ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

嵐の後のヴァルトビューネ

e0038811_00211.jpg
昨日のヴァルトビューネのコンサート、本番40分前の様子です。実は、夕方に1時間近く大雨が振り続き、6月のベルリン・フィルのときの悪夢(?)が脳裏をよぎりました。が、天気は奇跡的に回復し、青空のもとコンサートを楽しむことができたのです。昨年に続き小学校時代の恩師と聴きに行ったので、本当によかった・・・。公演の模様は、後日改めてレポートするつもりです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-07-30 17:28 | ベルリン音楽日記 | Comments(2)

ブライトシャイト広場

e0038811_5291539.jpg
昨年に続いて、小学校時代の恩師とその家族の皆さんがベルリンに来てくれました。夕食をご一緒して、ブライトシャイト広場のバス停でバスを待っているときに撮った1枚。この界隈の変化の様子が伝わるでしょうか。時間は21時20分。もうすぐ8月ですが、まだこの明るさです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-07-28 22:41 | ベルリン発掘(西) | Comments(2)

ユベントスがベルリンに!

e0038811_4431921.jpg
先ほど、国立図書館からの帰り道に撮った1枚。7月28日の午後、2部に降格したヘルタ・ベルリンが、ユベントスと親善試合を行うそうだ。今シーズンのセリエAの覇者だけにどんなメンバーで来るのか気になるところ。

さて、今日はこれからオリンピックの開会式です!
by berlinHbf | 2012-07-27 22:06 | サッカーWM2006他 | Comments(0)

スマホより初投稿ーライプチヒ広場ー

e0038811_21392099.jpg
Leipziger Platz (2012-07-26)

先日ついに携帯をスマホに切り替えました。これからは、変わりゆくベルリンの風景をリアルタイムで伝えていくのも面白いのではないかと思い、早速投稿してみます。

ポツダム広場の隣、ライプチヒ広場の今の様子です。戦前ヴェルトハイム百貨店があった敷地に、巨大な商業施設がこれから建とうとしています。

このスマホにはまだ紐が付いていないので、フェンスから手を差し出して写真を撮るときに、真下に落としやしないかとハラハラしました(^^;

関連記事:
変容するライプチヒ広場(2) (2006-02-10)
(この辺りの6年前の風景です)
by berlinHbf | 2012-07-26 15:00 | ベルリンのいま | Comments(4)

ベルリンで味わうロシアンティー

e0038811_1991664.jpg
目抜き通りのウンター・デン・リンデンから一歩入ったところに構えた、かつて宮殿だった建物の中に、そのお店はあります。店の名は「タジキスタン茶館」(Tadschikische Teestube)。

一歩入った瞬間、そこはもう中央アジアです。木彫りの美しい柱に、彫刻が施された天井。靴を脱ぎ、床に敷かれたじゅうたんの上でくつろいでいると、異国情緒の中にいながらも、心は妙に落ち着きます。

それにしても、なぜベルリンのど真ん中にタジキスタンが?
1974年、ライプツィヒで行われた見本市のソ連館で、本物に忠実な「タジキスタン茶館」が展示されました(タジキスタンは当時ソ連領でした)。見本市の会期後、東ドイツとソ連の友好協会のあったこの建物に、茶館がそっくりそのまま寄贈されることになったというわけです。

e0038811_1992448.jpg
名物のRussische Teezeremonieは2人から注文可能で1人7,5ユーロ

メニューにはさまざまな種類のお茶が並びますが、やはり名物のロシアンティーを頼んでみました。しばらくすると、種々のお菓子と共に、立派なサモワールがどんと机の上に置かれました。まず、キンキンに冷えたウォッカを1杯飲んでからお茶を飲むのが流儀だとか。ティーポットのお茶は非常に濃いため、お湯で薄めてから飲みます。ジャムを入れて飲んだり、合間にクッキーを頬張ったり、またウォッカに漬けた(!)レーズンを食べたりしているうちに、酔いの効果もあって体はぽかぽか温まってきました。

今は亡きソ連と東ドイツの友好関係が生んだ茶館での、優雅な午後のひとときでした。
(はまかぜ新聞 2012年4月)

Tadschikische Teestube
Am Festungsgraben 1, 10117 Berlin
Tel. (030) 2041112
Mo-Fr(月〜金) 17-24 Uhr
Sa und So(土日) 15-24 Uhr

この茶館のことをより詳しく知りたい方は、「気まま ・ ベルリン ・ カフェ巡り Vol.2」の記事がおすすめです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-07-18 12:24 | ベルリン発掘(東) | Comments(6)

ベルリンに秋葉原が出現!

e0038811_2024725.jpg
見本市「YOU」の中のAKIBA@DE秋葉原のブース

6月8~10日、ベルリンのメッセ会場で見本市「YOU」が開催されました。YOUは1996年にドルトムントで始まった14~22歳の若者向けのトレンドメッセで、音楽、スポーツ、ライフスタイル、教育の4つのセクターから成っています。会期中は約14万人が訪れるなど、この種の見本市としては欧州で最大規模なのだそうです。

今年のYOUの特徴は、ライフスタイル内にアジア・エリアが設けられ、多くのブースが並んでいたこと。「マンガ、アニメ、スシはこちらでもよく紹介されますが、寿司以外の食文化や語学、伝統文化も含めて、ヨーロッパの若者にもっと日本のことを紹介したいと思っていました」と、主催者であるベルリン見本市会社のマライケ・ランツさんは説明します。

中でも目立っていたのが、AKIBA@DE秋葉原と大きく書かれた奇抜なブース。これは、東京・葛飾のシン・ネットワーク社がメイン出展して作られたものです。実行委員会の多賀信樹さん(デュッセルドルフ在住)は、「ポップカルチャーも含め、今の日本の生活文化を日本人の手で紹介したい。その際、われわれの出展のイメージをはっきりさせるために、外国人にとっても重要な観光スポットとなっている秋葉原を全面に出そうと思いました」と語ります。

浴衣の試着コーナーはドイツ人にも好評だったそうで、デュッセルドルフで活動しているアーティストたちによる現代アートの作品も並んでいました。

メイド服を着て手拭いを売る若い女性に話し掛けてみると、日本人かと思いきや内モンゴル出身で、現在はエッセンでドイツ語と日本語を勉強しているという鄭北婷さんでした。漫画『SLAM DUNK』を読んで日本文化に興味を持ったという彼女。「あ、これはメイド服ではなくて、ゴスロリ(ゴシック&ロリータ・ファッションの略称)ですよ」と流暢な日本語で指摘されたものの、私には何のことかさっぱりわからなかったことを告白しておきます。東京発のポップカルチャーが、今や海を越えて広まっていることを実感しました。

e0038811_2025891.jpg
手拭いを売る女性2人。右が鄭北婷さん

最終日は、東京からラーメン屋「豚とこむぎ」、パリからはコスプレお好み焼き屋「お好み娘」がそれぞれの名物をふるまい、こちらも好評だったとか。前述のランツさんは、「来年はぜひ、ここで弁当講座を開きたいですね」と意気込んでいました。
ドイツニュースダイジェスト 7月13日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-07-14 13:07 | ベルリンのいま | Comments(0)

新しくなったヴィッテンベルク広場駅前

e0038811_17361475.jpg
KaDeWeデパートがあるヴィッテンベルク広場駅前。かれこれ2009年頃から遊歩道の改修工事をしていたのですが、最近ようやく完成したようです。ご覧の通り、きれいになりました。

e0038811_17362854.jpg
駅前から、タウエンツィエン通り方向を臨む(この先はまだ工事中)。改装中のカイザー・ヴィルヘルム記念教会はまだ覆いがかぶさっていますが、シティヴェストと呼ばれる旧西側の中心部は大きく変わろうとしています。いや、それどころか、バスやSバーンに乗っていても、ベルリンは新たな建設ラッシュが始まったのではと思うぐらい、至る場所が工事現場だらけ。その様子は、また折に触れてお届けしたいと思います。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-07-12 10:55 | ベルリン発掘(西) | Comments(0)

発掘の散歩術(24) -ボヘミア村の誕生日-

e0038811_2015562.jpg
6月の週末、ノイケルン地区で開催されたアートイベント「48時間ノイケルン」を見に行ったときのことだ。同地区内のリクスドルフ(ドルフ=村)を歩いていたら、普段は静かなこの場所に祝祭的な雰囲気が漂っている。キルヒガッセという通りでは、細い路地の奥までテーブルが並び、人々がケーキを頬張りながら賑やかに歓談しているではないか。「一体何だろ」と思っていたら、275の数字が目に入った。なるほど、この村の275周年のお祭りだったのである。

その昔、今よりも小さかったベルリンには、郊外にいくつもの村が点在していた。中でもこのリクスドルフは特殊な歴史背景を持つ。1737年、東ボヘミアのチェルムナ村を追放された350人ほどの新教徒がベルリンのこの地にたどり着いた。ハプスブルク帝国統治下のチェコでは、信仰を禁じられていたためである。同年6月15日、移民の受け入れには寛容だったプロイセンの時の王フリードリヒ・ヴィルヘルム1世は、自らが購入したリクスドルフの農場を彼らの居住地区として提供した。それにより、ドイツ人が住むドイツ・リクスドルフの北側に、チェコ人のボヘミア・リクスドルフが誕生し、それぞれ自治が営まれることになった。

ボヘミア・リクスドルフは、現在のリヒャルト広場北側のリヒャルト通り、およびキルヒガッセ周辺。大通りのカール・マルクス通りから200メートルほど歩くと、突然牧歌的な風景が目の前に現れる。このギャップは、何度味わっても楽しい。

e0038811_2024687.jpg
この村のシンボルは、フリードリヒ・ヴィルヘルム1世の大きな像。軍隊王のあだ名を持ち、臣下や息子のフリードリヒ大王に厳しく接するなど悪評もつきまとう王だが、この村のチェコ人にとっては恩人。実は、王の像が設立されて今年でちょうど100年だそうで、足下には記念の月桂樹の飾りが輝いていた。

この日は、キルヒガッセ沿いの住居も見学できた。入り口のレンガの高い壁からは想像できないほど、広々とした庭と納屋のような大きな倉庫、そして立派な家屋が奥に続き、住人たちがにこやかに迎えてくれる。ボヘミアからの亡命者は農業、そして手工業に携わる人が多かったそうで、住居の造りもその名残なのであろう。

100メートルはありそうな長テーブルに座って、地元の教区のご婦人方が作ってくれた美味しいケーキとコーヒーをいただいてから、近くの小さなミュージアムに行ってみた。案内をしていたポリーナさんという年配の女性に、「リクスドルフに今もチェコ人は住んでいるのですか?」と素朴な質問をしてみた。もちろん、という顔をしてこう説明してくれた。「今あなたが見てきた通りの小さな遊び場に、子どもたちがいたでしょう。彼らはベルリンに最初にやって来たチェコ人から数えて16代目の子孫にあたるのよ!もちろん私もね」

そうなのだ。家に招き入れてくれた人も、ケーキを振る舞ってくれた教会のご婦人方も、ドイツ語を母語として話していたから気付かなかったが、その多くが祖国を逃れて来たボヘミアンの子孫たち。

後でパンフレットを見たら、「このコーヒーテーブルは、追放者の子孫による感謝のしるしです」と書かれていた。
ドイツニュースダイジェスト 7月6日)


Information
ボヘミア村のミュージアム
Museum im Böhmischen Dorf


かつてチェコ人学校だった建物の中にある小さな博物館。移住の歴史から、生活の伝統、信仰、手工業、教育に至るまで、ベルリンのボヘミアンの過去と現在を、実物の衣服や生活用品などを交えて紹介している。開館時間は限られているが、前述のポリーナさんはじめ、スタッフの対応は親切だ。

住所:Kirchgasse 5, 12043 Berlin
電話番号:(030)687 4880
開館:木曜14:00~17:00、第1・第3日曜12:00~14:00
URL:http://museumimboehmischendorf.de

リクスドルフ鍛冶屋
Rixdorfer Schmiede


リクスドルフの中心、リヒャルト広場にある鍛冶屋。チェコ人がやって来る前の1624年創業という古い歴史を持ち、現在の建物は1797年に建てられたもの。今も現役の鍛冶屋で、体験講座や包丁の研磨作業などのサービスも提供している。毎年第2アドヴェントにこの広場で行われる名物のクリスマスマーケットの際は、内部を見学できる。

住所:Richardplatz 28, 12055 Berlin
電話番号:(030)694 2232
営業:月火木金10:00~16:00
URL:www.rixdorferschmiede.de

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-07-08 13:14 | ベルリン発掘(西) | Comments(2)

大船渡を旅する(4) 陸前高田

e0038811_7242598.jpg
陸前高田市(2012年5月19日)

大船渡市の運動会を見た後、諏訪君にお願いして陸前高田市内に連れて行ってもらった。陸前高田にはその2日前にも行ったのだが、そのときは大雨のため車の中から眺めるだけだった。どうしてももう一度ここに来て自分の足で歩いてみたいと思ったのだった。

この日は晴天で、視界も良好。「奇跡の松」として有名になった陸前松原の1本松を遠目に眺めてから(この地点から先は立ち入り禁止になっていた)、陸前高田駅跡に行ってくれないかと友人に頼んだ。私は初めての街を来たとき、そこを鉄道が通っていれば、まず駅に行ってみる妙な習性が昔からある。

しかし、これがなかなか容易なことではなかった。
車のナビを使って駅を目指したが、至るところに積まれた瓦礫の山が、ナビの指示に従って進もうとするわれわれをはばむ。これは無理だと判断して、私は車から降りて、2年前の市街図を手に駅を目指した。市街に残った数少ない建物の廃墟、特に県立高田病院の位置と方角を頼りに歩くと、駅前から続く通りに抜け出た。そこをまっすぐ歩くと、正面が駅前の広場である。

e0038811_7243496.jpg
もっとも、駅舎も何もかも流され、かろうじてホームの跡がその名残を留めるだけであった。陸前高田駅の往年の姿はYouTubeの映像で見ることができるが、昭和初期に建てられたかわいらしい駅舎だったようだ。

三陸鉄道は最近再開工事が始まったようだけれども、その大部分が海岸線に沿って走る大船渡線の惨状は目に余るものがあり、沿線の街の壊滅の程度を思うと、そもそも再びここに鉄道が走ることはあるのだろうかと、私は気の遠くなるような思いに駆られた。

大船渡線を利用していたのは高齢者と高校生が中心で、地元の人でさえ復旧にあまり執着していないという話も聞いた。もちろん、高齢化が進む地元の人の貴重な足であることは間違いないし、個人的には将来全線復旧することを願う。だが、それは陸前高田や沿線の街がこれからどのような形で復興するかにもよるのだろう。

駅前通りの往時の賑わいを想像しながら、車を駐車してもらっている市民体育館の方に向かって歩いた。

e0038811_7244392.jpg
中心部のこのあたりはさすがに瓦礫の撤去は進んでいるのだが、震災から1年以上過ぎたいまも、人びとの生活用品がときどき無造作に置かれていたりする。

市役所やその向かいの市民会館には献花台が置かれ、多くの花や千羽鶴が飾られていた。そのとき、一台のバスが到着し、ボランティアの皆さんがやって来た。手を合わせて祈る人、写真を撮る人、一瞬だが神妙な空気が流れる。

陸前高田市民体育館は、今回被災地を訪れた中で、もっとも強烈に心に刻まれた場所だったかもしれない。ご存知の方も多いと思うが、ここは一時避難所に指定されており、震災直後、多くの人が避難していた。しかし、津波は全てを飲み込み、水位は一時天井の手前40センチのところまで達した。結局、天井のはりにつかまった3人を除き、約80人もの方が亡くなったのだそうである。「6月に取り壊されるかもしれないから、絶対見ておいた方がいい」と諏訪君に言われていた。

e0038811_0231712.jpg
おそるおそる中に入ってみると、そこはほとんど震災直後の状態のままのように思われた。車が2台打ち上げられており、片方の乗用車の助手席には花束が供えられていた。無数の死者の気配がいまだ残っているかのようだった


e0038811_7245036.jpg
母や諏訪君と話していて不思議に思ったのが、津波は海側から襲ってきたに違いないのに、大きくえぐれていたのが、海側ではなく、山側の側面だったことだ。一体どうしたらこういうことになるのか。はっきりしているのは、人間の想像をはるかに越える力がこの街を襲ったという事実だけか・・・。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-07-03 01:15 | ニッポン再発見 | Comments(3)

「家庭画報」2012年8月号 特集「芸術都市『ベルリン』の魅力」

e0038811_18462041.jpg

6月30日発売の雑誌「家庭画報」8月号では、「芸術都市『ベルリン』の魅力 佐渡 裕と巡る美術遺産」という特集記事を掲載しています。ご縁があって、佐渡さんの美術館の取材同行とその部分の記事の執筆を担当させていただきました。ほかに、旅エッセイ『ベルリン 東ドイツをたどる旅』の著書の見市友さんも執筆されています。「家庭画報」のような老舗雑誌が、ベルリンの特集を組んでくださったのはうれしいこと。ダイナミックな写真と併せて、ご覧いただけると幸いです。

以下に「家庭画報」のHPより
----------------------------------------------------
2012年8月号 芸術都市「ベルリン」の魅力 佐渡 裕と巡る美術遺産

激動の時を刻んできた、ベルリン。東と西、新と旧、保守と革新が時空を超えて交錯するこの街には、歴史の証人ともいえる膨大な美術コレクションが数多く存在します。世界有数の芸術都市ベルリンを、欧州での活動拠点をここに置く世界的指揮者、佐渡 裕さんと巡りました。

佐渡 裕
故レナード・バーンスタイン、小澤征爾に師事。現在ドイツ、フランス、イタリアなどを中心に各国のオーケストラを多数指揮。2011年5月ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団にデビュー。国内では兵庫県立芸術文化センター芸術監督、シエナ・ウインド・オーケストラ主席指揮者も務める。『題名のない音楽会』(テレビ朝日系)の司会者としても人気を集めている。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-07-02 12:23 | ベルリンを「読む」 | Comments(0)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング