ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

タグ:ホーエンシェーンハウゼン ( 2 ) タグの人気記事

発掘の散歩術(56) -「隔絶された場所」ホーエンシェーンハウゼン-

e0038811_07133468.jpg
Gedenkstätte Berlin-Hohenschönhausen (2015-02)

アレクサンダー広場からトラムM6に乗って東へ走る。プラッテンバウと呼ばれる旧東独の典型的な高層アパートの風景が広がる中、やがて電車はゲンスラー通りの停留所に到着。目の前の真新しいショッピングセンターとは対照的に、その裏手のゲンスラー通りにはうら寂しい雰囲気が漂っていた。道なりに歩くと、その思いにとどめを刺すかのように、有刺鉄線に囲まれた塀と監視塔が見えてきた。かつて東独の人々が恐れをなしたホーエンシェーンハウゼンの国家保安省(通称シュタージ)の刑務所跡だ。

5年ほど前にもここを訪れたことがあるが、チケット売り場やショップ、待合室が見違えるように奇麗になっていて驚いた。別館に常設展もあるが、とりわけ価値があるのは、かつて実際に収監されていた人が案内するガイドツアーに参加することだろう。カール・ハインツ・リヒターさんという気骨のありそうな初老の男性が現れ、我々をまず地下の部屋に連れて行った。

この場所は、いくつもの歴史の層を持つ。そもそもは1939年、ナチス管轄下の調理場として作られた。1945年5月のドイツの降伏後、ソ連が接収して「特殊収容所3」と名を変え、当局によってナチスの協力者やスパイと見なされた者がここへ送られた。劣悪な環境の中、約1000もの人が命を落とした。

e0038811_07025455.jpg
「Uボート」の俗称を持つソ連時代の地下の刑務所

私たちが最初に見たのは、1947年からソ連の中央未決囚勾留所として使われた地下室。窓もない狭い独房を覗き見ただけでぞっとした。通称「Uボート」(潜水艦)。容疑をかけられてここに送られた人々は、外の世界と完全に隔離され、時には水攻めなどの肉体的苦痛を伴いながら、自白を強要されたのである。

そして、いよいよ上階へ移動する。1951年、国家保安省の設立とともに、この場所はシュタージの刑務所となった。東独政府は、一般の人々をも巻き込んで社会のあらゆる場所にネットワークを築き、監視や盗聴の技術を駆使して反体制派を未然につぶすことに異常なまでに執着したのである。

e0038811_07024918.jpg
シュタージ刑務所の独房の様子

ガイドのリヒターさんが自らの経験談を話してくれた。少年時代から社会主義の教育に馴染めなかったという彼は、1964年、数名の仲間とフリードリヒ通り駅から西行きの列車に飛び乗ろうと試みたが失敗。その際に大けがを負った。何とか自宅まで戻ったものの、数日後に逮捕され、この刑務所に8カ月間拘留された。夜も昼も関係なく、逃げた場所や仲間の行方などを、自白するまで尋問を受けたという。

e0038811_07125058.jpg
以前、シュタージの別の刑務所跡で、こんな話を聞いた。
「シュタージは盗聴など、あらゆる非合法的手段で容疑者を逮捕しました。そのやり方を正当化させるために、彼らを心理的に極限まで追い詰めて、『自白』させることにこだわったのです」。

リヒターさんは75年に西独に亡命。しかし、常にシュタージにつきまとわれているという心理的なプレッシャーから逃れられず、長く外国に暮らした。妻は今も精神的な病を背負っているという。「私はまだいい。でも、妻は完全に東独国家の犠牲者です」というリヒターさんの言葉が重く響いた。

実際は中心部からそれほど遠くないのだが、今も心理的に周囲と隔絶された場所という印象は強い。それでも、ここで多くの若者たちと出会ったのは救いだった。
ドイツニュースダイジェスト 3月6日)


Information
ベルリン・ホーエンシェーンハウゼン記念館 
Gedenkstätte Berlin-Hohenschönhausen

ホーエンシェーンハウゼン区にあるかつてのシュタージの刑務所。1994年以来、記念館として一般公開されており、社会主義時代のこの場所の歴史を研究し、伝承することを責務としている。常設展は入場無料。ガイドツアーは5ユーロ。英語のツアーは毎日14:30に開催。トラムM5のFreienwalder Str.駅もしくはM6のGenslerstr.駅から徒歩約10分。

開館:月~日9:00~18:00(ガイドツアーの詳細は下記HPにて)
住所:Genslerstr. 66, 13055 Berlin
電話番号:030-98608230
URL:www.stiftung-hsh.de


シュタージ博物館 
Stasi-Museum


かつての国家保安省の本部跡にある博物館。シュタージの監視、盗聴技術に関する展示などのほか、国家保安大臣を長年務めたエーリッヒ・ミールケの執務室がオリジナルの状態で保存されている。東独市民がここを占拠してから25周年となる今年1月、新しい常設展がオープンした。地下鉄U5のMagdalenenstr.駅から徒歩5分。

開館:月~金10:00~18:00、土日祝12:00~18:00
住所:Ruschestr. 103, 10365 Berlin
電話番号:030-5536854
URL:www.stasimuseum.de

by berlinHbf | 2015-03-13 23:21 | ベルリン発掘(東) | Comments(0)

発掘の散歩術(14) -ミース・ファン・デル・ローエのバースデーパーティー-

e0038811_17214530.jpg
夕暮れ時のレムケ邸で踊る人たち (2011-08-14)

アレクサンダー広場からトラムのM4に揺られること約25分。ヴァイセンゼーという湖を過ぎて間もなく、ブッシュ・アレー/ハンザ通りという停留所で降りた。普段ベルリンの西側に住んでいる私にとっては、同じ市内とは言え、ここまで来るとさすがに遠くに来た感を抱かせる。このホーエンシェーンハウゼン地区には、つい20年ちょっと前まで秘密警察シュタージの刑務所があった。そんな過去も、実際の距離以上に「遠さ」を感じさせる要因になっているかもしれない。

今歩いている辺りには、2つの小さな湖が双子のように並ぶ。1つはオランケゼーで、これは氷河時代に自然生成された湖。通り1つ隔てたオーバーゼーは、19世紀末にビール会社が窪みに水をたくわえて造ったという人工湖だ。周辺はごく普通の住宅街だが、東独時代はシュタージの関係者が多く住み、その特徴として呼び鈴のネームプレートが必ず白紙になっていたそうだ。一般市民は安易に立ち寄れない場所だったのだろう。

夕暮れ時、そんなぞっとする歴史を持つ住宅群の向こうから、とてつもなく陽気な音楽が鳴り響いてきた。発信源はオーバーゼーの畔に立つミース・ファン・デル・ローエ・ハウス(通称レムケ邸)。今年生誕125周年を迎える同名の建築家の「バースデーパーティー」が行われると聞いてやって来たのだ。

e0038811_172817.jpg
1932年から33年にかけて、印刷会社の社長で、子どものいなかったカール・レムケ夫妻の「天気の良い日には庭に延びるような、こぢんまりとした控え目な住居」という希望から、当時バウハウスの校長だったミースが設計した邸宅だ。L字型の平屋建築で、構造は非常にシンプル。ちょうどL字の角にある入り口から中に入ると、庭に面した側はどちらも大きな窓ガラスがはめ込まれ、光がまばゆいばかりに差し込む空間になっている。目の前の大きな庭と直につながっているような錯覚を受けるほどだ。自然との一体感を強調した平屋というのが、どこか東洋的でもあるせいだろうか、非常にモダンなのにとてもしっくりきた。

目の前で、比較的年配の男女がブギウギのリズムに乗り、両手を派手に動かしながら踊っている。その奥の芝生では人々がピクニックのようにくつろいでいる。アットホームな雰囲気が心地良い。ノリノリで踊っている中に日独協会のシュミットさんのお顔を見付けた。私たちに気付くと、レムケ邸のことを少し教えてくれた。

ミースはナチス台頭後の1938年にアメリカに亡命。レムケ夫妻は1945年までこの家に住んでいたが、戦後はソ連に接収され、1960年代から壁崩壊まではシュタージ関連の施設として利用されていたという。統一後、市民活動によってホーエンシェーンハウゼン区に買い取られ、現在は税金と友の会の募金で運営されているそうだ。

e0038811_17215680.jpg
湖に面した広大な庭には、「Mies 125」の文字が至るところに

「Mies 125」というかっこいいロゴが入った大きなじょうろを持っている人を何人か見かけた。これは20ユーロで購入でき、そのうちの何割かが募金に回されるそうだ。「なんでじょうろなの?」とも思ったけれど、じょうろで庭の草木に水をやるように、時間を掛けてレムケ邸とそこでのアートを育ててきた地元の人たちに敬意を感じて、1つ持って帰った。
ドイツニュースダイジェスト 9月16日)


Information
ミース・ファン・デル・ローエ・ハウス
Mies van der Rohe Haus


ミースが亡命前最後に手掛けた邸宅でもある。東独時代に何度も改築されたが、2000~02年にかけて、建物と庭はオリジナルの設計図に沿って造り直された。この空間に調和する作家の展覧会が定期的に開かれており、11月27日までユルゲン・パルテンハイマー展が開催される。入場無料。晴れた日は庭園の散歩も気持ちがいい。

開館:火~日11:00~17:00
住所:Oberseestr. 60, 13053 Berlin
電話番号:(030) 970 006 18
URL:www.miesvanderrohehaus.de


新ナショナルギャラリー
Neue Nationalgalerie


ベルリン市内でミースの建築を味わうなら、やはりこちら。1968年ミース晩年の作品で、巨大な鉄骨の天井を側面の軽やかなガラスが支えているかのように錯覚させるモダン建築の傑作。現在はマックス・ベックマンの自画像展が開催中で(10月3日まで)、11月からは1945~68年の作品の常設展が予定されている。

営業:火水金10:00~18:00、木10:00~22:00、土日11:00~18:00
住所:Potsdamer Str. 50, 10785 Berlin
電話番号:(030) 266 424242
URL:www.neue-nationalgalerie.de

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-09-25 10:30 | ベルリン発掘(東) | Comments(2)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング