ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

タグ:映画(Film) ( 38 ) タグの人気記事

映画『FORMA』坂本あゆみ監督インタビュー

e0038811_5454596.jpg
映画『FORMA』の坂本あゆみ監督(右)と谷中史幸プロデューサー

坂本あゆみ監督にお会いしたのは、今年2月のベルリン国際映画祭の期間中でした。それまでこの監督のことは全く存じ上げていなかったのですが、たまたまあるベルリン在住の知人がこの映画の関係者とお知り合いで、私にインタビューの仲介をしてくださったのでした。そんな不思議なご縁で、坂本監督の初監督作品である『FORMA』を観に行ったのですが、今回のベルリナーレで観た映画の中で(もっとも、そんなに多い数ではないけれど)もっとも強い印象に刻まれた作品となりました。約2時間半という長丁場を一切音楽を使わずに描いているにも関わらず、緊張感を途切らさずに観ることができましたし、やがて悲劇へと至る主人公の女性2人を「多面的」に描くその手法にも唸らされ、終演後は深い、そして複雑な余韻が残りました。坂本監督はこの映画を約6年の歳月をかけて完成させたそうで、じっくり考えて納得のいくものを作り上げていくその姿勢には、私自身刺激を受けました。

つい数日前、『FORMA』が第38回香港国際映画祭でもスペシャル・メンション(特別)賞を受賞したという朗報が入り、先月ドイツニュースダイジェストに掲載されたインタビュー記事を改めてここでご紹介しようと思いました。日本では8月16日(土)より渋谷のユーロスペース他にて公開されることが決まったとのこと。機会がありましたら、この注目すべき映画監督のデビュー作をぜひご覧いただきたいと思います。
by berlinHbf | 2014-04-08 23:00 | ドイツから見た日本 | Comments(0)

映画『コーヒーをめぐる冒険』のご案内

e0038811_4444799.jpg
「ベルリンで、じっくり味わう」をキャッチコピーにした、ベルリンを舞台にした新作映画が間もなく東京で公開されます。

ヤン・オーレ・ゲルスター監督の『コーヒーをめぐる冒険』(原題は"oh boy")。同監督の長編デビュー作品にも関わらず、本国ドイツを始め、すでに数々の賞を受賞したことでも話題になりました。

主人公のニコ(トム・シリング)は2年前に父親に内緒で大学を辞め、どっちつかずの日々を送っている20代後半の青年。そんな中、アパートの隣人、俳優業を営む友人、かつての同級生ユリカとの再会、そしてナチス時代を生き抜いた老人等々、様々な人々と出会う波乱の1日を通して、ニコが何かを見つけて行くという作品です。

ミッテやプレンツラウアー・ベルクを舞台にしたモノクロの映像とジャズの軽快な音楽が非常に心地よく溶け合っており、コメディーでありながらも、メランコリックな雰囲気やドイツの負の歴史をさりげなく盛り込むなど、奥行きのある作品に仕上がっています。また、「コーヒー」が映画の重要なモチーフに使われており、ラストシーンでの後味はとても印象深いものでした。

昨年夏、私は近所の映画館でこの作品を初めて観て、ベルリンを舞台にした映画に一つお気に入りが加わったことを喜びました。その後、ご縁があって、この映画のプログラムにエッセイを寄稿させていただくことになり、そのときは飛び上がりたくなるほど嬉しかったです。が、いざ書いて提出すると、「もっと中村さんの主観を出して書いてくださって結構です」とのお返事。この映画の世界(例えば、登場人物のぶっきらぼうな話し方だったり、アパートの隣人との関係性だったり、歴史が突然向こうからやってくる感覚だったり…)はベルリンに短期間でも住んだことのある人には多分すっと入っていけるのですが、そうでない日本の大部分のお客さんにはちょっとわかりにくい要素があるのも確か。ならば、自分が13年間住んできたベルリンの生活実感を絡めながら、観る人がこの映画の背景や街の魅力を知るのに少しでもお役立てできるようなエッセイを書けないかと考え、一から書き直しました。結果的に、こちらの方を掲載していただけたのは自分としてもよかったと思っています。その他、「ベルリンをよく知るためのキーワード集」と「ニコと歩くベルリンマップ」も執筆させていただきました。映画と合せて、ご一読いただけると幸いです。

こうして書いているうちに、久々の映画のサントラを聴きたくなって、棚から取り出してCDをかけています。ゲルスター監督のインタビューによると、国際映画祭への出品が決まる1ヶ月前になっても、まだ確信を持てる音楽が決まっていなかったそう。ちょうどその時、4人のジャズを勉強している学生に出会い、「彼らにマイルス・ディヴィスが『死刑台のエレベーター』のオリジナル・スコアを3日で書いたというエピソードを語ってプレッシャーを与え」、一気に曲を完成させたのだとか!しかしこれが、見事に功を奏したと思います。ちなみに、私が持っているサントラ盤では、最後にトム・シリングが自作の(?)歌を披露していて、これもなかなか味わいがあります。

3月1日より渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開。詳細はwww.cetera.co.jp/coffeeをご参照ください。
by berlinHbf | 2014-02-24 22:22 | ベルリンを「観る」 | Comments(8)

映画『Nuclear Nation』 (船橋淳監督)

e0038811_107533.jpg
●今年のベルリナーレでは特に時事性の高いテーマとして、昨年の「アラブの春」、そして311関連のドキュメンタリー映画が3本上映される。先週土曜日、ベルリナーレで船橋淳監督の『Nuclear Nation』を観た。ツォー駅近くの会場のDelphiは超満員といえる入り。中に入ったら一番前か後ろしか空いていなくて、結局前から2列目の席で2時間半ずっと上を向いて観ることになった。

●原発のある福島の双葉町から都心に避難してきた人々(埼玉の旧高校が避難所)、そして井戸川町長の春から秋までを追ったドキュメンタリー映画。突然故郷を追われて、見ず知らずの場所で送る避難生活がどういうものなのか、いろいろな報道で聞き知ることはあったけれど、こういう長いスパンでとらえた映像を見るのは初めてだったので、自分にとっても貴重な機会だった。

●避難所でのインタビューに答えるのは年配者の割合が高い。後で監督が語ったところによると、若い人の多くが早い時期に避難所を去っていったこと、たまたま撮影許可が出た大部屋に子供連れがいなかったことが理由だとか。故郷への思い、諦めや嘆きの言葉を語る人が多い中、90歳のおばあさんが「私はここでは死ねないわ」と努めて明るく語るシーンでは、観客の間から一瞬ほっとした空気が流れた。

●井戸川町長に関しては、政府や原発を抱える他の市町村との会議の場面が多く描かれる。出稼ぎ労働者ばかりだったこの町が、かつて原発を熱心に誘致したこと。そこで得た利益で一時は潤っていたが、やがて借金が膨らみ、(再び補助金が得られる)7号機、8号機の建設が間近に迫っていたこと。地方と東京との歪んだ関係性をいまさらながら思い知らされる。原発を抱える市町村の長による会議の場面では、海江田経産大臣と補佐官が冒頭で挨拶したものの、別の用があるからといってさっさと退散してしまう。そのとき場内からはため息がもれた。

●一時帰宅の場面も生々しく描かれた。長年住んだ故郷に、ものものしい防御服を来て、わずか2時間ばかりの帰宅を許された人々の気持ちはいかばかりのものか・・・本当に言葉にならない。

●日本在住の人にとってはすでに知っていることばかりかもしれないけれど、私はこの映画で初めて知ったことも多かった。何よりドイツの一般の人々に観てもらえたのはよかったと思う。彼らの多くにとって、ドイツのメディアの報道以外で、フクシマの事故や周辺の人々の実情を知るおそらく初めての機会だったのではと思うから。

●アメリカで学んだ船橋監督は流暢な英語を話すので、上映後のQ&Aも英語で。地元の人からは「放射能の高い地域で撮影する際はどのように身を守ったのか?」「エンディングロールで協力に東電の名前が入っていたが、あなた自身は東電に対してどういうスタンスなのか」なんていう質問もあった。その合間に、双葉町の井戸川町長のビデオメッセージが流された。ドイツ語の挨拶も交え、「もうこういうことは二度と起きてはならない。そのためにドイツの人たちとも連帯したい」と語られると、聴衆からは温かい反応も。エンディングの音楽は坂本龍一。鈴木治行によるフルートとピアノの音楽も東北の空気感を伝えるものだったと思う。明日(16日)13時15分からポツダム広場のCinestarにて最後の上映があるそうです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-02-16 02:14 | ベルリン文化生活 | Comments(0)

NHK「テレビでドイツ語」3月号

e0038811_2034747.jpg
NHK「テレビでドイツ語」2011年3月号のテキストが発売になりました。今年度締めくくりの号は、ベルリンのSバーンが表紙ですね。「映画で歩くベルリン」の最終回、できたら21世紀に入ってからの「いまの」ベルリンを描いた作品を紹介したかったのですが、残念ながら日本に紹介された適当な作品がない・・・。ということで、結局1998年の『ラン・ローラ・ラン』を取り上げました。でもそれが不本意というわけでは必ずしもなく、再び見直してみたらいろいろな発見がありましたし、このシリーズでは肝心のミッテ地区をまだほとんど取り上げていなかったので、そういう意味でもよかったかなと思っています。これで最後かと思うと、寂しい気持ちもありますが、熱心なスタッフと読者の皆さんに後押しされながら、毎回楽しく書かせていただきました。1年間どうもありがとうございました。4月からの放送では、ベルリンからミュンヘンへと舞台が移るそうです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-02-20 13:04 | ドイツ語関連 | Comments(7)

NHK「テレビでドイツ語」2月号

e0038811_1902793.jpg
NHK「テレビでドイツ語」2011年1月号のテキストが発売になりました。「映画で歩くベルリン」も残り2回となり、今回は人気作の『グッバイ、レーニン!』を取り上げています。DDR(東ドイツ)を味わえるレストラン、アレックス一家のモデルとなったアパート、ビリー・ワイルダーとの意外なつながり、「オスタルジー」、DDRの反体制運動に携わった人に聞いた話などなど。お手に取ってご覧いただけると幸いです。

最新号のトピック(NHK出版のHPより)
今月はベルリン観光の穴場、地下世界ツアーや日本ショップを案内し、ベルリンならではのファッションブティックも訪れます。「いつ」「どこで」といった疑問文を中心に学び、また、買い物の際などに感想を述べる表現も覚えましょう。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-01-22 11:54 | ドイツ語関連 | Comments(3)

NHK「テレビでドイツ語」1月号

e0038811_4572162.jpg
NHK「テレビでドイツ語」2011年1月号のテキストが発売になりました。「映画で歩くベルリン」も大詰めを迎え、今回はあの『ベルリン・天使の詩』を取り上げています。2006〜07年にかけて綴ったこの映画のロケ地をめぐるシリーズ(こちらより)は、いまでも読んでくださる方がいるようで、たまにメールをいただくことがあります。今回久々に映画を観直して、あの時とは少し違う視点から描いてみました。一読いただけるととてもうれしいです。

今月の表紙は、ライヒスターク(連邦議会議事堂)の屋上のドーム。先日のテロ警告騒ぎを機に一旦閉鎖され、最近また見学可能になりましたが、申し込み制になったとのこと(詳細はこちら)。まあ、この寒さの中を長時間待つよりはいいのかもしれませんが、この物騒な状態が早く終わることを願っています。

最新号のトピック(NHK出版のHPより)
今月もベルリンの穴場スポットを紹介。文化の黄金時代、1920年代のエンターテインメントを彷彿とさせるヴァリエテ、現代デザインに大きな影響を与えたバウハウスの展示館、旧東ドイツの生活に触れる博物館を訪れます。新しい助動詞の使い方なども覚えながら、ベルリンを楽しみましょう。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-12-19 21:25 | ドイツ語関連 | Comments(5)

NHK「テレビでドイツ語」12月号

e0038811_2391583.jpg
NHK「テレビでドイツ語」12月号のテキストが発売になりました。ジャンダルメンマルクトのクリスマスマーケットが今月の表紙。今年ももうそんな季節なのですね。

私の連載「映画で歩くベルリン」も残り4回となりました。今回は名作『善き人のためのソナタ』を取り上げています。久々にこの映画を見直して感動を新たにし、新鮮な気分で舞台の場所を訪れました。中でも強烈な体験として胸に刻まれたのが、ホーエンシェーンハウゼンにあるシュタージ刑務所跡を訪れたことでしょうか。詳しくはテキストをお読みいただけたらと思います。

最新号のトピック(NHK出版のHPより)
今月も、ベルリンの穴場スポットを紹介。旧東ドイツの集合住宅を改修したホテルやペンション、のみの市に、ベルリンスタイルのカフェを訪ねます。ドイツ語のフレーズは「自己紹介」「haben を使う言い方」「値段の聞き方」を覚えましょう。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-11-19 18:51 | ドイツ語関連 | Comments(3)

NHK「テレビでドイツ語」11月号

e0038811_1728576.jpg
NHK「テレビでドイツ語」11月号のテキストが発売になりました。今月の表紙は、ミッテのシャルロッテン通りにあるアルド・ロッシのカラフルな建築群ですね。

連載「映画で歩くベルリン」は、映画の舞台となった時代に焦点を当て、過去から現在へたどる形でベルリンの映画を紹介していますが、今月は前回の『トンネル』に対して、東西分断時代の西ベルリンを描いた映画『クリスチーネ・F』(1981年)を取り上げました。なるべく幅広い時代とテーマの映画を紹介したいという思いがある一方、日本で(DVDなどで)視聴可能な映画でないとダメという条件から、作品選びには苦労が伴いましたが、ここからは有名作品が続く予定なので、来年3月号までお付き合いいただけると幸いです(「苦労」とはいうものの、映画を観て、舞台となった場所を探して歩いて書く、ものすごく楽しく続けさせていただいている連載です)。

最新号のトピック(NHK出版のHPより)
新講座スタート! これからベルリンのシンボルや穴場を探す旅に出かけましょう。「~はどこですか?」「~を探しています」などのフレーズから始めて、ドイツ語の基礎を少しずつ学んでいきます。テキスト冒頭にはウォーミングアップとして「あいさつ表現」も掲載しています。
(2009年4月~9月の再放送)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-10-19 11:30 | ドイツ語関連 | Comments(0)

NHK「テレビでドイツ語」10月号

e0038811_429591.jpg
NHK「テレビでドイツ語」10月号のテキストが発売になりました。ベルリンの新シリーズは9月号で終了となりますが(10月からは昨年度前半の再放送ですが、こちらもベルリンが舞台)、私の連載「映画で歩くベルリン」はもうあと半年続きますので、今後もお付き合いいただけると幸いです。10月号では壁を舞台にした映画『トンネル』を取り上げています。

(ちなみに、ブログで書きそびっていたこの3ヶ月間のラインナップは、
7月号 『オリンピア』
8月号 『ヒトラー〜最後の12日間〜』
9月号 『ワン・ツー・スリー』
です)

表紙の写真は、真っ青な空を背景にしたアレクサンダー広場の世界時計。最近の写真だろうと思ってよく見たら、背後のデパート「カウフホフ」が改装前(つまり東ドイツ時代)の姿ではないですか。少なくとも6年以上前に撮られた写真のようです。

●10~3月(NHK出版のHPより)
今、ドイツで最も刺激的な街と言われる首都ベルリン。「ベルリンの壁」の跡、旧東ドイツの建物、カフェ、トルコ式浴場……。激動の歴史から生まれた多彩な文化をバーチャル体験しながら、旅行などで使える基本表現を身につけましょう!テキストでは中級者用のコーナーも設けています。
講師 矢羽々 崇
(2009年4月~9月の再放送)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-09-23 21:40 | ドイツ語関連 | Comments(8)

NHK「テレビでドイツ語」2010年6月号『エーミールと探偵たち』

e0038811_5232637.jpg
NHK「テレビでドイツ語」6月号のテキストが発売されました。今回の「映画で歩くベルリン」では、エーリッヒ・ケストナーの『エーミールと探偵たち』を取り上げています。この『エーミール』は、私が今住んでいるヴィルマースドルフが舞台なのです。原作や映画に描かれている場所を探しながらの散歩は、とても楽しい時間でした。お読みいただけるとうれしいです。テキストの本編では、ベルリンの動物愛護施設(Tierheim)、カフェやクラシック音楽についての記事も面白く、またピアニストのアリス=紗良・オットさんのインタビューも全文が再録されていて、聞き取りの教材としても使えると思います。

最新号のトピック(NHK出版のHPより)
6月のテーマは「夜を楽しもう」。レストランで食事をしたり、クラシックコンサートに行ったりと、ベルリンのナイトライフを楽しみます。レストランでの注文や感想の言い方、人を誘うフレーズや時間の言い方を覚えましょう。4言語比較コーナーでは、それぞれの国の夜の過ごし方を比べてみます。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-05-18 22:32 | ドイツ語関連 | Comments(5)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング