ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日本の夏2014

e0038811_06084628.jpg
ベルリンに戻って、テーゲル空港に降り立ったとき、ちょっと肌寒いほどのひんやりした空気が体を包みました。数日経って、こちらの生活に馴染んでくると、日本でのあの暑さが急速に記憶の背後に過ぎ去っていく感じがします。忘れないうちに、いくつか書き記しておきたいと思います。

e0038811_06082964.jpg
実家に帰って最初の1週間は、ベルリンで残してきた執筆作業に追われていました。そんな頃、地元の花火を2つ見ることができました。これは三浦海岸の花火大会。
e0038811_06082379.jpg
花火を見るのは本当に久々でした。知らぬ間に花火も進化していて、三浦のだとスイカや三浦大根を模したものまであって、大いに楽しみました。

e0038811_06074893.jpg
その後、3日間ほど山陽方面に旅行に行き、戻った頃はお盆休み。東京と茨城の親戚のお墓参りに行きました。海外に住んでいる自分にとっては、これもまた貴重な時間でした。これまでほとんど知らなかった家族の歴史に思いを馳せたり、叔父の幼少期の戦争体験を初めて聞いたり・・・。今回の滞在中、家族全員が揃った唯一の日でもありました。

e0038811_06075445.jpg
それにしても、子どもの頃から知る街が寂れているのを見るのは、ちょっと切ないものがあります。私の実家のある横須賀市も人口減の問題に直面しており、2013年には人口減少数が全国トップという不名誉な記録を作ってしまったとか・・・。

e0038811_06080011.jpg
妻の実家のある山梨にも何度か足を運ぶ機会がありました。山梨は盆地にあるため、経験したことのないような暑さには参りました。その一方、日本の夏の山河の青々とした美しさには目を見張りました。大きな入道雲も久々に見たなあ。

e0038811_06080505.jpg
勝沼にある「ぶどうの丘」からの眺め。残念ながら、富士山は今回一度も望めませんでした。

e0038811_06090678.jpg
後半は東京にも何度か出かけました。雨の日の渋谷駅ハチ公口。今回は友達にはあまり会えませんでしたが、仕事でつながりのある方々にご挨拶に伺えたのはよかったです。

e0038811_06085269.jpg
3週間ほどの間に美味しいものをたくさんいただきましたが、忘れられない味のひとつが、山梨のある温泉&鰻屋で食べたうな重。温泉に入った後に、いまや貴重になってしまったうな重を食する。もう言葉にならない美味しさでした^^

e0038811_06091550.jpg
相変わらず箱に収まるのが好きな実家のネコ、ミントくん(6年前の様子はこちらより)。また来年会えることを願って。

by berlinHbf | 2014-08-30 22:34 | ニッポン再発見 | Comments(0)

大津諏訪神社の御柱祭を見る

e0038811_11403359.jpg
今回の一時帰国の最後に、ちょっと特別なお祭りを見ることができました。実家から近い京急新大津駅近くの大津諏訪神社は、10年後に創建から1200年の節目を迎えます。10年後を見据えたプレ行事として、信州諏訪大社で7年に一度行われている有名なお祭り「御柱祭」が横須賀で実現することになったのでした。昨日8月23日(土)の夕方、諏訪神社に行ってみると、まさに祭りの最高潮を迎えており、気分が高揚します。

e0038811_11404001.jpg
e0038811_11404993.jpg
諏訪市の山林から運ばれて来た長さ15メートルの巨大な樅(もみ)の大木を、近くの公園から神社の境内まで人力で曳く「里曳き」がちょうど行われていました。この週末のお祭りのために、準備段階から協力して来た本家の諏訪神社から190人もの氏子が駆けつけたそう。里曳きには地元の人々も参加し、声をかけながら、ゆっくりと鳥居をくぐるのに成功すると、大歓声が起こりました。

e0038811_11405804.jpg
e0038811_11411294.jpg
e0038811_11410420.jpg
無事に神社の境内に曳き付けると、木遣りが歌われ、さらにラッパ隊がファンファーレを奏でて、壮大な盛り上がりを見せました。この写真のちょうど中央に、「あれ、どこかで見たことのある顔だな」と思ったら、横須賀出身の衆議院議員、小泉進次郎さんでした。


e0038811_11411702.jpg
e0038811_11420933.jpg
重さ4トンの立派な御柱には、直接触れることもできました。今日はここで祭りのハイライト、御柱を建てる「建御柱」が行われたので、きっと盛り上がったことでしょうね。

e0038811_11412454.jpg
横須賀で御柱祭が開催されたのは1987年以来、27年ぶりだそう。特別な日だけに、お祭りの後の境内は参拝客で賑わっていました。

e0038811_11415499.jpg
最後の式典での小泉進次郎さん。さすがによく目立つ方です。そこから左に向かって2人目は吉田雄人横須賀市長。私の高校の同級生でもあり、今回の滞在中に久々に面談する機会がありました。

e0038811_11420364.jpg
e0038811_11421518.jpg
e0038811_11422193.jpg
e0038811_11422713.jpg
神輿のかけ声や山車の太鼓の音には、心揺さぶれるものがありました。ふと幼年時代の思い出が蘇ったり、夏の終わりを感じたりしながら(まだまだ暑いですけれども)、帰途につきました。

日本滞在中はほとんどブログを更新できませんでしたが、充実した時間を過ごすことができました。続きはまたベルリンに戻ってから綴りたいと思います。それではまた!

by berlinHbf | 2014-08-24 22:27 | ニッポン再発見 | Comments(1)

ワールドカップ優勝記念パレード

e0038811_18181039.jpg

サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会は、ドイツの24年ぶりの優勝によって幕を閉じました。ドイツ中でお祭り騒ぎとなりましたが、その2日後の7月15日、首都のベルリンにはもう1つの特別なハイライトが用意されました。ブラジルから帰国したドイツ代表チームが、ブランデンブルク門へ凱旋することになったのです。


前夜、リオデジャネイロを飛び立ったルフトハンザの特別機2014便は、テーゲル空港に降り立つ直前、なんとブランデンブルク門の真上、上空600mを飛んで着陸態勢に入りました。直前になってベルリン市から特別許可が下り、通常ではあり得ないルート変更が実現したそうですが、その粋な演出に地上で待ち受けていたファンは熱狂したとか。

10時8分、優勝トロフィーを持ったフィリップ・ラーム主将を先頭に、代表チームが空港のタラップから降り立つと、空港職員やファンが盛大に出迎えました。チームはバスで市の中心部まで移動した後、オープンカーに乗り換えて、ブランデンブルク門までの凱旋パレードが始まります。

カメラを持って中央駅まで行くと、駅の広場前は多くの人々でごった返していました。時間とともにその波は膨れ上がり、パレードのコースに面した工事現場の作業員までもが、仕事の手を休めて一斉に注視しているほど。かと思うと、向こう側の首相官邸では、職員がバルコニーに立って選手の到来を今かと待ち受けています。無理もありません。なにしろW杯優勝は東西ドイツ統一以来、初めての出来事なのです。

e0038811_18172801.jpg
白バイ隊に先導され、ベルリン中央駅前に現れたドイツ代表チーム

e0038811_18173502.jpg
左からドイツ代表のクラマー、ミュラー、メルテザッカー各選手

やがて、一際大きな歓声が奥の方から聞こえると、選手たちを乗せたメルセデスの黒いトラックが姿を現しました。白バイ隊に先導され、亀のようなゆっくりとした速度でこちらに向かって来ます。そしてついにその時が! わずか2日前に死闘を繰り広げた選手たちが、見上げたほんのすぐ先にいました。車は少しの間止まり、トーマス・ミュラー選手がファンのためにトロフィーを何度も掲げ、その横ではW杯通算得点記録を更新したミロスラフ・クローゼ選手が、下から投げ込まれるユニフォームを淡々と受け取っています。最後尾には、大会最優秀GKに輝いたマヌエル・ノイアー選手とヨアヒム・レーヴ監督の姿も。車がブランデンブルク門に到着した後、優勝報告を兼ねたファンとの盛大なパーティーが始まったのは周知の通りです。


喜びに沸く選手やファンたちの姿を見ながら、2006年の地元ドイツ大会、2010年の南アフリカ大会では果たされなかったドイツの「夏のメルヘン」がここに成就したのだと感じ、私もその祝賀の余韻を楽しみました。
ドイツニュースダイジェスト 8月1日)
by berlinHbf | 2014-08-07 18:37 | サッカーWM2006他 | Comments(1)

季刊誌「考える人」 2014年夏号 - もうひとつのレクラム文庫 -

e0038811_14524862.jpg

発売から大分時間が経ってしまいましたが、最近寄稿する機会のあった季刊誌「考える人」の夏号をここでご紹介したいと思います。昨年秋、この雑誌にまつわる個人的な回想録(こちら)を書いたことがあり、いつかこういう雑誌に寄稿できたらと漠然と願っていましたが、まさかこんなに早く実現するとは思いませんでした。春に執筆依頼をいただいたときは飛び上がりたくなるほど嬉しかったです。

夏号の特集は「文庫」。今年新潮文庫が100周年を迎えることからこのテーマが選ばれたそうで、日本の文庫本のみならず、古今東西の小型本の魅力がたっぷりと語られています。今回私が編集部からいただいた依頼内容は、「日本の文庫に大きな影響を与えたドイツのレクラム文庫。それも、東西分断の時代のレクラムについて書いてほしい」というもの。いかにも「考える人」らしい、渋いテーマだなと思いました。実は、もともとライプツィヒに本社を構えていたレクラム社は、東西ドイツの分断後、非常にドラマチックな過程を経て、会社自体も東西に引き裂かれているのです。最初漠然と思ったのは、東西それぞれのレクラムの視点から描けたら、面白い記事になるのではないかということでした。まず、シュトゥットガルトの近くにある現在のレクラム本社にコンタクトを取ってみたのですが、正直あまりいい反応が得られず、どうしようかと思っていたところ、ライプツィヒ大学に東独時代のレクラム文庫の研究をしているグループがあることを知りました。早速連絡を取ってみたところ、同大書籍学のイングリッド・ゾンターク先生が快く取材に応じてくださることになりました。

e0038811_23484599.jpg
4月にライプツィヒを訪ねて伺ったゾンターク先生のお話は予想以上に面白く、5月にも再訪することになりました。正直なところ、私はそれまで東独のレクラム文庫に対して、ごく大雑把なイメージしか持っていませんでした。名門のレクラム社とはいえ、東ドイツという社会主義国家の中では、体制の意向に添う形の書物しか出せなかったのではないかと・・・。確かに一面ではそうだったのですが、レクラムの社長と、Lektorと呼ばれる企画顧問からなるチームの人々が、限られた条件の中でいかに知恵を絞り、面白い本、そして人々に思考を促す本を出そうと努力していたか、その葛藤を生々しく聞き知ることとなりました。

数日前、今回のレクラムの記事を読んだ、知人の新聞記者の方が、こんな感想を寄せてくださいました。

一企業としてのレクラムが、これほど東独の精神文化を背負っていた存在だったとは驚きでした。私は去年、メルケル首相の小学校時代の同級生(ドレスデンの外科医)に会いに行ったのですが、取材の中で、すでに幼少期から秀才だったメルケルは、10歳くらいでレクラムを読んでいた、という話をこの同級生から聞いたのを思い出しました。今思えば、それこそがこの東独レクラムだったのですね。レクラムは、今各界で活躍している多くの東独出身者の知性・感性を、確かに育てていたのでしょうね。

今回の原稿用紙10枚という文字数は、普段私が書く原稿に比べると多めだったのですが、実際書く段階になると、いかに集めた素材を削るかで苦心することになりました。
いまは亡き東ドイツという国の知られざる本をめぐるお話を、お読みいただけたらうれしく思います。もちろん、「考える人」夏号は、じっくり読んだら一夏かかりそうなほど、他にも読み応えのある記事が満載です。

by berlinHbf | 2014-08-03 00:39 | ベルリンを「読む」 | Comments(3)

8月の一時帰国

e0038811_13251095.jpg
昨日ヘルシンキ経由で横須賀の実家に戻ってきました。京急の最寄駅に降り立った瞬間、予想していたほどの暑さではなかったものの、むわっとするような熱気に包まれました。ミンミンゼミの鳴き声が懐かしかったです。考えてみたら、8月を日本で過ごすのは、かれこれ13年ぶりです。昨日は近くの温泉に行って、足裏マッサージも受け、長旅の疲れを癒しました^^

e0038811_13252258.jpg
一時は4匹いた実家のネコは、この数年の間に何匹も亡くなり、いつの間にか雄猫のミントくんだけになってしまいました。

しばらくは向こうで残してきた原稿を書き上げないといけませんが、花火など、日本の夏の風物も久々に味わいたいなと思っています。

by berlinHbf | 2014-08-02 14:51 | ニッポン再発見 | Comments(2)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング