ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

タグ:時事(Aktuell) ( 107 ) タグの人気記事

祝U55開業@ブランデンブルク門駅

e0038811_249485.jpg
久々に仕事の締め切りが何もない今週末、気分も晴れやかに向った先はブランデンブルク門前でした。今日は、長年工事中だった地下鉄U55の記念すべき開業日。初日は誰でも乗車無料ということもあって、早速行ってきたのでした。このU55とは何かということについては、数年前に日本の友人たちに向けて書いたメールが出てきたので、以下に引用します。
数日前、現在建設中の地下鉄55番線(U-55)の3つある駅のうち、ブランデンブルク門前の、未だ手付かずだった最後の駅の工事が始まったという記事が新聞に載っていたので、早速現場に足を運んでみました。U-55は、現在急ピッチで建設が進んでいるベルリン中央駅から連邦議事堂前を通って、ブランデンブルク門前のパリ広場を結ぶわずか1,8キロのミニ路線。ただ、ここで終わりなのではなく、将来的にはウンター・デン・リンデンの地下をくぐって、アレクサンダー広場まで延長される予定です。

今建設中のこの辺りは、以前壁が近かったところで、戦後ほとんど放置されたままになっていた地帯。工事現場前の案内板によると、この地下鉄建設の案自体は20世紀の初頭から既にあったそうなのですが、2度の戦争、そして東西を分ける壁が着工を阻み続け、世紀を超えてようやく実現の見通しが付いたというわけなのです。ちなみにこの路線、首相(Kanzler)官邸前を通ることから、別名はKanzler-Linie。中央駅からパリ広場までは2006年ワールドカップが始まる直前までには何とか完成させるつもりで、そのため、例年ブランデンブルク門前で開催されるジルベスター(大晦日)のパーティーも、今年は休まず工事を続けるために中止が決まった、なんていう話も読みました。

e0038811_2501325.jpg
上のメールを書いたのは2004年7月24日なので、あれから早5年。ワールドカップどころか、2009年になってようやく開通に至った大きな理由は、工事の難しさにあったようです。思わぬところから地下水で出てきたりして、計画プランの変更を再三余儀なくされました。世界一難しいトンネル工事などと呼ばれていたほどです。

パリ広場前からウンター・デン・リンデンにかけての柵も取り払われ、ようやく通りがすっきりしました。

e0038811_2503380.jpg
BVGのスタンドで最新の路線図やU55のマークが入ったプレイモービル人形をもらい、いざ地下へ。駅名が「ブランデンブルク門」だけあって、さすがに立派という印象です。面白いのは、写真の上の辺りにベルリンの壁についての展示があったこと。そして階段を下りていくと、ブラントやゴルバチョフ、ホーネッカーといった人たちの壁に関する発言がプレートに掲げられていることに気が付きます。ブランデンブルク門の真下に地下鉄駅があるのはどういうことなのか、その歴史的な意義まで実感できる構成はさすがと思いました。

e0038811_2504916.jpg
ベルリンの他の地下鉄に比べて、地下の大分深いところに駅があります。ホームの壁にはブランデンブルク門の歴史についてのパネルが展示され、ホームの上にはいくつもテレビがあり、ベルリンの壁の様子をリアルに再現した3D映像が流れています。

e0038811_25164.jpg
しばらく待っていると、真新しい電車が現れました。これに乗って、中央駅まで行ってみることにしましょう。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-08-08 21:13 | ベルリン中央駅 | Comments(10)

宮殿と王宮のはざまの時

e0038811_1849732.jpg
Karl-Liebknecht-Str.にて(4月23日)

旧共和国宮殿の解体が昨年末で終わり、しばらく更地の状態が続いていたのですが、先日久々にその横を通ったら、まったく風景が変わっていてびっくりしました。

e0038811_18525994.jpg
鉄骨の廃墟があった場所が、一面緑地になったのです。誰でも自由に出入りできて、日光浴するのも、サッカーをするのもこれまた自由。来年から王宮(フンボルト・フォーラム)の再建が始まるまでの一時的な措置ですが、こういう使い方はうれしいですね。いまのうちにここでごろ寝しておけば、5年後ぐらい経って王宮が完成した時、感慨がより深いかもしれません(?)。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-08-02 12:21 | ベルリン発掘(東) | Comments(4)

第9回「学術の長い夜」が開催

e0038811_538320.jpg
ベルリンのロングナイト・イベントというと、年に2回開催される「博物館・美術館の長い夜」がよく知られていますが、ユニークな催し物はほかにもいろいろあります。6月13日に行われたのは、「学術の長い夜(Lange Nacht der Wissenschaften)」、副題は「1年でもっとも賢い夜」というものです。

これは、ベルリンとポツダムの総合大学や単科大学、その他の研究機関が日頃取り組んでいる研究内容を一般の人々に紹介し、その世界を実際に体験してもらおうという趣旨のイベントで、9回目となる今年は金曜の17:00から01:00まで、67の研究機関による2000以上ものプログラムが用意されました。大人は12ユーロ、学生は8ユーロでそれらすべてに参加することができ、さらに各会場はシャトルバスで結ばれているくらいですから、これはもう1つのフェスティバルのような存在と言えます。

私が足を運んだのは、ミッテ地区の北側にあるフンボルトハイン。工業デザインの先駆者ペーター・ベーレンスの設計で20世紀初頭に建てられた電気メーカーAEG社の工業ホール内では、そこを本拠地とするベルリン工科大学の土木工学科が、広大なスペースのあちこちにブースを展示していました。

私が会場に着いた時はすでに22:00 を回っていましたが、入り口にはグリルの屋台が並び、中に入ると何より子どもが多いのに驚きました。あちこちから歓声や拍手が聞こえてきて、学術行事ということからイメージする堅苦しさはまったくありませんでした。
e0038811_539176.jpg
土木の世界に日頃縁のない私にも興味深かったのは、最先端の研究内容を垣間見られたことです。超軽量コンクリートと人口筋肉を用いて揺れを制御する橋の実物大のモデルが物々しく置かれているかと思うと、まったく新しいセンサーシステムで方向をキャッチする飛行船の模型が会場内を飛び回っていました。同大学でスタジアムなどのアダプティブな可動式屋根構造を研究している筆者の友人の増渕基さんは、魚の動態原理を建物の屋根の構造に応用しようと試みる模型の解説をしてくれました。
e0038811_538374.jpg
子ども用の体験プログラムも多数あり、中でもスパゲッティを使って最も美しい風車を作るというコンクールは注目を集めていました。また、AEG社が1895年に欧州大陸で初めて掘ったという実験用の地下鉄トンネルを歩くツアーもこの近辺であったそうです。

「学問は社会の重要な『資源』であるだけでなく、常に刺激的な冒険である」とプログラムの前文に書かれていましたが、まったくその通りだと実感した一夜でした。
ドイツニュースダイジェスト 7月23日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-07-23 22:51 | ベルリン文化生活 | Comments(2)

「壁とベルリン」第2回 -「平和革命 1989/90」展がスタート-

e0038811_2326522.jpg
5月7日、壁崩壊20周年に関連したベルリン市の記念行事で中心的な位置を占める野外展示が、アレクサンダー広場で始まった。テーマは「平和革命 1989/90」。市民の主導で成功させ、壁の崩壊に導いた東ドイツの非暴力革命を700点もの写真と記録物で振り返る大規模な展示会だ。世界時計の近くの円形のパビリオンからいくつもの展示パネルが放射状に広がり、通りの両側に並べられた透明な金属プレートには「われわれこそが人民だ」、「非暴力」、「民主主義と人権」など89年秋に東独市民がデモの際に基本理念とした言葉が刻まれている。

この5月7日という日付は象徴的な意味を持っている。20年前のこの日、東ドイツで5年に1度の統一地方選挙が行われた。ホーネッカー率いる社会主義統一党は得票率98%の圧勝と報じたが、投票結果に疑問を持ったいくつもの市民団体が独自の調査によって投票の歪曲を暴いた。そのことが西側の報道を通じて、東独市民の間にも広まり、党中央部への失望感は増大。以降、毎月7日には若者を中心としてアレクサンダー広場で抗議行動が起こるようになり、多くの人々は国を去る決心をした。東ドイツ終焉への序章となった日なのである。

展示は「出発」「革命」「統一」の3つの部分から構成されており、時系列に並んでいる。かなりのボリュームになるが、やはり順番に見ることをおすすめしたい。

第1部「出発」では、80年代の東ドイツのサブカルチャーや環境運動、ポーランドから始まった東欧の民主化運動などが詳しく紹介されている。東ドイツの環境汚染の実態を告発した市民団体の写真や、空爆直後のように荒れ果てたポツダム旧市街の街並みには衝撃を受けた。東ベルリンのシオン教会で続けられていた「環境図書館」の活動はシュタージから圧力を受けるものの、その勇気ある行動が後へとつながっていった。

さまざまな変化への兆しが見られた上で、第2部「革命」で89年の平和革命の年に至る。ここでは特に写真が与えるインパクトが強烈で、壁崩壊に至る道筋がわかりやすく示されている。特に重要な出来事に関しては当時のニュース映像や市民がとらえた記録映像などが流れ、10月9日のライプツィヒのデモ、11月4日の東ドイツ建国以来最大の規模と言われたこのアレクサンダー広場でのデモの様子は、3D効果によってまるで歴史の現場にいるかのような臨場感と興奮を味わえる。

あくまで市民が実現させた平和革命という視点からこの展示会は構成されており、ドイツ再統一までの道のりを描いた第3部は、扱いがやや淡々としている印象も受けた。

この野外展示がすばらしいのは、11月14日まで24時間、いつでも観覧できることだろう。展示は全て独英表記なので、観光客も大勢足を止めて見入っていた。小さな活動が積み重なり、いつしか巨大に膨れ上がった市民のエネルギーを体感できる野外展示。壁イヤー必見のひとつに数えられるだろう。
ドイツニュースダイジェスト 6月3日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-06-03 16:43 | ベルリンのいま | Comments(5)

ドイチュラント・ハレの閉鎖

e0038811_8425728.jpg
見本市を目的にベルリンに来られた方は、少なくないのではと思います。
ベルリンの見本市といえば、SバーンのMesse Nord駅で下車するとすぐに見える宇宙ステーションのような外観の国際会議センター(ICC)や見本市会場がよく知られていますが、その裏手にこんな建物があるのをご存知でしょうか?

ドイチュラント・ハレ(Deutschlandhalle)という名の鉄骨製の大きなホール。約1万人を収容することができます。最近この建物の取り壊しに関するニュースを耳にし、興味が沸いたので実物を見てきました。

歴史を紐解くと、なかなか興味深い過去を持つホールです。ベルリン・オリンピックに合わせて建設されたドイチュラント・ハレは、1935年にヒトラーの同席のもとでオープン。翌年のオリンピックでは、ボクシングや重量挙げの会場として使われました。第2次世界大戦中に爆撃を受けましたが、戦後再建され、やがて西ベルリン最大のイベント会場として、コンサートやスポーツに頻繁に利用されることになります。モハメド・アリ、ローリング・ストーンズ、デヴィッド・ボウイといったスターたちが観衆を熱狂させ、中でもジャズ・シンガーのエラ・フィッツジェラルドがこのホールで公演を行った時のライブ録音「マック・ザ・ナイフ~エラ・イン・ベルリン」は、名盤として今日でも広く愛聴されています。
e0038811_8484161.jpg
東西分断時代、このように陸の孤島だった西ベルリンの人々に多くの楽しみをもたらしたホールですが、近年は老朽化が進み、ベルリン市はついに今年4 月末での閉鎖を決定しました。取り壊しの後には、見本市会場の延長として新しいホールが建てられる予定だそうです。その歴史的な意義から、地元のシャルロッテンブルク地区やCDUの議員の間では取り壊しに対する反対の声が根強いようですが、おそらく市の決定が覆ることはないでしょう。

e0038811_843281.jpg
ベルリンでは昨年秋、東駅の前に“ O2 World“という最新の設備を備えた多目的アリーナが完成しました。文化財にも指定されたドイチュラント・ハレですが、その前に立ってみると色あせた感が目立ちます。役目はもう十分に果たしたということなのかもしれません。
ドイツニュースダイジェスト 5月15日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-05-15 01:50 | ベルリン発掘(西) | Comments(9)

変貌する「テロのトポグラフィー」

e0038811_1717431.jpg
ポツダム広場に近いニーダーキルヒナー通り(Niederkirchner Str)の壁は、「イーストサイドギャラリー」を除けば、ベルリン市内に残る「壁」の中ではおそらく最長だろう。昼間は観光バスの流れが絶えない場所だ。

e0038811_17101677.jpg
この裏手の広大な敷地は、ナチス時代にSS(親衛隊)とゲシュタポの本部があったところ。ここは1987年から、発掘された地下牢のスペースを使って、国家によるテロ、すなわちナチス時代の恐怖政治の歴史を伝える野外展示場になっている(それゆえ名前は「テロのトポグラフィー(Topographie des Terrors)」)。ベルリンに数あるオープンギャラリーの中でも、もっとも強烈な印象を与えるものだった(写真は昨年夏の様子)。

e0038811_17114350.jpg
先日久々に足を運んだら、あの野外展示はなくなっていた。どうしたのかと思い調べたら、展示会場は南側に移動したとのこと。長年の議論の末、「テロのトポグラフィー」の記録センターを造る工事が今着々と進んでいるのだ(現在の様子はこちらで見ることができる)。予定では、(ヨーロッパにおける)第2次世界大戦終結65周年の2010年5月8日にオープニングを迎えることになっている。

この「テロのトポグラフィー」については、以下のサイトが詳しいです。
テロ・トポグラフィー(テロの地勢図) BMK Berlin

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-04-15 10:54 | ベルリン発掘(境界) | Comments(10)

安永徹さんドイツ連邦功労賞受章 - 「音楽の友」4月号 -

e0038811_18585083.jpg
現在発売中の「音楽の友」4月号に、2月のベルリン・フィル定期演奏会の模様と、最近同オケを退団された安永徹さんのドイツ連邦功労賞受章式のレポート記事を書かせていただきました。一読いただけるとうれしく思います。

昨年、安永さんの師匠にあたるミシェル・シュヴァルベさんにインタビューした時、ベルリン・フィルの第1コンサートマスターを約30年間勤め上げたことへの誇りを盛んに口にされていましたが、日本人の安永さんが同じポジションに就いてからいつの間にか26年の月日が流れているわけで、その偉業に改めて思いを馳せずにはいられません。

個人的には、高校生の時に横須賀の文化会館で初めて安永さんとご夫人の市野あゆみさんとのデュオを聴いた時の感動(フランクとヤナーチェクのソナタでした)、98年3月初めて本拠地でベルリン・フィルを聴いた際のコンマスが安永さんで、アバド指揮のマーラー交響曲第3番の叙情楽章で聞かせてくれたソロの凛とした美しさ・・・。私がベルリンに来てからは、アバドが病から復活した直後のマーラー7番とか、アーノンクール指揮での《音楽の冗談》やバッハ、ソリストとして弾かれたハルトマンなど舞台での思い出は数知れません。

安永徹さん、本当にどうもありがとうございました。
これからのご活躍とご多幸を願っています。

追記:
安永さんのベルリン・フィル退団に関連した、貴重な新聞記事を見つけました。これは必読の内容です(特にカルロス・クライバーとの共演について触れている箇所など!)。
安永徹:ベルリン・フィル退団 北海道に拠点、デュオ中心の活動へ
(毎日新聞 2009年3月4日 梅津時比古記者)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-03-22 14:47 | ベルリン音楽日記 | Comments(10)

ベルリンでまるごとニッポン体験!

e0038811_3182948.jpg
11月14日から16日にかけて、ベルリンでは3回目となるヤーパンフェスティバルが開催された。その最終日の午後、オスト(東)駅近くの会場Postbahnhofに足を運んでみた。
e0038811_35027.jpg
日曜日だったので多くの来客は予想できたが、13ユーロという(ベルリン水準からしたら)決して安くはない入場料を払って、日本に関心を寄せる人がこれだけいることにまず驚く。現地在住の邦人の姿も多く見かけたが、大部分は地元のドイツ人。面白いのは、コスプレの衣装で入場すると3ユーロ割引になる特典が用意されていたことで、ここは秋葉原か原宿かと見紛うような光景にも出合ったことだ。
e0038811_350248.jpg
会場内には、手作りの民芸品、小物からマンガ、ハローキティー、はたまた日本が誇る(?)ウォシュレット(ドイツではDusch-WC)まで無数の出店が並び、さながら縁日のような賑やかさ。日本食コーナーでは長蛇の列ができ、酒ラウンジで日本酒を楽しむ人々の姿も見られた。

e0038811_320721.jpg
見物客の注目を集めながら日本の木工技術の実演をしているドイツ人に話を聞いてみた。メクレンブルク=フォアポメルン州からやって来たヴァルデマー・カイスさん(本業は歯科技工士とのこと)。ドイツでたまたま日本人の職人に出会い、直接の教えを受けたことで日本庭園や障子などの木工、墨絵に興味を持ったという。その腕はなかなかのもので、実際に制作依頼を受けることもあるそうだ(http://japanese-world.de)。「墨絵は最小限の要素で最大のものを表現する伝統があります。西洋の絵画と違ってやり直しのきかない感覚が好きですね」。
e0038811_4102358.jpg
2つの舞台では、着物ショーや剣道の実演、和太鼓などのプログラムが組まれ、そちらも盛況。ベルリン在住の日本人女性による合唱団「アンサンブル和(なごみ)」もその歌声を披露した。他にも書道や折り紙、着物の試着など、実際に自分で体験できるワークショップも好評だったようだ。
e0038811_4105810.jpg
2階の一室では熱心に囲碁や将棋を打つ人の姿が見られた。1960年に囲碁のヨーロッパチャンピョンになったというギュンター・チーソウ(写真右)さんが、現在約200人のメンバーを持つベルリンの囲碁クラブについて説明してくれた。彼が直接の教えを受けたフェリックス・デューバル(1880-1970)は戦前日本に囲碁の留学をし、その後ドイツに囲碁を広めたパイオニアだそうで、日独の長い交流史をも実感した。
ドイツニュースダイジェスト 11月28日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-11-26 20:18 | ベルリン文化生活 | Comments(5)

テンペルホーフ空港の終焉

e0038811_9424688.jpg
2008年10月30日、ベルリンと共に長らく歩んできたテンペルホーフ空港が、ついにその幕を閉じました。最後の2日間の様子をリポートしたいと思います。

29日午後。いつもはガラガラの空港の本館ターミナルが、往年を彷彿とさせる賑わいを見せていました。翌日のセレモニーは関係者のみを対象にしたものだったため、多くのベルリン市民はこの日、テンペルホーフ空港へ個人的な別れを告げに訪れていたのでした。カメラでひたすら記録に収めようとする人もいれば、テレビのインタビューに空港の思い出を語るご年配の姿も。

e0038811_9203814.jpg
その後、自転車に乗って386ヘクタールの空港敷地の反対側へ行くと、そこにもフェンス越しに飛行機の離着陸の様子を眺める人たちが大勢集まっていました。「あの向こうに小さな丘があるから行ってみなさい」と通りがかりの人に勧められて行った先は、民家すれすれに着陸する飛行機を臨むのに格好の場所でした。1948年から49年にかけてのベルリン空輸作戦で、米軍機からの食料を待ち受ける子どもたちをとらえた有名な写真は、ここで撮られたのだとその時わかりました。
e0038811_940118.jpg
© Henry Ries / The New York Times / DHM

30日20時から、約800人のゲストを招いた非公開のお別れディナーがヴォーヴェライト市長の挨拶で開始。一方外では、空港閉鎖に反対する人々による最後のデモが始まっていました。21時55分には、マンハイム行きの最後の旅客機が離陸。23時を過ぎ、私は最後の飛行機を見るべく空港の南側へ歩いて行きました。本館から地下鉄1駅分歩いてようやく滑走路が左手に広がってくると、フェンス越しには人・人・人。警備にあたる警察の人までもが、固唾を呑んでその瞬間を見守っています。

e0038811_944252.jpg
そして23時55分頃、ルフトハンザ社の戦前を代表するJu52機と、ベルリン空輸で活躍した通称「干しぶどうの爆撃機」という、この空港の歴史を象徴する2機が、同時にゆるやかな弧を描きながら自分の頭上を飛び去って行きました。どこからか、トランペットが奏でる「蛍の光」のメロディーが聞こえてきます。やがて人々の歓声の中、ろうそくで灯した提灯が、次々と滑走路の上空に放たれていきました。テンペルホーフ空港85年の歴史に幕が落とされたのです。
ドイツニュースダイジェスト 11月14日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-11-15 01:52 | ベルリン発掘(西) | Comments(8)

テンペルホーフ空港が今晩閉港

e0038811_23581832.jpg
テンペルホーフ空港が、2008年10月30日の今日、85年の歴史を閉じることになります。個人的に最後のお別れをすべく、昨日の午後、家から徒歩圏内の空港に足を運んで来ました。

e0038811_031058.jpg
中に入ってみてびっくり!いつも閑散としたターミナルが、かつて見たことのないほどの人で賑わっていました。今晩のお別れセレモニーは関係者以外中に入れないので、多くのベルリーナーがこの日訪れていたようでした。

e0038811_00536.jpg
テレビクルーもちらほら。構内をぶらぶら歩いていたら、私たちも地元の新聞社の取材を受けることになったのでした。果たして掲載されることはあるのか・・・。

e0038811_2359766.jpg
その後、自転車に乗って、空港の反対側へ。途中、カメラを持った通りがかりの人に、飛行機を眺める絶好のポイントを教えてもらい行ってみました。

e0038811_23592524.jpg
そのポイントというのは、ベルリン空輸の際に、地上すれすれで着陸する米軍機とそれを待ち構える子供たちをとらえた、Henry Riesの有名な写真の舞台だったのです(そこがどういう場所だったかは後日また紹介します)。小高い丘も、別れを惜しむファンの姿で溢れかえっていました。

e0038811_23594479.jpg
今晩のセレモニーの後、日付が変わる直前に最終機が飛び立ちます。その後、この滑走路の上を飛行機が飛ぶことは、もうありません。


これまでに書いたテンペルホーフ空港関連の記事は、下の「新空港へ」のタグをクリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-10-30 16:24 | ベルリン発掘(西) | Comments(13)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング