ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

タグ:雑感 ( 73 ) タグの人気記事

10年目の出会いと別れ

e0038811_7205589.jpg
少し前になりますが、ベルリンでずっとお世話になっているドイツ人の家族と出会ってからちょうど10年が経ち、この夏にお祝いの食事会をしました。私がまだベルリンに来て間もない2001年初頭、語学学校で知り合った日本人の友達がこのアパートに住んでいた関係で、私を含めたアジア人4人がたまたまお邪魔したことから付き合いが始まりました。それが、フレンツェルさん夫妻(ウリさんとウラさん)、そしてこのアパートの大家のメヒティルトさん。彼らとの出会いについてはこちらなどでご紹介したことがありますが、最初の頃はほぼ毎週、現在でも月に1度はお会いし、お互いの近況から日本と韓国、ドイツのあれこれまでとめどもなくおしゃべりするという関係が続いてきました(ドイツの季節ごとのお菓子や時には食事付き!)。ベルリンでの生活を振り返ってみても、これほど息の長く、かつ密な付き合いは他になかなかなく、私にとって大事な人たちです。

この日、フレンツェルさんのお宅にお邪魔したら、テーブルの上はご覧のようにセッティングされていました。わざわざシェーネベルクのパーティー用品店でこの旗を買ってきてくださったらしく、愉快な配慮にうれしくなりました。この時は、私たちの方からの感謝の気持ちを込めて、日本料理と韓国料理をごちそうしました。

e0038811_7222147.jpg
真ん中に写っているメヒティルトさんは、以前何回かに渡ってインタビュー記事をお届けしました(詳しくはタグのInterviewを)。メヒティルトさんは少し前に還暦を迎え、フレンツェルさん夫妻のお2人も70歳を超えました。当然自分たちもその分歳を取っているわけで、10年という時間の経過を実感します。出会いの節目あれば別れもあり、左端の韓国人のYくんは今年Landschaftsplanungで博士号を取り、つい数日前に奥さんのOちゃんと韓国に完全帰国しました。馴染みの友達がいなくなり寂しくなりますが、彼らの今後の活躍を願いたいと思います。

e0038811_721958.jpg
そういえば、ドイツのヴルフ連邦大統領が日独交流150周年を記念して、今日から日本を1週間近く訪問するそうですね。私たちの交流は本当にささやかなものですが、メンバーが少しずつ変わりながらも今後も末永く続くことを願っています。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-10-22 23:57 | ベルリンの人々 | Comments(0)

講演会が終わりました

e0038811_11473693.jpg
梅雨が明けた三浦海岸にて(7月10日)

先週土曜日、横須賀三浦教育会館での私の講演会「『ベルリンの壁』とは何だったのか?」が無事終わりました。

今回の講演会は、私が中学1年生の時、地理の授業を教わった山田研一先生(私に東西ドイツやベルリンを最初に教えてくださった先生)が、定年後に横須賀三浦教育会館に勤務されているご縁から実現したものです。家族や義理の両親、幼い頃からお世話になっている方々や学校の恩師といった身近な人から、日頃このブログや私の書いたものを読んでくださっている方まで、100人を越える方々にお越し頂けたのは、大変うれしい驚きでした。

e0038811_14155421.jpg
講演会の中でお話しした、1961年に壁を越えて西に亡命して来たゲルハルト・メシングさん(以前こちらでもご紹介しています)の息子のオラフさんがこの日埼玉から来てくださり、講演の最後にご紹介できたのもうれしい出来事でした。少し時間が余ったので、オラフさんと一緒に質疑応答の時間を作り、ここでもベルリンの歴史から日本の震災後のドイツの動きまで率直なご質問をいただきました。

講演会でお話しするというのは私にとって初めてで、家で練習をした時は全然うまくいかず、正直投げ出したい気持ちにも駆られていました(笑)。昨年自転車でヨーロッパを回り講演も経験した下の弟のアドバイスの甲斐もあって、何とか無事に講演が終わると、インターネットとはまた違う知識や経験を共有する面白さを味わい、機会があればまたやってみたいという考えに変わっています。今回の日本滞在の中でも思い出深い1日となりました。ほっと一息つくと共に、ご支援いただいた方々に心よりお礼を申し上げます。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-07-12 14:21 | ドイツから見た日本 | Comments(10)

日本滞在も早後半に

e0038811_1934632.jpg
実家の近所の神社より

○早いもので日本滞在もあっという間に後半に入った。昨日は2人の弟が実家に帰って来たのだが、帰宅の時間帯やそれぞれの予定が別々で、結局家族全員が揃うことはなし。一番下の弟も今年から社会人になったので、揃って会うのはなかなか難しい。

○「ベルリンの壁」についての講演会まで1週間後を切った。講演会自体が初めてだし、うまくまとめられるかどうか、いくらかは不安もある。そんな中、自分にとって1つの支えになってくれているのが、ベルリンを発つ直前にお会いしたドイツ人の知人の体験談だ。ちょうど50年前、命をかけて鉄条網を越えた時の話、その後数年間シュタージに監視されていた時の生々しい実話。このお話を聞いて受けた驚きや感銘を自分の言葉で伝えたい。私が日本に帰って来てから、その方は家の押し入れに眠っていた自分に関するシュタージのファイルを探し出し、スキャンしてわざわざ送ってくださった。講演会ではどこまで上手に話せるかわからないが、とにかく思うのは、単に本を読んでまとめただけではない話が少しでもできればということ。再度のご案内になりますが、お時間とご興味のある方、よかったらいらしてください(詳しくはこちらより)。

○日本に帰って来ると、いつも何かしらの刺激を受けるのだが、今回新しくやってみたいと思うことが1つできた。それは定期的に走ってみようということ。先日、初めて人間ドッグというものを受けて、(まだ正式な結果は出ていないのだが)日頃あまり意識していなかった自分の健康についてみつめ直す機会を得たこと。そして、ちょうどその時村上春樹の『走ることについて語るときに僕の語ること』(文春文庫)を読んでいて、書くということを(もちろんそれだけに留まらないが)末永く続けていくためには、肉体的な健康を維持することが大事だと考えたからでもある。幸い、真ん中の弟が元駅伝選手で、今でも週末にはジョギングのコーチをしているくらいので、昨日一緒に近所を少し走り、いくつか手ほどきを受けた。弟が言うには、「(長く続けるためのコツは)もう少しいけるかなと感じるところでやめておくこと」だとか。なるほど。ベルリンのアパートの近くには大きな市民公園があるし、環境には恵まれている。少しずつ、そしてできるだけ楽しく続けていこう。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-07-04 19:27 | ニッポン再発見 | Comments(3)

梅雨の日本に一時帰国中

e0038811_13101272.jpg
お久しぶりです。先週後半から日本に一時帰国しています。梅雨の季節だし、震災後の影響などもあって、帰国を延期しようかと考えた時期もあったの思ったのですが、やっぱり帰って来てよかったなと思います。

成田に着いてすぐ、湿気を多く含んだ生暖かい空気に包まれると、不思議とどこか懐かしい気分になりました。ドイツに来て以来6月に帰るのは初めてで、日本の梅雨を味わうのも11年ぶりだったのです。空港駅でまずびっくりしたのが、新線開通によって京成線のホームが変わり、横須賀に帰るのにも2通りから選べるにようになっていたこと。「アクセス特急」なる電車に乗れば(運賃も京成線経由より若干高い)、北総鉄道経由で押上まで一本で行けて、そのまま京急にも接続。真新しい高架をひたすら直線的に走るので、さすがに早かったです。自宅の最寄り駅までは2時間20分ほど。これをどう見るか?従来の京成線経由より大分短縮されたのでしょうが、それでもやはり遠いなあと感じる時間感覚であることは確かです。ちなみに、7月にベルリンに戻る時は初めて羽田空港からなので、ちょっと楽しみ。ベルリンの新空港も開業予定までいよいよ1年を切ったので、羽田からベルリンまで1本で飛べたらどんなにいいものかとつい思ってしまいますね。

横須賀に戻った翌日、春に馬堀海岸にオープンしたばかりの横須賀温泉「湯楽の里」というところへ親に連れて行ってもらいました(冒頭の写真)。地下1800メートルから掘り起こした温泉だとかで、1階は岩盤浴、2階は浴室になっていて、結局4時間近くいたでしょうか、大いに楽しみました。中でも素晴らしかったのが、2階の露天風呂からの東京湾の眺めです。対岸に房総半島が見えるので、大海原というほどではないけれど、私にとってはあの震災後初めて目の前にする日本の海。鉄分を含むため黄土色の独特の湯につかり、時々のどかに行き交う船を眺めながらも、人々を襲った恐ろしい現実に思いを馳せずにはいられませんでした。

e0038811_1424237.jpg
翌日曜は相模湾に浮かぶ佐島という港に行って、おいしいお魚を食べて来たのですが、趣のある小さな漁村を歩いていても、津波に襲われた後の東北沿岸部の映像がどこかで脳裏に重なってしまう始末。この場所だって、東海地震が起きたらどうなるかわからない。地震が津波が、そして原発事故をめぐる現実が、人々の日々の生活や思考に重くのしかかっているのを、じわじわと体感しているところです。

それだけに、変わらぬ日常のありがたさを、今回の一時帰国ほど身に沁みて感じたこともなかったのかもしれません。もちろん、自分も両親も周りの人々や建物も少しずつ歳を取っているわけですが、帰れる場所があって、周りが元気でいてくれるだけでもまずはありがたいと思います。

1年半ぶりぐらいに日本に帰ると、最初の2〜3日は日本にいるのがどこか半ば夢のような気分を味わいます(時差ボケも関係しているのかもしれないけど)。でもそれを過ぎると、時の感覚が急にテンポアップしてきます。ベルリンで残してきた原稿を書いたり、7月の講演会の準備を少しずつしたり、時々東京横浜方面に出たり、という感じで少しずつ忙しくなってきました。実家の重病のネコが気にもなって、今はあまり遠出はできないのですが、7月半ばまでの日本での時間を大事に過ごしたいと思います。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-06-24 17:04 | ドイツから見た日本 | Comments(0)

春の訪れに日本を想う

e0038811_7305551.jpg
Weißer See (2011-04-11)

長いような短いようなこの1ヶ月だった。ベルリンの街を歩いていても、ここでは3月11日以前と何ら変わりがないように見える。だが、海外在住とはいえ日本人として途方もない災害を経験し、現在も脅威に直面している今、街を歩いていてもふと震災の映像や人々の声が脳裏に浮かんでくることがある。

数日前、福島の原発事故がチェルノブイリと同じレベル7に引き上げられたというニュースがこちらのメディアでも大きく取り上げられた時は、2005年にキエフのチェルノブイリ博物館を訪れた時の記憶が鮮明によみがえってきた。

2階に上がる階段の上に、地名らしき文字を記した看板がたくさん掲げられていた。階段を上がり終えてから振り返った瞬間、それが原発事故で廃墟と化した町や村の名前だと知り、唖然としたのだ。

関連記事:
ウクライナ紀行(7) チェルノブイリは終わらない (2005-10-28)

もちろん、現時点ではチェルノブイリの規模には至っていないが、取り返しのつかない事態が現実として起こっているのもまた確か。そのことがどうしようもなく悲しく、つらい気分にさせる。住み慣れた場所を離れざるを得なかった人々、かけがえのない人を失い、いまだ避難所暮らしの続く被災者の方々の苦しみに至っては、想像すらできない。

かれこれ10年もの間、私が海外で比較的平穏に暮らせてこれたのも、日本が平和で物の豊かな国だという漠然と抱いていた前提があったからこそだと今になって思う。いつでも家族や友人と連絡を取ることができる、実家に帰るといつも真っ先に食べるのを楽しみにしている新鮮な刺身やしらす、厳しくも変化に富んだ地方の愛しい自然・・・。その気になればいつでも帰れる故郷があるという安心感が、海外に住む私たちをどこかで支えてくれていた。今回の大震災で、その何かが揺らいだ。

震災後、チャリティーコンサートにも比較的多く足を運んだが、日本の状況を想うと音楽を聴いてもなかなか以前のようには楽しめない自分がいる(一方で音楽の癒しの力は以前より感じているが)。音楽は、音楽を奏でる人間と聴く人間がいてこそ成り立つ。それ以前に、やはり最低限の衣食住が備わってこそ、芸術を楽しむ気持ちになってくると考えるべきだろう。生活の基本となる水、胸一杯に吸い込める空気にさえ、安心できないとしたら?

ベルリンの音楽家の友人知人らは積極的にチャリティーコンサートを行い、被災地に義援金を送り続けている。もちろん音楽だけに留まらず、ベルリンならでは(?)のクリエイティブな活動が、今至るところで行われている。先週ベルリンで大きなチャリティーコンサートを主催した音楽家の友人は、昨日会った時にこんなことを言っていた。「限られた時間の中での準備は本当に大変で、ここまでしてやる意義はあるのかと最初は自問していた。でも、ドイツの同僚たちがいかに日本のことを想い、心配してくれているかを肌で感じ、それが大きな力になった。今回だけで終わらせてはいけないんだと思った」。

ベルリンでも春の気配が感じられるようになってきた。が、ふと思う。私たちはもう3月11日以前に戻れないのだと。だが、それでも前を向いて生きていかなければと思う。もう少ししたらブログもまた以前のように更新していきたい。想像を絶する災害を前にしてしまったからこそ、私は先人たちが遺してきた文化や歴史の歩みを今まで以上に大切にして綴っていきたいと思っている。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-04-15 00:55 | ドイツから見た日本 | Comments(8)

毎日新聞のコラム「憂楽帳」より

毎日新聞の夕刊社会面に「憂楽帳」という記者の方が書く短めのコラムがあるのですが、数日前、私の著作『素顔のベルリン』を教科書に使っていただいている徳島大学の授業のことが紹介されました。とてもうれしい機会だったので、許可をいただきここに再掲したいと思います。


憂楽帳:都市の記憶

東西ドイツ統一20年を迎えた昨秋、徳島大でベルリンをテーマにした授業が始まった。題して「記憶の場の教育学」。

最新のベルリンを知るため、教科書は詳細なガイドブック。副教材にはテレビの旅番組やドキュメンタリー、ドイツ映画なども活用している。「第一次大戦から冷戦終結まで、ベルリンには世界史の記憶が塗り込められています。その『都市の記憶』を読み解くことで、歴史をどう伝えるか、考えるのがこの授業の狙い」と、弘田陽介助教(37)は語る。

ベルリンには、博物館や観光名所以外にも、随所に「記憶」を伝える装置がある。地面に延々続く壁の跡。越えようとして射殺された人々の写真、名前、年齢入りの記念碑。強制収容所へユダヤ人を送った列車の行き先、人数、日付を書いた鉄板が並ぶ駅のホーム……。

受講している学生たちは20歳前後で、今まで壁崩壊は「史実」に過ぎなかった。しかし授業を通じて、多くが「ベルリンに行ってみたくなった」という。大災害や戦争を風化させないために、都市自身の「記憶」が果たす役割も大きいのだと知った。【斎藤由紀子】

毎日新聞 2011年1月24日 大阪夕刊


弘田先生と学生の皆さんとは、スカイプを通じて2回ほどゆっくりお話させていただきましたが、自分がベルリンでやって来たことを見つめ直す意味でも、大変いい機会でした。斎藤記者のこの記事を拝読して、特に若い人たちにもっとベルリンに来てほしいなと改めて思いました。

日本からこの街を目的に来る旅行者の数はまだまだ少ないですが、一方でベルリンを訪れる旅行者全体の数はここ数年右肩上がりなのです。つい最近、「ベルリンは、ローマを抜き、ロンドン、パリに続いて欧州で3番目に人気のある旅行目的地になった」という記事も読んだほどです(Spiegel誌のサイトより)。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-01-27 00:57 | ベルリンあれこれ | Comments(5)

Frohes Neues Jahr 2011!

e0038811_2242422.jpg
新年あけましておめでとうございます。

新年のご挨拶が大分遅くなってしまいました。昨年最後のエントリとなったつららの写真は結構インパクトがあったようで、いろいろとコメントをいただきましたが、ベルリンは30日ぐらいから気温が上がり(写真は30日に撮ったもの)、最高気温0度ぐらいの比較的暖かい年明けを迎えました。あの巨大なつららも、いつの間にか地面に砕け散っていましたが、また新たな寒波がやって来ることでしょうね。まだまだ油断は禁物です。

昨年もまたこのブログを通じて、いろいろな出会いがありました。2010年は、ベルリン在住10年、ブログを開設して5年という、自分にとっては節目の年でしたが、2011年も変わらずお付き合いいただけたらと思います。今年はもう少し書くスピードと読むスピードをアップして、インプットとアウトプットのレベルを上げていくのが自分の目標です。

2011年が皆さんにとって、実りある素敵な年になりますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-01-03 15:36 | ベルリンのいま | Comments(8)

屋根のつららにご用心

e0038811_23432646.jpg
この寒さで、アパートが結構大変なことになっています。私はアルトバウのアパートの中庭に面して住んでいるのですが、中庭から通りへ出るドアが完全に凍結してしまい、どんなに力を入れて押しても開きません。屋根の上のつららが少しずつ溶けてきて落下し、ドアの把手はご覧の状態。こんなの初めて見ました。

e0038811_231078.jpg
部屋からアパートの屋根を見上げると、大体こんな感じになっています。

e0038811_23102266.jpg
中でも一際大きいのがこれ。どう見ても1メートルぐらいはありそうな巨大つららです。見た目はなかなかきれいですが、ロマンチックな気分に浸っている場合ではありません。

e0038811_23103949.jpg
恐ろしいことに、この巨大つらら、通りへ出るもう1つのドアのちょうど真上にできているのです。こんなものが突然頭上に落ちてきたらと思うと・・・。完全に凍結したもう1つのドアについては、隣人が大家さんに連絡してくれたそうですが、この時期いつレスキュー隊(?)が来てくれるか全くの不明。これで気温が急に上がったら、あの危険なつららたちは、一気に落下してくることでしょう。外に出る時は毎回ヘルメットでもかぶるか・・・。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-12-29 16:07 | ベルリンあれこれ | Comments(9)

兄弟座談会 - ベルリン-パドヴァをつないで -

8月初頭から自転車で西ヨーロッパを旅している私の弟と(ブログはこちらより)、昨夜スカイプを通じて座談会のようなことをしました。内輪の内容も混じっていますが、以下にまとめてみたので、興味のある方はご覧いただけたらと思います。


M: こんばんは、今日はどこに滞在しているのかな。

Y: 今はパドヴァという、イタリア北部の街にいます。ヴェネチアから自転車でやってきました。

M: 早いもので、8月頭にフランクフルトからスタートして、もうゴールまで約2週間だね。ここまでの道のりを振り返ってみて、今感じることは?

Y: やっぱり、毎日のように日本はいい国だなぁって思うかな。トイレはきれいだし、スリもいないし、シャワーは快適だし、水はタダだし・・・日本を離れてみて、改めて日本の良さに気付いた気がするよ。帰ったら、日常のものに感謝しなきゃいけないね。

M: なるほど、時々日本に帰る度に僕もそう思う。でもそれだけだったら、海外に出たがらない今の若い人は「やっぱり日本の方がいいや」で終わってしまう(笑)。あえて、こういう旅をしたからこそ得られた体験も聞いてみたいな。日本の日常生活ではなかなか感じない充実感というのもあるんでしょう?海外1人旅の魅力は?

Y: なんか、日本から遠く離れた場所で、言葉もわからない、どうやっていいかもわからない。いろいろと不安があるんだけど、結局どこの国の人でも、人間であることには変わらなくて、困ったことがあれば助けてくれるし、言葉が通じなくても、食べて、寝て、働いて、と同じように生きているから、何を求めているのかわかってくれる。だから言葉は通じないけど、あまり不自由はしなかった。毎日そういう経験を重ねるごとに、人間として強くなっていく気がするよ。「できない」と思っていたことが、やってみればできるものだし、そういう挑戦する機会って、不自由のない今の日本では味わいにくい。そんな生活に慣れ切ってしまうと、人として弱くなってしまう気がするよ。そんなところかな。まだまとまりのない言葉だけどね。時間が経たないとうまく答えられないね。

More
by berlinHbf | 2010-09-17 13:44 | 欧州を感じる旅 | Comments(3)

Blog「ベルリン中央駅」5周年!

e0038811_5353427.jpg
Neues Kranzler-Eckにて(7月29日)

お蔭さまで、8月1日をもって、当ブログも5周年を迎えました。2000年9月末、右も左もわからないままベルリンに住み始めて、もうすぐ10年になるのですが、その半分の年月をこのブログと共に歩んで来たのかと思うと、その重みを実感せずにはいられませんし、『ベルリン中央駅』が自分にとってますます大事な情報発信の場であり、同時に記録媒体にもなってきているのだと思います(逆に言えば、2000〜04年も、もう少し文章や写真で記録しておきたかったな)。

ここ1年半ぐらいは、他の仕事が忙しくなってきて、更新頻度も落ちてきてはいますが、それでも基本的には何も変わらずこうして続けていられるのは、読んでくださっている皆さんあってのことだとつくづく思います。私を刺激し続けてくれるベルリンにも感謝。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-08-05 22:57 | ベルリン中央駅 | Comments(9)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング