ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

タグ:雑感 ( 73 ) タグの人気記事

久々の引っ越し

しばらくご無沙汰していました。この10日間は、久々の引っ越しでとても慌ただしく、ネットにもほとんどつなげない日々が続いていました(メールのお返事も滞りがちになってしまい、すみません!)

何しろ6年半ぶりの引っ越しだったので、荷物の梱包から不要となった家具の解体、そして運び出しと予想以上に大変でした。自分でもイヤになったのが、この間にたまった本を中心とした紙類の多さ。必要な本などはしょうがないのですが(ということにしておこう)、例えばコンサートなどのプログラム類など、なかなか扱いに困ります。また、オーケストラやオペラ座の年間プログラムとか、ただでさえ大判でかさばるものが、5年も6年も経つと結構な量になります。ベルリン・フィルが2ヶ月おきに出しているマガジン(最近有料になりましたね)は2002年から毎号取ってあるのですが、これも相当な分量に・・・。「ゆっくり読み直すことはあるのかあ」と思いつつ、資料にもなるしで結局捨てられず新居に運んで来ました。

今回ラッキーだったのが、秋から日本に赴任する友人のMさん夫妻のアパートを引き継ぐことができたことです。引っ越しに関わる面倒な手続きも最小限で済み、また家具をいくつも譲っていただき、大変ありがたかったです。しかも、引っ越しの日には、Mさんのお父さんが手伝いに来てくださり(年金生活者だというのに信じられないぐらいエネルギッシュな方でびっくり!)、韓国人の友人Y君も荷物運びを手伝ってくれるわで、本当にいろいろな方々に感謝するばかりです。

ともかく、6年半住んだクロイツベルクを離れ、旧西側のヴィルマースドルフという地区に越してきました。住み始める前は「普通の住宅街」というか、何もなさそうな印象だったのですが、決してそんなことはありません。これから新しいエリアを開拓するのも楽しみです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-10-17 19:17 | ベルリン発掘(全般) | Comments(11)

「異国で書く」ということ

e0038811_22162397.jpg
左より多和田氏、日地谷=キルシュネライト教授、伊藤氏

1月16日の夜、ファザーネン通りのベルリン文学館(Literaturhaus Berlin)で、作家の多和田葉子氏と詩人・エッセイストの伊藤比呂美氏による対談が開かれました。テーマは『異国で書く』というもの。

ご存知の方も多いと思いますが、1982年よりドイツ在住の多和田さんは日本語とドイツ語両方の言語で執筆活動をしています(現在はベルリン在住)。一方、伊藤さんは1990年代より南カリフォルニアに在住し、同地と熊本を往復する生活を続けているそうです。ベルリン自由大学のイルメラ・日地谷=キルシュネライト教授の司会によるこの対談は、最初に2人がそれぞれの作品の一節を朗読するところから始まりました。

多和田さんによるドイツ語の朗読はさすがに見事なもの。とはいえ、その作品はドイツ人が書くドイツ語とは視点や発想が明らかに異なるもので、来場したドイツ人の聴衆にも新鮮な驚きをもたらしていたようでした。

どちらかというと「言葉の求道者」という印象を受けた多和田さんに対して、伊藤さんの朗読は、それ自体が歌のように伸びやか。「悩める女性たちに言葉を届けたい」という伊藤さんは、ユーモアを込めて自分の詩集を「実用本」だと言い切ります。

2人の言葉に対する考え方はもちろん、創作の手法も垣間見られて大変興味深い対談だったのですが、ここでは多和田さんの話の中で印象に残ったエピソードをご紹介したいと思います。

「ある時、『ここそこ』という表現を使ったら、「多和田さん、それは『そこここ』の間違いではないですか?」と日本の編集者に指摘された。自分は無意識のうちにドイツ語の「hier und da」の発想で日本語を組み立てていたのだった。しかし、間違えることが考えるきっかけになるし、文化的なズレの中に自分が探しているものを見つけることもある。ドイツ語で話すのは、足の先から指の先まで全身の筋肉を使うので身体が疲れるが、それもまた心地良いと感じる」

海外で生活をすること。それは仕事上の都合ということもあるでしょうし、多和田さんや伊藤さんのように「任意亡命」という形もあり得るでしょう。しかしいずれにせよ、異文化とのせめぎあいを通して、複眼の視野でモノを見る・考えるチャンスなのです。海外で生活する者の1人として、大いに刺激を受けた一夜でした。
ドイツニュースダイジェスト 2月6日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-02-04 14:24 | ベルリン文化生活 | Comments(9)

新年を迎えて

e0038811_016113.jpg
2009年が明けました。昨年は結婚という一大転機があったためか、10月以降は時が経つのがいつになく早かった気がします。本年もどうぞよろしくお願いいたします(喪中のため、新年のご挨拶は控えさせていただきます)。

写真は、2年ぐらい前近所のバルコニーの写真を撮り歩いている時に出会った一瞬の光景。丑年なのにすみません(笑)。ベルリンはこの1週間激寒だったせいで、私はすっかり風邪を引いてしまいましたが、日本の皆様はまだしばし穏やかな正月をお過ごしください。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-01-01 20:11 | その他 | Comments(14)

落葉のベルリン

e0038811_6375767.jpg
Mehringdammにて(10月16日)

約1ヵ月半ぶりに戻って来たベルリンは、すっかり落葉の季節に入っていました。
その間この街で起きた出来事についてはほとんど何もチェックしていませんでしたが、季節が変わったとはいえ、人のたたずまいも街の空気も何一つ変わっておらず、いつもながらほっとします。ただ、今回から生活が1人でなくなるので、見える風景も微妙に違っているような、そんな気もします。

さて、一緒にやって来た妻ですが、私の部屋の散らかり具合にいきなりショックを受けたようで^^;)、今日は昼過ぎからドラッグストア、スーパー、IKEAとはしごし、新生活は大掃除から始まりました。しばらくは新しい環境への土台作りに追われそうです。少し落ち着いたら、沖縄の話から始めたいと思います。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-10-16 23:57 | ベルリンのいま | Comments(14)

結婚しました

e0038811_23515195.jpg
私事になりますが、タイトルにあるように、私この度結婚しました。先週末に式を挙げ、沖縄へのハネムーンから帰ってきたところです。今回の比較的長い日本滞在も全てはこのためだったのでした。一連の準備はなかなか大変でしたが、お陰さまで思い出深いものとなりました。日頃ブログを読んでくださっている方々にも、遅ればせながらここでご報告させていただきたいと思います。

来週、妻と共にベルリンに戻ります。私にとってはもはや「戻る」という感覚なのですが、旅行者としてしかベルリンに来たことのない彼女にとっては全く新しい生活が始まるわけで、同時に私のベルリン生活も確実に新しい章に入ります。期待と不安が混じり合う中、力を合わせて共に歩んでいけたらと思っています。このブログは今後も続けていくつもりですが、ひょっとしたら、独身時代とは違う視点が私の中に生まれてくるかもしれません。それがまた楽しみでもあるわけですが^^。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。
Masato & Miho

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-10-11 01:42 | その他 | Comments(60)

祖母の部屋

e0038811_126173.jpg
今回の日本滞在は比較的長いのですが、休暇というよりは、いくつかの目的のために帰ってきたので、半ば締め切りに終われるような気分で日々を過ごしています。先日そんな中、8月に亡くなった祖母のお墓参りに行って来ました。

祖母は叔父夫婦と一緒に住んでいたのですが、その部屋は敷地内の一番奥にあります。茨城の親戚の家に行くときは、玄関の横から続いている広い庭を抜け、最初に決まって祖母の部屋から訪れていました。そこでお小遣いをもらったり、お茶を飲みながら祖母と好きな旅行の話をしたりして、一息ついてから叔父夫婦に挨拶に行くというのが、私の子どもの頃からの決まったパターンだったのです。その習慣は不思議とどこかで残っていて、今回もまず奥の部屋に入りました。いくつかの家具を除いては、部屋の中もにおいもそのまま。しかし祖母は当然ながらそこにはおらず、「おばあちゃんは本当にあの世に逝ってしまったんだなあ」と不思議な気分になりました。

海外生活も8年になり、日本には時々しか帰って来ないでいると、その間の時の経過をふと(時には残酷に)実感することがあります。周囲の人間は確実に歳を重ねているし、自分もまた然り。テレビを見ていても、昔とあまり変わっていないなあという有名人もいれば、ここ数年で一気に老け込んだと感じさせる人もいる。8年前は新築直後でピカピカだった実家の壁も、ネコの引っかき傷が微妙に目立ってきました(笑)。ゆく川の流れは絶えずして、か。

この日は、病気で入院中の叔母のお見舞いもしてきました。快復を願うばかりです。本当に健康でいられることが何よりありがたい。今回の日本滞在は、自分の歩んできた道を振り返り、今後についてもじっくり思いをめぐらす貴重な時間になっている気がします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-09-22 02:22 | ニッポン再発見 | Comments(13)

麻布のドイツ大使館にて

e0038811_0385541.jpg
数日前、ちょっとした用事があって、久々に東京麻布のドイツ大使館に足を運んで来ました。日比谷線の広尾の駅で降り、セミが鳴く有栖川公園の脇を通って坂のたもとの大使館を訪れるのは、私がベルリンに来る直前にビザの関係で行ったのが最後なので、8年前になります。もうそんなに経つのかと、ちょっと信じられない思いでした。

その間、各種手続きをする部屋は変わったようで、8年前がどうだったか全く思い出せません。ただ、担当の方は変わっていないのがちょっとうれしかった(キャスターのようにハキハキしゃべる日本人の女性と言えば、あそこに行ったことのある方ならわかるでしょうか?)。写真は、館内で見かけたバディーベアー。「日本におけるドイツ年」のオープニングに合わせて作られたものだそうで、クマの首元には小泉元首相とケーラー大統領のサインも記されていました。

日本に戻って、こちらのテレビや新聞を見ていると、自分が今住んでいるドイツやベルリンというのは、やはり遠い世界なのかなあとふと感じることがあります。国際ニュースで報じられるのは、北朝鮮やアフガン事情などのアジア関係を除くと、相も変わらずアメリカばかり。そりゃあ、アメリカの大統領選が注目を浴びるのは当然のことではありますが、世界で起っているのはそればかりではないだろう。一昨日、NHKの「クローズアップ現代」がロシアのグルジア侵攻を特集していましたが、こういう報道は例外的です。日本のメディアだけに頼っていては複眼的思考を持つのは難しいと、自戒の念も込めてつくづく思いました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-09-14 01:12 | ニッポン再発見 | Comments(9)

Blog「ベルリン中央駅」3周年

e0038811_319392.jpg
8月1日をもって、当ブログは3周年を迎えました。日頃読んでくださっている方々に、まずは心からのお礼を申し上げたいと思います。

2周年のときはわざわざここで触れませんでしたが、3年間ほぼ休みなく(しかも楽しく)続けてこられたことには、いささかの感慨があります(記事の数はその間800を越えました)。
今にして振り返れば、このブログを始めたきっかけの一つは、当時務めていた会社を辞めたことでした。周りからは、「新しい仕事を見つけるならフランクフルトやデュッセルドルフに行った方がいいよ」とすすめられもしましたが、自分の中に何か意地のようなものがあって(笑)、結局ベルリンに残る道を選んだのです。そんなとき、自分の伝えたいことを気軽に発信できるブログというツールが急速に広がっていたこともあり、この「ベルリン中央駅」を始めてみたのですが、私はたちまちのめり込みました。

一体何がそんなに楽しかったのか。自分でもよくわからないのですが、さまざまなベルリンを自分の言葉でつづり、写真に収め、時にはここに長く住む人との対話を記録したりすることによって、この街とのかかわり方が根本的に変わった。それは確かかもしれません。そして、忘れてはならないのは、読んでくださっている方のコメントが常に私を刺激してくれたこと。貴重で面白い出会いも数々ありました。会社を辞めたことでそれなりに大変な思いもしましたが(まあ今も大変ですが^^;)、何かを伝えたいときに、毎日一定数の人が読んでくれる個人メディアを持てたということは、日々の生活のどこかで心の支えになっているような気がします。

今後、実現していきたいことはいろいろとあります。これまでは自分の知識と経験不足から書けなかった(あるいは書く勇気がなかった)テーマについても踏み込んで行きたいですし、長期的な視野で見たらやはり本を書きたい!ここまでベルリンにこだわってきたからには、短期間の集中取材などでは絶対に書けないようなものを書いてみたいという思いはあります。私のような無名の書き手にすぐにチャンスが巡ってくるとは思いませんが、人生何が起こるかわかりませんからね。ブログに関してはこれまで通り、野茂の三振やイチローのヒットのように、地道に積み重ねていきたいと思っています。そして、何事も楽しむ精神を忘れないこと。今後ともお付き合いいただけると幸いです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-08-03 22:36 | ベルリンのいま | Comments(71)

Live in Europa - 「留学ジャーナル」8月号 -

e0038811_19144733.jpg
現在発売中の「留学ジャーナル」8月号のLive in Europaというコーナーに、ドイツの「自転車」についてのエッセイを寄稿させていただきました。私がベルリン中を歩き回って撮った写真中心の1ページの短い記事ですが、よかったら一読いただけるとうれしいです。

暑い日々が一段落して、ここ数日はやや肌寒い気候が続いています。明日は一時的に雷雨の予報も出ていますね(ベルリンの天気予報)。夜のベルリン・フィルのヴァルトビューネ・コンサートは、晴天の中で迎えられるといいのですが。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-06-14 13:34 | ベルリンあれこれ | Comments(2)

ベルリンに戻って

e0038811_1926546.jpg
一昨日の夜、ベルリンに戻って来ました。大変充実した日本滞在となり、お世話になった皆さま、どうもありがとうございました。逆に都合が付けられずにお会いできなかった方々、ごめんなさい。

14時間近くかかるとはいえ、「たった」それだけの時間でベルリンに帰って来れるのが毎度のことながら不思議な気がします。テーゲル空港からバス、さらに地下鉄へと乗り継いだときの車内の風景と、つい前日までいた東京の風景とのあまりの落差に、夢を見ているような気分にさえなります。そうそう、今回の日本滞在中に、森鴎外の東京のゆかりの地を訪ねたり、鴎外と同時期にそれこそ「国を背負って」ベルリンに学んだ留学生のご子息にお会いする機会がありました。東京とベルリン、近くて遠いけれど、この距離感はこれからも意識して過ごすことになると思います。

写真はテーゲル空港でバスを待っているときに撮ったもの(夜の8時ごろ)。日本にいる間に夏時間に変わり、すっかり日が延びた様子。飛行機の中が寒かったせいか、気が緩んだからか、どうやら風邪をひいてしまったようです^^;)。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-04-13 13:23 | ベルリンのいま | Comments(6)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング