ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日独の大空襲の記憶を伝える

e0038811_2323125.jpg
第2次世界大戦中、多くのユダヤ人が強制輸送されたベルリン・グルーネヴァルト駅17番線ホームで犠牲者に思いを寄せる二瓶治代さん

2月半ば、第2次世界大戦末期の東京大空襲など日本の空襲体験者がドレスデン、ベルリン、ハンブルクの3都市を訪れ、現地で空襲を体験した人々と交流しました。

今回ドイツを訪問したのは、1945年3月10日の東京大空襲を体験した二瓶治代さん(75)と、同年7月の鹿児島の空襲で左足を失った安野輝子さん(72) のほか、東京や大阪の空襲の遺族や研究者、弁護士ら約20人。ドレスデンでは 同年2月13日のドレスデン大空襲から67年目の追悼行事に参加し、二瓶さんは自らの戦争体験をドイツの聴衆の前で語りました。また、ドレスデン市民と一緒に「人間の鎖」にも加わったそうです。

e0038811_2382322.jpg
ベルリンのマリア・レギーナ教会での交流会の様子 © Wa-PeaceRing

発起人の1人である市民グループ 「和・ピースリング」の山本唯人さんは、 今回の訪独の背景をこう語ります。「東京や大阪だけでなく、ドレスデン、ゲルニカ、重慶といったほかの空襲被災都市でも、これまでその現実はあまり知られていませんでした。冷戦期の政治事情の下では、個々の被災者の体験にまで光が当たらなかったのです。昨年2月にドレスデンで行われた日独の戦争体験者を記録した写真展がきっかけで、戦争体験から被害補償の問題まで、ともに語り合いたいという声が上がりました」

東京大空襲を体験した二瓶さんにお話を伺いました。江東区の亀戸駅近くに家族と住んでいた二瓶さんは当時8歳でしたが、その夜の出来事を克明に記憶されています。火の筒のような焼夷弾が絶え間なく落ちる真っ赤な空、人が燃えているのを目の当たりにしたこと、熱風に飛ばされ、親とはぐれたときの恐怖心、何人もの焼死体の下敷きになったために助かったこと……。

「数時間前まで生きていた人たちが、ごみくずのように至るところに転がっていました。どこの国がやっても、どんな武器を使っても、戦争は残酷なものです」。二瓶さんは江東区の東京大空襲・被災資料センターで、今も定期的に自らの体験を若い世代の人々に語っています。

「ここを訪れる小学生から、たまに『どうしたら戦争はなくなるの? こういう (被災資料センターのような)建物があればなくなるのかな?』と聞かれます。 私はそんなとき、こう答えます。『建物を造っただけでは戦争はなくならないの。こういう展示を見たり、人から話を聞いたりして、戦争が本当に嫌だと思ったらそれをほかの人に伝える。そういう人たちがいっぱい増えて、手をつなぎ、戦争を止めようという声が世界中に広まれば、そして戦争をやりたいと思っている人ができない状況を作れば、戦争はきっとなくなると思うよ』。実際に、少しずつですが(戦争を)食い止めることはできてきていますよね」

戦争の記憶が色濃く残るベルリンは、 二瓶さんの目にどう映ったのでしょう。

「激しい地上戦が行われた街を歩いて も、ユダヤ人の慰霊碑を見ても、私がまず感じたのは『子どもたちはどんなに恐い思いをしただろうか……』。本当に胸が詰まりました」

自らの体験を重ね合わせるように切々と語る二瓶さんの姿を、忘れることができません。
ドイツニュースダイジェスト 3月23日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-03-30 16:13 | ドイツから見た日本 | Comments(6)

NHK「テレビでドイツ語」新連載「ハンザ都市を巡る」のお知らせ

e0038811_17394879.jpg
4月から新開講のNHK「テレビでドイツ語」のテキストで、1年間連載を持たせていただくことになりました。2年間口絵の連載を担当された久保田由希さんを引き継ぐ形で、テーマは「ハンザ都市を巡る」です。

4月と5月は、新年度の講座の舞台でもあるハンブルク。その後もリューベック、ブレーメンといった著名な街から知られざるハンザ都市まで、全12回のシリーズです。ハンザ同盟は国境を越えた交易圏を形成していたため、時にはドイツを離れることもあるかもしれません。私にとっても毎回発見の旅になりそうです。「テレビでドイツ語」テキスト(NHK出版)は毎月18日発売。4月からはこちらでもお付き合いいただけると幸いです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-03-24 09:56 | ドイツ語関連 | Comments(5)

指揮者佐渡裕との対話サロン@ベルリン日独センターのご案内

ベルリン日独センターの文化部の方より、興味深い新企画「対話サロン」のご案内をいただきました。第1回のゲストは来週コンツェルトハウス管弦楽団を指揮する佐渡裕さんだそうです!日独の同時通訳も付きますので、ドイツ人の(もちろんそれ以外でも)知人友人もお誘い合わせの上、ぜひお越しください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
指揮者佐渡裕との対話サロン

日時:2012年3月28日(水) 19時30分開始
会場:ベルリン日独センター
入場料:無料
日独同時通訳付き


この度、ベルリン日独センターにて新企画「対話サロン」を開催いたします。この「対話サロン」はベルリン在住もしくはベルリンに短期滞在中の日本人芸術家とドイツ人芸術家の交流を目的とした企画です。

日本人芸術家(特に日本を拠点とする)は、一般のドイツ人やドイツ人芸術家と交流する機会になかなか巡り合えないとよく言われます。過密スケジュールや言語の壁がそのようなチャンスを少なくしている可能性もあるでしょう。本「対話サロン」は、そのような日本人芸術家たちにドイツ人芸術家との相互交流の機会を提供する催しです。

e0038811_1616896.jpg
佐渡裕氏 © Yuji Hori

新企画第1回目の「対話サロン」には、日本においてはもちろん、ドイツでもその名が広く知れ渡っている日本人指揮者の佐渡裕氏をお招きします。佐渡氏は2011年5月、近年では恩師小沢征爾氏以来となる、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の定期公演で指揮されました。また今年度は、3月29日から3夜連続、ベルリン・ コンツェルトハウス管弦楽団を指揮されます。
佐渡氏の対話のお相手は、ベルリン・コーミッシェ・オーパー(Komische Oper Berlin)のオーケストラ・マネジャーであるアンドレアス・モーリッツ氏です。 両ゲストに音楽、各国における音楽観念、また最新プロジェクト等に関する様々なお話を伺えることでしょう。司会進行はベルリン日独センター文化部の河内彰子が担当いたします。

なお、会場の座席数に限りがございますため、参加をご希望の方は、事前に以下の連絡先に参加のお申込みをお願い申し上げます。

Eメール: kultur@jdzb.de
電話受付 (Herr Buchczik, ドイツ語) : 030-83907-123

当日のプログラム詳細等は、ベルリン日独センターのホームページをご参照くだ さい。
www.jdzb.de

多くの方のご来場を心よりお待ち申し上げております。

ベルリン日独センター
文化部
Saargemünderstr. 2
14195 Berlin
Tel.: (030) 839 07 0
Fax: (030) 839 07 220

Einladung zum Gesprächssalon
**************************************

Sehr geehrte Damen und Herren,

hiermit möchten wir Ihnen
unser neues Veranstaltungsformat
vorstellen:
Einen Gesprächssalon mit in Berlin
ansässigen bzw. gastierenden
japanischen und deutschen Künstlern.

**************************************
Der erste Gesprächssalon des JDZB findet statt

am Mittwoch, den 28. März 2012 (19:30 Uhr)

SADO Yutaka im Gespräch mit Andreas MORITZ

Moderation: KAWAUCHI Akiko
**************************************

Als Gast auf japanischer Seite konnte der in Japan
bekannte Dirigent SADO Yutaka, der im Mai 2011
bei den Berliner Philharmonikern debütierte und nun
Ende März das Konzerthausorchester
Berlin dirigieren wird, gewonnen werden.
Als deutscher Gesprächspartner wurde
der Orchestermanager der Komischen Oper
Berlin, Andreas MORITZ, eingeladen.

An diesem Abend sollen Themen, wie Musik,
das Musikverständnis in den verschiedenen Ländern
sowie über aktuelle Projekte der Gäste zur Sprache kommen.

Die gesamte Veranstaltung wird deutsch-japanisch simultan gedolmetscht.

**************************************

Wir bitten um Anmeldung telefonisch unter 030-839 07-123
oder per E-Mail (kultur@jdzb.de)
(Anmeldungen per E-Mail erst gültig nach unserer Bestätigung)
Falls Sie verhindert sein sollten, bitten wir um Benachrichtigung,
damit wir die Plätze weitervergeben können.


Mit freundlichen Grüßen,

Ihr Japanisch-Deutsches Zentrum Berlin
Kulturabteilung
Saargemünder Straße 2 • 14195 Berlin • www.jdzb.de
Tel: +49 (0)30 839 07-123 • Fax: -220

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-03-24 08:31 | ベルリン文化生活 | Comments(0)

発掘の散歩術(20) - 地上防空壕で観る現代アート -

e0038811_759294.jpg
ミッテのラインハルト通りにそびえ立つ地上防空壕。屋上にボロス氏のペントハウスが見える

不要となった建物は解体して新しく造り替える。一方、残す価値のある古い建物は修復して大事に使い続ける。程度の違いこそあれ、ドイツでも日本でも、都市の進化の過程においてそれは変わらない だろう。が、例外もある。

フリードリヒ・シュトラーセ駅の西側出口からシュプレー川を渡り、アルブレヒト通りを直進。やがてラインハルト通りの角に、古代の要塞のようにも見える灰色一色の 建造物が、無言の圧力をもって目の前に迫ってくる。通称「帝国鉄道防空壕」。もはや不要だが、取り壊したくてもあまりに頑丈に造られているがゆえに解体不可能な地上防空壕が、ベルリンにはほかにもいくつか現存する。「帝国鉄道防空壕」は、第2次世界大戦中の1943 年、強制労働者を動員して建設された。近くのフリードリヒ・シュトラーセ駅が空爆を受けた際、最大2500人の駅の利用客を収容するのが目的だった。45年5月にソ連赤軍によって接収された後は、戦争捕虜の収容所として使われることになる。東ドイツ時代の57年からは果物の貯蔵施設、壁崩壊後の92年からは半ば不法なハードコアのテクノクラブになるなど、その時々の政治状況を背景に活用されてきた。

数年前、私がこの防空壕を初めて訪れたときは空っぽの状態だったが、しばらくしてから「ボロス・ コレクション」という名の現代アートの展示場に生まれ変わったというニュースを耳にした。しかも大人気でなかなか予約が取れないという。気になったまま時が流れていたのだが、先日ようやく中に入る機会が巡ってきた。

入り口で、まるで人が入ってくるのを拒むかのような重い扉を2つ押し開けて中に進むと、突然真っ 白な空間が開けた。頭上からは別のツアー客の声が聞こえてきて結構賑やか。きれいなロッカーに加 え、テーブルの上にはコーヒーが用意されている。外観とのギャップに驚くほかなかった。

e0038811_85415.jpg
OLAFUR ELIASSON "BERLIN COLOUR SPHERE", 2006 © NOSHE

中に入ってすぐ、デンマーク人作家オラファー・エリアソンによる虹色の光が空間を包み込む美しい作品に出会う。ポーランド人作家モニカ・ソスノヴスカのインスタレーションでは、暗いトンネルの中を屈みながら前に進んで行く。 世界的に著名な作家が、この場に密着して制作した作品ばかりとい うから何とも贅沢だ。彫刻、インスタレーション、映像を使った作品などが、3000㎡にも及ぶコンクリートむき出しの空間に並ぶ。

とはいえ、現代アートであるから、にわかには理解しがたい作品も少なくない。階が進み少々疲れてきた頃、ガイドさんが一歩奥へ入った踊り場へ招き寄せ、「ボロスさんが使っているエレベーターです」と言って指し示した。

ボロス・コレクションのオーナーは、アートコレクターであるほか、 広告会社を営んでいるクリスティアン・ボロス氏。彼は防空壕を改造する際、自分と家族のためのペントハウスを屋上に建ててしまったのである。

ボロス・コレクションのアイデアとスケールには半ば呆れるほどだったが、ベルリンのアートシーンはこういう突拍子もない発想をする人物によって常に刺激を与えられているのかと感じ入った。
ドイツニュースダイジェスト 3月16日)


Information
ボロス・コレクション
Sammlung Boros


内部見学はガイドツアーのみで(英独)、下記HPより事前の申し込みが必要。ただし、30分ごとに行われるツアーは、 定員が最大12人と決まっており、予約は数週間先まで一杯ということも。所要時間は約1時間半。展示品は定期的に差し替えられており、リピーターも多いようだ。入場料は10 ユーロ(割引6ユーロ)。

住所: Bunker, Reinhardtstr. 20, 10117 Berlin
電話番号:(030)2759 4065
開館:金14:00~18:00 土日10:00~18:00
URL:www.sammlung-boros.de


総統地下壕跡
Führerbunker


ベルリンで最も有名な地下壕といえば、第2次世界大戦末期、ヒトラーの命によって総統官邸裏に造られた通称「総統地下壕」だろう。ここに籠ったヒトラーが45年4月30日に自殺するまでの過程は、映画『ヒトラー~最後の12日間~』で描かれている通り。やはり完全には破壊できず、地下部分は今も地中に眠っている。

住所:Gertrud-Kolmar-Str.とIn den Ministergärtenの2つの通りの角に案内板が立っている。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-03-17 00:09 | ベルリン発掘(東) | Comments(7)

ドイツニュースダイジェスト 生誕150周年特集「森鴎外とベルリン」

e0038811_850815.jpg
往年のウンター・デン・リンデン ©Ichika Rokusou

明治時代を代表する文豪、森鴎外(1862 〜1922)。2012年は鴎外の生誕150年の記念年である。日本においてはもちろん、かつて鴎外が留学したベルリンでも、誕生日の2月17日にフンボルト大学主宰の記念式典が行われるなど、この文豪への関心がいま再び高まっている。

鴎外は1884年から88年までの約4年間、陸軍軍医としてドイツに留学し、その間ライプツィヒ、ドレスデン、ミュンヘン、ベルリンで学んだ。『舞姫』を挙げるまでもなく、とりわけベルリンは鴎外にとって思い入れの強い街だったようで、後の作品にも繰り返しその影響を読み取ることができる。

この機会に改めて鴎外の作品と向かい合ってみてはどうだろう。昨年、その著作『鴎外の恋 舞姫エリスの真実』(講談社)を通して、エリスのモデルとなった人物エリーゼ・ヴィーゲルトについて決定的な新事実を発見したベルリン在住のフリーライター、六草いちかさんに話をうかがった。いざ、鴎外の生きた19世紀末のベルリンへ!(インタビュー・構成:中村真人)

More
by berlinHbf | 2012-03-06 16:44 | ベルリンを「読む」 | Comments(4)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング