ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

タグ:時事(Aktuell) ( 107 ) タグの人気記事

ボーデ博物館の修復工事終了!(2)

e0038811_7191791.jpg
前回に続いて、最近修復工事が終わったボーデ博物館の内部の様子をお伝えします。ボーデ博物館がオープンしたのは1904年のこと。当時の名称は「カイザー・フリードリヒ博物館」でした。現在の名前は、ヴィルヘルム・フォン・ボーデ(Wilhelm von Bode、1845-1929)という、20世紀初頭にベルリンの博物館の館長を務めていた人物に因んでいます。

e0038811_7205676.jpg
正面の建物2階の光を差し込む窓。このデザインがとても気に入りました。

e0038811_7214252.jpg
e0038811_7273220.jpg
おもしろいと思ったのが、各部屋の入り口のドア。美術史の様々な時代様式に基づいていて、デザインがどれも違うんです。

e0038811_728037.jpg
e0038811_9341212.jpg
e0038811_7284927.jpg
e0038811_7321236.jpg
こちらはある部屋の天井のフレスコ画。戦争で破壊され、完全にオリジナルのまま復元されたといいます。その技術は本当にすばらしい。

e0038811_7364882.jpg
博物館の内部は広い。本当に広いです。今回ほぼ全ての部屋を観て回りましたが、再び出口に戻る頃にはくたくたになっていました。部屋が空っぽの状態でこれなので、展示物が置かれるようになった時、全部観るのに一体どのくらいの時間がかかるのでしょうね。

e0038811_7395019.jpg
ボーデ博物館が来年の夏に再オープンすることで、この博物館島にある5つの博物館のうち、修復工事が終了していないのは新博物館(Neues Museum)だけとなります。こちらの再館予定は2009年。この町が東西に分断されていたこととも関係がありますが、一度戦争で失ったものを元に戻すのには、途方もない時間がかかるものだということを実感します。ともあれ、ボーデ博物館の再館は本当に楽しみです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2005-12-09 01:10 | ベルリン文化生活 | Comments(2)

ボーデ博物館の修復工事終了!(1)

e0038811_962661.jpg
先週の月曜日、5年半に及ぶボーデ博物館の修復工事がついに終わり、先週末一般公開されました。ボーデ博物館とは、ベルリンの博物館島(Museumsinsel)の一番北側に位置する写真の博物館のことです。第2次世界大戦で甚大な被害を被り、長らく閉鎖されていました(この写真は10月に撮影したもの)。

e0038811_97493.jpg
3日間に及ぶ、無料の一般公開は大盛況。私は最終日の日曜日の午後に観に行きましたが、ご覧の通り長い行列ができていました。戦後60年目にしての完全修復、ということで、ベルリンの人々にとっては特別の意味合いがあるのかもしれません(後方に写っているのは、ペルガモン博物館)。

e0038811_973699.jpg
長い行列から開放され、ようやく中に入ってみると、あれれ・・
そうです。修復作業は終わりましたが、彫刻やビザンティン美術が中心の博物館として再オープンするのは、2006年の夏から。まだ展示物は置かれておらず、内部はご覧の通り空っぽの状態なのです。とはいえこれは、歴史ある博物館の内部をじっくり観察できる貴重な機会でした。

e0038811_9135983.jpg
ボーデ博物館の歴史や修復作業の過程を解説したパネルを熱心に眺める人たち。観光客はほぼ皆無で、ほとんどが地元の人々という感じでした。

e0038811_911845.jpg
圧巻は博物館の南側にある、Kleine Kuppelhalleと呼ばれるドーム状の部屋。何もかもが真っ白です。その鮮やかさには本当に圧倒されました。

e0038811_9113627.jpg
多くの人々がこの前で立ち止まり、感嘆の声を上げていたのも、当然と言うべきでしょう。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2005-12-06 02:22 | ベルリン文化生活 | Comments(7)

どうなる?総選挙

e0038811_5594885.jpg
日本と違って、ドイツの選挙運動に街頭演説というものは基本的にないのですが、それに近いものが、昨夜自宅から程近いジャンダルメンマルクト広場で行われたので、ちょっと様子を見に行ってきました。SPD(社会民主党)主催のDas Fest zur Wahl(選挙のお祭り)です。

顔ぶれはなかなか豪華でした。話した順に言うと、ベルリン市長のクラウス・ヴォーベライト、ノーベル文学賞のギュンター・グラスの応援演説、SPS党首のフランツ・ミュンターフェリング、そして最後にシュレーダー首相の力のこもった演説。天気は悪かったものの、広場に人はぎっしり。おそらく日本では見られないであろう盛り上がりっぷりでした。種々の屋台が軒を並べたり、ここまでくるとまさにお祭りですね。

ちなみに、話はずれますが、後ろに建っているドームが、前回お話したフランクフルト門のモデルとなったドイツ教会堂です。

ちょっと落書きが入っていますが、これはまだソフトな(?)方です。

e0038811_601849.jpg
e0038811_604671.jpg
勝負の行方はここに来てわからなってきました。野党のCDU/CSUが依然ポイントをリードしていますが、SPDもここ2週間で追い上げてきています。CDU/CSUが過半数を獲得できない場合は、SPDと「大連立」を組む可能性もあり、私の知り合いのベルリンっ子の人は「多分そうなるだろうな」と言っていました。

(私)「シュレーダーもメルケルも大連立の可能性は否定していましたが」

(ベルリン人)「政治家はいつもうそをつく」

さて、明後日の結果はいかに?
by berlinHbf | 2005-09-17 01:33 | ドイツ全般 | Comments(3)

2006年ワールドカップのカルチャープログラム発表

e0038811_516301.jpg
「2006年ワールドカップはサッカーだけのお祭りじゃない!」

来年のワールドカップに関連したカルチャープログラム(Kulturprogramm)の概要が、一昨日、連邦内務大臣シリー、大会組織委員長ベッケンバウアー、そしてオープニングガラを演出するオーストリア人のアーティスト、アンドレ・ヘラーによって発表された。「これだけ多彩でクリエイティブなカルチャープログラムは、W杯だけでなく、オリンピックの歴史を見てもかつてなかったことだ」とカイザー(皇帝)の異名を持つベッケンバウアー氏は胸を張る。200もの応募の中から、48のプロジェクトが選ばれ、連邦政府はこのプログラムのために3000万ユーロもの資金を援助するのだという。

中でも注目されているのは、"Die Tiefe des Raumes"というタイトルの「サッカー・オペラ」なるものと、"Rundlederwelten(丸いボールの世界)"という展覧会。

前者は、サッカーの魅力をオラトリオ形式の音楽劇として表現するというもの。演奏時間は前後半それぞれ45分(笑)。ボッフム交響楽団の演奏で、この10月に初演される。W杯の決勝戦当日には、ベルリンのコミッシェオーパーでも再演される予定だという。合唱団が歓声を表現し、ホイッスルや監督の台詞を引用したりして、スタジアムの雰囲気が劇場に再現されるらしいのだが、一体どういう作品になるのだろう。観たいような観たくないような・・・

「丸いボールの世界」という展覧会は、10月20日からベルリンのマルティン・グロピウス・バウで開催。70人以上もの現代アーティストがサッカーをテーマに創造した、絵画、写真、彫像、インスタレーション、ビデオ作品などが展示されるのだが、サッカーをテーマにしたこれほどの規模の展示は初めてだという。かのアンディ・ウォーホルによるベッケンバウアーの肖像画が、とりわけ目玉のようだ。

他にも、討論会、ヒップホップ、文学、劇、ダンス、ストリートサッカーのフェスティバルなど、とにかくあらゆるイベントがサッカーに結び付けられる。

なかなかおもしろそうであり、楽しみでもあるが、やはりサッカー好きとしては、本物の試合をスタジアムで観戦すること以上の喜びと興奮はありえない。こんなこと言っては身もふたもないけれど。チケットなんとかならないかなー。

写真は"Fussball-Globus"と呼ばれる、移動型の巨大なサッカーボール。中にちょっとした展示スペースがあって、見ることができる。現在はW杯開催地を巡回中で、開幕直前には再びベルリンに戻って来るという。この写真は2003年9月、ブランデンブルク門前に初めてお目見えした時に撮ったもの。
by berlinHbf | 2005-09-04 03:26 | サッカーWM2006他 | Comments(6)

ある放火事件より-ベルリンと外国人-

1週間前、私がBBCの街頭インタビューを受けたことを書いたのだが、覚えておられるだろうか(8月10日参照)。あの時Integrationについて聞かれた理由が、後になって新聞を読んだりしていくうちにわかってきたので、そのことについて書いてみたい。これはベルリンが抱える大きな問題と関わっていると思うからである。

先週の月曜から火曜にかけての夜、ベルリンのMoabitという地区で、数十年来といわれる規模の放火事件があった。Moabit地区は低所得の外国人が多く住むことで知られる。事件の起きたアパートの住人の多くも外国人だった。

月曜日の深夜、何者かがアパートの入り口の階段付近にある乳母車に火を付けたらしい。たちまち煙と有害ガスが階段をつたって上の方に昇っていった。このような場合、玄関のドアさえしっかり閉めておけさえすれば、まず一番安全なのは自分の部屋の中である。だから、消防士たちは住人に向かってメガホンで階段の方に行くなと指示をしたらしい。ところが、消防署長の話によると、住人の多くはドイツ語がよくわからなくて、その指示が理解できなかった。パニック状態になって、階段の方に逃げようとした住人は、そこで煙に巻き込まれてしまったというのである。結果的に9人の死者を出す大惨事になってしまった。犠牲になったのは、ポーランドとコソボからの2つの家族で、子供も多く混じっていた。

消防署長の上の発言から、「死者の数が増えたのは、住人のドイツ語力の不足のためだったのか、そうでないのか」ということで議論になったのだが、その中で、あるCDU(キリスト教民主同盟)の政治家が次のような発言をして大きな波紋を呼んだ。

「今回のこの事故は、ドイツに住む外国人にとって、ドイツ語の知識がいかに重要なものであるかを悲劇的に証明した。ドイツ語を学ぶつもりのない人間は、この国の物質的な支援を受ける資格はない。」
「ドイツに住むつもりであれば、まずドイツ語を学べ」、これはCDUの政治家にたまに見られる発言ではあるものの、今回は時期が時期だっただけに、多くの非難を浴びることになった。結果的にこの政治家は、「被害にあった家族や親戚への配慮がなかった」と謝罪したのであるが、「外国人のあなたがドイツに来て生活するということはどういうことですか。」と私がBBCにインタビューされたのも、そういう背景があったゆえのことなのだった。

ドイツにいる日本人の多くは、会社の駐在などを除くと、音楽とか歴史、法律など、つまりドイツの何かについて学びに来ている人が圧倒的に多い。だから、ドイツに来たらまずドイツ語を勉強する、それが当たり前だと思える。あまり勉強しない人でも、心のどこかでドイツ語をもっと勉強しなくちゃと思っている。

だが、それはベルリンに住む44万人全ての外国人にとっての共通の事情ではない。ベルリンの外国人の多くは、トルコ人であったり、旧ユーゴからの避難民であったり、イスラム諸国からであったり、あるいはドイツよりも貧しい東ヨーロッパ諸国からの人たちである。彼らは家族ごとベルリンに移住し、ひとつの地区に固まって住んでいることが多い。そのような人たちにとっては、まずは生きることが先決で、別にドイツの文化や言葉を学ぶためにベルリンに来たわけではないだろう。トルコ人など、とことんドイツ語が上手な人がいる一方で、何年も住んでいるのにドイツ語がほとんどできない人もいるらしい。イスラム圏からの人たちは、イスラム教の文化、風習を頑なに守ろうとするから、ドイツ社会に溶け込むという意識は少ない。「外国人のゲットー化」と呼んで、そういう閉鎖的な環境がひょっとしたらテロの温床になっているのではないかと危惧する人たちもいる。

このようなマルチ・カルチャーはベルリンの魅力のひとつだが、さまざまな問題点もあるし、上のCDUの政治家に見られるように、「ドイツ」としての共通の基盤みたいなものが崩れると、嘆かわしく思っている保守派の人たちも少なくないはずだ。ベルリンはただでさえ、失業率が高いという事情もある。

ところで、数日前に放火犯が捕まったのだが、なんと同じアパートに住む12歳の少年とのことで、事件の衝撃性は一層増すことになった。
by berlinHbf | 2005-08-19 15:00 | ベルリンのいま | Comments(8)

ドイツの外交転換

昨日、9月の衆院選が決まりましたが、ドイツでも予定より1年早く、9月18日に総選挙が行われることになり、これが今年最大の政治テーマとなっています。現在の世論を見ると、私がベルリンに来てから初めて政権が変わる可能性が高まっているようです。もし与党の社会民主党(SPD)が破れ、最大野党のキリスト教民主同盟(CDU)が第一政党となった場合、ドイツはどう変わるのか?

私が簡単に説明できるような問題ではないですが、政権交代後のドイツがどういう外交政策を採り、それが国際政治の枠組みにどういう影響を与えるのかについては、かなり興味があります。今日、ケルンからやって来た友達と会ったのですが、その時も少しその話になりました。自分の頭の中を整理する意味でも、少しまとめてみようと思います。

まずはEU内。シュレーダー政権と最も外交的に緊密だったのはフランスだった。シュレーダー首相とシラク大統領が仲むずまじく会談している様子を、今まで何回テレビで見たことだろうか。イラク戦争の直前、このEUの2つの中心国が揃ってアメリカにNOのメッセージを突きつけたことは、ブッシュ政権に少なからず動揺を与えたようだ。このため、ドイツとアメリカとの関係は、戦後かつてないほど一時期冷え込んだ。しかし、シュレーダーがあの時、アメリカに対してNOと言ってくれたおかげで、ドイツでは幸いなことにテロはまだ起きていない、という見方もできる。ドイツ初の女性首相となる可能性の高いCDUのアンゲラ・メルケルは、アメリカとの関係をより重視する方向のようだ。アメリカがまた無茶なことをしてそれに追従し、テロの可能性が高まらなければいいのだが・・・

シュレーダー政権はロシアとの関係もまた緊密にした。しかし、ドイツ、フランス、ロシアという欧州の大国が手を握り合ったことで、歴史上これらの国々に散々な目に遭ってきた周辺の小国は恐れをなした。ポーランドが、イラク戦争の際、ドイツとは対照的にアメリカに寄り、イラクに軍を送ったのはその顕著なメッセージだったといえる。CDUはロシアだけでなく、チェコやポーランドといった周辺国との関係も今より重視するようだ。フランスとの関係も、また微妙に変わってくるだろう。

シュレーダーとシラクはEU拡大の推進者で、実際EU加盟国は大幅に増えた。イスラム教国のトルコまでもEUの仲間入りをさせたいと考えている。しかし、そのような急激な拡大に対して、「そんなことよりもまずは自国の問題をなんとかしてくださいよ。」と人々はメッセージを発した。それが、EU憲法に対するフランスやオランダ国民のNOではなかっただろうか。CDUはトルコのEU加盟に対して、断固反対の立場を崩さない構えだ。

そしてアジア。シュレーダーは中国にものすごく力を入れていた。シュレーダーがヘルメット姿で中国の工場を見学する姿をこれまた何回もニュースで見たものだ。経済の冷え切ったドイツにとって、中国ほど魅力的な市場はないのだろう。しかし、CDUは今ほど対中関係を重視する方向ではないようで、政権交代後の動向を気にしている中国関係者も多いと思う。では日本は?安定期に入った日独関係が大きく変化することはないだろうと私は思うが、どうだろうか。

CDUは基本的に右寄りの政党なので、外国人に対する政策も少しづつ変わってくるだろう。これもドイツに住む外国人にとっては気になるところだ。

なんだかいろいろ述べましたが、もし明らかな間違いがあるという場合は、ご指摘いただけたら助かります。
by berlinHbf | 2005-08-09 23:54 | ドイツ全般 | Comments(0)

Hiroshima

あと3日で広島に原爆が投下されてから、丁度60年が経つ。このことはドイツでも相当の関心を持って受け止められているようだ。最新号のシュピーゲル誌では、ヒロシマの特集が組まれているし、先週は「はだしのゲン」のドイツ語新改訂版(Barfuss durch Hiroshima)が新聞の文芸欄で大きく取り上げられていた。ドイツ人で「ヒロシマ」を知らない人はまずいないといっていい。
e0038811_1585760.jpg
そんな中、BBCとZDF共作の「Hiroshima」が昨夜ZDFで放映された。これは広島の原爆投下とその後に至る過程を当時の証言者、映像、CG、再現ドラマを駆使して描いた、1時間半の新作ドキュメンタリー番組である。再現ドラマのロケがポーランドでも行われる関係で、ベルリンからも日本人のエキストラを募集中という話を耳にしていたので、私は完成が気になっていた。

力作だったと思う。最新の技術で作られたCGや、かなりリアルな再現映像はなかなか説得力があった。だが、私がもっとも印象に残ったのは、実際に原爆を体験した被爆者の話だった。原爆が落とされてから何しろ60年も経つのだ。登場する被爆者は80歳を優に超えたよぼよぼの老人ばかりだろうと思っていた。ところがそうではなかった。確かにみなさん80を超えた方がほとんどだったのだろが、その生き生きとした話しぶりからは実際の年齢よりも若く見えた。

広島の郊外に住んでいたあるお医者さん。爆発音とともに何かとんでもないことが起こったとみて、走って広島市内に向かう。その途中、森の中で全身真っ黒の人がよぼよぼの足取りでこちらに向かってきて、自分の前で倒れた。脈を計ろうとしたが、とにかく真っ黒で脈がどこにあるのかもわからない。もちろんすでに死んでいた。「これが私が見た最初の被爆者でした。」という話。その老人はこういう内容の話を60年前の出来事ではなく、あたかもつい3ヶ月前に起こった話であるかのように生き生きと語る。おそらくこの人はもう何百回と同じ話をしてきたに違いない。そして、それが死ぬまで自分の使命だと考えているのだろう。そのことがこの老人を実際の年齢よりも若く見せている理由ではないだろうか。10年後の戦後70周年の時には、こういう語り部たちはほとんどこの世からいなくなっているのだろうかと考えると、時というものは残酷だと思う。

この番組は日本用に編集され、5日(金)の夜TBSで放映されるようです。

http://www.tbs.co.jp/sengo60sp/index-j.html

一人でも多くの方に見ていただきたいと思う。
by berlinHbf | 2005-08-03 20:11 | ドイツから見た日本 | Comments(7)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング