ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

近代化の最中のオストクロイツ駅

e0038811_21504217.jpg
S-Bahnhof Ostkreuz (2012-09)

久々に変わりゆくベルリンの風景をお届けしたくなりました。まずは、あのオストクロイツ駅。2008年から折りに触れて変化の様子をブログで紹介してきましたが(下の「オストクロイツ駅」のタグをクリックすると、ご覧いただけます)、前回の記事からいつの間にか3年も経ったことに気付きました。

昨年秋、久々にオストクロイツ駅の環状線のホームに降り立ったとき、あまりに変貌ぶりに呆気に取られてしまいました(ちなみに、2008年の様子はこちら。今にも蒸気機関車がやって来そうな雰囲気を残していました)。

e0038811_2151444.jpg
なんだか地に足が付かない気分のまま、Sバーン東西線のホームに降りてみました。

e0038811_21514447.jpg
すると懐かしい駅の風景が。幸い(と言うべきか)、こちらのホームはまだ大部分が昔のままでした。石造りのホームも、装飾がちりばめられたホームの鉄骨も。

e0038811_2152663.jpg
この向こうに見えるレンガ造りのホームの残骸。そこにはオストクロイツ駅で特に好きだったS9のホームがありましたが(こちらより)、数年前に消え去っています。橋口譲二さんの1992年の写真集『Berlin』で、東西統一直後のオストクロイツ駅の情景を見ることができますが、芸術作品というだけでなく、当時の気配を封じ込めた実に貴重な記録となっています。

e0038811_21525411.jpg
Sonntagstrasse「日曜日通り」側の出口に続く通り道。数年前までは、右手に簡素な駅舎がありました。

e0038811_21531268.jpg
「Schnellinbiss」と書かれた昔のインビスの建物も、いつの間にか解体されて跡形もなくなっていました。

e0038811_21533128.jpg
一方で、Ketwurstなる東独時代のホットドッグの屋台は健在!

e0038811_21535337.jpg
今回ご紹介した写真は、昨年9月末に撮ったもの。オストクロイツ駅の改装工事は、こちらの東西線のホームにももう及んでいるのかもしれません。

e0038811_21544417.jpg
駅の改装工事ごときであまり感傷的になるのもどうかと思いますが(笑)、好きな風景がベルリンからまたひとつなくなるのは、寂しいものです。次に訪れるときは、果たしてどうなっているか?
by berlinHbf | 2013-03-30 16:24 | ベルリン発掘(東) | Comments(1)

末宗美香子個展“ Wenn ich Du wäre,... ”

e0038811_20375834.jpg
明日(3月22日)の夕、末宗美香子さんの個展のオープニングが行われるので、ご案内させていただきます。末宗さんとは、2010年ホテル・ボゴタのリヒトホーフで行われた最初の個展で知り合ったのですが、作品は好評を持って迎えられ、2012年に続いて今回が同じ場所での3回目の開催となります。

関連記事:
橋口譲二さんが案内するホテル・ボゴタ (2010-1-27)
ホテル・ボゴタの末宗美香子さん (2010-11-15)

e0038811_2038671.jpg
末宗さんから届けられた写真をご紹介します。これまでの2回は人物がテーマでしたが(といっても、一言で人間とはいえない独特のキャラクターなのです)、今回も人物がテーマでありながら顔に焦点が当てられているようです。展示される作品の大部分は、ベルリンに来てからこの1ヶ月ぐらいの間で集中的に描かれたもの。ベルリン滞在中にも人物観察などをする中でインスピレーションを受けたという末宗美香子さんの世界をぜひ観にお越しください。

Mikako Suemune Ausstellung
末宗美香子個展 “ Wenn ich Du wäre,... ”(もしも私があなただったら・・・)
Hotel Bogota Berlin
22. März 2013
Vernisagge 18:30~
http://info.mikakosuemune.com/
by berlinHbf | 2013-03-21 14:06 | ベルリン文化生活 | Comments(3)

アイスホッケー女子ブンデスリーガで活躍する日本人

e0038811_20144490.jpg
ホーエンシェーンハウゼンのSportforumで行われた試合から (2013-03-02)

サッカーブンデスリーガの日本人選手の活躍は、今や珍しくなくなりましたが、「氷上の格闘技」アイスホッケーの女子ブンデスリーガで奮闘する「なでしこ」がいるのをご存知でしょうか。ベルリンのチームOSC Berlinに所属する高嶌遥さん(25)をご紹介したいと思います。

高嶌さんは北海道の苫小牧市出身。趣味でアイスホッケーをしていた父の影響で小学2年の時にアイスホッケーを始め、高校生にして最年少で日本代表に選出され頭角を現しました。早稲田大学スポーツ科学部卒業後、スイス・チューリッヒのチームに移籍し、2011年からベルリンで活躍しています。

e0038811_20344077.jpg
3月頭、東の郊外「スポーツ・フォーラム」で彼女が出場する試合を観に行きました。アイスホッケーを生で観るのは初めてだったのですが、氷上を駆け抜ける選手たちのスピード感にたちまち惹き込まれました。特に攻守の切り替えの早さは目も眩むほどで、「キーン」という音が響き渡るシュートが見事に決まった時は、大興奮!

普段はおっとりした高嶌さんですが、氷上では別人のようにたくましく、体格の大きなドイツ人選手とも互角に渡り合っていました。試合も、インゴルシュタットに7対3で勝利。

e0038811_2015242.jpg
試合後、笑顔でサポーターと歓談する高嶌遥さん

実は、高嶌さんは今シーズン限りで現役を退き、「日本でスポーツ振興やジャーナリズムに関係した道に進みたい」という次の目標に向かって歩み始めるとのこと。そんな高嶌さんと、ソチ五輪の出場を決めたアイスホッケー日本女子代表をこれからも応援したいと思います。
はまかぜ新聞 3月15日)
by berlinHbf | 2013-03-21 12:43 | ベルリンの人々 | Comments(0)

ベルリンでの12年間 1933-1945, 2000-2012

e0038811_7105487.jpg
Prinzregentenstraßeにて (2013.02)

何のあてもないまま、私がベルリンにやって来たのは2000年の9月25日。高橋尚子がシドニー五輪で金メダルを獲得した翌日だ。いつの間にか、丸12年を迎えたことになる。2年前の10周年のときも一区切り付いた感じだったが、ベルリンで12年間を過ごしてきたことにも感慨がある。というのも、ナチスが政権を握ったのが1933年1月末、第2次世界大戦でドイツが降伏したのが1945年5月。12年という歳月は、ナチスがベルリン、そしてドイツ(に留まらないが)を支配していた年月にほぼそのまま当てはまるからだ。

12年間という年月は、私の経てきた人生の約3分の1の長さ。それなりに長かった気もするが、あっという間に過ぎ去った感覚も確かにある。世紀という単位で見れば、5分の1に過ぎない。なのに、70年以上昔の12年間が、いまもドイツでは繰り返し語られ、メディアで報じられる。新しく記念碑が建てられたり、著名人の誰々が当時ナチスに関わっていた事実が明るみになって社会問題になったりもする。

あの12年とは何だったのか。身近なところで考えさせられる出来事がここ最近続いた。

昨年9月半ば、グルーネヴァルト駅17番線の記念碑に日本からのお客さんを連れて行ったときのこと。夕刻の時間だった。かつて多くのユダヤ人が強制収容所に連れ去られたホームの周囲は閑散としていたが、記念写真を撮っていたとき、ホームに降りる階段に60代後半ぐらいの女性が座り佇んでいるのに気付いた。ほっぺに手を当て、視線は遠い空の方を向いていた。涙を流しているようにも見えたが、それは定かでない。その悲しみの表情が、映画『ベルリン・天使の歌』の地上防空壕の撮影シーンでワンカットだけ登場するユダヤ人女性の表情にそっくりだと思った。近くにいた私と同年代ぐらいの男の人に写真を頼まれ、ふと聞いてみたら、案の定彼女の息子とのことだった。彼らはイスラエル人。旅行でベルリンを訪れ、ホロコーストで犠牲になった親戚を偲ぶためにここに来たのだという。それにしても、あの年配の女性の悲しみの表情が忘れられない。70年も昔に起きたことだという事実を忘れさせる生々しさがあった。

昨年9月のある日、知人のインゲさんという年配の女性が突然亡くなったと聞かされた。親しい知人を通して知り合い、10代半ばの孫娘が日本に興味があるというので、何度か食事を共にする機会があった。実際にお会いしたのは計3回に過ぎないのだが、それでも強く印象に残っているのが、ご自宅で夕食をご馳走になったときのことだ。彼女のアパートは、女優マレーネ・ディートリッヒのお墓があるシェーネベルクの墓地のすぐ近くにある。「ディートリッヒの遺体があの墓地に埋葬された日、私はここから様子を見ていたわ。すごい人出が押し寄せて、警備も厳重だった」と話した後、インゲは「マレーネ・ディートリッヒって人知ってる?」と孫娘のアンナに語りかけた。「名前は知っているけれど」という若いアンナに対し、インゲはディートリッヒのことを説明し始めた。映画女優としての活躍だけでなく、ナチを嫌悪してアメリカに亡命したこと。第2次世界大戦中は戦場を訪れ、歌でアメリカ兵を慰安したこと。そのため、ディートリッヒが戦後ベルリンに戻ってきたときは、一部のドイツ人から非難と罵倒さえ浴びたこと…。私が聞いてもわかりやすく、かつ正確に話すので驚いたのだが、インゲは昔歴史の先生だったのだそうだ。「どうりで」と思ったら、そこから思わぬ方向に話が展開した。「私の父はナチだった」というのだ。

インゲはかつて東プロイセンと呼ばれた現在のポーランド領に生まれた。父親はドイツ国防軍の将校で、彼女が4歳の1944年にソ連で戦死している。翌年ドイツが敗戦を迎えると、突然故郷を追われ、一家は命からがら逃れて来たのだそうだ。父親が早くに亡くなった悲しみの一方、ナチスに信奉していたことで、父親に対して複雑な思いを抱えていたようだった。しかし、10年ぐらい前だったか、数10年ぶりに故郷を訪れ、初めて父親のお墓を訪ねたとき、いままでのわだかまりが溶けたという。「私ぐらいの歳になって、過去について語り始める人がドイツでは増えているの」とインゲは言った。

インゲの死後、共通の知人からインゲが出版したという本を見せてもらった。「Gegen das Vergessen(忘却に抗って)」というタイトル。「ベルリンのプレンツラウアー・ベルク地区フェアベリナー通り92番地 ユダヤ人の孤児院の記憶」とあり、その孤児院にいた子供や先生たちの足跡をたどった記録だ。びっくりするぐらい詳細な記録と写真に埋められた本をめくり、インゲがどういう気持ちでこの仕事にのめり込んでいったのだろうかと思った。インゲは、戦争の被害者と加害者の子供同士が交流をする組織「One by One」でも熱心に取り組んでいたそうだ。

もっといろいろ話を聞いておきたかった。その機会が失われたいま、後悔の念が強く残る。

昨年10月にはミシェル・シュヴァルベさんが91歳で亡くなった。シュヴァルベさんはユダヤ人のヴァイオリニストで、1957年から1986年までベルリン・フィルのコンサートマスターを務めた偉大な音楽家。それまでスイス・ロマンド管弦楽団のコンサートマスターだった彼が、ベルリン・フィルのコンマスに請われたのはカラヤンからの熱烈な誘いがあったからだった。「でも私はそこで半年間も悩みに悩んだんだ。ナチスの牙城だったベルリンに行くべきかどうかでね」といつかお話を聞かせてくださった。シュヴァルベさんが戦時中スイスに亡命している間、ポーランドに残った母親はトレブリンカ強制収容所で虐殺されていたのだ。彼はそのことを決して話題に出さなかったし、没後の報道でそれがトレブリンカだったことを私は初めて知った。

被害者側の癒えぬ思い、加害者側の苦悩。そして身も蓋もない事実として、あの12年間を直に生きた人は、そう遠くない将来この世界からいなくなる。奇しくも今年はヒトラーが政権を獲得してから80年にあたり、ベルリンでは多くの記念行事が予定されている(詳細はこちらより)。さまざまな立場の人の思いを、今のうちに少しでも多く聞いておきたいと思っている。
by berlinHbf | 2013-03-18 23:21 | ベルリン発掘(全般) | Comments(5)

空襲を伝えるドイツの都市(まち) ──ドレスデン・ベルリン・ハンブルク展のご案内

e0038811_75967.jpg
東京都江東区にて (2012-05)

3月10日は1945年の東京大空襲の日。個人的な関わりで言えば、東京大空襲のことは書物などを通じてもちろん知ってはいましたが、わずか一夜で10万人もが亡くなったこの大空襲がどれほど悲惨なものだったかを真に感じたのは、昨年日本の空襲体験者の方々とベルリンで交流したときだったかもしれません。8歳で東京大空襲を経験した二瓶治代さんから伺った話は、拙ブログでもご紹介しました。

関連記事:
日独の大空襲の記憶を伝える (2012-03-30)

昨年、東京・大阪から日本の空襲体験者がドレスデン、ベルリン、ハンブルクを訪れた交流の成果が、特別展という形で現在「東京大空襲・戦災資料センター」で開催されています。同センター主任研究員の山本唯人さんや『ニセドイツ』の著者でもある歴史学の柳原伸洋さん、ドイツ文学の本田雅也さんなど、私の知人友人が関わっていることもあり、ぜひご紹介させていただきたいと思います。今週はドイツからのゲストを交え、「空襲体験をどう継承するか」というテーマで大阪と東京で講演会も行われるそうですので、こちらもご興味がありましたらぜひご参加ください。特別展は4月7日まで開催されています。


2013年 第1回 特別展
空襲を伝えるドイツの都市(まち)
──ドレスデン・ベルリン・ハンブルク
主催・場所:東京大空襲・戦災資料センター
共同企画・制作:和・ピースリング
制作協力:木戸衛一(大阪大学准教授)・柳原伸洋(東海大学講師)
協力:大阪空襲訴訟を支援する会・NPO法人日独平和フォーラム
期間:2013年 2月16日(土)~4月7日(日)
開館:水~日曜日(月・火曜日は休館)
開館時間:12:00~16:00
入館協力費:一般 300円/中高校生 200円/小学生以下 無料

【開催趣旨】
 2012年2月、東京・大阪から日本の空襲体験者や市民が、ドイツの空襲被災都市・ドレスデン、ベルリン、ハンブルクを訪れました。
 ドイツでは、ベルリンの壁崩壊後、大規模な都市再開発が進められる一方、街並みのなかに、戦争や空襲の記憶を残していく取り組みが行われています。また、統一後のドイツ社会では、経済格差を背景に、排外的な思想に引き寄せられる若者や、加害の事実を無視し、自国の被害のみを喧伝する活動も見られます。それに対して、自国の加害をふまえつつも、空襲を忘れないための行動やかつての交戦国と和解する取り組みが、多くの市民によって開始されています。
 こうした、ドイツ市民や社会のあり方は、アジアで生きるわたしたちにも、ヒントを与えてくれることでしょう。
 本展では、今回の旅で得られた写真や映像、市民との交流の記録を通して、ドイツにおける空襲被災都市の現在の姿を紹介し、未来に向けて、空襲体験をどのように継承していけるか考えます。

[関連企画]講演会
空襲体験をどう継承するか
──ドイツ・ドレスデンからゲストを招いて
ゲスト:マティアス・ノイツナー氏 (「1945年2月13日」協会代表)
▼大阪:3月13日(水)13:30
 会場:大阪市立中央会館ホール
   地下鉄堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋」下車 徒歩6分
   大阪市中央区島之内2-12-31 電話 06-6211-0630)
▼東京: 3月16日(土)14:00
 会場:東京大空襲・戦災資料センター
 発言:早乙女勝元ほか
ゲスト・プロフィール
マティアス・ノイツナー……1960年生まれ。1987年、ドレスデン空襲の証言記録・継承団体を設立。ドレスデン空襲の死者数調査委員を務めた。

ケストナーファンのみなさん、大歓迎!
●親子企画
3月23日(土) 14:00
ケストナーを知っていますか?
 ──ドレスデン生まれの作家、ケストナーの作品を楽しむ
講演『エーミールと探偵たち』を追いかけて
  本田雅也(ドイツ文学・児童文学研究)
朗読『わたしが子どもだったころ』ほか
場所:東京大空襲・戦災資料センター

e0038811_7591544.jpg

ところで、昨年5月に一時帰国した際に、東京大空襲・戦災資料センターを訪問し、二瓶さんと再会することができました。その帰り道、ぶらぶら散歩しながら、猿江恩賜公園内にあるこの野球のグランドの前を通りました。なぜここに立ち寄ったかというと、東京大空襲の直後、錦糸公園と並んで、もっとも多く犠牲者の遺体が積まれたのが今の野球場の辺りだと二瓶さんから伺っていたからです(戦災資料センターのデータでは13242体と)。すぐ近くにティアラ江東という音楽ホールがあり、学生時代、このグランドを横目に何度も歩いていたのに私は何も知らなかった。身近な場所に恐ろしい事実が隠されていたことに、余計衝撃を受けたのでした。写真を眺めながら、68年前の犠牲者に哀悼の意を表したいと思います。そうこう書いているうちに、大震災から2年の日になりました。今日は心に刻む日です。
by berlinHbf | 2013-03-11 01:03 | ドイツから見た日本 | Comments(4)

発掘の散歩術(32) - テーゲル湖の「マリー」に会いに -

e0038811_198841.jpg
Tegeler See (2013-01-26)

何年住んでいてもドイツの冬の寒さは身にこたえるが、「今週末の気温は零下10度を下回る見込み」などという予報を耳にすると、たじろぐ反面、心のどこかでときめいている自分がいる。そんな予報が出された1月末、ある期待を胸に、テーゲル湖畔を歩いてみようと思った。

テーゲルというと多くの人は空港を思い浮かべるだろうが、この地名は、ベルリン北西にあるテーゲル湖から来ている。そもそも“Tegel“とは「ペンダント」を意味するスラブ語に由来するという。ハーフェル川をひもに見立てると、湖がペンダントのように見えるから、ということらしい。

地下鉄U6の終点駅Alt-Tegelの地上に出ると、Alt-Tegelという同名の通りが湖畔に向かって続いている。両側にカフェやレストランが建ち並ぶ通りを歩いて行くと、向かいの太陽の光を浴び、表面が淡い光沢で輝くテーゲル湖が姿を現した。この幻想的な眺めを目にするまで、ツォー駅からわずか30分強。地下鉄だけで気軽に来られる散歩コースとして広くお勧めしたい場所だ。

ここから南に伸びている並木道が、グリニッジプロムナーデ(Greenwichpromenade)。このライニッケンドルフ地区とロンドンのグリニッジ特別区が姉妹関係にあることから名付けられ、ロンドンから贈られた赤いポストが湖畔に飾られている。

e0038811_1981525.jpg
この日はそれとは反対の北側の湖畔を歩いた。最初に渡るのが、長さ90メートルの鉄骨製の立派な歩道橋「ハーフェン・ブリュッケ」。20世紀初頭、この周辺がベルリンっ子のハイキングコースとして栄えるようになり、増える行楽客の需要に応じて建てられた橋だ。当初は休日に通行料を取っていたらしい。

テーゲル湖はベルリンの湖の中でも透明度が高いそうだ。そのためだろうか、氷の張った湖面は澄んだ美しい色合いを帯び、そこにほのかにかかった雪がお砂糖のようで、美味しそうにも見えた。

e0038811_21545025.jpg
スケート遊びの光景も見られたこの日のテーゲル湖

湖畔を歩きながら、私はあるタイミングを見計らっていた。湖の上を歩いてみたかったのだ。氷点下の日が続いていたとはいえ、さすがにこの広大な湖が完全凍結するには至っていないようだが、無数の足跡が付いている箇所を見付け、おそるおそる湖面に足を乗せてみた。これなら大丈夫と思った矢先、自転車に乗ったおじさんがスイスイと目の前を通り過ぎ、あれよという間に湖のかなた先まで行ってしまった。「そんな遠くまで行ってしまって大丈夫かあ?」と私は内心ハラハラしたが、うっすら靄がかかった真っ白な湖面の上を自転車に乗ったおじさんが1人駆け抜ける光景など、そうめったに見られるものではない。

e0038811_21545839.jpg
ベルリン最古の木「ふとっちょマリー」

テーゲル湖の北端まで来たのは、ある「再会」を果たすためでもあった。少し迷いながら「Dicke Marie」と書かれた木彫りの表示板の奥を歩くと、1本の巨木が現れた。通称「ふとっちょマリー」。樹齢約900年のベルリン最古といわれる巨木である。山火事や伐採にも遭わず、ベルリンの血なまぐさい歴史とも無縁であり続けることができたマリーは、以前夏に来たときとは別の、孤高の生命力を放っていた。

寒さで手足がかじかんできたが、雄大な時間の流れの中に身を置いて、英気が養われた気がした。
ドイツニュースダイジェスト 3月1日)


Information
テーゲル湖
Tegeler See


ライニッケンドルフ地区にある450ヘクタールの湖。東部のミュッゲル湖に続き、ベルリンで2番目の規模を持つ。交通の便の良さもあって、年間を通じてベルリーナーの散歩コースとして人気が高い。グリニッジプロムナーデからは観光船も出ており、ここからシュパンダウやポツダムまでの遊覧もお勧め。対岸の海水浴場Freibad Tegeler Seeは、夏期には多くの人で賑わう。Alt-Tegel駅前に観光案内所がある。

オープン:4月から10月までの月〜金10:00〜18:00、土10:00〜16:00
住所:Alt-TegelとTreskowstr.の角
電話番号:030-4360 7312
URL:www.tourismusinfo-berlin.de


ふとっちょマリー 
Dicke Marie


1107年頃に発芽したといわれるヨーロッパナラ。現在、直径6.65メートル、高さ26メートルあり、1244年を発祥とするベルリン市よりも多く年輪を重ねてきた。愛称の由来は、1800年頃、近くのお城に住んでいたフンボルト兄弟が、肉付きのいい彼らの料理女に因んで名付けたとされる。1778年には、かのゲーテも訪れた。天然記念物に指定されているだけあって、市街図にも掲載されているほど。
by berlinHbf | 2013-03-03 11:43 | ベルリン発掘(西) | Comments(0)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング