ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2012/13の音楽シーズンを振り返って

e0038811_4481680.jpg
Wiener Musikverein (2012-12)

久々にブログに向き合う時間ができたので、遅ればせながら2012/13シーズンで印象に残った音楽会やオペラをいくつか振り返ってみたいと思います。

まずオーケストラのコンサートから。
今でも心から楽しかった思い出として残っているのが、昨年11月、イヴァン・フィッシャー指揮ベルリン・フィルの演奏会。ストラヴィンスキーの《カルタ遊び》、プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲、ドヴォルザークの交響曲第8番というプログラムでしたが、ドヴォルザークが音楽的に完全無比ともいえる素晴らしさでした。フィッシャーが繰り広げる音楽の表情と響きのパレットの豊かさ、ユーモア、そして終楽章で聴かせたぐつぐつと沸騰するようなダンスの躍動!昨年からコンツェルトハウス管弦楽団の音楽監督を務めるイヴァン・フィッシャーは今、最高に充実のときを迎えているように思います。ベルリン・フィルとの相性もよく、ここ数年は毎シーズンのように呼ばれているのも納得しました。

e0038811_4482528.jpg
Geneva Victoria Hall (2012-11)

鮮烈さで印象に刻まれたのが、若手の山田和樹さんが指揮したコンサート。11月末、スイス・ロマンド管弦楽団の主席客演指揮者就任コンサートと5月のベルリン放送響の定期デビュー演奏会を聴きました。5月頭のベルリン放送響のデビュー公演は、チャイコフスキーの交響曲第4番を取り上げたのですが、第2楽章ではじっくり丁寧に歌い上げる一方、フィナーレではマーチ風の主題に絶妙なルバートをかけ、緩急自在の指揮ぶり。聴衆を興奮のるつぼへと導いたのでした。自分と同世代の山田さんが欧州の檜舞台に次々に立つ様子を見ていると、胸がすく思いがします。けれども、ご本人はあくまで自然体。来シーズンはウィーン・デビューも予定されており、若きマエストロ(もちろん彼に限らずですが)をこれからも応援していきたいです。

オーケストラという表現形態がなし得る合奏力のものすごさを見せつけられたのが、マンフレート・ホーネック指揮ベルリン・フィルで聴いたルトスワフスキの管弦楽のための協奏曲(2月)。そして、5月にハンブルクまで出向いて聴いたサロネン指揮フィルハモニア管の《春の祭典》とヴァレーズの《アメリカ》。ソロ協奏曲では、コンツェルトハウス管弦楽団の伴奏で、同オケソロ奏者のピルミン・グレールが吹いたニールセンのフルート協奏曲に興奮しました(5月)。ある作品を自家薬籠のものにするというのはこういうことかと思い知らされた次第。ベルリンのオーケストラのフルート奏者というと、よく脚光を浴びるのはパユさんですが、グレールさんも素晴らしいし、一段と円熟味を増しているベルリン・フィルのブラウさんの音色も他では聴けないもの。ベテランのブラウさんは来シーズンをもってついに引退されるようなので、耳に焼き付けておきたいと思います。

巨匠指揮者では、まず12月にウィーンで聴いたアーノンクール指揮ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスのモーツァルト。楽しみにしていたポストホルン・セレナーデは巨匠の体調不良で指揮者なしの演奏でしたが、楽友協会の黄金のホールに木管楽器の雅な音色がきらめき、冬の寒い日にしみじみと幸福感を味わいました。そして、峻厳なト短調交響曲。このときのライブ録音が今度CDになるようなので楽しみです。

あともう1つは、5月に聴いたアバド指揮ベルリン・フィルでしょうか。今年80歳になるアバドもさすがに大分背中が丸くなり、指揮ぶりにダイナミックさがなくなりつつあるのを感じましたが、特にメンデルスゾーンの《真夏の夜の夢》の格調の高さ、歌わせ方の優美さと響きの透明感は至芸といえるものでした。

2月と3月にオスモ・ヴァンスカ指揮ベルリン・ドイツ響とパーヴォ・ヤルヴィ指揮ベルリン・フィルという、それぞれ好対照の解釈で聴いたシベリウスの交響曲第5番も幸せな体験。合唱作品で感銘を受けたのは、ラトル指揮のブリテンの戦争レクイエム(6月)など。

室内楽で印象に残っているのは、2月のライプツィヒ弦楽四重奏団。ブラームスのピアノ五重奏曲を聴きたくて当日思い立って出かけたら、いかにも好々爺という温和な表情のおじいさん(それもかなりの高齢の)が出てきてびっくりしました。そのピアニスト、メナヘム・プレスラーが、長年ボザール・トリオで活躍した人だと知ったのは恥ずかしながらコンサート後のこと。心からの敬意をもってピアニストに寄り添うカルテットのメンバーと、感動的な瞬間が幾度も生まれたのでした。アンコールのドヴォルザークで聴かせてくれた「軽み」の境地もすごかったです。今年90歳になるプレスラーさん、来シーズンは何とベルリン・フィルにソリストとしてデビュー(!)を果たすそうで、できることならぜひ聴きたいものです。

ピアノでは、昨年10月のツィメルマン、そして3月のフェストターゲで聴いたポリーニが弾くベートーヴェン最後の3つのソナタ。第30番のソナタの終楽章、いくつもの変奏を経て主題が戻ってくるときのえもいえぬ感動は、巡礼の旅の最後でそれまで見たこともない美しい夕暮れに出合ったような、そんな光景を思い起こさせるものでした。

オペラでは、コーミッシェ・オーパーで観たヘンデルの《セルセ》(ヘアハイム演出)や《魔笛》などがよかった。後者はバリエ・コスキー演出による、無声映画とアニメーションの要素を組み合わせた奇妙に斬新な舞台で、ベルリンでも異例のヒットを続けています。ラトルが指揮した国立歌劇場の「ばらの騎士」では、レシュマン、コジェナー、プロハスカらが織りなす歌によるアンサンブルの美に酔いました。そして忘れられないのが、1月に観た細川俊夫作曲のオペラ「松風」。サシャ・ヴァルツの振付、塩田千春による細い糸を無数に絡ませた舞台美術、そして毛筆を思わせる細川さんの躍動的かつ幽玄な音楽。日独の芸術家による共同制作としては、近年稀に見る成果と言えるのではないでしょうか。それほど長い時間の作品ではないのに、観終わってから確かに心の中が浄化されたような、そんな芸術体験でした。

(ここからは余談ですが)アマチュアオーケストラでの自分の演奏体験を振り返ると、一番強烈だったのが2月に演奏したショスタコーヴィチの交響曲第11番。夏学期にはがらっと変わってビゼー、サンサーンス、ラヴェル、デュカスのフランス音楽のプログラムを演奏しました。ピッコロのパートは難しかったけれども、その響きの魔術に何度も陶然としたのがラヴェルの《マ・メール・ロワ》。次の冬学期ではマーラーの《復活》を演奏することになり、マーラーの交響曲を初めて吹けるのかと思うと、今から楽しみです。

この1週間はバイロイト音楽祭で新演出の「リング」に接する機会に恵まれました。こちらもいろいろな意味で忘れがたい体験だったので、落ち着いたらじっくり振り返りたいと思っています。
by berlinHbf | 2013-08-20 22:21 | ベルリン音楽日記 | Comments(0)

オーバーフランケン地方にて

e0038811_5473247.jpg

数日前からバイエルンの北側、オーバーフランケン地方にある知人の別荘にお邪魔しています。ベルリンからICEに乗り、ライプツィヒ、ツヴィカウと乗り換えてオーバーフランケン地方のホーフまで約4時間半。そこからさらに車で40分ほど、ヘルムブレヒツという小都市の近くの村にある知人の別荘に着きました。小高い丘の麓にあり、見渡す限りの緑は目を癒してくれます(ここがどんなところかは、昨年の滞在記をよかったらご覧ください)。ここはインターネットの電波もごくわずかしか届かず、スマートフォンは数日前地面に落として液晶部分が破損してしまい修理中。でも、不便というよりは、久々にネット中心の生活から解き放たれて、何だかすがすがしさを感じています。

ご主人のルートヴィヒさんから伺ったのですが、このオーバーフランケン地方はもともとプロイセンに属していたのだとか。19世紀初頭のナポレオン戦争でフランス(バイエルンもフランス側に付いていました)がロシアとプロイセンの連合軍に勝ったことで、フランスはバイエルンに「お礼」としてこのオーバーフランケン地方を割譲。その数年後、ロシアとプロイセン、さらにイギリスの連合軍がフランスと再び戦ったとき、当初はフランス側に付いていたバイエルンが途中で連合軍側に鞍替えし、そちらが勝利を収めたため、バイエルンはオーバーフランケンをプロイセンに返さずに済んだのだとか。実際の状況はもっと複雑だけれど、大まかにいえばこんな歴史なのだよとルートヴィヒさんが教えてくれました。こういう歴史背景から、ホーフ、バイロイトといったオーバーフランケン地方はプロイセンとのつながりが深く、宗教的にもプロテスタント系住民が多いのだそうです。とはいえ、自然も言葉のニュアンスもベルリンとは大分異なるので、その変化も楽しんでいます。

今日からホテルに移ったので、折を見てまた更新したいと思います。
by berlinHbf | 2013-08-16 23:27 | ドイツ全般 | Comments(0)

和解礼拝堂のライ麦畑(後編) 〜平和のパン〜

e0038811_714427.jpg
どこか東洋的な雰囲気も漂わせた和解の礼拝堂内部

和解礼拝堂のライ麦畑(前編) 〜取り残された教会〜からお読みいただけると幸いです。


2000年11月、元々教会があった場所に「和解の礼拝堂」が完成した。建築家はコンクリートとガラスから成るモダンな教会を設計したが、「この教会は土と木で造るべきだ」とフィッシャーさんら教区の人々は反対し、版築という古来の用法で造られることになった。中に入ると、この建築が選ばれて良かったとしみじみ思う。マツの木の細い外壁の柱から光が差し込み、粘土状の層をやわらかく照らす。土の壁をよく見ると、ガラスや石が混ざっていることに気付く。これらは、東独時代に爆破された和解教会の欠片である。

「『死の場所と言われた緩衝地帯に、命あるものを咲かせたい』。これが我々の想いでした。1990年代に、東独の人権活動家たちがここにルピナスの種をまき、育てていましたが、教会のある女性が『次はここでパンを作ってみるのはどうかしら』と提案したんです。キリスト教の礼拝では、『最後の晩餐』を模してワインを飲み、パンを食べますよね。これはいいアイデアだ! と思ったんです」

趣旨に賛同したフンボルト大学の農業学科が機材を提供し、種まきと刈入れの手伝いをしてくれることになった。ここを耕し、ライ麦畑が初めて作られたのは2005年のこと。以来、毎年10月に種まき、翌7月に収穫というサイクルが繰り返されている。

この6月に定年退職したフィッシャーさんだが、エネルギーに満ちあふれた口ぶりで、最後に「平和のパン」というプロジェクトのことを話してくれた。

「和解礼拝堂で収穫されたライ麦の種が今年、北はエストニアから南はブルガリアまで、89年以降EUに加盟した中東欧諸国へ送られ、そこで種がまかれます。東西分断時代は、鉄のカーテンによって分け隔てられていた国々です。そこで育ったライ麦が、2014年の壁崩壊25周年に合わせてベルリンに運ばれ、和解礼拝堂のライ麦と混ぜて粉をひき、1つの『平和のパン』を作ろうというわけです」

「パンと平和とは不可分の関係にあります。自国でパンが作れない状況になったら、人々は戦争に走るでしょう。そして平和な状態が失われたら、国土が荒れ果ててパンを作ることなどできない。平和、そして人々が互いに理解し合うことこそ、持続可能な農業の前提条件なのです。パンをあなたの国のお米に置き換えても、同じことが言えるでしょう?」

e0038811_714105.jpg
和解礼拝堂の麦畑の前に置かれている和解の彫像

和解礼拝堂の入り口近くに、2人の女性が抱き合っている彫像が置かれているのをご存知だろうか。これは1999年、英国のコヴェントリー大聖堂から贈られたものだそうだ。「第2次世界大戦中、ドイツ軍は中世からの歴史を持つコヴェントリーの大聖堂を破壊しました。その数年後、今度は英国軍がドレスデンやベルリンなど、ドイツの都市を空襲で破壊し、どちらも多くの人命が失われました。『憎しみではなく、和解と許しを』というのが、像に込められたメッセージです。この像のレプリカは、広島の平和記念公園にも置かれているのですよ」

「死の地帯」に命が還り、大地の匂いのする教会がそれを見守っている。さて、平和の願いを込めたパンはどんな味がするのだろうか。
ドイツニュースダイジェスト 8月2日)


Information
和解の礼拝堂
Kapelle der Ver söhnung


1999年から2001年にかけて、市民や学生、国際ボランティアたちの手で建てられた礼拝堂。内部の祭壇は昔の教会と同じ方向を向いており、入り口近くの木の箱に収められた昔の和解教会の鐘は、今も正午に鳴り響く。火~金の12:00に行われる短い礼拝では、毎回1人ずつ壁の犠牲者の生涯が朗読され、壁の建設が始まった8月13日には、今年も追悼式が行われる。

開館:火〜日10:00〜17:00
住所:Bernauer Str. 4, 10115 Berlin
URL:www.kapelle-versoehnung.de


プロジェクト「平和のパン」
Das Projekt “FriedensBrot“


冷戦時代、東西ドイツと「鉄のカーテン」によって分け隔てられていた中東欧10カ国(バルト三国、ポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー、スロベニア、ルーマニア、ブルガリア)が参加予定の平和プロジェクト。発案者はここで紹介したフィッシャーさん夫妻。上記の国々で育ったライ麦がベルリンに還ってくる2014年に向け、下記のHPで募金も募っている。

URL:http://friedensbrot.eu

--------------------------------------
直接関連する話題ではありませんが、6日ベルリンの日本大使館で行われたドイツのゲンシャー元外相の講演の話題をお伝えします。

「核兵器のない世界を」=元独外相、原爆忌に訴え
 【ベルリン時事】ドイツのゲンシャー元外相は広島原爆忌の6日、ベルリンの日本大使公邸でドイツ政府高官や外交関係者ら約150人を前に講演し、「核兵器拡散に対する答えは一つだけ。それは核兵器のない世界だ」と述べ、核兵器廃絶に向け、協力するよう国際社会に呼び掛けた。
 東西ドイツの統一に大きな役割を果たしたゲンシャー氏は、核兵器の廃絶を訴える活動を続けている。同氏は米国とロシアに対し、思い切った核兵器の削減に着手するよう要請。「オバマ大統領とプーチン大統領は歴史的チャンスに直面している。大胆な一歩を踏み出すのはいつかではなく今だ」と強調した。
 また、「日本は被爆国として、ドイツは非核兵器保有国の代表として責任がある」と語り、両国が核兵器の廃絶に向けて主導的役割を果たすよう促した。 
 講演後は、ベルリンのコンツェルトハウス管弦楽団でコンサートマスターを務めるバイオリニストの日下紗矢子さんがバッハの作品などを演奏。広島と長崎の原爆犠牲者を追悼するとともに、平和を祈った。(2013/08/07-07:37)
by berlinHbf | 2013-08-08 00:24 | ベルリン発掘(境界) | Comments(2)

猛暑が続くベルリン

e0038811_18462556.jpg
Sommerbad Olympiastadion (2013-07)

暑中お見舞い申し上げます。
今夏のベルリンは、最近では例がないほど暑い日が続いています。先週末は35度を上回り、日本より湿気が少ないとはいえ、冷房設備が少ないベルリンの町ではかなり堪えます(私のアパートは中庭に面しているので、幸いまだ涼しいのですが)。こんなに暑いのは、ヨーロッパ中で記録的な猛暑に見舞われた2003年や、ベルリンでの最高気温38.6度を記録した2007年以来かもしれません。

この暑さで、湖の海水浴場や公共のプールは大盛況。行列ができているところも多いとか。

写真はオリンピックスタジアム(Olympiastadion)横にあるプール(詳細はこちら)。1936年の夏期五輪で、前畑秀子が平泳ぎ200メートルで金メダルを穫った歴史的な水泳場ですが、夏の間は公共プールとして開放されています。この横を通ることは今まで何度かありましたが、いずれも夏以外で、プールとして使われているのを見たのは初めてでした。映像で見たよりもずっと小さく感じられましたが、改めてレニ・リーフェンシュタールのドキュメンタリー映画や河西三省アナウンサーの「前畑ガンバレ」の実況と合わせて振り返ると、感慨深かったです。

天気予報を見ると、明日から気温は少しずつ下がっていくそうです。

関連映像:
前畑秀子 オリンピック女子200m平泳ぎ 1936 (YouTubeより)
by berlinHbf | 2013-08-06 13:01 | ベルリンのいま | Comments(2)

ユダヤ博物館の特別展「本当の真実」

e0038811_20192591.jpg
ベルリン・ユダヤ博物館の特別展より
© Jüdisches Museum Berlin, Foto: Linus Lintner


ドイツで生活していると、日本にいたときよりもはるかに身近に感じられるのが「ユダヤ人」をめぐるテーマです。第2次世界大戦中のナチスによるホロコーストは、70年近くを経た今でも「記憶され続けるべき問題」として社会の中で共有されているのをしばしば実感しますし、ユダヤ人とパレスチナ人をめぐる中東問題は、メディアによって日本よりもずっと詳細に報じられています。

ただ、身近なようでいて遠いところにあるのもこのテーマです。私自身、日常の中でユダヤ人と接する機会はほとんどありません。ドイツには実際、どのくらいのユダヤ人が住んでいるのだろうか? 「あなたはユダヤ人ですか?」と初対面の人に質問するのはタブーではないのだろうか? 興味を抱きつつもなかなか近付けないもどかしさを時に感じていました。

現在、ベルリン・ユダヤ博物館で開催中の特別展「本当の真実。あなたがユダヤ人について知りたいすべて」(DIE GANZE WAHRHEIT... was Sie schon immer über Juden wissen wollten)は、私だけが抱くわけではないであろう、そんな疑問に真っ向から挑み、話題を集めています。

中に入ると、赤字の上に大きく書かれたいくつもの「問い」に目が行きます。例えば、「人はいかにしてユダヤ人となるのか?」「ユダヤ人をどのように識別できるのか?」「ユダヤ教徒にとってなぜ割礼は重要なのか?」といったものから、「ホロコーストについてジョークを言うことは許されるのか?」「ドイツ人はイスラエルを批判しても良いのか?」といった“きわどい”質問まで。それらの横には、宗教や日常生活、現代アートなど、問いに関連した展示が施されています。

e0038811_19504449.jpg
ガラスケースに「展示」されたユダヤ人
© Jüdisches Museum Berlin, Foto: Linus Lintner


極めつけは、大きな展示室に置かれたガラスのショーケース。中にいるのは黒髪のマネキン人形、ではなく本物の女性! ボランティアのユダヤ人が毎日交代で「展示」され、訪れた人が自由に対話できるようになっているのです。

私はやや恐る恐る、中に座っている若い女性に話しかけてみました。彼女は3年前にイスラエルからドイツにやって来たアヤさんという方。

「ガラスケース越しに話すというのが、アドルフ・アイヒマンの裁判の写真をどこか思い起こさせて、最初は抵抗がありました。でも、ちゃんと窓は開いているし、いろいろな方の関心に出会えるので私にとっても刺激的。実際、ユダヤ人と接点のない人はドイツでも多く、皆さん率直にいろいろなことを聞いてきます。展覧会の反響は大きく、『私もやってみたい』というボランティア希望者も多いそうですよ」。

ユダヤ教に対する考え方から食べ物の話まで、アヤさんとは思ったよりもざっくばらんに会話ができました。

ユダヤ人に関する多くの問いに対し、わかりやすい「答え」が用意されている展覧会ではありません。しかし、複雑で不幸な歴史背景を持ち、それゆえに硬直化しがちなこのテーマにあえて踏み込もうとするキュレーターの強い意志に私は感服し、同時に「もっと知りたい」という気持ちになりました。
 
同特別展は9月1日(日)まで開催。ユダヤ人の「展示」コーナーは、土曜以外の毎日14:00から15:30まで設けられています。www.jmberlin.de
ドイツニュースダイジェスト 8月2日)


e0038811_202601.jpg
この特別展の後、久々にユダヤ博物館の常設展を見学したのですが、その規模と内容の濃さに圧倒されました。その見学の価値を高めてくれたのが、入場料プラス3ユーロで借りられる日本語のオーディオガイドでした(もちろんドイツ語や英語もあります)。歴史から、文化、宗教、思想、生活、風俗まで、あらゆる分野の解説を日本語で聞けるというのは素晴らしいことで、これを利用するとしないとでは、理解の深まり方が大きく違うので、非常におすすめです。麻生副総理の問題発言の直後だからではないですが、日本の政治家の方々もこういう所に来て勉強してほしいなあと思います。本当に。
by berlinHbf | 2013-08-01 13:44 | ベルリン発掘(全般) | Comments(2)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング