ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ポツダム・サンスーシ音楽祭2012より

e0038811_19512797.jpg
Schloss Sanssouci (2010.10)

8月18日のお昼、たまたまポツダムのサンスーシ宮殿に行ったところ、宮殿に面したフリードリヒ2世(大王)のお墓がいつになく華やかに彩られていました。格式を感じさせる花輪に加え、大王がプロイセン国民に初めて食べさせたことから、いつも必ず置かれているジャガイモも、この日は盛りだくさん。その中には、日本から誰かが持って行ったと思われるお菓子「じゃがりこ」もありました(笑)。一体何だろうと思いつつも、すぐにその場を離れたのですが、後になってこの日がフリードリヒ大王の命日だということを知りました。

フリードリヒ大王の生誕300周年の今年、6月にポツダムで聴いた関連の公演について書いてみたいと思います。おそらく日本ではあまり有名ではないと思いますが、毎年6月、ポツダム・サンスーシ音楽祭というのが開催されます。1991年に始まった音楽祭で、ホーエンツォレルン家ゆかりの音楽、舞踏、演劇、オペラを軸にプログラムが組まれ、内外から一流のアーティストが顔を揃えます。6月9日から24日まで開催された今年の音楽祭のテーマは、やはり「フリードリヒ大王ー音楽とヨーロッパー」(ちなみに来年はスカンジナヴィアがテーマだそう)。まず、9日に行われたオープニング公演を聴きました。

この音楽祭は、ポツダムとその近郊のコンサートホール、宮殿、教会などで行われるのですが、この夜の舞台はサンスーシ公園内にあるFriedenskirche(平和教会)。サンスーシにはもう数え切れないほど言っていますが、この教会の中に入ったことはなく、しかも一緒に行った友達が「ここで聴く音楽は素晴らしい」と以前から力説していたので大分前から楽しみにしていました。演奏がベルリン古楽アカデミーとなれば、期待はさらに高まります。

e0038811_2005835.jpg
平和教会は、サンスーシ宮殿のある丘の上ではなく、公園内のふもとの方に位置するので、旧市街のブランデンブルク門から徒歩5分ぐらい。1845年、フリードリ・ヴィルヘルム4世の命により教会の建設が始まり、完成は1854年。北イタリアの修道院建築を模倣しているそうで、中庭や回廊の写真を見返しながら、「そういえば、10年ぐらい前に訪れたパドヴァの修道院がこんな感じだったなあ」とふと思い出しました。

今回は見ていませんが、この教会には御廟(Mausoleum)が隣接しており、地下の納骨所を含めて、大王の父で「兵隊王」のフリードリヒ・ヴィルヘルム1世、フリードリヒ・ヴィルヘルム4世、その妃のエリザベート、それから皇帝フリードリヒ3世と妃のヴィクトリアといった錚々たる人物が眠っています。ヴィクトリアはイギリス出身で、あのヴィクトリア女王の長女。いつかチャールズ皇太子がポツダムを訪問した際、献花のためこの教会を訪れたという話を、連邦大統領府で儀典長を務められていたマルティン・レーアさんから聞いたのを思い出します。

e0038811_19594381.jpg
教会内部に入った瞬間、その美しさにはっとなりました。教会といっても、シューボックス型のコンサートホールに近い構造をしています。奥に見える美しいモザイクは、13世紀にベネチアのムラノの教会のために作られたもので、ヴィルヘルムが皇太子時代に購入し、ポツダムに運んできたのだとか。

コンサートは、初めて聴く曲ばかり。細かい記憶は薄れてしまったのですが、印象に残っているのは、大王が愛したフルートの音楽。クヴァンツ作曲の2本のフルートのための協奏曲だったでしょうか、それはもう絶品といえるもので、2本の笛が交感する、生気に満ちあふれたアンサンブルを堪能しました。それから、韓国人のソプラノSunhae Imによるアリア集。さすが、ルネ・ヤーコプスにもたびたび起用されているだけあって、澄んだ声の、完璧にコントロールされたコロラトゥーラを聴かせてくれました。

3時間近い長いコンサートになりましたが、6月のヨーロッパだけあって、22時近くなっても澄んだ青い空が広がっていたのが印象に残っています。

Arien, Ouvertüren und Tänze aus
André Campra (1660-1744)
„L’Europa galante“ (Ballettoper, 1697)

Carl Heinrich Graun (1704-1759)
„L’Europa galante“ (Festa teatrale, 1748, Neuzeitliche Erstaufführung)

Friedrich II. von Preußen (1712-1786),
Johann Heinrich Quantz (1697-1773),
Carl Heinrich Graun
„Il Re pastore“ (Pasticcio, 1747),

Georg Philipp Telemann (1681-1767)
„Die wunderbare Beständigkeit der Liebe oder Orpheus“,
TWV 21:18 (1726)

Antonio Vivaldi (1678-1741)
Concerto für Streicher E-Dur, RV 271 „L’amoroso“

»Wortschätze« mit Klaus Büstrin
Sunhae Im, Sopran
Raffaella Milanesi, Sopran
AKADEMIE FÜR ALTE MUSIK BERLIN
Musikalische Leitung und Violine: Bernhard Forck

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-08-31 13:45 | ベルリン音楽日記 | Comments(2)

NHK「テレビでドイツ語」9月号 - ロストック -

e0038811_6284868.jpg
8月はろくに更新できないまま終わりに近づいてしまいました。久々の更新が宣伝ですみませんが、最初にNHK「テレビでドイツ語」9月号のテキストが発売中というお知らせを。ハンブルクを舞台にした半年間のシリーズも、今月で最後です。私の連載「ハンザ都市を巡る」(こちらは来年3月まで続きます)ではロストックを取り上げています。ロストックを訪れるのは12年ぶりでした。大学時代、初めて訪れた旧東独の町がここで、当時はうら寂しい印象の方が強かったのですが、見違えるように魅力的な町に変わっていました。

特に印象に残っているのは、訪れた日の夜のこと。港の近くに、古くからの船乗りの酒場があるというので、行ってみたのです。店の前にたどり着き、ドアの向こうから賑やかな声が聞こえる。でも、こういう場所は1人ではどうしても入りにくいものです。それでも意を決して中に入ろうと思ったところ、いきなり後ろから見知らぬ男に肩を叩かれ、Komm!(来なよ!)と否応無しに引きずり込まれていったのでした。そこでボコボコにされて・・・というのではなく(笑)、地元の学生の3人組が私を飲みに誘ってくれたのでした。全くの初対面なのに、話していて本当に気持ちのいい連中で、ロストックでの生活や街の話もいろいろ教えてくれました。ある程度時間が経ったところで、明日早いからと私のビール代まで払ってさっと帰って行ったという・・・。港町特有の大らかさゆえなのでしょうか、彼らのすがすがしさには感心することしきりでした。とにかく、こんな出来事があったので、ロストックの印象は余計強いのです。

来週はこのシリーズの最後の取材旅行に行ってきます。興味の尽きない連載だったので、ひとまず終わりかと思うと少し寂しいです。それまでブログもいくつか更新しておきたいので、またご覧いただけると幸いです。

e0038811_2564529.jpg
ロストック郊外、バルト海に面したヴァルネミュンデにて

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-08-29 23:57 | ドイツ語関連 | Comments(0)

夏の夜空に鳴り響くベートーヴェン

e0038811_15303666.jpg
満員に近い聴衆が集まったヴァルトビューネ

ベルリンの西の郊外にある野外劇場ヴァルトビューネでは、ベルリン・フィルのピクニックコンサートをはじめ、夏の間さまざまなジャンルのコンサートが開催されます。その中から7月29日、ダニエル・バレンボイム指揮、ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団のコンサートに行ってきました。
 
実はこの2日前、私はたまたまテレビでバレンボイム氏を観る機会がありました。ロンドン五輪開幕式の終盤で、彼が国連の潘基文事務総長やリベリアの平和運動活動家レイマ・ボウィ(2011年のノーベル平和賞受賞者)らと共に大きな五輪旗を運ぶ姿が映し出されたのです。それは、ユダヤ人音楽家であるバレンボイム氏が、長年イスラエルとアラブ諸国の融和のために尽力してきたからにほかなりません。彼はその意思表明を、イスラエルとヨルダン、レバノン、シリアなどアラブ諸国の音楽家が集まって1999年に結成された、ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団との活動を通じて実践してきたのでした。

コンサートの数時間前、猛烈な雨がベルリンに吹き荒れました。公演中止という事態も一瞬頭をよぎりましたが、コンサートが始まる頃には雲は完全に引き、見渡す限りの青空が広がりました。その変化の様子は、「奇跡的」と呼びたくなったほど。会場をほぼ埋め尽くしたお客さんの間からも、安堵のムードが漂います。

e0038811_15304854.jpg
バレンボイムとウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団

ベートーヴェンの交響曲第3番と第5番というプログラム。バレンボイム氏と同楽団のコンビはつい最近、新しいベートーヴェンの交響曲全集を出したばかりなのですが、前半の英雄交響曲の、力強い冒頭の和音が鳴り響いてすぐに、その仕上がりの高さに驚嘆。これはもう臨時編成のオケとは思えないほどの水準です。オーボエやホルンなどのソロ楽器には華があり、何より合奏が1つの統一体を成しています。バレンボイム氏は時々独特の「ため」を作りながら、「英雄」にふさわしい真摯で雄渾な演奏を聴かせてくれました(もっともPAを通した音は、やや迫力不足だったのも事実ですが)。

踏みしめるようなテンポで始まった「運命」は、日が沈んでいく過程と重なり、夜空に舞う花火のごとく壮大なフィナーレが終わると、聴衆の盛り上がりは最高潮に。バレンボイム氏はマイクを手にし、「ベートーヴェンの『5番』の後にアンコールを演奏することはできません。でも、我々は来年もここにやって来ます!」と短く挨拶。来年8月25日、ヴェルディ、ワーグナー、チャイコフスキーのプログラムを引き下げて彼らは再登場するそうです。

翌日の新聞には、「バレンボイムは天気も指揮した」の見出しが躍っていました。
ドイツニュースダイジェスト 8月17日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-08-17 15:31 | ベルリン音楽日記 | Comments(6)

発掘の散歩術(25) -マックス・リーバーマンの理想郷-

e0038811_643393.jpg
色とりどりの花が咲き乱れるリーバーマン邸西側の庭園

ベルリンの西の郊外、Sバーンのヴァンゼー駅から114番バスに乗り、湖沿いの高級別荘街を走ること数分、Liebermann-Villaと書かれたバス停で降りた。ベルリン分離派の創立者でプロイセン芸術アカデミーの総裁を務めるなど、ドイツ画壇の重鎮として知られた画家マックス・リーバーマン(1847〜1935)。目の前にそびえる立派な屋敷は、彼が晩年の25年間、家族とともに過ごした夏の別荘である。

中に入ると、隅々まで手入れが行き届いた美しい庭園が目の前に広がった。リーバーマンが住んでいた頃は果物や野菜も栽培していたそうだ。奥には白いベンチが置いてあり、女の子がスケッチをしている。花々に目をやりながら、老婦人がゆっくりこちらに向かって歩いてきた。何とも絵になる風景だ。

邸宅の1階では、暖炉のある部屋やサロン室など、当時の面影を残した部屋にこの場所の歴史が展示されている。食事室の向こうにはテラスが広がり、奥にヴァンゼーの湖を見渡せた。「夢のような」というありふれた形容が、ここではぴったりくる。

リーバーマンがこの別荘地に土地を購入したのは1909年のこと。当時、彼の住居はブランデンブルク門の真横にあった。慌ただしい都会生活から離れて、穏やかな日々を過ごしたかったのだろう。邸宅と庭園の設計はそれぞれ専門家に依頼しているが、隅々に至るまで彼の意向が取り入れられている。ギリシャ風の柱が構える邸宅は、かつてリーバーマンも描いたことのあるハンブルクの屋敷がモデル。草木が生い茂る実用園に対して、邸宅の東側は「部屋から湖を臨めるよう単純な芝生にしてほしい」と設計者に対して注文をしたそうだ。その横には、幾何学的に見事に構成された3つの庭園が隠れるようにしてある。

e0038811_6541125.jpg
Max Liebermann, Garten am Wannsee

e0038811_6431658.jpg
リーバーマン邸東側のテラスからヴァンゼーを臨む

セルフサービスのカフェになっているテラス席に座ってコーヒーを飲む、時おり湖を眺める、本を読む。リーバーマンのアトリエがあった2階に行き、彼がこの場所で描いた数々の絵画を眺める。それは本当に素敵な時間だった。ロッジアの壁面には、楽園の庭を描いた古代ローマのフレスコ画に触発されて、リーバーマンが描いた壁画が残っていた。彼はこの場所を本当に理想郷と感じていたのだろう。

だが、やがて狂気の時代がやってくる。ナチスが政権を握ると、ユダヤ人であるリーバーマンに対して公然と嫌がらせをするようになった。抵抗の意を示すため、彼はすべての公職を辞した後、1935年失意のうちに死去。ナチは未亡人のマルタに対して、屋敷を帝国郵便局に売却するよう命じた。周辺は、ナチス高官の住まいに変わっていく。そして1943年、マルタ夫人は強制収容所テレージエンシュタットへの強制輸送を前に自死を選んだのだった……。

ホロコーストの1つの出発点となった1942年1月のヴァンゼー会議の舞台となった屋敷は、ここから目と鼻の距離にある。理想郷のようなこの場所と殺人工場とのギャップをどのように考えたらいいのだろうか。私はまだ、ヴァンゼー会議の館に行ったことがない。だが、ユダヤ人がこの世からいなくなることを「理想」と考えた人間がいた場所も、近いうちに見ておかなければと思っている。
ドイツニュースダイジェスト 8月10日)


Information
ヴァンゼーのリーバーマン邸 
Liebermann-Villa am Wannsee


第2次世界大戦後、この邸宅は病院として使われ、地元のダイビングクラブに貸し出されていた時期もあった。その間、庭園は完全に荒れ果てたが、1995年に設立されたリーバーマン協会のイニシアチブにより修復が進められ、2006年にミュージアムとして再オープンした。これらの活動が評価され、EUの文化財保護賞を受賞。入場料は6ユーロ(割引4ユーロ)。

開館:月水金土10:00〜18:00、木日祝10:00〜19:00(10〜3月は水〜月11:00〜17:00)
住所:Colomierstr. 3, 14109 Berlin
電話番号:(030)805 85900
URL:www.liebermann-villa.de


「マックス・リーバーマンとエミール・ノルデ 庭園の絵画」展
Max Liebermann und Emil Nolde. Gartenbilder

e0038811_781313.jpg
© Nolde Stiftung Seebüll

リーバーマン邸の2階で開催中の特別展。リーバーマンの同時代の画家で、作風も歩んだ道も重なるエミール・ノルデ(1867〜1956)。庭園画に思い入れの深かった2人の作品を対照させて展示している。リーバーマンの作品の多くはこの邸宅で描かれており、具体的な場所を確かめながら鑑賞することができるのは、このミュージアムならでは。

期間:2012年9月3日(月)まで

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-08-12 00:03 | ベルリン発掘(西) | Comments(2)

9年ぶりのバイロイト訪問(1)- 田舎生活を体験! -

e0038811_537587.jpg
Bayreuther Festspielhaus

「8月3日の《タンホイザー》を聴きにバイロイトまで来る気はある?私のところに泊まってくれて構わないし、バイロイトには義妹もいるわ」

7月の初旬だったか、知人のメヒティルトさんからこんな電話をいただいた。
メヒティルトさんは、私がベルリンに来た当初に知り合い、以来何かとお世話になっているドイツ人のご夫人。2007年に生粋のベルリンっ子の彼女とのロングインタビューをこのブログに掲載したことがある。

彼女は13歳(!)のとき以来、かれこれ半世紀近くバイロイト音楽祭友の会の会員というヴァグネリアンでもある。私が2003年に初めてバイロイト音楽祭を経験できたのも、彼女あってのことだったが、早いものであれからもう9年の月日が経っている。この上なくありがたい申し出を断る理由はもちろん何もなく、妻と出かけることになった。

関連記事:
バイロイト談義(上) - メヒティルトさんに聞く(2) - (2007-03)
バイロイト談義(中) - メヒティルトさんに聞く(3) -
バイロイト談義(下) - メヒティルトさんに聞く(4) -

e0038811_3592518.jpg
8月1日朝、ベルリンのバスターミナルからミュンヘン行きのバス「バイエルン・エキスプレス」に乗り、約4時間後、バイエルン州北部の町ホーフに到着。バス停までメヒティルトさんが車で迎えに来てくれた。彼女の夏の別荘は、ここからさらに車で30分近く行ったところにある。数日ぶりというほぼ快晴の天気。ゆるやかな丘陵をいくつも乗り越えて進むと、突如前方に、小高い山の頂きに白い球体が乗っかっている光景が目に入った。冷戦時代のアメリカのレーダーの跡だそうだ。この地域は旧東独のチューリンゲン州と境を接しているので、ここから東側の情報をキャッチしていたのだろう。私は、ベルリンのトイフェルスベルクの山頂に、同様に残るレーダーを思い出した。メヒティルトさんがこんな話をしてくれた。「1960年代に、別荘の物件をいくつか見て回ったとき、私の父が『ここからの眺めは(トイフェルスベルクに近い自宅のある)ライヒ通りに似ているね。よし、ここに別荘を買おう!』と言って、ほとんどその一言で、この場所に決まったのよ(笑)」

ヘルムブレヒツという町の郊外にあるメヒティルトさん一家の別荘には、2003年に私は一度訪れている。静かな農村で、周りの風景はあのときと何も変わっていない。私たちはここで2日間ほど、ドイツの田舎生活を経験することになった。

e0038811_3585873.jpg
後ろに見えるメヒティルトさんの家は、携帯の電波さえも届かないが、この丘の上まで来るとかろうじてネットにつながった。ここぞとばかり、必要最低限メールだけ大急ぎで送る。

e0038811_3595655.jpg
家のお庭。天気がよかったので、朝食と昼食はここでいただいた。ご主人のルートヴィヒさん(左)は今春で大学教員としての任を終えられたが、孫のやんちゃなミロン君の相手で結構忙しそうでした。

e0038811_3595245.jpg
ご馳走になった手作りのプラムとリンゴのケーキ。おいしい空気の中でのカフェタイムは格別!

e0038811_3592069.jpg
スーパーに買いものに行くにも、車がないと非常に不便な農村。そんな中、2週間に一度、バーバラさんという女性が、赤いワゴンに乗ってこの辺りに野菜や果物を売りに来てくれる。メヒティルトさんとは10年以上前からの顔なじみとか。

e0038811_3594677.jpg
翌日は、30キロほど離れたクルムバッハ(Kulmbach)へ遠足に。山の上のプラッセンブルク城からの眺め。ここ数ヶ月、ハンザ都市の連載で、北ドイツの町を歩く機会が多かっただけに、地形、人々の気質、住居の建築、何もかもが異なる南ドイツの街歩きは新鮮でした。クルムバッハは古くからビール醸造で有名な町。右の方に見える煙突は、ビール工場のようです。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-08-08 23:12 | ドイツ全般 | Comments(0)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング