ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

タグ:Berlin(Ost) ( 105 ) タグの人気記事

"Good Bye Hotel Unter den Linden!"

e0038811_8172093.jpg
ベルリンの中心部ミッテ、ウンター・デン・リンデンとフリードリヒ・シュトラーセが交差するこの場所といえば、ベルリンで最も名高い交差点のひとつに数えられるだろう。ここの一角にある、戦後のベルリンの歴史と共に歩んで来た建物が姿を消すことになった。

e0038811_8192627.jpg
「ホテル・ウンター・デン・リンデン」。町の中心部の目に付きやすい場所ゆえ、観光でベルリンを訪れて、この姿に見覚えがあるという方も少なくないだろう。1966年に完成した、ご覧のように東ドイツ時代の典型的なスタイルの建物である。美しい建築というにはためらわれるし、このブログで何度も取り上げている共和国宮殿(Palast der Republik)のように歴史的に大きな意義があるわけでもない。だが、見慣れたベルリンの風景がまたひとつなくなるのかと思うと、ちょっと寂しい気分にもなる。

e0038811_818655.jpg
このホテルを取り壊す話は前からあったようだが、6月のW杯の開幕に間に合うよう急遽取り壊されることに先日決まったのである。このホテルの敷地とホテル前の広場を合わせて、W杯の期間中はサポーター用のイベントの場として使う方針なのだという。

e0038811_8184458.jpg
W杯が終わると、種々のオフィス、お店、250ものアパートが合わさった複合ビルを2008年末までに建てる予定らしい。新しい建物が立つのはともかく、この広場までなくなってしまうのは寂しい。この写真を撮った2月4日には、まだこのように木が立っていたのだが・・

e0038811_8195499.jpg
先日再びこの前を通ったら、いつの間にか木が根こそぎ切り倒されていた。「ホテル・ウンター・デン・リンデン」は2月末をもって営業終了、建物の解体は3月1日から始まるというから動きが早い。

e0038811_8202311.jpg
正面の白い建物は、いつかこのブログでも取り上げたことのある
"Dussmann"(こちらを参照)。この道を真っ直ぐ行くと、フリードリヒ・シュトラーセの駅にぶつかる。駅周辺はこの5年間で次々と新しいビルが建った。次にここに建てられるという建物のイメージ図をこの前新聞で見たが、今のベルリンに乱立している建築群と大して変わりばえのしないものだった(ベルリン中央駅を設計した事務所らしいが)。10年後のベルリンはどうなっているのだろう。新しい建物がどんどん建っていくのは結構なことだが、似たり寄ったりの外観の建物と、売っているものはどこも同じのショッピングモールばかりが並ぶ、ということにはならないでほしいと思う。

e0038811_8212582.jpg
この姿も間もなく見納めとなる。最後に泊まっておきたいという方はお早めにどうぞ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-02-17 01:43 | ベルリンのいま | Comments(20)

カール・マルクス通りを歩く(3)

e0038811_20105220.jpg
前回少し触れたが、壁崩壊後この通りは文化財保護区域に指定されたため、通り沿いのアパートは90年代にきれいに修復された。ところが、この恩恵に浴していないものがある。それが1950年代に立てられた街灯だ。上の例はまだ状態がいいもので、ガラスが割れているもの、片方のランプしかないものなど、その損傷は著しい。

e0038811_20112247.jpg
このように、根こそぎ抜かれているものまで見受けられた。日本と違って、地震が起こるわけではないのに、どうしてこうなったのか私にはわからない。先日、ある新聞の記事で読んだが、この通り沿いの215もの街灯のうち、約160は完全に新しいものに取り替える必要があるとのこと。その工事は今年から始まり、2006年中には終わらせる見込みのようだ。街灯はDDR(東ドイツ)オリジナルのものに統一されるという。

e0038811_20132687.jpg
散歩に疲れたらカフェに入って、一休みしよう。カール・マルクス通りには感じのよさそうなカフェをいくつか見かけたが、ひとつ挙げるとしたら、Cafe Sibylleだろうか(写真左)。DDR時代は、東ベルリンで最も人気のあるカフェのひとつだったという。1997年に一度閉鎖されるも、2001年に再オープン。現在はカフェとしてだけでなく、カール・マルクス通りのインフォメーションセンターにもなっていて、通りの歴史についての展示物が置かれている。また、電話で事前予約すれば、この建物の屋上にある展望台から、通りを一望することができるそうだ。私はここでアイスコーヒーを飲んだが、西に比べると大分安かった。

Cafe Sibylle
Karl-Marx-Allee 72
Tel. 030 - 2935 2203

e0038811_2013525.jpg
私はレンタカーで車を借りる機会があると、必ず一度はこのカール・マルクスアレーに向かってしまう。社会主義時代はメーデーなどの政治パレードに使われただけあって、道幅が異常に広い。また、道なりはひたすら真っ直なので、運転していて気分が晴れ晴れとしてくるのである。夕暮れ時は、この通りから望むテレビ塔がまた美しい。

e0038811_20143738.jpg
さらに先に行くと、右手にKino Kosmosという映画館が見えてくる(Karl-Marx-Allee 131a)。この独特の形状をした建物は、客席数が1001あり、DDR時代東ベルリン最大の映画館だったという。

e0038811_2015296.jpg
終点のフランクフルト門が近づいてきた。写真に見える、左右2つの塔について、前回も引用させてもらった杉本俊多氏の「ベルリン」には次の記述がある。

フランクフルト門の交差点には、背の高いドーム屋根をいただく建物が、やはり道路を挟んで左右対称に配置されたが、これはかのジャンダルマン・マルクト広場のフランス教会堂、ドイツ教会堂の双子教会堂をモデルにしているようで、これもまたバロック的趣味を示していた。
ジャンダルマン・マルクト広場の塔もいつか紹介したいが、なるほど、両者は確かに似ている。それにしても、1950年代のこの誇大な建築群に、その120年以上前に流行ったベルリン新古典主義からの引用が見られるとは、なかなか興味深い。

e0038811_20153286.jpg
いかがだったでしょうか。ベルリンにはこういう通りがあるのです。しかし、3回も続けて「大きいことはいいことだ」の見本のような建物ばかりを見せられると、うんざりしてくる方もいらっしゃるのでは。東ものが続いたので、次回のベルリンガイドでは西側に戻るつもりです。
by berlinHbf | 2005-09-15 15:54 | ベルリン発掘(東) | Comments(14)

カール・マルクス通りを歩く(2)

e0038811_729425.jpg
噴水のあるシュトラウスベルク広場が今回の出発点。この通りを歩いてみようという方は、地下鉄(U5)に乗ってこのStrausberger Platzで降り、そこからフランクフルト門まで駅2つ分を歩くのがおすすめである(距離にして2キロ弱)。では、昨日の夕方撮ってきたばかりの写真をご覧ください。

e0038811_730823.jpg
ベルリン名物のクマさんがここでも迎えてくれる。さて、シュトラウスベルク広場からさらに東に歩くと、それまでとは周りの景観が大分変わってきたのがおわかりいただけるだろうか。後ろにそびえるやたらと威圧的な建物、実は普通に人が住むアパートなのである。社会主義時代のアパートというと、いわゆるPlattenbauと呼ばれる鉄筋コンクリートプレハブ住宅を連想されるかもしれないが、それが主流になるのはもう少し後の時代のこと。戦後直後、時の東ドイツ政府は、この通りが東ベルリンの顔となるべく、国家の威信をかけて「社会主義リアリズム」の理論を追求した。その理論はライバル関係の西ベルリンの都市計画とは、全く対極にあるものだった。

ちなみに、1949年から61年まで、この通りは「スターリン通り」と名付けられていた。

ではこの建物、もう少しそばに寄って見てみよう。

e0038811_7303977.jpg
手元にある優れたベルリンのガイド「ベルリン 杉本俊多著 講談社現代新書(廃版)」には、この通りの建築スタイルについてこう触れられている。
「その建築スタイルは、近代的な建築形態を求めながら、伝統的な建築美学からの連続的な発展を意図したものであり、きわめてモニュメンタルな性格のものだった」
「街路に面する各建築は、古典主義的造形手法三層構成を基本とし、それを鉄筋コンクリート造のモダニズム建築スタイルと融合したのだった」
専門的なことはよくわからないが、新しいものを目指しつつ、同時に古典主義の様式も取り入れたということ。なるほど、次の写真に見られるように、ギリシャ神殿風の柱が使われているのはそのためか・・

e0038811_731634.jpg
これがアパートの入り口というのだから、恐れ入る。一体どんな人が住んでいるのだろうと入り口の前に立っていたら、自転車から降りた普通のおねえさんが中に入って行った。

e0038811_7313288.jpg
この圧倒的な威圧感。一体中はどうなっているのだろうか。現在このアパート群は、文化財保護地域に指定されている。ちなみに、ここに住んでみたいという方、いらっしゃいますか?

e0038811_7315813.jpg
アパートの写真を撮り終え、反対側に渡ろうとしたその時、一台の車がかなりのスピードを上げて私の目の前を通り過ぎようとした。

「あっ、トラバント!」私はすかさずシャッターを押した。

写りはあまりよくないが、そう、これこそが東ドイツ時代の国民車トラバント(Trabant)なのである。当時、乗用車といえばみんなこれに乗っていた。しかし、この時代になってもまだ乗っている人がいるとは、これまた恐れ入る。カール・マルクス通りを走るトラバント、今となっては貴重な組み合わせが拝めて、ちょっと得した気分になったのでした。

2回で終わらせるつもりだったが、カール・マルクス通りは中身が濃い。もう1回続きます!
by berlinHbf | 2005-09-14 02:40 | ベルリン発掘(東) | Comments(6)

カール・マルクス通りを歩く(1)

e0038811_7383189.jpg
ベルリンのショッピングストリートといえば、まず名前が挙がるのがクーダム(Kurfuerstendamm)だろう。旅行ガイドには必ずこの通りのことが載っている。しかし、かつて「東のクーダム」と呼ばれたこともある、カール・マルクス通り(Karl-Marx-Allee)を紹介した日本語のガイドブックはおそらくないのではないだろうか。有名ブランド店が立ち並ぶ、よって似たような通りは世界中に他にいくらでもありそうな西のクーダムよりも、今となっては、「東のクーダム」の方がおもしろいし、希少価値がある。ここには社会主義時代の建物がほぼそっくりそのまま残っていて、一種独特の気分に浸れること請け合いだ。今回はこの通りを散歩してみよう。

間近から見上げると、巨大なテルテル坊主のように見えるテレビ塔。駅をはさんで現在大改装中のアレクサンダー広場(通称アレックス)が今回の散策の出発点となる。

e0038811_7385925.jpg
広場には世界の時刻を示すWeltuhr(1969年完成)が立っている。この広場から全長約3キロに及ぶカール・マルクス通りが始まる。

e0038811_7392668.jpg
この通りはとにかくだだっ広いので、通して歩くのはちょっと大変かもしれない。自転車で周れたら一番いいだろう。写真の右側に見える赤いラインは自転車道を表す。ドイツでは町の多くの通りに、車道とは別の自転車用のスペースが確保されているため、とても走りやすい。

通りの周りには社会主義時代の典型的な建物が並ぶが、それにしても、かつて東ドイツが国家の威信をかけて造った通りにしては、少しあっさりし過ぎてやいないだろうか。

それには実は理由があって、後に出てくるシュトラウスベルク広場から東へ続く建物に予算がかかり過ぎてしまい、そこから西へは簡素なものにせざるを得なくなったというのが、大きいのだそうだ。

e0038811_7401558.jpg
しばらく経って左手に見えてくるのがKino Internationalという60年代に造られた映画館。外観はこんなだが、シャンデリアと独特の曲線美が彩る内装はすばらしい。私はここで映画を観るとちょっとゴージャスな気分になれる。写真には写っていないが、その向かいの「カフェ・モスクワ」も有名。

e0038811_740368.jpg
やがて、噴水に囲まれたシュトラウスベルク広場(Strausberger Platz)にたどり着く。ここからフランクフルト門(Frankfurter Tor)までの約1,8キロがカール・マルクス通りの最大の見所だ。景観がそれまでとがらりと変わる。続きはまた次回に。
by berlinHbf | 2005-09-13 04:20 | ベルリン発掘(東) | Comments(7)

新しくなったベーベル広場

e0038811_17331857.jpg
昨日、ひさびさにウンター・デン・リンデンを歩いていたら、ベーベル広場(Bebelplatz)がすっかりきれいになっていたので、少し写真を撮ってきました。

e0038811_17335399.jpg
これがベーベル広場。この広場の地下に駐車場を造るため、かれこれ1年以上も工事中でした。表面の石は完全に新たに敷き詰められたようです。正面の丸いドームは聖ヘトヴィヒ大聖堂、左側は州立歌劇場(オペラ座)です。もともとはフリードリヒ大王が設計したこの広場ですが、やはり有名なのはナチスによる焚書事件でしょう。1933年5月10日、「非ドイツ系」とされる書物約2万冊がここで焼かれたのです。この出来事を忘れないようにと、イスラエルのミハ・ウルマンによる、いわゆる「地中の図書館」が広場の中央に埋め込まれているのですが、これは必見です。

e0038811_17342524.jpg
オペラ座の向かい側は旧王立図書館(現フンボルト大学別館)。右側のウンター・デン・リンデンをはさんで、フンボルト大学の本館が広場と向かい合っている。

e0038811_17345320.jpg
ようやくひとつの工事が終わったと思ったら、休む間もなく次の工事が始まるのが今のベルリン。広場に面したウンター・デン・リンデンでは、この通りに沿った舗装工事が始まっています。

左側の州立歌劇場は、戦後の再建から今年でちょうど50年。その記念として、ダニエル・バレンボイム指揮の「パルジファル」が9月10日に上演されます。
by berlinHbf | 2005-08-26 11:23 | ベルリンのいま | Comments(2)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング