ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

タグ:歴史(Geschichte) ( 111 ) タグの人気記事

ベルリンの乗り物の歩みを一望

e0038811_21451724.jpg
9月の毎週日曜日、クロイツベルクにあるドイツ技術博物館(Deutsches Technikmuseum)でちょっと珍しい一般公開日があるというので、足を運んで来ました。

この日公開されたのは、同博物館が管理しているDepot と呼ばれる車庫。ここにベルリン交通局が所有する13台のバス、14両の路面電車、4両の地下鉄などが保存されているのです。

博物館と車庫とは1.5キロほど離れており、博物館に行くとシャトルバスが待ち受けていました。1960〜70年代のオールドタイプのバス。当時の制服を着た車掌さんが、切符を売りに車内を見回りにやって来ると、童心をくすぐられる思いがします。やがて到着したのは、橋のたもとにあるレンガ造りの車庫の前。通りからは目の届きにくい場所にあるのですが、中に入ってそのスケールに圧倒されました。

e0038811_21373039.jpg
歴史的なバスや車、路面電車などが所狭しと並ぶ様は圧巻

かつてドイツ帝国鉄道の高速気動車の車庫だった巨大なホールに、ありとあらゆる乗り物がぎっしりと並んでいます。最初期の自動車や馬車鉄道に始まり、乗用車、トラック、タクシー、クリーム色が美しい種々のバス、S バーン、地下鉄、路面電車に至るまで、さながらベルリンの交通史を駆け抜けるかのようでした。

e0038811_22135914.jpg
e0038811_22225082.jpg
ほかではなかなか見られない貴重な乗り物も多くありました。例えば、戦前のベルリンを映した映画によく出てくるボンネットバスや、オペル社の流線型バス、ソ連の国賓用リムジンカー、東独の最高指導者ホーネッカーが狩猟用に使った車、等々。

e0038811_22245347.jpg
e0038811_21544430.jpg
私が特に感銘を受けたのは、ある1両の路面電車(写真右)。車内に入ってみると、案内役のおじいさんが「1927年生まれの84歳だよ」というこの電車について説明してくれました。これは1967年10月、シュパンダウとツォー駅を結ぶ西ベルリン最後のトラムの路線が廃止された際走った車両なのだとか。天井には長いロープが張られており、それを引っ張ると「チンチン」という何とも小気味のいい音が鳴ります。当時はこうして降りる際の合図を出したのだそうです。こんな些細なところからも、昔のベルリーナーの生活を感じ取ることができました。

e0038811_213742100.jpg
西ベルリンで最後まで走り続けた路面電車の車内。本文で触れた天井のロープも見える

その日見かけた多くの子どもたちのように楽しんでいるうちに、閉館の時間が近付いてきました。車庫の脇に行くと、技術博物館までを結ぶ特別列車が待ち受けていました。戦前は貨物の操車場だった広大な場所に、1本だけ保存用に残された線路の上をゴトンゴトンと音を立てながらゆっくり走る客車。昔の人々が乗り物に託した夢や希望に思いを馳せつつ、雨の振りしきる博物館の裏手に戻って来たのでした。来年も9月に開催予定だそうです。
www.sdtb.de
ドイツニュースダイジェスト 10月14日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-10-17 15:16 | ベルリンあれこれ | Comments(5)

発掘の散歩術(15) -ケーペニックともう1つの「キーツ」-

e0038811_737112.jpg
Köpenick - Kietz (2011-09-20)

ベルリン中央駅から東にSバーンで30分ほど、シュプレー川とダーメ川がちょうど交わる地点に位置するケーペニックは、ベルリン在住の人も「観光」目的で一度は訪れる価値のある町だ。ここには中世の城塞都市だった頃の面影がいまだ濃厚に残っており、シュパンダウと並んで、ベルリンよりも古い歴史を持つ。先日、赤煉瓦の市庁舎を中心とした旧市街の散策を楽しんだ後、ケーペニック宮殿がある南側の島を初めて訪れてみた。すでに7世紀頃からスラブ人がここに城塞を構えていたというケーペニックの原点の地である。

バロック様式の宮殿は比較的最近修復されたばかりで、内部も大変美しく見応えがあったが、こちらが心配になってしまうほどの閑散ぶりである。訪問者よりも、各階の職員の方が多いほど。せっかく素晴らしいロケーションにあるのだから、もう少し人を呼べないものかと思う。

e0038811_7233646.jpg
ケーペニック王宮の庭園からダーメ川と「キーツ」の方面を望む

宮殿の裏手は英国風の庭園になっており、湖と見紛うほど川幅の広いダーメ川が眼前に迫る。水のある風景は、やはりどこか心を広々とした気分にさせてくれる。東側の対岸を望むと、背の低い民家が並び、ボートや小舟が浮かんでいた。実は、ここを訪ねることが今回のケーペニック行きのもう1つの目的だった。

当連載の第1回目のタイトルが「『キーツ』の原点を訪ねて」だったのを覚えておられるだろうか。「スラブ人の漁村集落」を元々の意味とする「キーツ」。それが地名として残っている場所がケーペニックにもあるという。ケーペニック宮殿から徒歩5分、ダーメ川の東岸に延びる「キーツ(Kietz)」という通りである。

e0038811_7232930.jpg
漁村集落の面影を今に伝えるケーペニックの「キーツ」

1240年、ドイツのアスカーニエン家が新しい城塞を建てると、それまでそこに拠点を構えていたスラブ人は追われ、一部が近くに漁村集落を形成するようになったという。実際、この「キーツ」の中に入ってすぐ、どこか心が和んでくるのを感じた。平屋、せいぜい2階建ての背の低い古い家屋が多く並び、19世紀末以降の高さが統一されたアパートが整然と並ぶ住宅街とは、明らかに趣を異にしているからだ。窓枠にかわいらしい装飾が見られたり、入り口のドアの上に魚の形を模した真鍮板が飾られていたりして、1つひとつの建物に個性が感じられる。とはいえ、通りの長さはせいぜい250メートルぐらい。あくまで漁村のスケールである。17世紀の30年戦争で部分的に被害を受けたものの、このキーツの規模は何世紀もの間大きく変化することはなかったという。1743年の時点で、ここには31軒の住居があり、同通りの27番地や19番地の建物はその当時に造られたもの。通り全体が貴重な文化遺産でもある。

興味深いのは、このキーツでは19世紀末まで自治が営まれていたことだ。これは、キーツごとに独自のミニコミ紙が作られていたり、地域のお祭りが行われたりする現代のベルリンのキーツの精神と、どこか重なり合うような気がした。
ドイツニュースダイジェスト 10月7日)


Information
シュロスプラッツ・ブラウエライ・ケーペニック
Schlossplatzbrauerei-Coepenick

e0038811_7292425.jpg

宮殿前広場にある「ドイツ最小の醸造所」。ガラス張りの小さな建物の前には常に人が集まっている。ヘレス、ドゥンケルのほか、フルーティーでぴりっとした味わいのキルシュ・チリビア、薫製の味が独特なラオホビアなど、どれも新鮮で美味しい。昼間は広場に食べ物の屋台が出ており、外のベンチで飲食することもできる。

開館:月~日12:00~
住所:Schloßplatz Köpenick, 12555 Berlin
電話番号:(030)420 968 76
www.brauhaus-coepenick.de


ケーペニック宮殿
Schloss Köpenick

e0038811_7274789.jpg

現在のバロック様式の宮殿は、初代プロイセン王のフリードリヒ1世がまだ公子だった17世紀後半に建設された。現在はプロイセン文化財団が運営する工芸博物館になっている。ルネサンスからロココまでの遺産を収めたベルリンのもう一つの「博物館島」でもある。庭園に面したカフェSchlosscaféは、水辺への眺めもよく、一休みするには最適。

営業:火~日10:00~18:00
住所:Schloßinsel 1, 12557 Berlin
電話番号:(030)266 42 42 42
www.smb.museum

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-10-11 23:57 | ベルリン発掘(東) | Comments(0)

記憶の鉄路をたどる(3) - グライスドライエックの貨物駅跡(下) -

e0038811_1742114.jpg
Gleisdreieck(2008-08-17)

前回のつづき)
工事中のグライスドライエックの敷地内を西に向かって歩いて行くと、やがて現役の線路に行き着いた。ここからは夕暮れ時のポツダム広場のビル群がよく見渡せた。

e0038811_1751948.jpg
これは中央駅から南に行く列車が通る幹線。ちょうどSüdkreuz方面から来た列車が、かなりのスピードで駆け抜けて行った。

e0038811_1753295.jpg
大分暗くなってきたので、Möckernstr.側の出口に戻ろうとした。途中横切ったこの2本の線路は、あまり廃線という風には見えない。

e0038811_1754314.jpg
この線路の行方が気になって、自転車を置いて北側へ歩いてみた。すると…

e0038811_1755287.jpg
昔の貨物駅らしきものの跡が見えてきた。建物には明かりも付いており、今にも向こうから列車がやって来そうな気配がある。

e0038811_17648.jpg
ビーチバレーのコートを横目に広大な敷地から出た。この日の探訪から3年経った今日、まさか先ほどのレールの上を特別列車に乗って走ることになるとは思わなかった(この模様は改めて別の機会に)。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-09-18 21:15 | ベルリン発掘(西) | Comments(0)

記憶の鉄路をたどる(2) - グライスドライエックの貨物駅跡(上) -

e0038811_1213857.jpg
Gleisdreieck(2008-08-17)

先週末、建設中だったグライスドライエックの公園の一部がオープンするという新聞記事を目にした。グライスドライエックは地下鉄U1とU2の駅名にもなっているが、ポツダム広場の南側に位置するかつて貨物駅だった広大な敷地(以前、以下の記事でご紹介しています)。このニュースを読んで、3年ほど前の夏にあの敷地内を探索したことを思い出し、ここにアップしたいと思う。

関連記事:
天使の降りた場所(12) - 都心の中の無人地帯 - (2006-10-16)
100年の重みに耐えた橋 - 天使の降りた場所(13) - (2006-10-18)

e0038811_123186.jpg
ベルリンの中心部に残る空き地として、ここはもっとも気になる場所だった。Möckernstr.側の入り口から中に入ると、ビーチバレーのコートがあり(今はもうないかもしれない)、柵を越えて自転車でその奥へと初めて入ってみた。

e0038811_1224532.jpg
北はラントヴェーア運河、南はモヌメンテン通りまで35ヘクタールの敷地に、アンハルター貨物駅(東)とポツダム貨物駅(西)の2つの大きな操車場があった。私がいるのはアンハルター側。1952年まで、ここに鉄道が走っていた。

e0038811_1231320.jpg
あちこちで工事の様子が伺える。さすがにこんな場所に来る物好きはそういないが、犬を連れて散歩している人を見かけた。この向こうには旧アンハルター駅がある。つまり、アンハルターを出た列車は必ずここを通っていたことになる。

e0038811_1232437.jpg
さらに南側に歩くと、昔の詰所のような建物の跡が見えてきた。

e0038811_1233829.jpg
その先には、以前「100年の重みに耐えた橋 - 天使の降りた場所(13) -」で紹介した鉄橋がいくつも延びていた。この上を鉄道が走ることはもうないが、この橋は一種の文化財として公園に組み込まれることになっている。いつかこの上を歩くのが楽しみだ。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-09-10 00:40 | ベルリン発掘(西) | Comments(5)

記憶の鉄路をたどる(1) - アンハルター駅跡 -

e0038811_2350427.jpg
Anhalter Bahnhof (2008.9)

かつてベルリンで一番格式の高い終着駅だったアンハルター駅。現在は正面のファサード部分をわずかに残すのみであるが、戦前は日本から陸路でベルリンを目指した際の終着駅だったことを思うと、いろいろな感慨が湧いてくる場所である。

関連記事:
駅が止まってる駅 - 天使の降りた場所(18) - (2007-01-30)

e0038811_2351356.jpg
2008年9月初頭、日本から来たお客さんと旧アンハルター駅の裏手を初めて歩いてみた。往年の名残を留めるものが何か残っていないだろうかと期待を持ってのことだった。右手に見えるサーカス小屋のような多目的イベント施設Tempodromを通り、さらに奥へと進んだ(2枚目以降の写真は昨年4月に撮ったもの)。

e0038811_23521463.jpg
やがて、緑あふれる公園が向こうに続いていた。だが、この公園、よく見ると普通の公園とは何かが違う。

e0038811_23512993.jpg
手前と奥の間にある段差は一体何だろうか。

e0038811_23525478.jpg
歩いて行くと、これらがアンハルター駅のホーム跡だということがわかってくる。

e0038811_23523554.jpg
ホームとホームの間の列車が通る部分は、土で埋め込まれ、その間を木の遊歩道がつないでいる。なかなか粋な演出である。後で知ったのだが、2008年6月、ドイツ鉄道の出資によってこの敷地は公園に整備されたとのことだった。

e0038811_23531461.jpg
これなどはホームそのものである。

e0038811_23533783.jpg
レールはさすがに残っていなかったが、昔の駅の遺物かと思われるものも見つけた。

e0038811_23543766.jpg
大ターミナル駅の何本もの線路が、ここでまとまる。

e0038811_23545456.jpg
そして、向こうに見える小さな橋を列車は渡り、アンハルター地方、しいてはヨーロッパ各地へと旅立って行ったのである。奥に地下鉄U1の地上線とドイツ技術博物館が見えるが、その向こうは今どうなっているのだろうか。2008年の夏のある日、ふと思い立って探索に出かけたことがある。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-05-08 02:28 | ベルリン発掘(西) | Comments(3)

歴史博物館のヒトラー展

e0038811_2028478.jpg
あえて写真を排したヒトラー展のポスター

昨年10月に始まったドイツ歴史博物館の「ヒトラー展」は、公開当初からドイツ内外で大きな話題を集め、12月末の時点で見学者数はすでに16万人を超えています。2010年の博物館全体の訪問者数も、記録を更新したそうです。

この展覧会の正式名は、「ヒトラーとドイツ人 民族共同体と犯罪」。ナチスの独裁体制は、ヒトラー自身のカリスマ性だけで説明できるものではなく、幅広い層のドイツ人の期待があったからこそにほかなりません。この展覧会の特徴は、ヒトラー個人だけではなく、それまで無名だったヒトラーを「総統」にまでのし上げた、当時のドイツの社会状況やドイツ人の精神状況にも焦点を当てていることです。

昨年の12月末、この展覧会に足を運んできました。雪が降る中にもかかわらず、客入りは上々。地元のドイツ人だけでなく、観光客の割合もかなり高いようでした。展示は全部で8つのカテゴリーから成り、「総統神話」から「終わりなきヒトラー」まで時系列に並んでいます。当時の写真やポスターだけでなく、ヒトラーの直筆メモや『我が闘争』の各国語版など、興味深い展示物が目白押しでした。

e0038811_2033531.jpg
© dapd

前半の展示物で特に印象に残ったのは、写真や映像に記録されたヒトラーに熱狂する一般市民の表情、そして彼の43歳の誕生日に寄せられた市民からの手紙の数々です。「親愛なる総統へ」などの文面で始まるメッセージを眺めていると、老若男女問わず、ドイツ人のヒトラーへの期待感は本物だったのだと今さらながら実感します。

e0038811_20341982.jpg
© dapd

ナチスによる暴力がエスカレートし、やがて戦争へと突入する後半部分で私の心に刻まれたのは、ユダヤ人の迫害に関する展示です。「この村へのユダ ヤ人の立ち入りは望まれない」と書かれた看板や通りのど真ん中で辱めを受ける若いユダヤ人女性……。

当展覧会のキュレーターである歴史学者のハンス=ウルリヒ・ターマー教授とジモーネ・エルペル教授は、(展覧会の副題の)「民族共同体(Volksgemeinschaft)」についてこう説明しています。「この概念のシステムは、受け入れと排除の原理によって成り立っていた。根本にあるのは人種差別的な思考であり、それゆえ暴力を核に持つイデオロギーだった」。ヒトラーに熱狂した人々は、排除される側へ想像力を巡らすことには鈍感だったのでしょう。

e0038811_2043872.jpg
会場のI.M.ペイ設計による歴史博物館の新館

これと同次元で語ることはできませんが、現在ヨーロッパではイスラム系の移民排斥など、右傾化の動きが顕著に見られるようになってきています。ベルリン工科大学・反ユダヤ主義研究センターのヴォルフガング・ベンツ教授は、「19世紀の反ユダヤ主義と現代の反イスラムの動きには、排除の原理などで共通点が見られる」と不穏な分析をしています。

「ヒトラーとドイツ人が引き起こした膨大な犯罪は、いかにして起こったのか」。この問いは、現代を生きる私たちも避けて通ることができないのではないかと感じました。 当初は2月初旬までの開催予定だったこの展覧会、大きな反響を受けて2月27日まで延期されることになりました。貴重な機会をお見逃しなく。
www.dhm.de (開館は毎日10:00~18:00、金曜は21:00まで)
ドイツニュースダイジェスト 2月4日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-02-03 12:40 | ドイツ全般 | Comments(6)

テレージエンシュタット訪問記(3)

すっかり間が空いてしまいましたが、昨年5月、チェコのテレージエンシュタット(現テレジン)を訪れた話の続きを書きたいと思います。来週更新する記事の関連性も考えて、今のうちに書いておきたいと思ったのです。テレジンの話が初めてという方は、最初にこれまでの記事をお読みいただけるとうれしいです。

関連記事:
テレージエンシュタット訪問記(1) (2010-11-28)
テレージエンシュタット訪問記(2) (2010-12-05)

前回書いたのは、テレジンの「小要塞」の方でした。そこにはハプスブルク帝国時代の要塞の中に刑務所が設置され、それまで実際に行ったことのあるアウシュヴィッツやベルリン郊外のザクセンハウゼンの強制収容所の雰囲気と重なるところがありました。最初の回で、「『要塞として建設され、その後ナチスの強制収容所になり、いまはまたそこに普通に人が住んでいる』と言われても、一体どういう場所なのか、ひまひとつ想像がつかなかった」と書きましたが、それは小要塞ではなく、大要塞、つまりテレジン市本体のことだったのです。

e0038811_85439100.jpg
1本道を500メートルぐらい歩いて行くと、オフジェ川が見えてきます。そこを越える際に、昔の城壁の跡らしきものが視界に入りますが、それを除けば「また別の街に入ったのかなあ」というぐらいの感覚でしかありません。時々、トラックやバスが横を通り過ぎて行きます。事前に何も知らなかったら、特に何も気付くことなく、私はこの街を通過していたかもしれません。

e0038811_8551025.jpg
しばらく歩くと、この街の中心地らしき広場にたどり着きました。少し閑散とはしていたものの、ベンチでは人がくつろぎ、公園では子供たちが遊ぶ光景が見えてきます。小さな街のごくごく普通の日常の風景という趣です。一見、本当に普通の街なのです。

e0038811_8103272.jpg
ところが、ネットから借用したこの街の空中写真を見れば、テレジンの特異性が一目でわかります。第2次世界大戦中、かつての大要塞の特性を生かす形で、テレージエンシュタットは大迫害施設へと生まれ変わり、数々の悲劇が起きたのでした。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-01-30 01:15 | 欧州を感じる旅 | Comments(0)

テレージエンシュタット訪問記(2)

e0038811_5243422.jpg
「労働は人を自由にする」と書かれた門をくぐり抜けると、中庭があり、いくつもの監房や独房の建物が並んでいた。

前回書いたように、もともとこの小要塞は18世紀末に作られた。当初ここに投獄されたのは軍人の他、中欧や南東ヨーロッパの民俗解放戦線に携わった人々だったという。入り口でもらったパンフレットによると、ナチス・ドイツの占領後、1940年にこの小要塞にゲシュタポのプラハ本部の刑務所が造られ、同年6月14日に最初の囚人が送られてきた。チェコ人が多かったそうだが、それ以外にもソ連、ポーランド、ドイツ、旧ユーゴ、もちろんユダヤ人も。大多数は、ナチスに対する抵抗運動のかどで逮捕された人々だった。

e0038811_5245098.jpg
テレジンの小要塞は、パンフレットに番号と経路が記されているので、それに従って見学するのが一番よい。ところが、この17、18と番号が書かれた場所まで来て、一瞬立ちすくんでしまった。18は「死体保安所。ここに拷問死した囚人の遺体が置かれた」そうだ(いやだなあ・・・)。隣の17は地下道。すぐにでも引き返したくなる場所だったが、経路図を見ると、この地下道をくぐり抜けないと次の19に行けないようになっている。しかもこれがたいそうな距離で、ざっと400メートルはありそう。「まさか囚人の遺体を運ぶのに使われた地下道じゃないよな」と思いつつパンフレットを見ると、「元の要塞の一部。戦時中は利用されなかった」と書かれていた。とはいえ、細長く暗い(もちろん明かりはあるものの)地下道を延々と歩いて行くのはかなり気が滅入った。1人で来ていたら、もっと恐かったかもしれない。

e0038811_52538.jpg
ようやく地下道をくぐり抜けたと思ったら、そこは処刑場跡・・・。「小要塞で死刑執行が始まったのは1943年。ここで、約250人の囚人が銃殺された。最大の処刑が行われたのは1945年5月2日で52人が処刑された。その大部分は、レジスタンス組織のメンバー」。

e0038811_525174.jpg
この門をくぐると、再び小要塞の中に戻ることになる。これは通称「死の門」。囚人にとっては、処刑場へと導く門だったのだ。

e0038811_5252790.jpg
あまりゆっくり見て回る時間がない中、東側の突端部に行ってみる。中庭に監房が並ぶその奥は、やはり見せしめのための処刑場だった・・・。「1945年3月、38号監房から脱走を図り、失敗した3人の囚人のうち1人が、他に無作為に選び出された2人の男性と1人の女性と共に、中庭の先端部で見せしめのため処刑された。逃亡を試みた残る2人も逮捕され、第一中庭の独房近くで石たたきの刑で処刑された」。

e0038811_5254585.jpg
劣悪な居住条件の中、戦争末期にはチフスが広がり、多くの人が亡くなったという。ここが開放されたのは、1945年5月5日に看守が逃げ出した後、ソ連軍がやって来た5月8日のことだった。

e0038811_526046.jpg
どこを歩いても、いまでも死の気配がすぐそばに感じられるテレジンの小要塞を一通り見終え、入り口に戻ってきた。決して長い時間ではなかったが、疲労感を感じる。ここは要塞全体が完全に隔離された刑務所だった。が、テレジンはこれでおしまいではなかった。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-12-05 23:30 | 欧州を感じる旅 | Comments(4)

テレージエンシュタット訪問記(1)

e0038811_1252645.jpg
5月のプラハ旅行の最終日、以前から一度訪ねてみたいと思っていた場所に、行ってみることにした。ドイツ名はテレージエンシュタット、チェコ名はテレジンというこの街が、プラハから約60キロの距離にあるというのは少々以外だった。夕方のベルリン行きの列車に間に合うよう戻って来なければならないが、何とかなるだろうと思い、テレジン行きのバスが出る街の北側のHolešoviceのバスターミナルに地下鉄で行ってみた。が、そこはだだっ広い乗り場があるだけで、人も少なく、とてもバスターミナルという雰囲気ではなかった。停留所を1つ1つ回りながらTerezinの文字が書かれた路線の乗り場を探し、何とかたどり着く。バスに乗り込む際、運転手に「このバスでいいのか?」と確認したら、後ろのおじさんが親切に答えてくれた。彼の後ろに席を陣取ると、車中英語でいろいろ話をしてくれた。あれはチェコの有名な伝説の舞台になった山だ、とか、あの古い列車は近郊の小さな街の間を40年ぐらいひたすら行ったり来たりしているんだ、という話だったが(冒頭のかわいらしい気動車)、さすがに半年経つと記憶は薄れてきている。新緑の美しい季節、1時間ぐらいののんびりとしたバスの車中だった。

(テレジンはプラハの郊外だが、結構広い上にバスの便は決してよいわけではないので、午前中のうちに出かけるべきだろう。少なくとも午前中は1時間に1本はバスが出ている)

e0038811_1265954.jpg
持参してきたドイツ語版のlonely planetのガイドに、テレジンのことは比較的詳しく紹介されていた。ただ、「要塞として建設され、その後ナチスの強制収容所になり、いまはまた普通に人が住んでいる」と言われても、一体どういう場所なのか、ひまひとつ想像がつかなかった。見どころは大きく2箇所あるというので、まず手前のTrezin Blovetaで降りて「小要塞」に行ってみることにした。少し戻るようにバスの道を歩いて行くと、そこから左に延びる大きな並木道が見えてきた。隣は国立墓地になっていて、無数の墓石が並んでいた。

e0038811_1271427.jpg
ここが「テレジン小要塞」の入り口。テレージエンシュタットは、ハプスブルク帝国時代の18世紀末、ヨーゼフ2世によってエルベ川とオフジェ川が合流する地点に要塞都市として作られた。女帝マリア・テレジアの栄誉を称えるためにこの名前になったのは、有名な話だ。とにかく、ここが昔要塞だったというのは、この前に立てば一目瞭然だ。入場料を払って中に入る。地図付きの日本語のパンフレットが用意されていたのにはびっくりしたし、とてもありがたかった。

e0038811_1272655.jpg
入り口から左手に歩いて行くと、やがてアウシュヴィッツでもベルリン郊外のザクセンハウゼンでも目にした、あのおなじみの標語を掲げた門が見えてきた。すなわち、「労働は人を自由にする」。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-11-28 18:50 | 欧州を感じる旅 | Comments(4)

外林秀人さんインタビュー(3) -核をめぐる2つの場所-

e0038811_0475379.jpg
旧カイザー・ヴィルヘルム化学研究所の建物。当時のままの外観を保っている。

外林さんが長年勤めたマックス・プランク協会のフリッツ・ハーバー研究所は、奇しくも核をめぐるもう1 つの原点の場所と向かい合っていた。問われる政治家と科学者のモラル。

私のダーレムの研究所の近くに、旧カイザー・ヴィルヘルム化学研究所(現Otto-Hahn-Bau)があって、1938年にオットー・ハーン、フリッツ・ストラスマン、リーゼ・マイトナーたちはそこでウランの核分裂を発見しました。原子核のエネルギー利用が人間の手に渡ったのです。その7年後の1945 年7月16日、トルーマンがポツダム滞在中、原爆完成の報告を受け、25日に原爆投下の命令が出されました。そこから言えるのは、科学者の彼らは、原爆のことなどもちろん頭になく、ただ科学的な好奇心から研究を突き進めたわけです。ところが7年経って、その成果が爆弾という形になって現れてしまった。ここです。面白いと思ったら何をやっても良いのだろうか? 例えば、アインシュタインは最初原爆開発の提案をしましたが、その破壊力に恐ろしくなり、実際の開発には関わりませんでしたよね。そういう人間的なところがある。ところが、原爆は実際に生まれ、実行へと移されてしまった。私はここに科学者と政治家の道徳や倫理の不足を感じます。

それゆえ、私はこの記念碑の最後の文章にこう付け加えたかったのです。「われわれはよく考えなければならない。政治的、科学的な好奇心には限界がないのか? そこに道徳的、倫理的な障害物があるべきではないだろうか?」と。ベルリンのダーレムで核分裂が発見され、紆余曲折を経て7 年後、ポツダムのこの館での命令によって原爆投下が実行に移された。両者は20キロと離れていません。原子爆弾の歴史でこれほど意義のある場所はないと思うのです。私が提案した一節は、ポツダムの州議会での議論の末、残念ながら削除されてしまいましたが、この記念碑はそのような問いかけ、思索の場所になればと願っています。

子供を試験管で作ってもいいのか、あるいは広島・長崎の何千倍もの威力を持つ原爆を作ることにどんな意義があるのか。そういったことの限度を人間の文化の程度によって定める必要があるのではないだろうか。他に重要なのは原子力エネルギーの利用の問題です。プルトニウムというのは、元来自然界には存在しませんでした。核の開発の過程で人間が偶然作り出し、今その処理に困っている。アメリカの原子力委員会は、「(プルトニウムは)100万年管理せよ」ということを言っています。放射能が消えるまでそのぐらいかかるというのです。一体どれくらいの年月なのか想像してみてください。このプルトニウムを今どんどん作っていて、後の世代に管理を任せようとしている。これが原子力エネルギーの根本です。原発が世界中で稼働している現実を皆さんに考えていただきたい。自然界になかったものを人間が勝手に作り出し、それを100万年管理してくださいだなんて子孫に言えますか?CO2の問題とは根本的に違うんです。そういうことを結局政府は伝えようとしない。

e0038811_05124.jpg
原爆記念碑と、後ろに写っているのが「トルーマン・ハウス」。ノルウェー在住の彫刻家・藤原信氏が制作した記念碑には、「1945年7月25日に大統領の同意の下、原爆投下命令が下された」などの碑文が日英独の3カ国語で記されている

倫理なき科学の進歩、そして原子力エネルギーの利用にも警告を唱える一方、核廃絶を目指すオバマ大統領の存在や、この夏米国駐日大使が広島の追悼式典に初めて参列したことなどは、希望と感じている。最後にこんなことを語ってくれた。

この前、完成した原爆記念碑を改めて1人で見に行ったのですが、ノルウェーから運ばれて来た大きな石が、太陽を浴びてぴかぴか光っていたのです。私にはその光がどこか精霊のように見えてきました。ひょっとしたらほかにもいらっしゃるのかもしれませんが、このベルリン・ブランデンブルク周辺の被爆者といえば、長い間私1人でした。でも、この慰霊碑ができてからは、何となくたくさんの慰霊が来てくれたような気がするんです。ずっと1人で叫んでいたのが、今は多くの人が後ろに付いて立ってくれている。とても心強い思いがします。
ドイツニュースダイジェスト 10月1日)

e0038811_0572849.jpg
原爆記念碑が除幕された7月25日夜、グリープニッツ湖畔で行われた灯籠流し。灯籠には「人類は生きねばならぬ」と書かれていた。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-10-08 18:04 | ベルリンの人々 | Comments(3)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング