はその空間の中に一度も足を踏み入れなかったことを今でも後悔している。これは、クロイツベルクのケペニック通りにある現在の「トレゾア」の様子。

e0038811_1241899.jpg
この一角にもう一つ私の興味をとらえる建物がある。建物というより、正確には廃墟なのだが・・・(3枚目の写真の背後にも写っている)。かつての官庁街ヴィルヘルム通り側に回って、その廃墟に近づいてみよう(200番のバスからもよく見える)。

e0038811_1354084.jpg
これがDDR時代の遺構なのか、あるいは戦前のものなのか、自分でも調べているのだが、いまだに掴めないでいる(場所はWilhelmstr.とVoßstr.の角)。壁の崩壊から20年経っても、ベルリンの中心部には過去の亡霊のような建築物がいまだ存在する。だが、そんな得体の知れないものまでを含めて、この町は私を魅了して止まないのだ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-01-17 19:20 | ベルリン発掘(境界) | Comments(10)

よみがえるベルリンの王宮

e0038811_21493797.jpg
2年半かけて行われてきた旧東ドイツ時代の共和国宮殿の解体作業が終わりを迎える昨年11月末、ベルリンの将来に関する大きな決定が下されました。共和国宮殿に代わって新たに建てられる「フンボルト・フォーラム」の建築コンペで、15人の審査員が全員一致でイタリア人建築家フランコ・ステラの作品を勝者に選出したのです。

プロイセン時代に端を持ち、1950年に東ドイツ政府によって爆破されたベルリン王宮を再建すべきか否かは、この15年間、ベルリンのみならずドイツの将来に関わる中心議題であり続けました。しかし、王宮の復古という形ではなく「フンボルト・フォーラム」という名称の複合文化施設として再建を決定していた連邦政府は、これで2010年の着工に向け本格的に動き出すことになります。

e0038811_225216.jpg
現在、コンペに参加した30作品がウンター・デン・リンデンの皇太子宮殿(Kronprinzenpalais)に展示されているというので、先日見てきました。連邦建設省主催のこのコンペでは、バロック様式のファサード(正面)3面はオリジナルの外観を保つというのが条件。残りの東側のファサードと屋上のドーム、及び中庭のデザインは建築家に任されました。中には斬新で奇抜なデザインの作品も見られましたが、ステラの建築はオリジナルの外観にかなり忠実に沿ったもので、素人目にはやや殺風景に感じられた東側の現代的な部分も、「建築家の自我が前面に押し出ることなく、バロック様式のリズムに沿って形成している」などと評価されたようです。

e0038811_2158647.jpg
「フンボルト・フォーラム」は、プロイセン文化財団が所有する非ヨーロッパの美術コレクション、ベルリン市図書館、フンボルト大学所蔵の学術コレクションという3つの核で成り立っており、その他、アゴラと呼ばれる残りのスペースはコンサートや映画の上映、現代アートの展示、カフェ、レストランなどに利用されます。

東西再統一後、ベルリンは新しい未来を予感させる工事現場にその時々彩られてきました。例えば90年代のポツダム広場、2000年代に入ってからのベルリン中央駅などです。2014年末に完成予定の「フンボルト・フォーラム」が、今度は新たにその役割を担うことになるのでしょう。
ドイツニュースダイジェスト 1月16日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-01-14 14:07 | ベルリンのいま | Comments(6)

「国境の駅」 フリードリヒ通り駅の100年(2)

e0038811_17442849.jpg
Bahnhof Berlin Friedrichstraße(1984年5月8日)

「フリードリヒ通り駅の100年」の後編は1980年代に入る。
この時代になると、旅行や留学生活、仕事の出張などでフリードリヒ通り駅を利用したという方もいらっしゃるのではないだろうか。

e0038811_22314695.jpg
当時この駅がいかに複雑な内部構造になっていたかは、私の手元にある"Grenz-und Geisterbahnhöfe"というパノラマ地図(www.panorama-berlin.de)を見ると何となくわかる。西ベルリンから東ベルリンに「入国」する場合(赤の矢印)、そして「涙の宮殿」を通って西側に戻る場合(青の矢印)、いずれも複雑に込み入った経路を通らなければならなかった。特に地下鉄(右下)から東側に入る場合、地上の構内に出るまでどれだけ歩かなければならなかったのだろう。

e0038811_17444627.jpg
1985年6月18日。Sバーンのホームから西側方面を望む。

e0038811_174567.jpg
1989年のある日。あまりに古めかしいSバーンの表示板は、字体からいっても戦前のものではないだろうか。

e0038811_17452756.jpg
壁崩壊4ヶ月前の1989年7月。東側のコンコースらしいのだが、今となってはその名残はどこにも見られない。

関連記事(壁崩壊前日の東ベルリン):
壁崩壊、そして - メヒティルトさんに聞く(8) - (2007-03-19)

e0038811_1746379.jpg
東西統一を控えた1990年4月17日の様子。

e0038811_17462245.jpg
大改装工事真っ最中の1996年3月。私が初めてベルリンの地を踏んだのは1998年3月だが、その時も工事は続いており、大きく迂回してフリードリヒ通り駅の中に入ったのをよく覚えている。

e0038811_1811542.jpg
ドイツ鉄道の長期ストにより、人気がまばらなホーム(2007年11月16日)。

フリードリヒ通り駅の構内はすっかりきれいになって、迷路のように複雑だった内部はもはや想像するのさえ難しい。最近、駅の北側には奇抜なビルが建ちそびえ、過去の遺物となった「涙の宮殿」を見下ろしている。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-01-08 15:59 | ベルリン発掘(境界) | Comments(20)

「国境の駅」 フリードリヒ通り駅の100年(1)

e0038811_115597.jpg
Bahnhof Berlin Friedrichstraße(1910年頃の絵葉書より)

2009年はドイツ連邦共和国の建国60周年にして、ベルリンの壁崩壊20周年。新聞でもそのテーマで大きな記事が組まれるなど、私は年頭から興奮する気持ちを抑えられずにいる(笑)。

昨年の夏、フリードリヒ通り駅の構内を歩いていたら、あちこちに駅の昔の写真が展示されているのを見つけた。これまで見たことのない写真が多く、私はしばらく夢中で眺めていたのだが、その時撮った写真を2回に分けてここで紹介しようと思う。壁メモリアルイヤーの冒頭は、ドイツの激動の歴史を眺め続けてきたこの駅からスタートしよう。

e0038811_1162084.jpg
1914年の駅の改装前に撮影されたもの

e0038811_1163638.jpg
駅の北側(1942年)。アドミラルパラストのほぼ正面の位置と思われる。

e0038811_1183423.jpg
駅の南側(1957年7月5日)。蒸気機関車がアレクサンダー広場方面に発車する瞬間。この写真を5秒間じっくり眺めてから次の写真に移ってください。

e0038811_1411959.jpg
上の写真とほぼ同じ地点から(2008年7月31日)。50年経っても、駅を囲む風景は大きく変わっていないことがわかる。ただしそれはごく狭い範囲での話。周辺の建物はこの15年で激変した。

e0038811_1184938.jpg
再び50年前の駅の北側へ(1960年頃)。2階建てバスは東側でも走っていたのかとふと思った。戦後建てられた画面左側の建物は何だろう。

e0038811_1191996.jpg
当時の女性の夏ファッションがなんとも・・・(1962年8月2日)

e0038811_1242699.jpg
やがて姿を現す、東から西への出国所、通称「涙の宮殿」(1964年1月4日)。

この建物については以下の記事をご参照ください:
フリードリヒ・シュトラーセ駅の「涙の宮殿」 (2006-12-22)
壁のあった時代(上) - メヒティルトさんに聞く(5) - (2007-03-13)

e0038811_1244516.jpg
1979年冬のある日。右手に人々の行列が見える。当時フリードリヒ通り駅唯一のタクシー乗り場がそこにあり、これはなかなかやって来ないタクシーを待つ人々の行列なのだと、当時をよく知る方から後で教えていただいた。

関連記事:
変貌するフリードリヒ・シュトラーセ駅周辺 - 壁建設の日に - (2008-08-13)

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-01-04 19:17 | ベルリン発掘(境界) | Comments(8)

年の瀬のベルリン上空より

e0038811_6185315.jpg
Berliner Dom(12月28日)

移動式観覧車の上からは、やや霞みがかりながらも大聖堂とリープクネヒト橋の向こうに続くウンター・デン・リンデンがきれいに見渡せました。

e0038811_6191196.jpg
ついにただのさら地と化した旧共和国宮殿跡。
その後ろには、左から右に向かって連邦外務省、シンケルが設計したフリードリヒ・ヴェルダー教会、フリードリヒ大王の時代に造られた丸いドームの聖ヘトヴィッヒ教会などが見えます。さらにその後方に広がっているのは、ジャンダルメン・マルクトの双子のドーム、右手奥にはポツダム広場のビル群が。

e0038811_6193072.jpg
赤の市庁舎は1枚の写真に納まらず。その右手後方には"Altes Stadthaus"(現ベルリン市内務・スポーツ省)の塔、さらに今年100周年を迎えたメルキッシュ(辺境)博物館の三角の屋根が見えます。

関連記事:
ベルリン史の宝庫、メルキッシュ(辺境)博物館 (2006-04-09)

e0038811_6194840.jpg
その反対側はSバーンのハッケッシャーマルクト駅方面。駅の南側(白いコンテナが見える辺り)は現在工事の真っ最中。左手奥に新シナゴーグの黄金のドームが輝いています。

e0038811_620658.jpg
観覧車は何度も周回した後、一番上の地点でしばらく停止し、最後この角度でゆっくり眺めることができました。何かと不穏な気配を漂わせている世界ですが、来年もこの空のように穏やかな気分で年末を迎えたいものです。

今エントリをもって、ブログ「ベルリン中央駅」の2008年は終わりです。
今年も1年間お付き合いくださり、ありがとうございました。
どうぞよいお年をお迎えください。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-12-30 23:38 | ベルリン発掘(東) | Comments(12)

市庁舎前のクリスマスマーケット最終日に

e0038811_0104624.jpg
王宮広場前のクリスマスマーケットが昨年で最後となった関係からか、今年初めて赤の市庁舎前に市が立ちました。クリスマスが終わり、マーケット最終日の日曜日に足を運んで来ました。

関連記事:
輝きを取り戻した「赤の市庁舎」 (2007-04-24)

e0038811_044743.jpg
久々に見た快晴の空、でもこういう日に限って寒いんですよね(マイナス5度近くまで下がりました)。にも関わらず、ネプチューンの噴水の周りに設置されたスケートリンクには大勢の人々が最後の滑りを楽しんでいました。このネプチューンの像は、かつては王宮横にあったものです(右手はマリーエン教会)。

e0038811_074923.jpg
この日の私たちのお目当ては、マーケットの西側に設置された移動式観覧車。これに乗って、最近解体作業が終わったばかりの共和国宮殿方面を眺めてみたかったんです。

e0038811_08991.jpg
観覧料は1人5ユーロ。ちょっと高いなあと思いつつも、これを逃すと来年になるので乗ってみることにしました。

さて、ここからどういう風景が眼前に広がっていたか。それを次回ご紹介しましょう。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-12-29 21:56 | ベルリン発掘(東) | Comments(3)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング