ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

タグ:雑感 ( 73 ) タグの人気記事

日本敗戦翌朝、近所の花屋にて

●昨日の日本対パラグアイ戦、本当に残念だった。この試合は、知人宅で何人かと観戦していたのだが、PK戦が終わってから、しばらく呆然といろいろな気持ちが混じり合っていた。持てる力を振り絞って最後まで戦い抜いた代表の選手を心から讃えたい気分がまずあったけれど、その一方で、(デンマーク戦での快勝の印象が強かったせいもあって)もう少し日本が攻める場面、決勝トーナメントにふさわしい見所のもう少し多い試合を見たかったなあという物足りなさが残ったのも事実。

●後者の思いは、試合終了後、テレビの画面がおなじみの解説者ギュンター・ネッツァーに切り替わってから一気に増長されることになる。「私は確信を持って言いますが、今回のワールドカップで一番退屈な試合でした」。若干ニュアンスは違うかもしれないが、このかつての西ドイツの名選手はこんなようなことを公共放送の場で冒頭立て続けに言い放った。くやしいし腹立たしくもあるが、そういう見方があることは否定できない。今の日本の実力では、あれがベストの戦い方だったにしても。選手は本当にがんばった。でも、今そのことで盛り上がっているのは日本においてだけだろう。そんな気分にもなってしまった。

●ところで、昨日の不在中、日本からの小包が届けられていたようで、不在通知がポストに入っていた。預かり先が「花屋」となっていたので、今朝同じアパートの1階にある花屋さんに荷物を取りに行ってみると、ベトナム人の店のお兄さんが、「昨日は本当に惜しかったねえ。日本は先に進むべきだった。僕はアジアの代表だと思って応援していたんだよ」と言って、笑顔で私の肩をたたいてくれた。ただそれだけのことなのだが、心に残る出来事だった。ベトナムのサッカーファンは、自国の代表がワールドカップで戦うのは(少なくとも現時点では)夢を見ることでしかできない。日本チームを応援し、夢を託していたのは日本人だけのような錯覚に陥りかけていたのだが、そんなことは決してなかった。日本代表チームは、このワールドカップで、世界の人々に何かを残してくれたのだと信じたい。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-06-30 23:57 | サッカーWM2006他 | Comments(2)

『ツール・ド・ヨーロッパ』 ~スポンサーを集めて自転車で西ヨーロッパ一周~

e0038811_552181.jpg
「ベルリン中央駅」読者のみなさん、こんにちは。
中村真人の弟で、現在早稲田大学創造理工学部4年の中村洋太です。

世界最高の自転車レース『ツール・ド・フランス』に憧れて、ぼくは自転車を始めました。大学入学後、自転車旅にハマり、昨年の夏には2700kmを走り、西日本を一周しました。

この旅は、昔からの地図好きが高じて、自分の住んでいる神奈川から九州まで一本の道でつながっているかどうかを確かめたい、という気持ちがきっかけとなって始まりました。走行中、車のサイドミラーに当てられたり、足がつって車道側に倒れてしまい、危うく車に轢かれそうになったこともありました。辛かったこと、嬉しかったこと、全て毎日ブログに書き込んでいました。そんなある日、全然面識のない方から「私も諦めていた夢に対してもう一度挑戦してみます。ありがとうございました」というメッセージをいただき、とても驚きました。なぜなら、自分は誰かを励ますために走っていたわけではなく、好きなことを夢中でやっていただけだったからです。その時初めて、「西日本を回るだけでこんなに影響力があるんだったら、もっと広いヨーロッパを走れば、より多くの人に夢や感動を与えられるかもしれない」という考えが浮かびました。

e0038811_5523841.jpg
この考えを実現すべく「2010年の夏は、西ヨーロッパを一周する」と決意したのは、2月のことです。100万円以上の旅費を集めるのに十分な時間がなかったぼくは「企業や個人にスポンサーを募る」という方法を考えました。こうして立ち上がったのが今回の『ツール・ド・ヨーロッパ』企画。今も、企画書を持参し、協賛を求めて企業や個人をまわっています。この数ヶ月間で、五輪選手を含む100人以上の方々に協賛していただき、企業からは、往復航空券、ロードバイク、一眼レフカメラ、サングラスなどを提供していただけることになりました。書き続けていたブログも、5月に学生ブログランキングで1位になりました。自分の活動を通じて、夢や野心を持った学生が一人でも増えてほしいと思い、挑戦をしています。
良かったら応援よろしくお願いいたします!

中村洋太ブログ
夢!冒険!ちゃいにっき!~自転車で西ヨーロッパ一周の旅~
『ツール・ド・ヨーロッパ』の企画案

-----------------------------------------------
人様のお金で旅行するなどという発想には正直私もびっくりし、「そんな無茶な!」と思いましたが、必死の努力の甲斐あってここまできたようです。とはいえ、さすがに協賛という形で100万円以上の旅費を集めるのは並大抵ではないようです。見ていて危なっかしいというか、ひやひやする時もある弟ですが、もしご協力いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。また、旅先で泊めてくれる方も現在探しているそうです。どうぞよろしくお願いいたします。
中村真人

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-06-22 23:17 | その他 | Comments(3)

『素顔のベルリン』が大学の教科書に

このブログを通じて知り合った徳島大学の総合科学部助教の弘田陽介さんが、今年度の新しい授業「人間と生命 / 記憶の場の教育学 記憶の都市/都市の記憶 ベルリン」にて拙著『素顔のベルリン』を教科書として使ってくださることになりました。とてもうれしいことだったので、ここに紹介させていただきます(以下は授業シラバスより)。

人間と生命 / 記憶の場の教育学 記憶の都市/都市の記憶 ベルリン
Humanity and Life / The Pedagogical Thought on Berlin --Approach to the City with Merories
助教・弘田 陽介 2単位  火(9・10) 全

授業の目的
ベルリンの壁崩壊・ドイツ統一から約20年,ヨーロッパの「工事現場」と呼ばれ続け,変貌めざましいベルリン.この都市にはまさにドイツのみならず世界史の記憶が塗り込められている.また近年,そのような「都市の記憶」を呼び覚ますような場も多く設営されている.そのような記憶の場によって伝えられていくもの,教育されていくものを,その場に即して具体的に,そして思想史として読み解くことをこの講義の目的とする.

授業の概要
ベルリンについての詳細で最新のガイドブック(『素顔のベルリン∼過去と未来が交錯する12のエリアガイド∼』)と,NHK教育で放映されたドイツ語番組『ベルリン再発見!』を中心に,様々な関連文献(日本語およびドイツ語)を読んでいく.ベルリンについての概要・歴史といった情報はもちろんのこと,近年研究が進められている「記憶の場」論についての文献を紹介することで,その場所に込められた意味の多層性を受け取っていく. 加えて,ドイツにおける歴史教育や平和教育などの試みも紹介し,日本におけるそれとの比較を通して,歴史をどのように伝えていくのかについての考察を深めていきたい.

キーワード
記憶の場,ベルリン,歴史教育,都市の教育学

受講者へのメッセージ
講義形式の授業ですが,皆さんと関心を共有するために,授業内でいくつかの探索・調査などを一緒に行ってもらいます.

到達目標
1.都市と記憶についての理論を丁寧に読解しながら,その理解をベルリンという具体的な場所に照らして確認いくこと,そして,そのような研究方法を通して,私たちが生きている都市を新たな目で解釈していくことを目標とする.

授業の計画
1.導入 ベルリンという場所
2.記憶の場の教育学という概念について
3.ベルリンの歴史 近代
4.ベルリンの歴史 第二次世界大戦まで
5.ベルリンの歴史 冷戦
6.ベルリンの歴史 冷戦以後
7.ベルリンにおける複数の生活の場
8.ベルリンの現状 オスタルギーについて
9.ベルリンの中の日本
10.ドイツの歴史教育
11.建築・デザインの教育学
12.音楽・芸術の教育学
13.レポートの書き方
14.まとめ
15.レポートの発表と提出
16.総括授業

成績評価の方法
小発表など授業への取り組みを評価(60点).学期末レポート(40点).

再試験の有無


教科書
中村真人著 『地球の歩き方 GEM STONE 037 素顔のベルリン∼過去と未来が交錯する12のエリアガイド∼』


弘田先生とは、「このブログとも連携して、よりインタラクティヴな授業にできたら」ということを話しています。また、龍谷大学文学部哲学科教育学専攻でも、同様の方向性のドイツ語講読を行うそうです。

私にとってはまったく未知のことですが、かれこれ5年近く続けてきたこのブログは私にとっても大きな「学びの場」になっているので、弘田先生の授業と連携して何ができるか、とても楽しみにしているところです。

(追記)
私が早とちりをしてしまいまして、その後弘田先生からいただいたメールによると、この授業は4月開講ではなく、後期(10月から)に行われるそうです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-04-05 15:20 | ベルリン発掘(全般) | Comments(10)

Twitter始めました

つい最近、Twitterを始めました。Wikipediaによると、「ブログとチャットを足して2で割ったようなシステム」と説明されていますが、このツイッター、ブログやSNSなどに比べて、いまひとつその用途というかメリットがよくわからなかったんです。でも、友達などに勧められて、とりあえずブログと並行して使ってみることにしました。始めてみて(まだ2日も経っていないのですが)、なるほど、ブログともSNSとも一味違う、人と人とのゆるやかにしてリアルなつながりが形成されているのがじわじわと感じられてきました。よかったら、今後はこちらでもよろしくお願いします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-01-26 10:58 | その他 | Comments(5)

読書の神が宿る空間

e0038811_733286.jpg
厳しい寒さの日々が続いています。今日の昼間の気温はマイナス7度ぐらい。さすがに手袋なしで外を歩くのはつらいですね。たまに0度ぐらいの日があると、妙に暖かく感じられるまでになっています(笑)。

この気温ではさすがに街を散策する気分にはそうなれず、代わりにポツダム通りの国立図書館(シュタービ)によく足を運んでいます。今年は、まとまった時間がある時は図書館に行こうと、久々に国立図書館の年間券を買ったのです。年間券といっても、25ユーロ。これでベルリンにある2つの国立図書館がいくらでも利用できることを考えると安いものだと思います(パスポートと滞在許可証、住民票持参でその場で作ってもらえます)。

久々にここに来ましたが、やはりいいですね。読書の神が宿っているような荘厳な雰囲気はもちろんのこと、機能的な机や椅子、机ごとに用意されたランプやラップトップ用の電源、そういう小物まで含めて好きなのです。隣のフィルハーモニーと同じで、座る席ごとに違う風景が見えるので、(空いていれば)次はどこに座るかという楽しみもあります。ネットに関わる時間が増えるにつれ、情報収集も断片化しているというか、本を1冊じっくり読むということがここ最近ずいぶん少なくなっていました。今年は、図書館での静かな時間というのも大事にしたいと思っています。

冒頭の写真は、日本滞在中に買った新しいコンパクトデジカメRicohのGR DIGITAL IIIで撮ったものです。ズームの利かない単焦点レンズのカメラなので、そのことで最後まで悩みましたが、ベルリンへ戻る前日に「えいやっ」と決断して買いました(笑)。持った時に手になじむ感覚が気に入っていて、ファインダーを通して見える風景も心なしか今までとは違う感じです。ベルリン生活の頼れるパートナーになってくれそうな予感。

関連記事:
天使の降りた場所(3) - ベルリン国立図書館 - (2006-09-07)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-01-21 23:57 | ベルリン発掘(西) | Comments(4)

ベルリン着、水が出ない・・・

e0038811_3101492.jpg
成田を離陸して数分後、眼下に広がる茨城県水海道(現常総市)の街並み。親戚がここに住んでいるので、「おお!」と思いました。


昨夜、ベルリンに戻りました。
KLMのオランダ経由で帰って来たのですが、なかなかにドラマチックでした。

まず、成田空港でトランクが大幅に重量オーバー。
今までは数キロのオーバーなら大目に見てくれることが多かったのですが、最近厳しくなったようで、1キロ単位の超過料金を示した表を提示されました。それが結構な額なのです。妻と必死になって、一番かさばる私の本類を手荷物に移し変えたものの、やはりいくらかは払うハメに・・・。こんなこと初めてです。

傷心のまま機内に乗り込むと、指定の席は何とビジネスクラス。おお!
機内食などのサービスはエコノミークラスと同じだったので、どうやら座席数の都合上、エコノミーの扱いのままビジネスに移されたようなのですが、ラッキーなことこの上なし。先ほどの超過料金のことなどすっかり忘れていました(笑)。

さて、約12時間の快適極まりないフライトの後、アムステルダムに着陸するかという時間になって、「雪のため空港が閉鎖されており、着陸できません。燃料が少なくなっているので、一旦デュッセルドルフ空港に着陸します」との機長のアナウンス。結局、燃料補給やら何やらでスキポール空港には2時間遅れで着陸したので、「今夜はアムス泊まりかな」と覚悟して係員に聞くと、「後続便も遅れているので、今ならまだ間に合います。急いでください!」。

大慌てで乗り場に駆け込み、何とかセーフ。テーゲル空港に着いたのは、もう日も変わるかという時間帯でした。

ベルリンは雪。寒いし、さすがに疲れました。いつも以上に重いトランクを引きずってようやく帰宅。まずは冷え切った部屋に暖房を付けたのですが、今度は別の問題が発生。

水が出ない・・・。1ヶ月近く家を空けていた上、最近の寒波で水道管が凍ってしまったようです。水もお湯も、トイレの水も流れないので、われわれの焦りの色は濃くなってきました。まあ、朝になれば大家さんに連絡できるし、余計なエネルギーのロスは避けてとにかく寝ようと決めたものの、部屋はなかなか暖まらないし、催すものは催すでどうも落ち着きません。明け方になって、ようやくちょろちょろと洗面台の水が流れ始め、最後にトイレの水が勢いよく流れ出した時は、本当にうれしかった(笑)。

e0038811_3102877.jpg
こんな感じで再び始まったベルリン生活。最近の欧州の寒波はニュースで耳にしていたので、暖かい日差しの日本にいた最中、自分はどうしてあんな寒い場所に好き好んで戻るんだろうとふと思ったこともありましたが、帰って来たら帰って来たでどこか落ち着きます。充実した日本滞在で、心は完全にリフレッシュできました。再びベルリンにいられることを感謝して、また明日からがんばろうと思います。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-01-07 21:38 | ベルリンのいま | Comments(16)

私の先週一週間

先週は人に会う週と決めていたので、時間の許す限りいろいろな方にお会いした。大事なことを忘れないうちに、簡単にメモ書きしておこうと思う。

12月14日
山梨から東京に戻って、14時に麻布にある出版社にご挨拶。担当の編集者の方にお会いするのは初めてだったのだが、本当に感性の豊かな方という印象を受ける。私の書いたものもよく読んでくださっていて、また仕事をご一緒できればとモチベーションが高まった。その後、久々に早稲田大学へ。大学時代のドイツ語の恩師に6年ぶりに再会し、研究室でしばし歓談。その研究室のある11号館というのが巨大に生まれ変わり、自分が卒業してからずいぶん変わったなあと実感。先生の1年生の教え子も合流して、高田馬場で飲んだ。若い学生さんにはドイツのことをいろいろ聞かれた。自分のベルリンでの経験を若い人たちに少しずつでも還元していかなければと思った。

12月15日
夕方、横浜の有隣堂本店へ。日本に帰ると大抵一度は足を運んでいたのだが、隣の文具館と合併したため、品揃えがかなり落ちていた。大型書店は他にもあるし、わざわざここに行くことは今後ないかもしれない。馴染みのある本屋だけに残念。大学時代の先輩で、北海道新聞記者の佐藤千歳さんが『インターネットと中国共産党』(講談社文庫)という本を出されたので、これは迷わず購入した。

12月16日
午後、有楽町でブログを通じて知り合ったフリーの映像作家さんとお茶。それから、渋谷に行き、昨年までベルリン在住だったライターの方に再会。最後に池袋で、メンデルスゾーンの研究をしている大学院生にお会いする。それぞれ短い時間だったけれど、いずれも楽しかった。

12月17日
11時半、恵比寿で建築家の光嶋裕介君に再会。おいしいハンガーガー屋さんでランチする。彼が昨年、日本に完全帰国して以来だから、1年半ぶり?でも、近況はお互いのブログやHPでよく知っているので、その間の時間をあまり感じない。いつか何か仕事を一緒にできればいいねと話す。午後は、2つの出版社にご挨拶を兼ねた打ち合わせ。メールのやり取りだけで原稿も本も書けてしまう時代だけど、直接会ってじっくりお話できるのはやはり大きい。夜は中目黒で、『素顔のベルリン』のお疲れさま会。執筆中はいろいろ大変なこともあったが、間違いなく自分にとって今年一番大きな、そして節目と言える仕事だった。素晴らしいスタッフの方に恵まれて本当に幸運だったと思う。程よく酔って東急東横線に乗ったら、実はそこは女性専用車だった。大分経ってから気付き、酔いが一気に覚めた。

12月18日
午後、新宿にあるキャノンのサービスセンターで修理に出していたデジカメを受け取った後、お茶の水駅前のスタバで大学時代の友達とお茶。その後、上野のIT関係のベンチャー企業にお邪魔する。そこの若い起業者の方とは、某SNSを通じて知り合ったのだが、『素顔のベルリン』の熱い感想をわざわざお寄せくださり、またベルリンに共通の友人がいることがわかって、お会いすることに。普段そうそう会う機会のない職種の方だけに、大変刺激を受けた。東京駅丸の内ビルの「醍醐味」は絶品の和食屋さん。仕事でたまにベルリンに来られるそうなので、今度はこちらがおもてなしをしなければ。

12月20日
根津でテレビ局勤務の知人に再会。近くの高層マンションの自宅に呼んでいただき、素晴らしい夜景を眺めながら、垂涎ものの海賊盤のCDなどを聴きながらしばし音楽談義。その後、根津駅前の串焼き屋さん「はん亭」で、奥さんやオペラ演出の友人も交えて飲む。いろいろお話を聞いて、民主党には文化芸術政策に関してはまったく期待できそうにないことがわかってしまった。

その次の日から数日間の旅行で、現在博多に来ています。それではまた。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-12-23 01:08 | ニッポン再発見 | Comments(4)

実家のネコちゃんたち

e0038811_15483094.jpg
日本に帰って来ると、つい一度は書いてしまうわが家のネコです。1年ぶりでしたが、3匹とも元気でした。まずは、穏やかな日差しを浴びてソファの上で寝っころがるルナちゃん(♀6歳半)。もこもこしたお腹を、つい触りたくなってしまいます。

e0038811_15481247.jpg
カメラにちょっかいを出そうとするミントくん(♂8歳半)。もう1匹、同じ日にやって来た白猫のモモちゃんもいますが、昼間は別の場所で寝ていることが多く、写真があまりありません。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-12-19 15:46 | その他 | Comments(2)

近況&帰国しました

今回約1ヶ月日本に帰るため、帰国前に済ませておくことがたくさんあって、しばらくブログの更新から遠ざかっていました。

この10日間は面白い仕事が続き、忙しいながらも充実した日々でした。
まず、11月末の4日間は日本の新聞社の取材コーディネートをさせていただき、自分で車を運転しながら壁の跡地を巡ったり、かつて壁にペインティングをしたアーティストにインタビューをしたりしました。ベルリンの壁をこれまで自分の知らなかった視点から眺める、なかなか貴重な機会でした。1月に記事になるそうなので、その時はまたご紹介できると思います。

それが終わると今度はガイドの仕事で、ご案内したのが写真の印画を職業とされていて、先日日独センターで講演をされた橋口譲二さんの写真のプリントも任されているというご夫妻でした。街案内以外にも、写真用品店さんを回ったり、仕事の話を伺ったりと逆にこちらが刺激をもらいました。特に私の写真家の友達に紹介してもらった、廃屋のような場所を使ったミッテの特異なギャラリーには、かなり興奮されていたようでした。

その次に関わったのが、都市の再生、町づくりという観点からベルリンに視察に来られた某市の代表団の方々のアテンドでした。古い工場などを文化施設などに再利用しているスペースを中心に巡ってはそこで話を聞くという、これまたやり甲斐のある仕事でした。構成メンバーが、電力会社勤務の方、不動産屋の社長さん、都市の歴史(地域開発)を専門とされる先生などユニークな面々で、皆さんとにかく好奇心が旺盛。自分にとっても日本とドイツの都市のあり方を比較するよい機会でした。特に都市史の先生は、その著作を読んでいたことを後になって気付き、最終日にその本を持って行ったら喜んでくださいました。物事は何がどこでどうつながっているかわからない、そしてそのことの面白さを最近よく感じます。

昨夜は荷造りと原稿を2本何とか書き上げ、ほとんど寝る間もなくテーゲル空港に向かいました。日本で年末年始を過ごすのは、かれこれ6年ぶりなのです。こちらでもいろいろなものを見て感じたい。できる範囲で更新していくつもりです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-12-09 21:38 | ニッポン再発見 | Comments(13)

『素顔のベルリン』、出版記念パーティー

e0038811_7594327.jpg
ご報告がすっかり遅くなってしまいましたが、11月1日(日)に『素顔のベルリン』の出版記念パーティーを行い、予想を超える多くの方々にお越しいただきました。どうもありがとうございました!

まず会場の空間がなかなか面白かったです。もともとは20世紀初頭に造られた古い給水塔なのですが、80年代中期に地区から援助を受けて若者の一種の文化センターになっています。写真のカウンター形式の部屋の他、奥にはちょっとしたコンサートもできるホールがあり、予想以上に広かった。卓球台やサッカーゲームのある部屋もあって、パーティーの後半はそちらで盛り上がっている方々もいました。

ゲストの皆さんは本当に多彩で、私がベルリンに来て最初に知り合った古い友達から、ブログを見て来てくださったという初対面の方、はたまたハンブルクやチューリヒといった遠方からお越しの方までいて、大いに盛り上がりました。日頃のブログや本のご感想などを直接聞くことができたのはうれしかったですし、新たなネットワークも生まれたりして、私にとって貴重な時間でした。

e0038811_964548.jpg
生まれて初めて、サイン会なるものをさせていただいたのですが、慣れないことをしたせいか、とんでもないポカもしてしまい・・・^^;)。

準備段階から当日まで細やかなサポートで、この素敵なパーティーを演出してくださった「クニさん」を始め、『素顔のベルリン』を迅速に発送してくださった「地球の歩き方」の伊澤さん、そして本の制作に力添えをいただいた方々に改めてお礼を申し上げます。本当に楽しかったし、エネルギーをもらいました。次の仕事に向けて、また精進したいと思います。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-11-15 00:46 | ベルリンあれこれ | Comments(10)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング