ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ツェラーさん逝く

元ベルリン・フィルのソロ・フルート奏者、カールハインツ・ツェラーさんが先月末76歳で亡くなったそうです。カラヤン時代のベルリン・フィルを支えた偉大なフルーティストですが、私の先生がツェラーさんの弟子だったことで、いろいろ話を聞くことも多く、身近に感じることのできる音楽家でもありました。

98年に来日された時、自分の目の前でさらっと吹いてくれた「牧神の午後」の冒頭のソロとバッハのロ短調ソナタの、その場を包み込むようなツェラーさんの笛の音は忘れられません。ああいう音色がフルートで出せたらと私は今でも思っています。

東京での飲みの場に2回ほど同席させていただくことがありました。何とかコミュニケーションが取りたくて、でも当時の私はほとんどドイツ語が話せなかったので、ドイツ語のできる友達を連れて、昔のことなどをいろいろと聞いたものです。「ベルリンフィル時代の最も印象に残ったコンサートは?」という私の質問に対して、カラヤンではなく、ツェラーさんはまずカルロス・クライバーの名前を挙げたのが印象に残っています。

私がベルリンに来てからは、フィルハーモニーに通っていれば、またふとツェラーさんに会えるのではないかとどこかで思っていましたが、残念ながらその願いは叶いませんでした。

ご冥福をお祈りします。
# by berlinHbf | 2005-08-07 23:57 | ベルリンのいま | Comments(0)

Schrecken ohne Ende

8月6日
友達のパーティーに呼ばれて、家に戻ったのは1時過ぎ。ふと、日本は今何時だろうと見てみたら8時20分を回ったところです。「あっ」と思い出して、テレビをつけたらBBCで広島での記念式典の様子が流れていました。同時通訳の背後でかすかに流れている日本語を聞き取ろうと必死に。英語での同時通訳はちゃんと聞いていませんでしたが、通訳の人が「被爆者」を「Hibakusha」とそのまま伝えていたのは印象的でした。いろいろな人が話す中で、小泉首相の挨拶は不思議なほどそっけなく感銘にも乏しいものでしたが、終戦記念日の靖国参拝が背後に狙いとしてあるからだろうかと勘繰ったりもしました。私が定期購読している新聞、Berliner Zeitungの今日の文化面トップはやはり広島がテーマです。タイトルは「終わりなき恐怖(Schrecken ohne Ende)」というもので、原爆投下を正しかったと言い続け、かつ今でも何らかの理由を付けて戦争を続けているアメリカのプロパガンダを批判した内容のようです。あとでゆっくり読もうと思っています。

日本は大変な猛暑のようですが、ここベルリンはかなり涼しい日々が続いています。今も15度ぐらいで半袖では歩けません。蒸し暑いよりは全然いいけれど、これはこれで困ったものです。
# by berlinHbf | 2005-08-06 21:16 | ドイツから見た日本 | Comments(0)

GOOD BYE LENIN!

先日新しいパソコンを買ったのを機に、ようやく家でDVDが観られるようになりました。最近はDVDの映画がずいぶん安く手に入るようになったのですね。割と新しい映画でも8ユーロとか10ユーロで普通に売られているのはちょっと驚きでした。

ちなみに、昨日私が買ったのは「グッバイ、レーニン!(2003年)」。このドイツ映画久々のヒット作、恥ずかしながら私はいまだ観たことがありませんでした。このDVDは聴覚障害者のためにドイツ語のサブタイトルがオプションで付けられるようになっているのですが、外国人の私にはこれが何よりありがたかった。外国人で、いやひょっとしたらドイツ人でさえも、「グッバイ、レーニン!」を一回観ただけで台詞の意味を全て理解できる人はそういないのではないかと思います。

会話はかなり早口だし、東ドイツ(DDR)特有の固有名詞がバンバン出てきます。以前、ドイツ人の友達が「あの映画は東出身の人にしかわからないジョークと、逆に西の人にしかわからないジョークがいっぱい出てくる。」と言っていましたが、確かにその通りです。こう言ってはなんですが、私など、字幕を頼り、何回か巻き戻しつつ、かつ辞書を引いた上で、ようやく意味がわかった箇所が結構ありました。これだけDDR時代のディティールにこだわって作られているこの映画の監督(Wolfgang Becker)と主人公(Daniel Bruehl)が、2人とも西ドイツ出身というのは、おもしろいものです。

まだ全部観ていませんが、内容はやっぱり最高だし、ドイツ語の勉強にもなってこれで8ユーロは安い。しばらくじっくり浸ろうと思っています。
# by berlinHbf | 2005-08-05 01:31 | ベルリンのいま | Comments(8)

Hiroshima

あと3日で広島に原爆が投下されてから、丁度60年が経つ。このことはドイツでも相当の関心を持って受け止められているようだ。最新号のシュピーゲル誌では、ヒロシマの特集が組まれているし、先週は「はだしのゲン」のドイツ語新改訂版(Barfuss durch Hiroshima)が新聞の文芸欄で大きく取り上げられていた。ドイツ人で「ヒロシマ」を知らない人はまずいないといっていい。
e0038811_1585760.jpg
そんな中、BBCとZDF共作の「Hiroshima」が昨夜ZDFで放映された。これは広島の原爆投下とその後に至る過程を当時の証言者、映像、CG、再現ドラマを駆使して描いた、1時間半の新作ドキュメンタリー番組である。再現ドラマのロケがポーランドでも行われる関係で、ベルリンからも日本人のエキストラを募集中という話を耳にしていたので、私は完成が気になっていた。

力作だったと思う。最新の技術で作られたCGや、かなりリアルな再現映像はなかなか説得力があった。だが、私がもっとも印象に残ったのは、実際に原爆を体験した被爆者の話だった。原爆が落とされてから何しろ60年も経つのだ。登場する被爆者は80歳を優に超えたよぼよぼの老人ばかりだろうと思っていた。ところがそうではなかった。確かにみなさん80を超えた方がほとんどだったのだろが、その生き生きとした話しぶりからは実際の年齢よりも若く見えた。

広島の郊外に住んでいたあるお医者さん。爆発音とともに何かとんでもないことが起こったとみて、走って広島市内に向かう。その途中、森の中で全身真っ黒の人がよぼよぼの足取りでこちらに向かってきて、自分の前で倒れた。脈を計ろうとしたが、とにかく真っ黒で脈がどこにあるのかもわからない。もちろんすでに死んでいた。「これが私が見た最初の被爆者でした。」という話。その老人はこういう内容の話を60年前の出来事ではなく、あたかもつい3ヶ月前に起こった話であるかのように生き生きと語る。おそらくこの人はもう何百回と同じ話をしてきたに違いない。そして、それが死ぬまで自分の使命だと考えているのだろう。そのことがこの老人を実際の年齢よりも若く見せている理由ではないだろうか。10年後の戦後70周年の時には、こういう語り部たちはほとんどこの世からいなくなっているのだろうかと考えると、時というものは残酷だと思う。

この番組は日本用に編集され、5日(金)の夜TBSで放映されるようです。

http://www.tbs.co.jp/sengo60sp/index-j.html

一人でも多くの方に見ていただきたいと思う。
# by berlinHbf | 2005-08-03 20:11 | ドイツから見た日本 | Comments(7)

Einstein on the Beach

「海辺のカフカ」みたいなタイトルだが、昨夜観たフィリップ・グラスとロバート・ウィルソンによる現代オペラの題名。一緒に観た友達によると、「伝説的なコンビによる伝説的な作品」とのことだが、私は実は知らなかった。初演は1976年、アメリカにて。今年はアインシュタインが相対性理論を発表してから100年という、「アインシュタイン・イヤー」のため、それに合わせた新演出のようだ。

20時から始まって、休憩なしの4時間はきつかったが、最後まで観る価値はあった。
オペラといっても伝統的なオペラとは似て非なるものである。アレクサンダー広場から程近い、東の教会での上演だったのだが、椅子は取り払われ、客席と舞台との境界は全くない。聴き手は上演中も自由に場所を変えながら、適当なところに座るか、立って聴くことになる。ビールを飲みながらでもいいし(私)、仰向けになってぼーっと聴いている人もいた。コスチュームをまとった約10人の男女が、数箇所に設置された吊り上げ式のモニターに映る暗号のような楽譜と指揮者の映像に合わせて、歌ったり踊ったり、これも頻繁に場所を変える。時折アインシュタインの引用文が読み上げられる。フィリップ・グラスのミニマル音楽は今聴いても十分に鮮烈。クールではあるのだが、高揚感もあり、音のシャワーを浴びているかのような気持ちよさ。舞台は最後、宗教の秘蹟のようなものが始まって、女性の一人が空中に吊り上げられていく。多分にユートピア的な作品だった。お客さんの年齢層は意外と高く、それでも途中で帰る人はほとんどいなかったように思う。

コンサートや舞台の感想は、しっかり書こうとすると途中で挫折する恐れがあるので、よっぽどよかったもの以外は簡潔に記そうと思います。

e0038811_1571966.jpg

# by berlinHbf | 2005-08-02 14:21 | ベルリン文化生活 | Comments(2)

はじめにあたって

ブログを始めることにした。

せっかくベルリンという、ある種特異な町に住む機会を得ているのだから、この町に密着したものを作りたいと思った。それならばタイトルにも「ベルリン」が入ったものがいい。どうしようかと考えあぐんだ挙句思いついたのが、「ベルリン中央駅」。「なんだそりゃ?」と思われるかもしれない。だが、これこそベルリンの「いま」と「これから」を表すのにふさわしい建造物ではないかと思ったのだ。

「ベルリン中央駅」とはこの町のほぼ中央、シュプレー川の川辺に位置する現在建設中の巨大な新ターミナルのことである。開業予定は来年の5月28日。つまり、2006年ワールドカップの開幕に間に合うよう、急ピッチで作業が続けられている。

ミュンヘンにもドレスデンにも中央駅(Hauptbahnhof)は存在する。だが、「ベルリン中央駅」というと、少し前までは奇異な響きがあった。かつて壁によって西と東に分断されていたこの町において、「中央」は存在しなかったのだ。

ベルリン中央駅は、まさにかつて町を東と西に分けていた境界線のすぐ真横に位置する。川沿いの広々とした場所ということもあって、この駅はとにかく目立つ。前面ガラス張りの巨大なアーチが東西に2つ並び、その間にこれまたガラス張りのファサードが構えることになっている。その周辺にはいくつものクレーンが聳え立っている。工事現場なのに、夕暮れ時などは美しくさえもある。私が物好きだからなのかもしれないが、この周辺をぐるぐる歩き周るだけでも結構楽しめるものだ。この駅の対岸は広大な芝生の公園になっているのだが、そこに寝っころがって工事の様子を眺めている人たちも少なくない。私は2日前、久々にこの現場を訪れた。垂直に立っていた2本の鉄筋(それぞれ1200トン)がアーチの上に横倒しにされるという作業の翌日だっただけに、ビデオやカメラを片手に見物に訪れる人が大勢いた。ベルリン市民の関心も相当なものがあるようだ。

東西を結ぶ地上の線と、南北を結ぶ地下の線が十字状に交差するベルリン中央駅が、新しい世紀のベルリンを象徴するターミナルになるのは間違いない。完成まであと1年を切ったが、工事の進み具合をリアルタイムで伝えながら、ベルリンでのあれこれをブログで綴っていきたいと考えている。気楽にお付き合いいただけたら幸いです(写真は2004年4月)。
e0038811_2184282.jpg

# by berlinHbf | 2005-08-01 02:25 | ベルリン中央駅 | Comments(9)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング