ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

タグ:雑感 ( 73 ) タグの人気記事

J-WAVEに出演

事後報告になりますが、昨日東京のFMラジオJ-WAVEのGOOD MORNING TOKYOという朝の番組に(ナビゲーターは別所哲也さん)、5分ほどの電話出演ですが、ベルリナーレの現地情報をお話させていただきました。恥ずかしいのでブログ上で予告はしませんでしたが(やはり予告しなくてよかった・笑)、偶然聞かれたという方、ひょっとしていらっしゃるでしょうか?ラジオでお話するのは2度目なんですが、ベルリンのこの狭いアパートで話していることが、日本の地上波を通じて同時に流れているのだと思うと、なんだか不思議なもんです。

ともあれ、今回お世話になった方々、聞いてくださったという方、どうもありがとうございました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-02-08 20:52 | その他 | Comments(4)

「ウェブ進化論」(梅田望夫著)を読んで

e0038811_819039.jpg
2006年2月に出た新書。一時期話題になったようなので、読まれた方もいらっしゃると思う。自分としては、夏に読んだ「フューチャリスト宣言」(ちくま新書)という本との関わりで読んでみたいと思っていたのだが、やはり一読の価値はあった。特に第4章の「ブログと総表現時代」が、個人的には一番身近に感じられて面白かったので、以下に思ったことを書いてみたい。

このブログを始めて2年以上になるが、「よくあんなマメに書けますね」と人から言われることがある。よく続いているなと自分でもたまに思ったりもする。だが、私はもともと「書く」ということに対してとても怠惰な人間だった。日記を付けるという習慣もあまりなかったし、旅行をして旅行記を書き綴るということもしなかった。読書感想文の類は小学生の頃から大嫌いで、大学のレポートなども一夜漬けの連続。悲しいかな、そういうものを楽しいと思って取り組んだ記憶が全くない。だが、ブログになるとなぜか別で、書きたいことや伝えたいことが次から次へと出てくる。ブログは何がそんなに特別なのだろうか?技術的に見たらそれほど革命的なものとは思えないし、私自身「所詮簡易型ホームページに過ぎないのでは」とブログへの不満を書いたこともある。だが、長く続けてみると、やはりブログは使い勝手がいいと思う。一体どこがいいのか?

大分昔、高村薫さんのエッセーでこういう話を読んだ。高村さんはサラリーマン出身の作家だが、文章を書くことに目覚めたのはワープロとの出会いだったらしい。彼女は自分の筆跡が気に入らなかったためか、手書きの文章というのがどうしても嫌いだった。ところが、文字を常に正確無比に打ち込めるワープロという「知的生産道具」を手にしたことによって、文章を書くことの根本的な何かが変わったというのである。10年以上前に大学受験の小論文の模試で読んだ話なので記憶は曖昧だが、なぜかとても印象に残った。

そんな話を思い出したのも、自身ブロガーである梅田さんがブログのことを「限りなく理想に近い『知的生産の道具』」と見ているからだ。彼はその根拠として以下の点を挙げるが、確かになるほどと思わせられる。
(1)時系列にカジュアルに記載でき容量に事実上限界がないこと。(2)カテゴリー分類とキーワード検索ができること。(3)手ぶらで動いていても(自分のPCを持ち歩かなくとも)、インターネットへのアクセスさえあれば情報にたどりつけること。(4)他者とその内容をシェアするのが容易であること。(5)他者との間で知的生産の創造的発展が期待できること。
私がブログを続ける原動力となった点として、特に(4)と(5)は見逃せない。ブログを始めて毎日のように更新していた最初の頃、「情報をあまりタダで流さない方がいいよ」と忠告してくれた人がいた。私が無償で書いている記事の情報をパクる人が出てくるのではと心配して言ってくれたようなのだが、ネットの海の中では確かにそういう可能性もないわけではない。そういう考えもありかとその時は思った。では、自分がベルリンで見たものや日々感じたことを自分の中だけに、あるいはごく身近な人の範囲内のみに留めておけばよかったのだろうか?いや、そんなことをしたらあまりにもったいなかったと、今でははっきり思う。梅田さんはこのことに関して、あるブログの一節を引用してこう語る。
「ブログを通じて自分が学習した最大のことは、『自分がお金に変換できない情報やアイデアは、溜め込むことよりも無料放出することで(無形の)大きな利益を得られる』ということに尽きると思う。」(中略)

情報は囲い込むべきものという発想に凝り固まった人には受容しにくい考え方だろう。しかし、長くブログを書き続けるという経験を持つ人たちにとっては、実感を伴って共感できる内容に違いない。ブログという舞台の上で知的成長の過程を公開することで、その人を取り巻く個と個の信頼関係が築かれていくのである。
自分が知的に成長しているかどうかはさておき、このブログでは不思議な出会いが何度もあった。DDR時代の東ベルリンのことを書いたら、あの時代に連れ戻されるかのような体験談を書いてくれた方がいた。クロイツベルクのある写真家のことを紹介したら、80年代にその写真家のもとで居候をしていたというカナダ在住の日本人の方から、長いメールをいただいたこともあった。他にも、いただいたコメントを読んで刺激を受けたり、うれしかったり、考えさせられた例は数知れない。そんなこともあって、多くの人にとってはまずどうでもいいと思われるようなことでも、ひょっとしたらこの情報を必要としている人がどこかにいるかもしれないと思って書くようになった。誰に読まれているかわからないことへの不安もないわけではないが、だからこそ面白いという気持ちの方が私は強い。

ブログとは何か?少々中途半端な引用だが、梅田さんの以下の視点にもはっとさせられた。
たとえば、「ブログとは『世の中で起きている事象に目をこらし、耳を澄ませ、意味づけて伝える』というジャーナリズムの本質的機能を実現する仕組みが、すべての人々に開放されたもの」に他ならないではないかと自問するとき、新聞記者たちの内心は穏やかではいられない。そういう心理はごく自然なものだ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-12-04 00:43 | ベルリンを「読む」 | Comments(7)

ドイツ語ブログのご案内

以前、英語でもブログを書こうと思って試してみたものの、結局続かなかったことがあります。

つい先日、本当に久しぶりに半ば恐る恐るそのページを覗いてみたところ、スパムに荒されることもなく、消去もされずにちゃんと残っていました(笑)。そこでちょっといじくってみたのですが、Bloggerのブログはログイン方法も変わり、機能も増えて使いやすくなっていました。実はここしばらく、ドイツ語でも自分のサイトを持ちたいという欲求が日増しに増えていたんです。ベルリンのことをどれだけ日本語でつづっても、例えばベルリン在住の普通のドイツ人には何も届かないわけですから、それだけではダメだと思いました。ドイツ語で何か書けばそこから何か生まれるかもしれないし、日本語で書いているこのブログのように仕事につながっていく可能性もないわけではない。最近読んだ「フューチャリスト宣言(ちくま新書)」という本に刺激を受けたせいもあって、一旦は死にかけたBloggerのサイトを今回ドイツ語ブログとして再生することにしました。

毎回ドイツ語で日記を書こうとするとまた続かない気がするので、以前このブログで連載していたLexikonをそちらに移し、まずはそれを中心に綴っていこうと思います。ある程度長い文章のときは友達に添削を頼みますが、間違いだらけのままアップすることもあるかもしれません。コメントは日本語でも書けますので、そちらでもお付き合いいただけたらと思いますm(_ _)m。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-07-30 13:15 | Deutsch | Comments(10)

ようやく夏本番のベルリン

e0038811_995780.jpg
Oberbaumbrückeにて(7月16日)

先週までの不安定な天気から一転して、この2日間のベルリンはすさまじいまでの猛暑でした。特に昨日は30度台後半まで気温が上がり、外にいるとそれだけでエネルギーが吸い取られるようでした。写真は昨日初めて体験したシュプレー川の遊覧船から撮ったもの。この橋が見える風景は私の大好きなものの一つです。

さて、今日からはバルト海に面したある国に3日間ほど行って来ますので、ブログの更新はまたしばらくお休みさせていただきます。帰って来たら報告しますので、お楽しみに。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-07-17 02:27 | ベルリンのいま | Comments(2)

ドイツ語の新聞で世界を読む

昨夜ベルリンに戻ってくる際、フランクフルトの空港での待ち時間中私は久々にずっと新聞を読んでいた。最近利用することが多い格安航空会社と違って、ルフトハンザのカウンターでは各種の新聞が読み放題なのがうれしい。

ドイツ語の新聞を読むとき、以前は必ず手元に辞書がなければというような一種の覚悟が必要だったけれど、何かを書くため能動的にネタを見つけ出そうとしているうちに、最近は大分身近なものに感じられてきた。あまり多くを読もうと思わず、興味のあるものを重点的に読む。わからない単語があってもそれに拘泥し過ぎずに読み進める(もちろん調べる必要のある単語は辞書で調べる)。タイトルや記事の要約も内容の把握に生かす。そんなことを心がけるようにしている。ドイツに何年も住んでいれば新聞なんてすらすら読めるだろうと思われるかもしれないが、新聞はなかなか奥が深い。読みやすい記事もある一方で、例えば文芸や音楽の批評は大抵が難解だ(何回読んでも、これは一体褒めているの貶しているのかわからないコンサートの批評とかある)。

私が定期購読しているのはBerliner Zeitungだが、いくつかの新聞を拾い読みしていて、これだけじゃだめだと思った。特に印象に残ったのは保守系の代表的なフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング(FAZ)と週間新聞のDie Zeit。どちらも分厚いのだが、解説記事が極めて充実している上、写真とかもいい。昨日の記事でいくつか気になった記事(とその副題)を挙げてみよう。

- ベルリンの自然博物館(Naturkundemuseum)が長年の改修工事を終えて、いよいよ再オープン(FAZ)
「生命の生成発展の中へ」
→今日(13日)の一般オープン初日は12時から20時まで入場無料。世界最大級の恐竜の化石が見もの。ベルリン在住の方にはおすすめです。

- 円がユーロに対して最安値を更新(FAZ)
→ユーロ高はどこまで進むんでしょう・・・

- 演出家ペーター・コンヴィチュニーのインタビュー(Die Welt)
「DDRは厳しい学校だった」

- 美術家Jonathan Meeseの特集(Die Zeit)
「毒は空気のなかにある」

- 参院選を控えた安部内閣(Die Zeit)
「祖父の亡霊の中で」
→やはりというべきか、かなりネガティブな論調で書かれていた。

これから面白いものを書いていこうと思ったら、知的インプットの量とスピードをもっと高めなければと痛切に感じた。まずは、いくつもの新聞を広げられるゆったりした机がほしいなあ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-07-13 01:19 | ドイツ語関連 | Comments(12)

驚きの再会

e0038811_3444877.jpg
Flughafen Tegel(6月19日)

先週の金曜日、ある用があってテーゲル空港に行ったのだが、そこでちょっとした驚きの再会が待ち受けていた。

フランクフルトからやって来るルフトハンザは到着が1時間遅れた。私は日本からのお客さんを迎えるために到着口で待っていたのだが、そろそろ出てくるかなという頃にスーツ姿の1人の日本人が先に出てきた。一瞬でわかった。間違いなくK君だった。「あれ、K君?」と声をかけたら、彼も私の名前を覚えてくれていた。

私が2000年にベルリンに来る直前、東京のゲーテでドイツ語のクラスに通っていとき、たまたま一緒に受講していたのだがK君だった。当時彼は大学の学部生で、その年の秋には1年間の交換留学で南ドイツのある街にやって来た。まだベルリンに来たばかりで友達もろくにいなかった私は、一度彼を訪ねて遊びに行ったことがある。しかし、いつの頃からか連絡が途絶えてしまっていた。彼とはまたいつかどこかで会うような気が内心ではしていたが、まさか6年半ぶりにテーゲル空港でばったり再会するとは!

さらに驚いたことに、K君は最近外務省の専門職員となり、これから2年間の研修を受けるためにこの日ドイツにやって来たとのことだった。優秀な人なので学者の道にでも進むのかと思ったが、外務省とは・・・ベルリンの日本大使館の人が迎えに来ていたので、その場ではほんの少ししか言葉を交わせなかったけれど、その2日後ノレンドルフ広場のカフェでまた会い、今度はゆっくり話をすることができた。

空港は駅と同じく、さまざまな出会いと別れの場所。K君ほどではなくても、長らく会っていなかった人に空港でふと会うことはたまにある。そんなテーゲル空港も、新空港の開業により2011年に閉鎖することがほぼ決まっている。この夏には新空港の鉄道駅の工事が始まるそうだ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-06-25 21:26 | ベルリンのいま | Comments(14)

嗚呼!ドイツ・ポスト・・・

ドイツの真実(2) - ドイツ・ポスト編 -

先日送ったのにまだ届かない荷物を気にかけている、私の実家の家族への報告も込めて、書いてみたいと思います。

先週の月曜日、私の母が小包を2つ送りました。1つは通常の小包、もう1つは少し大事なものが入っているからということでEMS(国際スピード郵便)で送ったそうなんです。EMSは割増料金がかかりますが、郵便物がバーコードで管理されており、いざというときに追跡することができます。「スピード」という名が付いているからにはこちらの方が速く届きそうな気がするし、何となく安心でもあります。

しかし、先週金曜日、最初に届いたのは普通の小包の方でした。正味4日。普通はこのぐらいで届くんです。その一方で、EMSの荷物は今週に入っても一向に届きません。そろそろ荷物を追跡してもらおうと思った矢先の昨日(火曜日)、DHL(ドイツ・ポストの子会社)から手紙が届いていました。それによると、「あなたの小包は8日(木曜日)に届けられましたが、不在でした。つきましてはこちらに電話して、再発送の日程をお決めください」というもの。

「う~ん」。私はうなってしまいました。たったこれだけのことを知るのに、どうしてさらに5日も待たなければならないかったのかと。通常の小包だと、こういう場合手書きの「不在通知」がポストの中に入っていて、翌日近くの郵便局に行って受け取れば済むことなのですが、料金が高くなると公式の手紙を送らないと気が済まないのでしょうか。

早速DHLに電話して、とにかく早く荷物がほしかったので、今日の午前中に届けてもらうようお願いしました。もちろん私はその間ずっと家にいました。玄関のチャイムを聞き逃すことがないようにと、シャワーも浴びずに待っていたんです。しかし待てども待てども配達人はやって来ない・・・午後の2時になって、ついに業を煮やして再度DHLに電話したところ、「午前10時にすでに届けに来た」とのたまうではないですか。

「そんなバカな!こっちはずっと家で待っていたんですよ」「玄関のチャイムはちゃんと鳴るようになっていましたか?おっかしいなあ。原因が何だったのか、こちらからは何も申し上げられませんが」と、例によって一言の謝罪もなし。
明日の午前中、今度こそは届くと思いますが(一抹の不安あり)、楽しみにしていたある日本食品(賞味期限が短い)はもはや絶望的です。ギャボー!

それにしても、テレコム(Deutsche Telekom)を筆頭に、ポスト(Deutsche Post)、鉄道(Deutsche Bahn)と「ドイツ」と名の付く輸送・通信機関はどこもかしこもこのような不条理に満ちているのでしょうか。もうできることなら縁を切りたいところですが、この3つ全てとなると難しいのが悲しいところ。先日のテレコムとのトラブルに端を発したワタシのイライラも、もはや頂点に達しております。ふ~。次回はもう少し楽しいことを書きたいです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-02-14 17:23 | ドイツ全般 | Comments(33)

ドイツ・テレコムという企業

ドイツ・テレコム(Deutsche Telekom)という元国営の企業は、顧客へのサービスがとりわけひどいことで有名です。この会社を巡ってイヤな思いをしたとかトラブルになったとかいう話は周りで本当によく聞きます。これまで私は割とそういったことと無縁だったのですが、先日ネットの接続に関してトラブルが発生し、ついに「テレコムの洗礼」を浴びることになってしまいました。1月半ば、ドイツ人の友達の助けを借りて苦情の手紙を書きましたが、かれこれ1ヶ月近く経って何の反応もなし。今度はサービスセンターに電話をしましたが、30分(!)かけ続けても一向につながりません。ついにしびれを切らして近くの支店に行ってみると、男性の店員は一言も謝らず、まるでこちらに非があるかのような言い方をします。

今回助けてくれた友達が言いました。「私が大嫌いな企業が2つある。それはテレコムとバーン!」("Bahn"とはドイツ鉄道のことで、ここもサービスが悪く、運賃は上がり続ける一方)。私はもちろん即同意しました。

最近は電話会社各社の競争が激しくなり、テレコムの顧客離れが進んでいるそうです。しかし、今までのことを考えると当然の結果と言えるでしょうね。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-02-13 02:28 | ドイツ全般 | Comments(15)

ブログについて最近思うコト

かれこれ1年半近く続けてきたこのブログだが、最近ブログそのものに対して不満を感じるようになってきた。もちろんブログには利点がたくさんある。PCの知識に乏しい私でもすぐに始められ、ほとんど書くことにのみ専念できるのはブログのお陰だし、最新の記事が常にページのトップに来ることや、それぞれの記事ごとにコメントを書き込めるのもブログの利点だと思う。だが、いろいろ欠点もあって、その中で私が一番大きいものだと思うのは、時間が経つにつれ過去に書いたものがどんどん埋もれていってしまうことだ。一応「タグ」という機能はあるものの、ジャンル別に一覧の形で内容を整理することさえまともにできない。ましてや私のように、1回1回の内容が長くて、カテゴリーがどんどん増えていくと、もはや収拾がつかなくなってくる。ブログはあくまで「簡易型ホームページ」であって、それ以上を求める方が間違っているのかもしれない。

やはりこの辺りで、ブログとは別に自分のHPを作って、過去の記事をジャンル別に移し変えるということが必要なのだと思う。友達にもそう勧められた。実はHPを作る技術は全くないのだが、どういう内容にしようかとすでにあれこれ考えている。ドイツ語のページを作りたいという野望もあるし。最初は暗闇の中を模索しながらということになりそうだけれど、これから少しずつ進めていけたらと思っています。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-02-09 19:29 | その他 | Comments(9)

アパートの隣人のバースデーパーティー

e0038811_743012.jpg
去年の秋に知り合って以来このブログでも何回かご紹介してきた、私のアパートの隣人ヨアンナ(Joanna)が、今度はバースデーパーティーに招待してくれた(以前の記事はこちらこちら)。

e0038811_7431335.jpg
パーティーは先週末、彼女がバイトしているクロイツベルクのSolunaというパン屋を貸し切って行われた(Solunaは材料から製法まで全て自家製という、とってもおいしいパン屋さんです)。

前にもお話したことがあるが、ヨアンナはドイツ人だが母親がポーランド人というハーフの女性だ。大学ではフランス語の教師になるための勉強をしていて、フランス語と英語もぺらぺら。日本にも興味を持っている。彼女のそんなオープンな人柄ゆえ、その夜は年齢も国籍も様々な人が集まっていた。パーティーの合間にフランス人がギターを片手に洒脱なシャンソンを歌ったり(冒頭の写真)、パン屋の主人の娘がフラメンコを披露したりというスペシャルメニューまであった。ヨアンナの母親や親戚の人たちも見えていて、バースデーソングがポーランド語の歌で始まったのにはびっくりした。とても素敵な雰囲気のパーティーだった。

e0038811_7432923.jpg
彼らと話していて、ヨアンナのルーツが段々わかってきた。簡単にまとめるとこういうことだった。ヨアンナの祖母はベルリンの人でもともとドイツ人。第2次世界大戦が始まりベルリンが危険な状態になると、彼女はポーランドに逃れる。そこで終戦を迎えると、もうドイツには戻れなくなっていた。彼女はその後現地でポーランド人男性と結婚し、ヨアンナの母親が生まれる。しかし、社会主義国家となったポーランドに一家は馴染むことができなかった。ある年、当局がヨアンナの祖父にスパイになることを強要したが、彼は拒否する。すると一家への露骨な嫌がらせが始まったという。ちょうどその頃、西ドイツではヴィリー・ブラントが首相に就任した。1972年、東側の国家との和解をすすめるブラントは、先祖のいずれかがドイツ人というポーランド人に西ドイツへの移住を認める法律を発布する。一家はそれによって西ベルリンにやって来た。その数年後、ヨアンナが生まれる・・

e0038811_7435693.jpg
私が日本にいた頃、誰かと出会いその人に興味を持つことはあっても、その両親や先祖にまで興味を抱くということは普通なかった。だが、ベルリンでは、その人がどういうルーツを持ち、どのような過程でベルリンに来ることになったのか、そういうことを知るのを今は面白いと思う。程度の差こそあれ、多くの人がヨーロッパの複雑な歴史を体現していて、それはそのまま現在の世界を、そして現在のベルリンを写し出す鏡になっているからだ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-01-19 01:38 | ベルリンの人々 | Comments(4)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング