ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

秋のオランダ紀行(1) - ケルンに立ち寄って -

e0038811_539022.jpg
ICEの車窓より

今年は取材旅行も含めると、旅に出る機会が例年より多いのですが、ブログに旅日記を書き始めてはみたものの、途中で止まってしまっているものが少なくありません。心苦しくはあるのですが^^:)、記憶の鮮明な順からということで、今回の家族旅行を振り返ってみたいと思います。


今回ドイツ初訪問の父。ベルリンの街を案内した後、せっかくだからということで、数日間遠出することになった。いろいろ話し合った結果、行き先はオランダに決まった(なぜオランダになったのかということはまた後で)。

23日(火)、ベルリン中央駅7時48分発のICEに乗って、一路ケルンへ向かう。ヨーロッパの主要都市へは飛行機で行くのが大抵一番早くて安いという時代だが、鉄道にも乗りたいし、自分で車も運転したいという弟の希望によりこのルートに。この日は曇り空だったが、ヴッパタールに着く前から好天し、山間部の美しい紅葉の車窓を楽しむことができた。DBにしては珍しく(?)遅延もなく、12時過ぎにケルン中央駅着。

e0038811_539618.jpg
e0038811_621499.jpg
何度見上げてもその偉容に圧倒される大聖堂。荘厳な内部を見て回った後(下の写真は床のモザイク)、弟の希望で大聖堂のてっぺんまで上ることに。

e0038811_5263151.jpg
私自身はケルンに何度か来ているが、509段の階段を上るのは初めてドイツに来た98年2月以来となる。あの冬の日は厚い雲がたれ込めていたなと思う。決して広くはない階段のうえ、上り下り共用のため、人とすれ違うたびに緊張感を感じる。なんとかてっぺんに到達したときは太ももがパンパンに張っていたが、そろそろ70に近い父が自分たちと同じペースで上ってきたのには感心した。

e0038811_5392383.jpg
大聖堂の屋上からの眺めを見ても、現在のケルンは決して美しい街並みとは言いがたいところがあるのだが、さすがローマ時代に端を持つ古都だけに、ベルリンでは決して見られないものに出くわすことがある。これはローマ時代の下水道施設だとか。

e0038811_5393036.jpg
16世紀にルネサンス様式で建てられたケルン市庁舎。

e0038811_5393652.jpg
その横にこんなプレートを見つけた。1963年6月23日にJ・F・ケネディがケルン市民に向かって演説をした場所だそう。彼がベルリンであの有名な"Ich bin ein Berliner"の演説をしたのは、その3日後だ。

e0038811_5272344.jpg
市庁舎の周辺は、至るところで発掘作業が行われていた。それも驚くような規模で。通りゆく人が物珍しそうにフェンスから覗き込んでいる。ここはシナゴーグを始め、ヨーロッパでも最古にして最大の部類に入るユダヤ人地区があった場所らしい。この遺跡群を今後どのように保存するのかはわからないが、現代のケルンでこんな作業が熱心に行われているのは面白い。

e0038811_5394297.jpg
私にとってケルンでもう一つ興味を惹かれるのが、ハンザ都市としての側面。少々意外なことに、中世の時代、ケルンはハンザ同盟に属していた。NHK「テレビでドイツ語」の連載のお陰で、昨年から多くのハンザ都市を訪ねているが、あの時代に典型的な商人の館を見つけるとうれしくなってしまう。アルター・マルクトに面したカフェでお昼を取り、ライン川のほとりを少し散歩。

e0038811_5395583.jpg
e0038811_5394975.jpg
フィッシュマルクトのかわいらしい住居群。

e0038811_540225.jpg
時刻がいつの間にか16時に近づいたところで、短いケルン滞在も終わり。中央駅に戻って、レンタカーを借りる。弟の運転で、一路オランダへ。今回は自分で運転する必要がないので、気分が楽^^。時折うとうとしながら、20時を回った頃、暗闇の奥に風車の姿が浮かび、ライデンの旧市街に到着した。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-10-29 23:15 | ドイツ全般 | Comments(0)

ベルリンの紅葉をおすそわけ

e0038811_344750.jpg
ベルリンは、紅葉(日本に比べると「黄葉」の葉が多いですが)の最盛期を迎えています。今日はその様子をご紹介したいと思います。

e0038811_3441622.jpg
実は今、日本から父と真ん中の弟がベルリンを訪れています。私がもう10年以上この街に住んでいるというのに、父は今回がベルリン初訪問でした(笑)。到着翌日の21日(日)は抜けるような秋晴れに恵まれ、「黄金の10月」とも形容される10月の紅葉を堪能してもらえたのではないかと思います。おそらく、あと1週間遅くても早くても、この眺めを見ることはできなかったでしょう。そういう意味で、幸運でした。

e0038811_94433.jpg
この日のお昼、10年来何かとお世話になっているシャルロッテンブルク在住のドイツ人の家族宅を訪れ、父と弟を紹介。皆さんとても喜んでくださり、話にも花が咲きました。

e0038811_3444813.jpg
中学から大学まで陸上部、2004年にベルリン・マラソンも走ったこともある弟が、近くのオリンピックスタジアムを見たいというので、行ってみることにしました。7ユーロ(割引5ユーロ)の入場料がかかりますが、スタジアムと周辺の広大なオリンピック公園、そしてスタジアム裏手のGlockenturm「鐘の塔」を全て見学できるので、お得感はあります(ただし、相当歩くことは覚悟しなければなりませんが)。

e0038811_344336.jpg
スタジアムの聖火台。この両脇の壁には、ベルリン・オリンピックの全種目のメダリストが刻まれています。

e0038811_3445775.jpg
その後、Glockenturm「鐘の塔」に上りました。屋上の眺望は素晴らしく、グリューネヴァルトの森の海に浮かぶヴァルトビューネの白いテントが、一層引き立っていました。

e0038811_3445270.jpg
こちらはトイフェルスベルクの様子。数年前、最初にご紹介したときは、こんな眺めだったなあ。

e0038811_3453724.jpg
首相官邸近くの紅葉。

e0038811_3454538.jpg
ウンター・デン・リンデンからブランデンブルク門方面を望む。

e0038811_3455864.jpg
翌月曜は、森鴎外記念館を訪問。副館長のベアーテ・ヴォンデさんとゆっくり面談することができ、(専門は生物学ですが)医学史に興味のある父はとてもうれしそうでした。鴎外の下宿先を再現した部屋で、記念の記帳をさせていただく。

e0038811_346566.jpg
天気は、前日とまったく対照的(夕方、ライヒスタークの屋上から撮ったものです)。わずか2日間で「黄金の10月」と「陰鬱な11月」という、この時期を象徴する2種類の空模様を見せられて、これはこれでよかったかなと。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-10-24 01:50 | ベルリンのいま | Comments(9)

ベルヴュー宮殿の市民祭

e0038811_646026.jpg
多くの人で賑わったベルヴュー宮殿の庭園

毎年夏、ドイツ連邦大統領の官邸であるベルヴュー宮殿では「Sommerfest(夏のお祭り)」が行われます。これは、ドイツ社会で功績を成し遂げた一般市民を招いての行事ですが、今年は様相が少し変わりました。

9月8日、例年通り招待客を招いてお祭りが行われましたが、翌9日の日曜は「Bürgerfest(市民祭)」として、あらゆる市民に対してベルヴュー宮殿の門が開かれたのです。数年に一度、ベルヴュー宮殿の内部が一般公開されることはありましたが、裏の庭園まで開放して市民対象のお祭りが行われたのは初めてのことだそうです。これほど寛大な振る舞いがなされたのも、今年3月、旧東独出身の人権活動家として連邦大統領に就任したガウク大統領の意向があってのこと。興味を惹かれてこの日の午後、ベルヴュー宮殿に足を運んでみました。

入り口で20分ほど並び、安全検査を受けて中に入ると、家族連れの賑やかな声が聞こえてきました。ベルヴュー宮殿は、フリードリヒ大王の一番下の弟、アウグスト・フェルディナント王子の依頼により、1785年に建てられた宮殿。その王子の胸像を過ぎると、多くの屋台が並び、芝生の上で人々が楽しそうに寛いでいます。庭園は非常に広大で、さすがに草木の手入れもよくなされているなと感心しました。

e0038811_6461355.jpg
公開討論でのヴァイツゼッカー元大統領、ガウク大統領、ヘルツォーク元大統領(左から)

奥の仮設舞台では、ガウク大統領、ヴァイツゼッカー元大統領、ヘルツォーク元大統領が演壇に上り、「われわれの民主主義――ボン共和国からベルリン共和国へ」というテーマの公開討論が行われているところでした。現職大統領と大統領経験者が3人顔を揃える機会は珍しく、訪れた人も真剣な様子で聞き入っています。

現在のユーロ危機に関しては、「EUというプロジェクトに好意を持って寄り添ってくれることを有権者と政治家に望みたい」(ガウク氏)、「かつてなかった危機を前に、今勇気が求められている。何もしないというのはもっともいけないこと」(ヘルツォーク氏)など、3者とも幾多の危機を乗り越えて達成された欧州統合を捨ててはならないというメッセージを発しました。ナチス・ドイツ時代、東西冷戦時代を直に生きた政治家ならではの重い言葉だったと思います。

晴天に恵まれたこの日、ベルリン市民だけでなく、観光客も含め、約1万5000人がベルヴュー宮殿を訪れたそうです。ヴルフ前大統領をめぐるスキャンダルで大統領職の威信は大きく損なわれたと言われますが、ガウク大統領主催による今回の市民祭は、多くの人々にとってポジティブな変化の兆候と映ったようです。
ドイツニュースダイジェスト 10月19日)

e0038811_6462617.jpg
討論会の後、杖を何度も回して聴衆に別れを告げるヴァイツゼッカー元大統領(現在92歳!)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-10-19 00:24 | ベルリン発掘(全般) | Comments(2)

ヒンデミット広場のカフェ・リヒターで一休み

e0038811_23264519.jpg
Café Richter (2010-02-28)

私が今住むヴィルマースドルフ・シャルロッテンブルク地区では、1970〜80年代の西ベルリンの面影を残すカフェにときどき出会います。クロイツベルクやノイケルンの新しいカフェに見られる先鋭的な感じとは対極。外観も内装もどこかくたびれた感じがするのだけれども、地元の人々に長年愛されてきたことが十分に伝わってきて、こういうカフェで過ごす時間も私は好きです。今回ご紹介するカフェ・リヒターはまさにそんなお店。

U7のアデナウアー広場駅Adenauer Platzからヴィルマースドルフ通りを北に5分ほど歩くと、ヒンデミット広場Hindemithplatzが見えてきます。作曲家パウル・ヒンデミットに因んだ広場で、St.-Georg-Brunnenという立派な噴水もあり(戦前ポツダム広場の近くに置かれていたものだとか)、なかなか風情のある場所です。カフェ・リヒターはこの広場に面しています。

e0038811_23265218.jpg
天井はとても高く、内装はちょっと古めかしい感じが否めないのですが、調度品は重厚で素敵な雰囲気です。西側の古くからのカフェの特徴として挙げられるのが、客の年齢層が高めなこと。でもときどきお洒落な帽子をかぶったご婦人などもいて、人間ウォッチングも楽しかったり・・・。

e0038811_2327025.jpg
実は最初の2枚の写真は、かれこれ2年以上前に訪れたときのもの。先週、妻と久々にカフェ・リヒターに行ったら、内装ががらりと変わっていて、びっくりしました。色は赤に統一され、ごちゃごちゃしていた感じがなくなりました。ドアが趣のあったトイレも、完全に新装され、何もかもすっきりときれいになった感じです。私はあまり気になりませんでしたが、Qypeの評判などを見ると、昔の雰囲気を懐かしむ声が強いことが伺えます。前のオーナーのリヒターさんが定年を迎え、お店のオーナーが変わったという風にも読めますね。

e0038811_23271367.jpg
とはいえ、久々に過ごすカフェでの時間はやはり最高。Konditorei Reichertで作られているケーキもおいしく、本を読んだり、ぼんやり物思いに耽ったりしながら、のんびりとした時間を過ごしたのでした。

Konditorei und Café Horst Richter
Giesebrechtstraße 22, 10629 Berlin
Tel : 030 3243722

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-10-16 18:50 | ベルリン発掘(西) | Comments(3)

発掘の散歩術(27) -よみがえる市営浴場-

e0038811_4581711.jpg
Stadtbad Prenzlauer Berg (2012-09-09)

「アルトバウ」と呼ばれるベルリンの古いアパートは、19世紀末から20世紀初頭に建てられた、つまり築100年を越えるものが多い。私が今住んでいるアパートもその時代の建物なのだが、ときどきバスルームでふと思う。「昔の人々はどうやって、そしてどのぐらいの頻度で体を洗っていたのだろうか。湯船に浸かる機会などあったのだろうか」と。

こんな素朴な疑問に対して、1つの答えを得る機会があった。プレンツラウアー・ベルク地区の賑やかなカスタニエン・アレーから一歩入ったオーダーベルガー通り。近年、外国からの観光客も増え、頻繁に英語の会話が耳に入ってくる界隈だ。この一角に、石造りの重々しい建物が建っている。これが「プレンツラウアー・ベルク市営浴場」。実際は、浴場として使われなくなってから大分経つのだが、この週末、毎年恒例の「文化財の日」で一般に公開された。

e0038811_4583423.jpg
プレンツラウアー・ベルクは、普仏戦争(1870〜71年)後のいわゆるグリュンダーツァイトと呼ばれるバブル期に集中的に開発された地区だ。ベルリンの人口が急激に増え、当初はもっぱら住宅が造られた。その後、マルクトハレ、病院といった公共の施設が必要に応じて建てられたという。1902年、こういった流れの中、ルートヴィヒ・ホフマンの設計によって市営浴場がオープンしたのだった。

e0038811_4464486.jpg
現在は文化財になっているプレンツラウアー・ベルク市営浴場

普段は人が入っていない建物に特有の、ややカビ臭いにおいを感じながら中に入ると、突然大きな空間が目の前に開けた。正面の大きな窓から光が差し込み、アーチ状の天井や、列柱の豊かな装飾を照らし出している。この荘厳な場が市民のための公共浴場だったとは、にわかには思えないほどだ。私は、かつて水が溜められていたプールに降りて、芸術作品を見るようにしばらく眺め渡していた。

1人の女性がマイクを持って、来場者に説明を始めた。この建物が公共浴場として使われていたのは、東ドイツ時代の1986年までだったという。東西ドイツ統一後、再利用の案がいくつも出されたが、どれも実現には至らなかった。ようやく2011年、近くにある語学学校GLSがこの場所に興味を示し、売却されることになったそうだ。GLSのマネージング・ディレクター、バーバラ・イェシュケさんの話では、この建物内にある部屋は、75のホテルの部屋と18の会議室に生まれ変わる。市民にとってうれしいのは、私が今立つ場所が最新設備を備えたプールとして再び利用できるようになることだろう。

e0038811_4554171.jpg
かつてシャワーや浴槽があった部屋は、会議室、ホテルなどに生まれ変わる

2階に上がってみた。プールの周りは、無数といってもよい小部屋が並んでいる。ここは昔シャワー室、浴槽のある個室として使われていた。家庭にまだシャワーなどなかった時代、この場所が市民にとってどれほど重要だったかは想像に難くない。ベルリンが世界都市に向かって邁進する時代の人々の賑やかな声が、現在はがらんとした部屋にこだまするかのようだった。

イェシュケさんは、最後にこう語り掛けた。「来年9月の『文化財の日』で工事の進展をご覧ください。そして、3年後には水着を持ってここに来てください!」
ドイツニュースダイジェスト 10月5日)


Information
文化財一般公開の日 
Tag des offenen Denkmals


「ヨーロッパ文化遺産の日」に合わせて、1993年以降毎年ドイツ中の都市で開催される行事。普段は内部に入れない文化財や、改装中の歴史的建造物が市民に公開され、今年はベルリンだけでその数は310に上った。毎年テーマが設けられ、2012年のテーマはHolz(木)だった。
日時:毎年9月第2週の週末
URL:www.berlin.de/denkmaltag


ノイケルン市営浴場 
Stadtbad Neukölln


e0038811_561360.jpg
©Stadtentwicklung Berlin

今すぐにプレンツラウアー・ベルク市営浴場の雰囲気を味わってみたいという方にお勧めなのが、同時期の1914年にオープンしたノイケルンの市営浴場。新古典様式で造られており、大小2つのホールの内装は古代ギリシャの神殿を思わせるほど。設立当時はヨーロッパで最大規模の浴場だった。現在はプールだけでなく、サウナの設備も備えている。

オープン:月〜日(時間の詳細は下記URLを参照)
住所:Ganghoferstr. 3, 12043 Berlin
電話場号:(030)68 24 98 0
URL:www.berlinerbaederbetriebe.de

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-10-06 22:09 | ベルリン発掘(東) | Comments(2)

ベルリンの工事ラッシュと「ちいさいおうち」

e0038811_6251726.jpg
Potsdamer Platz (2012-08-20)

この4週間はなんだかとても忙しく、今日から10月というのにあまり実感が沸きません。9月はポーランドとエストニアに取材で出かける機会があったのですが、ベルリンに戻ってきてつくづく感じるのは、この街の工事現場の数の多さです。ひょっとしたら自分がベルリンに来てから一番の建設ラッシュなのでは?と思うほど。この夏に撮った写真をここでいくつかご紹介します。最初は、ポツダム広場のコルホフ・タワーの上からの1枚。ライプツィヒ広場の旧ヴェルトハイム百貨店跡地の建設現場です。

e0038811_6242854.jpg
Unter den Linden (2012-07-26)

ウンター・デン・リンデンとフリードリヒ・シュトラーセが交差するあたりは、新しい地下鉄駅の工事で、足の踏み場もないほど。あちこちでどっかんどっかんやっています。U6のFranzösische Str.とFriedrichstr.の間は、6月末から16ヶ月に及ぶ工事のため分断中。乗客はこの1駅間を歩かなければなりません。2019年開業予定の地下鉄U55の工事のため、ウンター・デン・リンデンは片側通行のところが多くなっています。

e0038811_6254938.jpg
今度はフリードリヒ・シュトラーセから中央駅の方面に電車に乗ってみましょう。今まで空き地だったところが、急速にその姿を変えつつあります。議員図書館のあるMarie-Elisabeth-Lüders-Hausの裏手、場所からいってもおそらく連邦政府関係の建物が建てられるのでしょうか。

e0038811_643832.jpg
そこを越えると、電車は右手に大きくカーブします。正面にガラス張りの中央駅がよく見渡せるポイントだったのですが、ここも間もなくビルが建ちます。

e0038811_6511781.jpg
数年前までここは、Bundespressestrandという砂が敷き詰められたビーチバーで、車窓からもそののんびりした光景が見えたのですが、それももう過去のこと。ここには連邦教育・研究省のビルが建てられるそうです。

e0038811_6372926.jpg
中央駅を過ぎてすぐ、次なる大工事現場が見えてきます。ここには昔、レーター駅の貨物駅がありました。現在、連邦内務省の新しいビルが造られています。電車がこの箇所に来るとつい視線が行ってしまうのが左手の小さな建物。この辺りでは第2次世界大戦で唯一爆撃を逃れた建物で、現在は「Paris-Moskau」というレストランになっています(拙著『素顔のベルリン』のP81に掲載)。

e0038811_6373551.jpg
この小さな建物は文化財になっているので、幸い解体せずに残しておくみたいです。もともとぽつんと建っていた家の周囲が、にわかに騒がしくなっています。こんなに地中深く掘って、あの家が転げ落ちてしまわないかちょっとハラハラしたり(笑)。幼い頃に読んだ「ちいさいおうち」という絵本を思い出します。

e0038811_6374164.jpg
電車は西へと走り続け、「ちいさいおうち」はあっという間に視界の隅に消えようとしています。絵本では、文明化の波にさらされたちいさいおうちは最後田舎に越しますが、ベルリンの建設ラッシュの果てには何が待っているのでしょうか。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-10-01 13:21 | ベルリン中央駅 | Comments(2)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング