ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

タグ:アート(Kunst) ( 66 ) タグの人気記事

フリードリヒスハイン散策(1)

e0038811_18533131.jpg
Finowstr.にて(6月4日)

私が住むクロイツベルク地区の正式名称は、「フリードリヒスハイン・クロイツベルク(Friedrichshain-Kreuzberg)」といい、2001年から東側のフリードリヒスハイン地区と合併されている。私はクロイツベルクの西端に住んでいるので、フリードリヒスハイン方面に行くことは普段あまりないのだが、先月初頭のある天気のいい夕方、この地区を散歩してみた。

U5のSamariterstraßeの駅で降り、住宅街の中を歩いて行く。
この日、フリードリヒスハインにやって来た1つの目的は、ブログを通して知り合った写真家&グラフィックデザイナーの大洲大作さんの写真展を観ることだった。ギャラリーのオーナーの女性はあいにく不在だったが、ドイツ人とカンボジア人のハーフというゾフィーさん(写真左)が、いろいろお話を聞かせてくれた。

e0038811_18572219.jpg
大洲さんの写真展"Illusions of the sea"は海がテーマ。大阪、富山、東京、秋田、青森、モロッコ、ニース・・・私が生まれ育った横須賀のような温暖な海ではなく、寂寥として厳しく、それでもどこかで希望を感じさせる海の数々にしばし見入った。この写真展は7月31日まで。ぜひお立ち寄りください。

magenta - galerie und photographische werkstatt
Mittwoch bis Freitag 13 bis 19 Uhr und nach Vereinbarung
Finowstrsse 8a, 10247 Berlin-Friedrichshain
Tel: 030-29 04 44 68
大洲さんのHPブログ

e0038811_1854613.jpg
写真展を観た後、オスト・クロイツ駅方面に向かってぶらぶら歩く。Traveplatzの公園では、子供たちが元気に水鉄砲遊びをしていた。水を鉄砲に入れて、準備をしているところらしい^^;)。

e0038811_1911228.jpg
HolteistraßeとWühlischstraßeの角のベルリンをテーマにした落書きアート(?)は、なかなか気合が入ったもの。この前を時折トラムが通り過ぎてゆく。

e0038811_18552192.jpg
それまでは閑散とした住宅街だったのが、オスト・クロイツ駅につながるSonntagstraße(直訳すると「日曜日通り」)に入ると、急にカフェの数が増えてにぎやかになる。好きなケストリッツァー(Köstlitzer Schwarzbier)を飲みながら、しばらく読書。ベルリンでのこういう時間の流れ方が大好きだ。

e0038811_18555156.jpg
日曜日通りをさらに歩くと、レンバッハ広場(Lenbachplatz)にぶつかる。この公園の雰囲気もとてもいい感じ。クロイツベルク同様、若い人の割合が高いようだ。

e0038811_18561854.jpg
公園の向こうにオスト・クロイツ駅の給水塔が見えてきた。次回は、この駅を5月に紹介したときとは違う角度から歩いてみます。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-07-02 13:51 | ベルリン発掘(東) | Comments(7)

ハノーファーの町田久美展を観て

e0038811_2104030.jpg
先日ハノーファーに行った一番の目的は、ケストナーゲゼルシャフトという現代美術館で開催されていた町田久美展を観ることでした。今回カタログの独日翻訳をさせていただいたこともあり、ずっと観に行きたいと思っていた展覧会だったのですが、ようやく期間中最後の週末に都合が付いたので、行って来ました。

ケストナーゲゼルシャフトとこの展覧会については、2月のオープニングに参加されたデンマーク在住のokadaさんが詳しくレポートされているので、よかったらご一読を(こちらより)。ちなみに、okadaさんのサイトは、「ベルリン便り」時代からずっと読ませていただいております。

e0038811_2105729.jpg
まず入り口で、今回の仕事で何度もやり取りさせていただいたキュレーターのエヴェリーネ・ベルナスコーニさんに挨拶。その後、館内で本当にばったり会ったベルリンの友達も一緒に、直々に案内してくださいました。ベルナスコーニさんは、数少ない資料から町田久美の才能を見出し、今回の展覧会の実現にこぎつけた人物で、その鑑賞眼と作品への情熱には感心させられました。

町田さんの作品は、2つの部屋にわたりゆったりと展示されていて、こちらは大きい方の部屋。この日はちょうど子供たちを対象にしたワークショップが行われていました。

e0038811_2111652.jpg
本物の作品を前にしての第一印象は、「写真で観たのよりもずっと美しい!」ということでした。これは、子供がアイスを棒をくわえている《サマーデイズ》という作品。町田さんの作品は、男女の性差がはっきりしていないのが特徴です。

e0038811_2113478.jpg
《サマーデイズ》のディテール。カタログで観て気になっていた細部も、今回はじっくり眺めることができました。町田作品は、一見、ほとんど一筆で描いたようでありながら、近づいて見ると、細い筆を使って実に丹念に描かれているのがよくわかります。遠くから、近くから、そして時には角度を変えてという風に、町田さんの作品はいろいろな楽しみ方を許容してくれます。色付けが簡素で落ち着いているのも、好きなところ。

e0038811_212470.jpg
《優しいひとたち》。冒頭の写真はこの絵のディテールです。

e0038811_2122092.jpg
《成分》。こうして観ると、結構大きい絵だということがわかりますね。

e0038811_2123984.jpg
大胆な構図に魅了される《ごっこ》(左)と《とまり木》。

e0038811_213444.jpg
もう1つの小さい方の部屋には、比較的初期の作品が多く展示されていました。

e0038811_2132529.jpg
この中で特に私が好きなのは、この《初対面》という絵。町田さんの絵には、時に立体的な部分があったり、箔がちりばめられて、キラキラ光る部分があったりと、楽しい意表を衝かせてくれます。この作品のちょうど真ん中にもそういう部分があるのですが、写真ではちょっとわかりにくいですね。

ハノーファーの展覧会は5月12日で終わり、6月28日からは高崎市タワー美術館にて企画展「町田久美─日本画の線描─」が開催されるそうです。興味のある方には、ぜひおすすめしたいと思います。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-06-01 16:08 | ドイツから見た日本 | Comments(6)

江戸東京博物館を満喫!

e0038811_1058542.jpg
両国の江戸東京博物館を見てきました。先日『東京下町歩く地図帳」という本をパラパラめくっていたら、「両国」のページでこの博物館が目に留まり、「そういえばベルリンの日本人の友達が外国からお客さんが来たらよく連れて行くと言っていたのはここではなかったっけ」と思い出し行ってみることにしたのです。これが期待を超える面白さで、あっという間に時間が過ぎていきました。

見学は6階の常設展からスタート。実物大に再現された日本橋を渡って、まず江戸ゾーンに入ります。

e0038811_10591052.jpg
ここの博物館のよさは学術的な堅苦しさがなくて(説明文は簡素にまとめられています)、誰もが見て感じて楽しめるところ(小学生や都内の中学生は入場無料というのもいいですね)。当時の人々の暮らしが原寸大のセットで再現されているほか、数々の精巧な模型にはびっくりしました。

e0038811_6531673.jpg
あちこちに双眼鏡が置かれていて、じっくり眺めることができます。ガイドさんの説明を聞きながら見たら、1日中いても飽きなそう。館内は外国人観光客も多く、さまざまな言語で説明するガイドさんの声があちこちから聞こえてきました。

e0038811_10593562.jpg
呉服屋店越後屋(三越の前身ですね)の模型。15分毎にのれんが下がるのだとか。

e0038811_1102123.jpg
両国橋界隈の情景は圧巻。当時の賑わいが伝わってくるかのようでした。

e0038811_653398.jpg
昭和初期の長屋を再現。こちらも雰囲気がよく出ています。

e0038811_6535840.jpg
東京大空襲についての展示は胸が痛みました。これは終戦直後の新宿の闇市の様子を模型で再現したもの。

e0038811_125734.jpg
戦後の代表的な大衆車、スバル360。人力車にも乗ってみました。

e0038811_11304450.jpg
常設展を一通り見るだけでくたくたになってしまい、1階の企画展までは回りきれず。でも十分堪能しました。最後に自分用のお土産として、東京の精巧な俯瞰図(江戸時代と現代の2種類がある)がプリントアウトされたクリアファイルを買いました。相撲が好きなので、今度両国に来るときは隣の国技館で大相撲でも見てみたいものです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-04-09 12:14 | ニッポン再発見 | Comments(13)

ハノーファーの町田久美展

e0038811_15585025.jpg
現在、ハノーファー(ハノーバー)のケストナー協会(kestnergesellschaft)という美術館で、 荒木経惟と伝統的な浮世絵を組み合わせた"araki meets hokusai"、さらに日本画家の町田久美展という「日本三部展」が開催中です。特に後者の町田久美展は、今回カタログの翻訳をさせていただいたこともあり、ここでご紹介したいと思います。

日本の現代アートシーンのことはあまり詳しくない私ですが、町田久美さん(1970年生まれ)の絵にはとても強い印象を受けました。単にインパクトがあるだけでなく、品が保たれつつ美を感じさせるところが、巷に氾濫する現代アート作品との大きな違いだと思います。

伝統的な筆で描かれている彼女の作品は、一筆で一気に描いたかのような印象を受けますが、実際は細い線を何度も重ね合わせて出来上がったものです。シンプルでありながら肉感的な線。構図は大胆で、非常に大らかなのに、一方ではミクロなレベルで精密に描かれている部分があったりして、思わずゾクッときます(笑)。描かれているキャラクターは不可思議だし、シュールでグロテスクな要素もありますが、その世界に不思議な心地よさと懐かしさを感じてしまうのは私だけでしょうか?

町田久美さんの作品は近年海外でも評価が高く、今回がヨーロッパでの初の単独個展だそうです。先日そのカタログが私の元にも送られてきましたが、予想以上の美しい仕上がりとなっていました。でも、2月のオープニングに作品を観た方からは、「町田さんの作品は、現物は印刷物で見るより遥かにすばらしい」と聞いているので、5月12日までの開催期間中に私も一度はハノーファーに足を運ぶつもりでいます。

北斎―荒木―町田という意欲的なハノーファー「日本三部展」、興味のある方はぜひ足をお運びください!

カタログ情報:
deutsch | englisch | japanisch
Verlag der Buchhaltung Walther König
120 Seiten, zahlreiche farbige Abbildungen
mit Texten von Veit Görner, Eveline Bernasconi
und Satoru Nagoya
Verkaufspreis kestnergesellschaft 25€

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2008-03-15 12:04 | ドイツ全般 | Comments(5)

ウジェーヌ・アジェ回顧展

e0038811_8312184.jpg
今日は別のことを書こうと思っていたのですが、ゆっくり書く時間がないのと、でも寝る前に何か書きたいということでこの話題を選びました。いや、アジェという人についてはもっとゆっくり書きたいのですが、マルティン・グロピウスバウでのこのすばらしい回顧展がもうすぐ終わってしまうので(1月6日まで)、それだけでもまずお伝えしなければと思ったのです。

ウジェーヌ・アジェ(1857-1927)の生誕150年を記念したこの展覧会は、パリのBibliothèque nationale de Franceとの共催で、これだけの規模の回顧展はドイツでは初めてだそうです。大学時代に写真史の授業を取ったことがありアジェの名前は大分前から知っていましたが、今回初めて作品の全貌に触れ、パリをそして大都市をこんな風に写した人がいたのかと圧倒される思いでした。

パリといっても、エッフェル塔や凱旋門を写した写真はここには1枚もありません。では何が被写体になっているかというと、細い通り、薄暗い中庭、古いアパート、人の気配のない商店、室内や階段の装飾、荷車、郊外の自然、街角の物売りたちなど、いわば都市の「細部」をとらえた写真が大部分です。いずれもすばらしいのですが、特に世紀転換期の消え行く街並みを写した写真には吸い込まれそうになるほど引き付けられ、写真が持つ(絵画とは違う)本質的な価値というものについても考えさせられました。

最近この回顧展のカタログも購入し、寝る前にパラパラめくっては古きパリに思いを馳せるのが楽しみになっています。最初に書いた通り、来年1月6日までの開催なので、興味のある方はお早めにどうぞ。


今週は予定がかなり詰まっているため、更新とコメントへのお返事が滞りがちになるかもしれませんが、クリスマス直前の1週間もよかったらお付き合いください。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-12-18 23:57 | ベルリン文化生活 | Comments(2)

CONNECTED BORDERS展のオープニング

e0038811_2027528.jpg
金曜日の夜に行われた、光嶋裕介くんのCONNECTED BORDERS展のオープニングは、彼自身の予想を上回るほどの大盛況でした。

e0038811_20382487.jpg
裕介くんの友達や職場の同僚を始め、深夜まで200人以上の人々が集まったそうです。中には私のブログの記事を読んで来てくださった方もいたようで、とてもうれしく思いました。

e0038811_2030792.jpg
次から次へと人がやって来るため、ホスト役の裕介くんはうれしい悲鳴を上げていましたが、英語、ドイツ語、日本語を使い分けて作品について何度も説明してくれました。製作者本人から直接話を聞けるというのが、こういう場の楽しいところです。

e0038811_20275869.jpg
絵は全部で11枚あり、部屋の2面に続いています。彼が最初に描いたのが、画面右側の2枚目の絵で、彼がこれまで旅先でスケッチしてきたヨーロッパの現実の建物がモチーフになっています。中にはベルリンのフィルハーモニーや彼の建築事務所が担当したCSWビルなども見えます。

e0038811_20281025.jpg
最初の絵を描いたことによって膨らんだイメージで、4枚目、6枚目、8枚目、10枚目と描いていったそう。「塔のある風景」、「色のある風景」、「森のある風景」など、さまざまな世界が広がっていきます。

e0038811_20323741.jpg
10枚目まで描いたところで、今度はその間を埋めていくように奇数枚目の絵を描いていったのだそうです。最後に来るのは1番最初に描いた絵の左隣の絵で、これが全体の1番目に並びます。裕介くんは、建築事務所勤務の合間をぬって、約1年かけてこの11枚の精緻なペン画を描いたのだそうです。もちろん両方とも、建築家の彼にとっては補完し合う作業なのでしょうが、初の個展にまでもっていったそのチャレンジ精神には驚き、また大いに刺激を受けました。来年日本に帰ってからの活躍も楽しみです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-12-02 14:59 | ベルリン文化生活 | Comments(3)

展覧会/CONNECTED BORDERS - Yusuke Koshima -

e0038811_23535821.jpg
今週末、友人の光嶋裕介くんが個展を開くので、今回はその案内をさせていただきたいと思います。

ベルリン在住約4年の光嶋くんは、私より数歳年下の若き建築家でザウアブルッフ・ハットンアーキテクツ(sauerbruch hutton architekten)という建築事務所に勤めています。今回の個展は来年の日本への本帰国を前にしてのもので、以下の英語の紹介文を読むと、裕介くんのこれまでの「旅」が重要なモチーフになっていることがわかります。

某SNSでの彼の日記でもたまに旅の話が出てくるのですが、旅行にスケッチブックを必ず持って行くという話が印象に残っていました。最近、これまで旅先で描いてきたスケッチブック1冊分がついに完結したと聞いて、夏にお願いして見せてもらったのです。それがもう本当にすばらしかった。10年近く前、東京の大学周辺のスケッチから始まり、初めてのヨーロッパの一人旅、そしてベルリンとの出会いがあり、ベルリン滞在中に見て回ったヨーロッパの旅先でのスケッチ、最後は確かギリシャで終わっていました。1枚1枚が実に丹念に丁寧に描きこまれており、中には1日がかりで描いたような絵もあるとのこと。それらはまさに建築家としての彼の20代の軌跡と言えるものでした。旅を自己の成長の場と位置づけ、このような形で記録に残せる彼のことを羨ましく思ったものです。

今回の個展のオープニングは金曜日19時から、場所はクロイツベルクです。弁護士事務所を借りての個展ゆえ、来週以降に見る場合は事前にアポを取る必要があるのと、また普段は働いている光嶋くん自身が確実に会場にいられるのもこの日だけのため、多くの方に見ていただきたいとのことです。ベルリン在住の方は、友達などもお誘いの上、ぜひお越しください!あのスケッチブックを前にしたときの感動に再び出会えるのではと、個人的にも楽しみにしています。

ZUKUNFTSPARTNER
Wiener Str. 20 10999
Berlin - Kreuzberg

CONNECTED BORDERS

My black sketchbook was always with me during my big journeys through Europe. I have finally completed this sketchbook of 100 pages after seven years and one idea came to my mind. To create a scene that consists from my traveling memories. It is meant to be my personal “Map of Europe”, which I wanted to achieve by making a collage out of my own sketches.

The second drawing was then thought towards the future exploring my world of imagination. The question was, “What can be an interesting urban landscape?” Then came the City of a Tower and the Bridge through fantasy. Followed by a colorful landscape of architecture. Soon five individual drawings were completed.

At this point, I was thinking about connecting each drawing in order to create a whole new horizon. From Memory to Fantasy, the borders were carefully connected.

I believe there is a border between everything. Whether it is good or bad, to connect is the first step towards diverse understanding and exploring new values for greater possibilities in life. To understand and accept that there are borders and differences between everything is what I have tried to express through these urban architectural drawings.

I hope everybody can see their own personal story behind these drawings.

Yusuke Koshima, Berlin


人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-11-28 22:24 | ベルリンの人々 | Comments(4)

よみがえった「壁」

e0038811_822897.jpg
Burandenburger Tor (07.11.5)

前回少し触れましたが、現在ブランデンブルク門の西側に韓国人アーティストのイ・ウンスク氏によるインスタレーションが置かれています。11月9日までの展示だというので、昨夜見てきました。

e0038811_82433.jpg
場所柄といい、形状といい、ピンときた方も多いと思いますが、これはかつて同じ場所に立っていたベルリンの壁をモチーフにした作品(タイトルは"Vanished Berlin Wall")です。父親が北出身というイ・ウンスク氏によると、いまだ分断されている朝鮮半島に対する批判が込められているのだとか。

e0038811_825511.jpg
両者の類似性はさておき、これは個人的な実感ですが、自分が生きている間に朝鮮半島の統一を見てみたいという気はします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-11-07 01:21 | ベルリン発掘(境界) | Comments(2)

建物が夜空に浮かぶ「光の祭典」

e0038811_2502775.jpg
10月16日から28日の間に、たまたまベルリンを訪れた方はきっと驚かれたことでしょう。照明アーティストのヤン・カスパー・クリッツィング(Jan Caspar Klitzing)らの演出によって、ブランデンブルク門や戦勝記念塔、テレビ塔といった街のシンボルである建造物からホテル、ショッピングモール、各国大使館に至るまで、計40以上もの建物や広場が、普段とはまったく異なるイルミネーションで夜の街を照らしたからです。今回で3回目となるイベント「光の祭典 (Festival of Lights)」は、歴史こそ浅いものの、地元の人々や観光客に好評で年々規模も拡大しています。

e0038811_2561671.jpg
ある週末の夜、ブランデンブルク門からテレビ塔まで歩いてみました。今年100周年を迎えたホテル・アドロン(Hotel Adlon)は今回が初参加で、今年のモットー「ベルリン・時の経過の中で」にちなみ、ホテルの歴史をたどる写真が建物の正面に映し出されていました。目抜き通りのウンター・デン・リンデンでは、落葉間近の菩提樹の紅葉が夜空に浮かび上がり、同じ通りに面したコーミッシェ・オーパー(Komische Oper)では、スピーカーから流れる音楽と照明がリズミカルに連動するという、オペラ劇場らしい光のショーに魅了されました。

e0038811_304176.jpg
中でもインパクトがあったのは、大聖堂のイルミネーションです。教会の大きなファサードに幾何学的な模様が次々と浮かび上がり、まるで万華鏡を覗き込んでいるかのよう。日ごろ見る機会の多いテレビ塔も、普段とはまったく異なる顔を見せていました。

この祭典は、毎年10月最後の土曜日の恒例イベント「ショッピングの長い夜(Lange Nacht des Shopping)」とともに幕を閉じました。夏時間から冬時間に変わると、外の寒さはいよいよ厳しくなります。そんな季節の移り目の華やかなイベントでした。
ドイツニュースダイジェスト 11月2日)

写真をもう3枚ほど・・・
e0038811_314752.jpg
10月24日に100周年を迎えたホテル・アドロン

e0038811_3115712.jpg
フランス大聖堂

e0038811_3121229.jpg
テレビ塔

参考(よかったら去年のもどうぞ。今年とはまた違って面白いです):
Festival of Lights Berlin(1)
Festival of Lights Berlin(2)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-11-02 19:27 | ベルリンのいま | Comments(14)

修復中の新博物館が一般公開

e0038811_21415927.jpg
9月末の週末、修復工事中の新博物館(Neues Museum)が一般公開され、3日間で2万5000人もが訪れました。同館は世界遺産に登録されている博物館島の一角にあり、元々は1843年から55年にかけて、著名な建築家シンケル(Schinkel)の弟子シュトゥーラー(Stüler)の設計によって建てられました。しかし第二次世界大戦で建物の70%が破壊され、東ドイツ(DDR)時代は、博物館島の5つの博物館の中で唯一廃墟のままさらされていたと言います。それにしても、修復中の建物の内部を公開するというのは、ベルリンでもかなり異例のこと。どういう背景があったのでしょうか。

それは、同館の再建プランと大きな関係があるようです。再建を手がけるイギリスの建築家チッパーフィールド(Chipperfield)による基本コンセプトは、「戦争で傷を受けた部分を目に見える形で残し、古い部分と新しい部分とを組み合わせる」という「歴史への誠実性」に基づくものなのですが、オリジナル通り忠実に修復するべきだという人々と真っ向から対立し、市民団体による反対運動は今年になって激しさの度合いを増してきました。同じくチッパーフィールド設計で、新博物館前に建つ予定の博物館島への総合入口ホールも、賛否両論の的となっています。そういう状況の中で、同館の内部公開に踏み切ることは、文化財団側にとっても自然な流れだったのかもしれません。私が訪れた日も長い行列ができるほどの注目度でしたが、入口付近ではやはり反対運動の署名活動が行われていました。

e0038811_21422419.jpg
さて、期待とともに中に入ると、入口付近の階段ホールは、むき出しのレンガの壁とまっさらなコンクリートの階段が強烈なコントラストを成しており、担当者の説明を熱心に聞く人々の姿が目立ちました。またモデルネ・ザール(Moderner Saal)と呼ばれるホールでは、天井部分はコンクリート、柱の装飾はオリジナルの部分と修復した部分とがはっきり見分けられるようになっています。
e0038811_2148526.jpg
さまざまな意見はあるでしょうが、内部を一巡してみて、オリジナルの再現に忠実な博物館とは一味違う面白さを感じたのは事実です。ただ、最終的にどういう感じに仕上がるのか、それはやはり完成を待つしかありません。新博物館の再オープンは2009年10月に予定されており、古代エジプト美術と先史時代のコレクションが収められることになっています。
(ドイツニュースダイジェスト 10月26日)


せっかくなので写真をもう何枚かアップしましょう。
e0038811_21565555.jpg
この手の無料体験イベントには毎回格別の関心を示すベルリーナーの行列。正面は旧ナショナルギャラリー。

e0038811_21571519.jpg
ギリシャ・ザール(Griechischer Saal)では、修復作業に携わっているスタッフの写真パネルが展示されていました。

e0038811_21573412.jpg
赤が鮮やかなニオビデン・ザール(Niobidensaal)。

e0038811_21575486.jpg
美術修復の現場はこんな感じ。

e0038811_21595639.jpg
ここは公開されていませんでしたが、帰り際ちらっと外から見えた真っ白なホール。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-10-25 15:18 | ベルリン文化生活 | Comments(6)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング