ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

NHK「テレビでドイツ語」7月号 - リューベック -

e0038811_683696.jpg
NHK「テレビでドイツ語」2012年7月号のテキストが発売中です。私の連載「ハンザ都市を巡る」では、リューベックの後編を扱っています。今年度の講座の舞台がハンブルクであること、リューベックがかつて「ハンザの盟主」だったことから、この2都市に限っては前後半に分けて紹介しているのですが、リューベックへの思い入れが強い方は、意外といらっしゃるようですね。

例えば、5月に高校時代の英語の先生に12年ぶりにお会いする機会があったのですが、ハンザ都市の連載の話をしたら、「ハンザといって思い浮かぶのはリューベックだね。トーマス・マンの『ブッデンブローク家の人びと』には昔ハマったなあ。あそこには一度行ってみたい」としみじみおっしゃっていたのがとても印象に残りました。

もう1人、3月にハンザの連載の告知をした際にすぐに反応してくださったのが、twitterを通じて知り合った作家の千葉望さん。やはり、『ブッデンブローク家の人びと』がリューベックに興味を持つきっかけになったそうで、私が「まだ未読なんです」と言ったところ、「ハンザ同盟都市の市民社会の変貌を理解するには、とてもよい本ですよ」と廃刊中のこの本をわざわざ古本サイトで探して贈ってくださったのでした。

e0038811_6115281.jpg
この夏の読書の大きな楽しみになりそうです。千葉さん、ありがとうございました。8月に数日間バイロイトに行くかもしれないので、ワーグナーの音楽をイメージしながらこの小説の世界に浸れたら最高です^^。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-06-25 23:39 | ドイツ語関連 | Comments(0)

大船渡を旅する(3) 大船渡の運動会

e0038811_4421517.jpg
記憶が薄れないうちに、旅のメモをまとめておかなければと思う。

5月19日
この日は土曜日ということで、諏訪君が午前中から車で案内してくれた。抜けるような青空が広がったこの日、大船渡市の各地の小中学校で運動会が行われ、彼が日頃勤務している学校をいくつか巡ることになった。まさか大船渡に来て運動会のハシゴをすることになるとは思わなかった(笑)。

最初に訪れたのは、丘の上にある大船渡小学校。ここは校長先生の迅速な判断と対応により、子どもたち全員を一段高台にある大船渡中学校に避難させることができたのだそうだ。

e0038811_4262347.jpg
続いて訪れたのが、赤崎小学校と蛸ノ浦小学校の合同の運動会。

蛸ノ浦小校庭には仮設住宅があり、赤崎小も校舎が津波で全壊してしまったため、綾里地区にある多目的グラウンドで運動会が行われていた。ここでは児童の家族だけでなく、地元のご老人なども見に訪れているようで(仮設住まいの方も多くいるのかもしれない)、なごやかな空気に包まれていた。

e0038811_453447.jpg
e0038811_4422636.jpg
吉浜小学校と中学校の合同運動会では、中学生がソーラン節を、小学生は剣舞という東北地方太平洋側に伝わる伝統の舞を披露し、見応えがあった。何より子どもたちの元気な姿を見られたのが何より。

どこの学校でも諏訪君がわざわざ校長先生のところまで連れて行って私のことを紹介してくれた。「へ~わざわざドイツから?遠路はるばるご苦労様です」などと言われると恐縮してしまう。先生方の言葉や、生徒たちと接しているところを見ても、諏訪君が各学校の人々に溶け込んで、信頼されている様子が何となく伝わってきた。

だが、カウンセラーとしての日々の話を聞くと、これは相当に大変な仕事だと思った。生徒だけでなく、先生方からの相談を受けることも多いという。肉親を亡くしたにも関わらず、子どもたちの前では気丈に振る舞おうと努めストレスを抱え込んでいる先生、避難する際に津波で人が流されている様子を見てしまった子どもたち・・・人の喪失、物の喪失、慣れ親しんだ街並みが変わってしまったことの喪失感、それら全てが同時に襲いかかってきた人も少なくないのである。人々の苦しい心のうちを聞くことを仕事とするカウンセラーが、逆に参ってしまうという話も聞いた。諏訪君が言うには、阪神大震災のときは、震災から3~4年経った頃心理カウンセラーへの相談件数がピークを迎えたという。かけがえのないものを失ったことからくる心の喪失は、生活がある程度落ち着いたときに、ふと押し寄せてくるのかもしれない。大変なのは、まだまだこれからなのである。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-06-12 21:55 | ニッポン再発見 | Comments(0)

世界を味わうレストラン「ヴェルトキュッヘ」

e0038811_18225163.jpg
パステルカラーの内装がかわいらしい「ヴェルトキュッヘ」の店内

クロイツベルク地区にユニークなコンセプトの下で運営しているレストランがあると聞き、先日お昼時に訪ねてみました。ラントヴェーア運河の岸辺から一歩入ったグレーフェ通りを行くと、リンゴのマークの看板が見えてきました。店の名は「世界の料理」を意味する「Weltküche(ヴェルトキュッヘ)」。

e0038811_18235022.jpg
パステルカラーの内装は温かさと心地良さを感じさせ、セルフサービスのレジからは女性の店員さんの元気な声が響き渡ります。ランチ・メニューは日替わりの3種類で、私はナスに挽肉を詰めてオーブンで焼いたオリエント風の料理を頼んでみました。薄味のトマトソースと肉の香ばしさがマッチしていて、とても美味しかったです。値段は4.50ユーロ。全体的に物価が安めの同地区にあっても、さらにワンランク下の価格設定といえるでしょう。

実は、ここで働く約10人のスタッフの中に、ドイツ人は1人もいません。例えばこの日は、トルコ人のウェイトレスにエジプト人のコック、料理を運ぶウェイターはトルクメニスタンから移住して来たという青年……という具合。ヴェルトキュッヘは、ベルリン在住の無職の移民に職業訓練と働く場を提供しようという社会プロジェクトから生まれたレストランなのです。

ヴェルトキュッヘがグレーフェ・ヴィルトシャフトというNPO団体によって運営されるようになったのは、2009年のこと。当時からアドバイザー役を務めているアネッテ・ヤンコフスキさんに話をうかがいました。「もともと私はドイチェ・バーンに勤務していましたが、ヴェルトキュッヘのアイデアに感銘を受け、力になりたいと思ったんです。ここで働く人の中には、政治状況が困難な国の出身ゆえ、ドイツの滞在許可に問題を抱えている人も多く、州やEUレベルのネットワークとも提携しながら彼らを援助しています」。ランチ、夜のビュッフェ共に、地元の人に好評で、ケータリングサービスも行っているそうです。

e0038811_1823686.jpg
厨房で働くツァーヘアさん(左)とトルコ出身のコザックさん

コックとして働くアブデル・ツァーヘアさんは、18年前にエジプトからベルリンに移住して以来、飲食業を点々としていたそうですが、「ここでは、その日のメニューを自分で決められるんだ。トルコ系、オリエント系、もちろん私の出身地エジプトの料理もね。毎日がとても楽しいよ」と嬉しそうに語ってくれました。

これらの活動と理念が評価され、ヴェルトキュッヘは昨年、連邦政府が主宰する「ドイツ―アイデアの国」コンテストで受賞しています。営業時間は、月〜金 12:00〜22:00(冬期は12:00~16:00)。http://die-weltkueche.org
ドイツニュースダイジェスト 6月8日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-06-10 11:28 | ベルリンあれこれ | Comments(0)

発掘の散歩術(23) -フンボルト・ボックスから眺める未来のベルリン-

e0038811_17474559.jpg
Unter den Linden (Ohne die Linden?) 2012年2月

ブランデンブルク門から東に延びるベルリン随一の目抜き通り、ウンター・デン・リンデンを最近初めて歩いた方は、びっくりされたかもしれない。「菩提樹の下」の通り名とは裏腹に、菩提樹の並木道がきれいになくなっている部分に出くわすからだ。

実はこれ、ある工事のための措置。ブランデンブルク門からアレクサンダー広場まで全長2.2キロの地下鉄U55の拡張工事が、2019年の完成を目指して間もなく始まるのである(菩提樹はその後、新たに植え直されるそうなのでご安心を)。

ウンター・デン・リンデンの先を行くと、さらに注目を集めるであろう巨大プロジェクトの現場が見えてくる。1950年までここに建っていたホーエンツォレン家の王宮の再建だ。

e0038811_17313093.jpg
ウンター・デン・リンデンの向こうに見えるフンボルト・ボックス

ルストガルテンの向かいの広大な敷地に今、八角形の奇抜な建物が立っている。その名も「フンボルト・ボックス」。「フンボルト・フォーラム」という名称で呼ばれる王宮の再建に関する情報センターだ。昨年夏のオープン後、観光客だけでなく地元住民にもなかなかの評判を呼んでいるというので、入ってみることにした。

e0038811_1731465.jpg
王宮の地下部分。貴重な部分は将来的に保存されるという

入場料を払って階段を上っていくと、まるで巨大な遺跡の発掘現場のような、裏手の敷地を見下ろせる場所がある。ここで掘り起こされているのは、かつての王宮の地下部分。将来、新しい地下鉄はこの真下を通る。

その先には、王宮の歴史と再建プランが、映像や模型なども交えて詳しく紹介されていた。建設費用の5億5200万ユーロのうち、8000万ユーロは募金で賄われることになるため、ここは訪れる人へのアピールの場でもあるのだ。そのため、自動募金機なるものも置かれていた。

上の階は、将来フンボルト・フォーラムに収容される国立民族学博物館とアジア美術館からの展示。シルクロードの遺跡や、見たこともないようなアフリカの生物の標本などがいきなり置かれているものだから、びっくりする。もともと、膨大な費用をかけて王宮を再建することは、ドイツ人の間でも意見が真っ二つに分かれた。ここに2つの非ヨーロッパ系のミュージアムを移すのは、王宮再建が決して単なる復古ではなく、世界に開かれた場所であることを示す狙いもあるのだろう。いずれにせよ、フンボルト・フォーラム は、ヨーロッパ5000年の文化財を収めた向かい側の博物館島と好対照をなすことになる。

e0038811_17451398.jpg
最上階まで上ると、そこは展望台兼レストラン。東の方向にはウンター・デン・リンデンとその奥のブランデンブルク門をきれいに見渡せた。何とも絶妙な位置に造ったものである。この眺めを体験するだけでも、入場料を払う価値はあると感じた。

連邦政府の財政削減策から延期 されていた王宮再建だが、いよいよ2014年から始まるという。完成は2019年の予定だ。楽しみでもあるけれど、「やれやれ、ベルリンの中心部はまた工事現場だらけになるのか」という思いとが相半ばしている。
ドイツニュースダイジェスト 6月1日)


Information
フンボルト・ボックス
Humboldt Box


2011年7月のオープン後、入場者数は27万人を越え、ベルリンの中心部で最も人を呼ぶ場所の1つになった。展示 は20時までだが、屋上のレストラン・カフェは23時まで営 業(月曜は20時まで)。入場料は4ユーロ(割引2.50ユーロ)。 フンボルト・フォーラムの建設が始まった後は、工事現場 を一望できる場所にもなる。

住所:Schlossplatz 5, 10178 Berlin
電話番号:01805 030 707
オープン:毎日10:00~20:00
URL:www.humboldt-box.com


ベルリン大聖堂
Berliner Dom


1905年に完成したバロック様式の壮麗なプロテスタント教会。第2次世界大戦の空爆で大きな被害を受けた後、1975年から93年まで長い年月を掛けて修復された。ホ-エンツォレルン家の菩提寺としても知られ、地下の霊廟にはフリードリヒ1世、フリードリヒ・ヴィルヘルム2世など、歴代の王族の墓が並ぶ。天蓋部分からの眺めも素晴らしい。

住所:Am Lustgarten, 10178 Berlin
電話番号:(030)20269 136
営業:月~土9:00~20:00、日祝12:00~20:00
URL:www.berlinerdom.de

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-06-04 10:56 | ベルリン発掘(東) | Comments(4)

大船渡を旅する(2) 唐丹-釜石-バスで碁石海岸へ

e0038811_16311667.jpg
大船渡市越喜来にて

5月18日
朝、諏訪君にはるばるあづま荘まで迎えに来てもらい(公共バスは2時間に1本ぐらいしか出ていないのだ)、大船渡市内へ。この日もレンタカーを借り、まず釜石の方面に向かうことにした。

前回の記事に写真家の大洲大作さんがコメントしてくださったように、「被災地、と一言でくくるには、この大震災で被災した地域はあまりに範囲が広く、被害の程度にも幅がある」。大船渡市だけでも、実はかなり広い。浜街道を北上し、トンネルに入っては抜け出てを繰り返しながら、越喜来(おきらい)、吉浜、唐丹(とうに)などリアス海岸に面した集落を過ぎていく。まず名前の読み方と場所を確認することから始め、度々車から降りては、その風景を記憶に留めておこうとした。

e0038811_1631304.jpg
三陸鉄道南リアス線唐丹駅のホームから。現在運休中だが、数日前、近々再建に向けた工事が始まるといううれしいニュースも耳にした。

唐丹の海には堤防が築かれていたが、津波は楽々とこの上を越えていったようだ。このすぐ向こうの小学校の体育館には、ピアノが痛ましく置かれていた。

e0038811_16313678.jpg
階段を上がって堤防の向こうを見渡すと、がれきの山が一面に広がり、絶句してしまう。1台のショベルカーが黙々と分別作業をしており、奥の方には冷蔵庫など大型家電などを集めた一角も見られた。この1箇所に限っても、まったく気の遠くなる作業に違いない。ここの住民は去ることを余儀なくされ、聞こえてくるのは、ショベルカーの「ゴトゴトゴト」という音だけ。穏やかな海を背景に、被災地では大体どこも静けさが支配していた。

平田総合公園を通ったとき、敷地内に仮設住宅がずらっとひしめき、釜石の大観音を望みながら、ゆるやかな坂を下っていくと、今度は前方に巨大な瓦礫の山が広がった。

e0038811_1630581.jpg
お昼は、釜石駅近くの「サン・フィッシュ釜石」の食堂でウニ丼を食べた。言うまでもなく、とてもおいしい。店内はかなり活気が戻っているように感じられた。仮設店舗に移った呑ん兵衛横丁にも行ってみたが、ここはまだ開いていなかった。

e0038811_1631434.jpg
釜石市役所近くの高台から。建物の中には津波が押し寄せたラインがまだ生々しく残っているものもあった。

e0038811_16314351.jpg
e0038811_1631479.jpg
夕方、大船渡に戻って、盛サンリア18時12分発、碁石海岸行きの最終バスに乗ってこの日の宿に向かう。前日に車で走った道路だが、路線バスの車内には人々の日常の生活があり、風景も新鮮に見える。窓の外をぼんやり眺めていると、意識せずとも、地元の高校生たちの会話が耳に入ってきた。ちょうど新学期の始まった季節、数名の女子高生が、体格は大きいが控え目そうな男子に向かって、「ねえねえ、彼女できたあ?」と車内に響き渡る声で言う。恥ずかしそうにする彼らに対して、「顔カワイイからすぐにできるよ」と(笑)。のどかな車中だったけれど、若い彼らは、風景が変わってしまった大船渡の街を毎日眺めながら学校に通っているのかと思う。そんな女子高生たちも、1人また1人と日没が迫った停留所で降りてゆき、終点に着いたときは私たちだけになっていた。

e0038811_16312837.jpg
この日は民宿の海楽荘に宿泊。5号室は眼下が海で、波の音がずっと鳴り響いていた。夕食は、マグロの兜煮を始めとした豪勢なものだった。震災後、温泉は地元の人に無料で開放しているのだそうだ。

日本滞在中の日記はもう少しリアルタイムで綴りたかったけれど、続きはベルリンに戻ってからになりそうです。Bis bald!

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-06-01 18:56 | ニッポン再発見 | Comments(2)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング