ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『音遊人』2012年6月号「ドイツ特集」

e0038811_6381338.jpg
ヤマハの会員誌『音遊人』の6月号が刊行されました。今号は、ドレスデン、ベルリン、ハンブルクをテーマにしたドイツ特集で、私はベルリンとハンブルクの取材アテンドのほか、「ベルリンで奏でる音楽〜音楽都市のアマオケ事情」という自分の経験を元にしたエッセーも書かせていただきました。この雑誌はヤマハフィーリングクラブ向けの会員誌なのですが、ヤマハ特約店の書籍売り場にも置かれているそうです。村川荘兵衛さんによる写真も素晴らしいので、一読いただけるとうれしいです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-04-26 00:12 | ベルリンを「読む」 | Comments(0)

『カズ語録』(PHP文庫)のご紹介

e0038811_1112021.gif

宣伝や案内が続き恐縮ですが、もう1冊紹介させてください。PHP研究所に勤める真ん中の弟の悠志が企画・編集した文庫本『カズ語録』が最近出版されました。その名の通り、今も現役でプレーを続けるキングこと三浦知良選手のこれまでの語録を集めた本です。今思い出すと、Jリーグが開幕した時代から、弟の部屋にはカズ選手の本が何冊かあったことを記憶しているので、彼の中で長いこと温めていた企画だったのではないかと思います。

巻頭にカズさんの特別寄稿がありますが、これは今年1月、故・松田直樹選手のメモリアルゲームが行われたあと、カズさんがスタジアムから都内へ移動する車中でおこなわれたインタビューが元になっているそうです。弟はこの日カズさんと初対面。「どうぞ、何でも聞いてください」と言うカズさんを前にして、一つトラブルが。事前に練りに練って考えた質問原稿が車内の暗闇で全く読めず(笑)、 緊張のため質問は頭からすっかり飛んでしまったとか。それでも、カズさんはそんな弟の緊張をほぐすかのように終始にこやかに答えてくれた・・・なんて話を後から聞きました。

そんな『カズ語録』の中から、個人的に印象に残った一言。
ヒデは芸術家で、僕は職人なんです。
芸術家は理想とするものがなくなったらすぐやめちゃう。
でも職人はずーっとつくり続ける。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-04-25 22:43 | サッカーWM2006他 | Comments(2)

『街歩きのドイツ語』の増刷が決まりました

e0038811_17181671.jpg
先日、拙著『街歩きのドイツ語』の増刷が決まったという連絡が、三修社の編集部より届きました。小さな本ですが、多くの方に手に取っていただけたこと、大変うれしく思います。担当の方からは、法政大学経済学部のドイツ語の先生が、ゼミの教材として採用してくださった、という連絡も届きました。この場を借りて、買って読んでくださった方々にお礼を申し上げます。また、もしドイツやドイツ語に興味のある方がまわりにいらっしゃったら、おすすめいただけると大変ありがたいです(写真は、編集部より送られてきたリブロ横浜相鉄店の雑誌コーナーの様子)。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-04-25 18:08 | ベルリンを「読む」 | Comments(0)

発掘の散歩術(21) - シェーネベルク自然公園を歩く -

e0038811_1935465.jpg
e0038811_2248038.jpg

新緑が美しく映えるようになった季節、今回はちょっとユニークな公園をご紹介してみたい。

ベルリンの南側のターミナル駅、ズュートクロイツ駅からSバーンで南に一駅、森に囲まれたプリースターヴェーク駅を降りると、てっぺんの赤錆びた昔の給水塔が目の前に立ちそびえる。地図を見ると、ズュートクロイツ駅を頂点に、Sバーンと長距離列車、それぞれが走る2本の線路に挟まれた細長の三角形状の敷地があるのがわかる。遠くからも目立つ給水塔だが、ここがシェーネベルク南地域自然公園という大きな公園になっていることは、最近まで知らなかった。

e0038811_1941917.jpg
かつてのターンテーブルは今も稼働したのでびっくり

元々この敷地は鉄道の操車場だった。1952年、長年ベルリンの主要ターミナルだったアンハルター駅が廃止になると、その南側に位置する操車場も使命を終え、広大な土地は少しずつ自然に戻っていった。70年代後半に新しい貨物駅の建設計画が持ち上がると、環境運動に熱心な市民が猛反発し、開墾を食い止めた。多くの市民の努力の甲斐あって、やがて市から風景・自然保護地域に指定され、1999年に公園としてオープン。 2000年のハノーファー万博の公式プロジェクトに選ばれたことから、ベルリン以外でも知られる存在になったという。

e0038811_19285055.jpg
自然公園内に保存されている1940年製の蒸気機関車

入り口で1ユーロの入場料を払って中に入る。天気のいい日曜日だけに家族連れが多かった。給水塔の下には蒸気機関車の大きな車庫が今も構えている。近くに戦前の蒸気機関車も保存されており、わくわくした気分になってきた。この日は中に入れなかったが、車庫の中では前衛アートの展示やダンスのパフォーマンスが行われることもあるという。よく見ると、周囲にはさまざまなオブジェが飾られている。この自然公園は芸術や文化、教育との結び付きも大事にしているそうだ。

ここから北側に向かって歩いてみた。鉄道の操車場跡というと、だだっ広い空間を想像されるかもしれないが、意外にもこの自然公園にそういう場所はない。木がどこまでも生い茂り、細い遊歩道に 沿ってのみ歩けるようになっている。ベルリンのほかの多くの公園と違って、ここでは犬や自転車の持ち込みもバーベキューも禁止。「そのような余暇の楽しみは、隣接するHans-Baluschek公園でどうぞ」とHPにも書かれていたほどだ。ここはあくまで、貴重な植物や野鳥も生息する自然保護地域なのである。

e0038811_1929873.jpg
一直線の遊歩道が続くシェーネベルク自然公園

だが、この遊歩道に沿って歩くのは楽しかった。突然前にトンネルが現れたり、手作りの展望台があったり、ユニークなベンチやオブジェが置かれていたり、遊びが利いているのだ。遊歩道の下には、今もかなりの数の線路がそのままの状態で敷かれている。周囲の風景は自然に還りつつあり、枕木には苔が生えているが、産業化の象徴でもある鉄道の線路との調和が、奇妙な美しさを醸し出してい た。

緑のシャワーを存分に浴びながら、自然と産業遺産、アートとの融合を楽しむ公園、と言えるだろうか。そのために最適な季節がやって来た。
ドイツニュースダイジェスト 4月6日)


Information
シェーネベルク南地域自然公園
Natur-Park Schöneberger Südgelände


シェーネベルク南側に位置する18ヘクタールの自然公園。入場料は1ユーロ(14歳未満は無料)。敷地内には多くの線路のほか、今も機能するターンテーブルなども保存されている。マルツァーンの世界庭園やブリッツ庭園と同じく、グリーン・ベルリン有限会社が管理しており、3つの公園に共通の年間パス(20ユーロ)もお得。

住所:Prellerweg 47-49, 12157 Berlin
電話番号:(030)700 906 24
開館:毎日9:00~日没まで
URL:www.suedgelaende.de


カフェ・パレズュート
Café Paresüd


自然公園内にあるカフェ(Sバーンのプリースターヴェーク駅からすぐ近く)。土日のみの営業だが、緑に囲まれた中で、ブランチ(日祝の11:00~14:00)や種々のケーキなどを楽しむことができる。小さな子連れにもやさしい。150人まで収容可能な建物は、結婚式や各イベント会場としてもレンタルしているとのこと。

住所:Prellerweg 47-49, 12157 Berlin
電話番号:0173 208 30 23
開館:4~10月の土日祝11:00~18:00
URL:www.paresued.de

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-04-12 12:43 | ベルリン発掘(西) | Comments(2)

カダケスへの道(1)

e0038811_383098.jpg
日本からのお客さんが立て続けにやって来て、とても慌ただしかった3月。中旬には母がお友達2人を連れてベルリンを訪れ、一緒にバルセロナに行って来ました。中でも印象深かった、バルセロナからカダケスという街に小旅行で行ってきたときのことを記しておきたいと思います。

3月23日、サンツ駅でレンタカーを借りて、スペインでの初ドライブが始まった。運転は私。バルセロナから170キロほど離れたカダケスという小さな漁村に行くことになったのは、一昨年自転車でヨーロッパを回った下の弟が、ダリの故郷フィゲラスにあるミュージアムに行って大きな刺激を受け、それを母に話したことがきっかけだったようだ。バルセロナから1泊の日程で、フィゲラスのほか、ダリの「卵の家」があるカダケスにも行ってみようということになったのだ。

とはいえ、フィゲラスもカダケスも、ほとんど予習していなかった私。車にはナビが付いておらず(数日前、同じ会社のベルリン支店でまったく同じクラスの車を借りたときはちゃんと付いていたのだが)、しかも、スペインの道路地図さえ持っていなかった。まあ、2都市の大体の位置関係はわかる。弟が勧めていた風光明媚な海沿いの道を走りながらフィゲラスに行き、ダリのミュージアムを見て、夕方カダケスに到着、という大ざっぱなプランを考えていた。

が、最初の誤算だったのが、バルセロナの市内から抜け出すこと。この街には一昨年の夏、ある雑誌の取材で1週間滞在し、自転車でも周り、土地勘もある程度はあるつもりだった。が、車と自転車とではやはり違う。道が細かったり、方向転換をしようにもUターンできる道が1つおきしかなかったり、そうこうするうちに次第にどこを走っているのかわからなくなってくる。ようやくディアゴナール大通りに入った。ゆるやかな坂を下っていくと左手にサグラダ・ファミリアが見え、母曰く「東京モード学園みたい」というあの有名な円錐形の現代建築を横目に、そろそろ海沿いの道が見えてくるはず、と思いきや、今度はやたら中国語の看板が目立つ倉庫街に入り込んでしまったようで、風光明媚な道にはいつまで経ってもたどり着かない。ガソリンスタンドで道を聞いた時点で海沿いの道は諦め、高速道路で行くことに。市内に戻って高速に乗るまでさらに一悶着あり、ようやく高速道路に入った時は、車を借りてからすでに2時間が経過していた・・・。

e0038811_24242100.jpg
ドイツに比べるとカーブは多いものの、高速道路に入ってからは快適だった。フィゲラスのインターで降り、ダリのミュージアムは明日に回すことにして、何はともあれカダケスに直行。「卵の家」はガイドツアーのみ見学が可能になっていて、最終の17時10分に予約をしていた(ただし、チケットの発券はその30分前に済ます必要がある)。それを逃すわけにはいかない。ロザスという街への分岐点を越えたあたりから、山越えに入る。ジグザク状に左右に揺られながら、山の頂上を越え、やがて下りに入り、右手にカダケスの白い家々が視界に入った時はさすがにほっとした。ダリの「卵の家」は、一旦街の中心部を抜け、海沿いの道をうろうろ走っている最中、突如前方に現れた。一同「あったー」と大興奮。何とか入場の30分前に申し込みを済ませ、中に入るまでの間、卵の家の前で出会ったネコとしばらく遊んでいた。
e0038811_2472952.jpg
e0038811_2425786.jpg


(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-04-09 20:17 | 欧州を感じる旅 | Comments(0)

早稲田大学交響楽団のベルリン公演2012

e0038811_64342.jpg
ベルリン・フィルハーモニーに登場した早稲田大学交響楽団 © Tetsuro Kanai

東日本大震災から1周年となる3月11日、早稲田大学交響楽団がベルリン・フィルハーモニーで公演を行い、大成功を収めました。

早稲田大学交響楽団は、同大学の学生約300人からなるアマチュア・オーケストラ。1978年にベルリンで行なわれた第5回青少年オーケストラ・コンクールで優勝して以降、定期的に海外公演を行うようになり、世界的にも知られる存在となりました。

今回のベルリン公演は、2月から3月にかけてドイツとオーストリアの12都市をめぐる第13回目の海外公演「ヨーロッパツアー2012」の一貫として行われたもの。ツアーの日程はかなり前から決まっていたそうですが、奇しくもベルリン公演が3月11日に重なったことから、東日本大震災の追悼演奏会となりました。指揮は、長年に渡って同交響楽団の指導を務めてきた田中雅彦氏です。

前半のR.シュトラウスの「アルプス交響曲」は、大規模な楽器編成と高度な演奏技術が要求される、アマチュアが取り上げることは稀な作品。しかし、冒頭の夜明けから荒々しい嵐の場面まで、若い学生たちがオーケストラとしての高い表現力を存分に披露します。約1時間の大曲ですが、低音に重きを置いた豊かなハーモニーが途切れることなく、聴衆からは驚きに満ちた空気が生まれていました。

後半のハイライトを飾ったのは、今回のツアーが初演という、由谷一幾氏の「和太鼓と管弦楽のための協奏曲」。過度にエキゾティズムに偏らない緻密な論理性に貫かれた音楽で、3人の和太鼓奏者とオーケストラとの息を呑むような緊張感に満ちた交感の後、堰を切ったようにブラボーの嵐が起こりました。

e0038811_641712.jpg
2013年には創設100周年を迎える早稲田大学交響楽団 © Tetsuro Kanai

アンコールでは「荒城の月」が追悼曲として奏でられ、最後の「ベルリンの風」では口笛が飛び交い、聴衆は総立ちに。ベルリン・フィルが本拠地とするこのホールでもめったに起こらない、幸福な一体感が生まれたのでした。

終演後、楽団員代表の高野和也さん(教育学部4年)に話を聞きました。
「これまで各地の公演で温かい拍手をいただきましたが、ベルリンのお客さんの反応はダントツでした。全く驚いたというのが正直なところで、一生忘れられないと思います」

今回の演奏会は、ベルリン・フィルの映像配信サイト「デジタル・コンサートホール」による生中継が実現。インターネットでこのコンサートを聴いていた東京在住の知人が、後でこんな感想を送ってくれました。
「最後の『ベルリンの風』は、この1年ずっと心の中に半旗を掲げる想いで過ごしてきたその重しを一瞬外してくれたような気がして、改めて音楽の持つ力の大きさに気付かされました」

音楽を専門としない学生から成るアマチュア・オーケストラが、30年以上に渡ってベルリンはじめ、欧州の檜舞台で公演を続けてきたという例は世界的に見ても稀でしょう。この日、ベルリンの聴衆から送られた温かくも熱狂的な拍手は、毎年少しずつメンバーが入れ替わりつつも、時間を掛けて積み重ねられた彼らとベルリンの友好関係を物語っているようで、3.11から1年ということもあり、一層の重みをもって感じました。
ドイツニュースダイジェスト 4月6日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-04-04 23:14 | ベルリン音楽日記 | Comments(0)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング