ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ベルリン最大の港、ヴェストハーフェン

e0038811_69911.jpg
Westhafen (2011.07.25)

一体どこの街の港と思われるかもしれませんが、れっきとしたベルリンの中心部です。ティーアガルテン地区のモアビットにあるヴェストハーフェン。地下鉄U9のWesthafen駅を降りて、人気のない運河の方を歩いて行くとこの風景が見えてきます。

それにしても、7月末とは思えない天気ですよね^^;)。

e0038811_693969.jpg
水路の要衝にあるヴェストハーフェンは、実はベルリンで最大の港。すぐそばに貨物駅があることからもわかるように、船で運ばれてきた物資がここから陸路を通して運ばれてゆきます。

e0038811_69224.jpg
20世紀初頭に造られたレンガの倉庫が並び、これらがベルリンの中心部の中でも異色の風景を形作っています。

e0038811_610675.jpg
ここにはちょっとした用があって来たのでした。中央やや左手に見える建物(昔の穀物貯蔵庫)の中に、ベルリン国立図書館の新聞アーカイブがあります。国立図書館の2つの本館は中心部ですが、どういうわけか新聞部門はこんな辺鄙な場所にあるのです。ここには1740年のベルリン最古の新聞から現在に至るまでドイツを中心とした様々な新聞が収められています。ここに来るのはかれこれ7年ぶりでしたが、戦前の新聞をマイクロフィルムで眺める作業は、なかなか楽しいものでした。

e0038811_695037.jpg
1つ上の写真の眺めから後ろを振り返ると、引き込み線の上に小さな電気機関車と貨物が寂しそうに横たわっていました。線路の状態からすると、この上を走ることはもうないのでしょう。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-07-27 23:57 | ベルリン発掘(西) | Comments(4)

夏祭りの思い出&ベルリンに戻りました

e0038811_611587.jpg
日本での最後の日、子供の頃住んでいた街の知人の家を久々に訪ねました。横須賀の野比という海に近い街。昔から知っているおじさんやおばあちゃん、幼なじみらと久々に話していたら、今日ちょうど夏祭りの日だということを教えてもらいました。

e0038811_66532.jpg
ちょうどこれからハイライトの神輿かつぎが行われるというので、居ても立ってもいられない気持ちになり、海から神社に続く道を歩いて行きました。すぐに向こうから、賑やかな声が聞こえてきました。

e0038811_3234843.jpg
新しいカメラを肩に掛け、急いで神社の方に先回りし、神輿が近づいてくる様子をカメラに収めました。神社に近づくにつれ、山車から放たれる太鼓の音が増してきます。懐かしい太鼓の響き!この場所で聞くのは25年ぶりぐらいでしょうか。子供の頃は、毎年山車を引っ張ってお菓子をもらうのが楽しみでした。

e0038811_612477.jpg
白髭神社の境内に上って、下の様子を眺めました。男たちが「ワッショイ、ワッショイ」の掛け声と共に、神輿を自在にまわし始めます。

e0038811_324475.jpg
e0038811_325617.jpg
やがて、彼らも境内に上ってきて、祭りのクライマックスへ。激しさを増す掛け声に飛び散る汗。いやはや、すごい迫力でした。日本での最後の日に思いがけずいいものが見れたなあ。

e0038811_3251618.jpg
7歳の時まで、海からほど近いこの辺りに住んでいました。

その日の夜、初めて羽田経由でベルリンに戻ってきたのですが、テーゲル空港を出た瞬間、これが7月かと思うぐらいのあまりの涼しさにびっくり。いくつものトランクをかついで自宅の階段を上っても汗さえかかないほどで、日本のあの蒸し暑さは何だったんだろうと不思議な気分にもなります。快適なことはこの上ないけれど、ベルリンの夏も早く戻ってきてほしいものです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-07-23 23:57 | ドイツから見た日本 | Comments(2)

アウトバーンを自転車で走れる日

e0038811_1740297.jpg
アウトバーンAVUSを走るサイクリストの群れ

1年に一度だけ、アウトバーンを自転車で走ることのできる日があるのをご存知でしょうか? 今回は、その名も「シュテルンファールト(Sternfahrt = 星の走行)」という自転車デモをレポートしたいと思います。どうして「星」なのかというと、いくつもの地点から自転車が1つの目的地に向かって走る様を星の輝きに見立ててのこと。今年で35回目を迎え、ベルリンの伝統行事にも数えられるイベントに、私は今回初めて参加してきました。

e0038811_17455154.jpg
6月第1日曜日の10時15分、スタート地点の1つ、ブンデスプラッツ駅に向かうと、4車線の片側2面がすでに自転車で埋め尽くされていました。警察の白バイに守られ、広々とした車道を自転車で走るのは何とも気分が良いものです。自転車専用道が隈なく整備されているドイツでも、車と比べるとどうしても立場上弱いのが自転車。このシュテルンファールトは車中心社会に意義を唱え、サイクリストがより自由に走れる社会の実現を願って1977年に西ベルリンで始まりました。自転車の行列が車道を走る間、当然車は通行止めになるため、当初は露骨に攻撃的な態度を取るドライバーも少なくなかったとは、主催する全ドイツ自転車クラブの方の話。しかし、シュテルンファールトの規模が年々拡大し、社会的な認知度も高まった今、そういう場面はほとんど見られなくなりました。今年は例年より参加者の数が少なかったものの、それでも15万人。この行事は、今やほかの都市にも波及しています。

e0038811_17532230.jpg
シュテーグリッツのシュロス通りを通過

そのような背景から、政治色の強いイベントを想像していましたが、反原発ポスターや沿道で配られる緑の党の風船を自転車に括り付けて走っている人を時折見かけたものの、周りは近所に買い物に出掛ける感覚で参加しているおばさんから大勢の家族連れまで、和気あいあいとしたムードが漂っていたのが印象的でした。タンデムと呼ばれる2人乗りから本格的なロードサイクルまで、色とりどりの自転車を眺めるのも楽しかったです。

とはいえ、スタートからゴールを目指すとしたら、それ相応の距離を走ります。のんびりしていると、最後尾の白バイを追いかけることにもなるので、飲み物や簡単な食料の持参は必須。途中で調達しようなどとは思わない方が良いというのが、今回得た教訓でした。

e0038811_17402011.jpg
戦勝記念塔のあるロータリー「グローサー・シュテルン」がゴール地点

やはりハイライトは、終盤AVUSと呼ばれるアウトバーンを走ること。いくつものコースがここで合流し、一直線の道路がサイクリストでごった返す光景は壮観でした。4時間掛けて約40キロを走り終え、ゴール地点の戦勝記念塔が視界に入って来た時は、嬉しさと同時に達成感が込み上げてきました。ここからブランデンブルク門にかけては、環境フェスティバルの屋台が多く並び、私はオーガニックのビールで一息。こんなに楽しいデモに参加したのは初めてかもしれません。
ドイツニュースダイジェスト 7月22日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-07-21 10:56 | ベルリン発掘(全般) | Comments(2)

講演会が終わりました

e0038811_11473693.jpg
梅雨が明けた三浦海岸にて(7月10日)

先週土曜日、横須賀三浦教育会館での私の講演会「『ベルリンの壁』とは何だったのか?」が無事終わりました。

今回の講演会は、私が中学1年生の時、地理の授業を教わった山田研一先生(私に東西ドイツやベルリンを最初に教えてくださった先生)が、定年後に横須賀三浦教育会館に勤務されているご縁から実現したものです。家族や義理の両親、幼い頃からお世話になっている方々や学校の恩師といった身近な人から、日頃このブログや私の書いたものを読んでくださっている方まで、100人を越える方々にお越し頂けたのは、大変うれしい驚きでした。

e0038811_14155421.jpg
講演会の中でお話しした、1961年に壁を越えて西に亡命して来たゲルハルト・メシングさん(以前こちらでもご紹介しています)の息子のオラフさんがこの日埼玉から来てくださり、講演の最後にご紹介できたのもうれしい出来事でした。少し時間が余ったので、オラフさんと一緒に質疑応答の時間を作り、ここでもベルリンの歴史から日本の震災後のドイツの動きまで率直なご質問をいただきました。

講演会でお話しするというのは私にとって初めてで、家で練習をした時は全然うまくいかず、正直投げ出したい気持ちにも駆られていました(笑)。昨年自転車でヨーロッパを回り講演も経験した下の弟のアドバイスの甲斐もあって、何とか無事に講演が終わると、インターネットとはまた違う知識や経験を共有する面白さを味わい、機会があればまたやってみたいという考えに変わっています。今回の日本滞在の中でも思い出深い1日となりました。ほっと一息つくと共に、ご支援いただいた方々に心よりお礼を申し上げます。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-07-12 14:21 | ドイツから見た日本 | Comments(10)

発掘の散歩術(12) - 眠りから覚めたシュプレーパーク -

e0038811_11102023.jpg
一見、行楽客で賑わうどこかの遊園地の写真かと思われるかもしれない。だが、よく見るとどこか違う。恐竜のオブジェは無惨にも肢体がバラバラになり横たわっている。奥の大きな観覧車は錆び付き、人を乗せて回ることはもはやない。

ここは「かつて」遊園地だった場所なのである。5月末、ベルリンの演劇シーンをリードするHAUことヘッベル劇場の企画「Lunapark Berlin」で、トレプトウ地区にある「シュプレーパーク」が長い眠りから覚めた。

シュプレー川に面した89ヘクタールの広大な森、プレンターヴァルトの北側にあるアミューズメントパークの歴史は東ドイツ時代にさかのぼる。1969年、東独唯一の常設遊園地である、クルトゥアパーク(文化公園)・プレンターヴァルトがオープンした。西側のテーマパークに比べると、アスファルトがむき出しのシンプルな外観だったそうだが、高さ45メートルの観覧車といった目玉のアトラクションが人々を引き寄せ、年間170万人が訪れたという。

1990年からは西独出身の経営者が引き継ぎ、シュプレーパークと名前を変えて再出発。観覧車の下のアスファルト部分を池に造り替え、さらにローラーコースターや西部劇村などが加わって、よりテーマパークらしくなった。一方で、90年代後半以降の経営は借金との戦いになり、訪問客も年間40万人にまで落ち込んだ。2001年、シュプレーパークは倒産、経営者たちはペルーに夜逃げした。

e0038811_11301247.jpg
あれから10年、シュプレーパークは今どうなっているのか。東独時代からの遊園地が4日間限定でよみがえるという企画は多くのベルリーナーの心をとらえたのか、最終日に訪れてみたところ、入り口前には長い行列ができていた。5ユーロの入場料を払って中に入ると、遊園地はほぼ手つかずの状態で残っていたが、さすがに10年の間に、コースターの滑走路は錆び付き、草木は無造作に生い茂り、ところどころにビオトープが出現しているという具合。子どもたちは廃墟のアトラクションと戯れ、大人たちは物珍しそうにカメラのシャッターを切る。期間中、いくつもの見学ツアーのほか、ショーやコンサートも行われ、大いに盛り上がっていた。

e0038811_11101334.jpg
だが、これが遊園地だった過去を懐かしむだけのイベントでないことは、明らかだ。観覧車の近くに、1枚の大きなパネル写真が置かれていた。チェックポイント・チャーリー跡でアメリカ兵に模した青年と観光客が並び、2人の顔の部分だけ穴が空いている。そこに自分の顔をはめ込んで記念撮影をするという、観光地で見かけるあれだ。この東西検問所跡に行ったことのある人ならわかると思うが、ひっきりなしに訪れる観光客が兵隊の格好をした若者と笑顔で記念写真に収まり、あっという間に立ち去って行く様子は、遊園地のそれと何ら変わるところがない。現在ベルリンの観光業は右肩上がり、新しいホテルは増える一方だが、「ベルリンが観光客向けの1つの巨大なアミューズメントパークになりつつあることへの問いかけをしたかった」とキュレーターのシュテファニー・ヴェナー氏は語る。

シュプレーパークの将来はいまだ白紙だという。この場所の将来を考えることは、ベルリンの未来を問うことでもある。
ドイツニュースダイジェスト 7月8日)


Infornation
シュプレーパーク
Spreepark


通常は中に入れないが、実は定期的に内部見学ツアーが行われている。旧シュプレーパーク入り口が集合場所で、約2時間ガイドの説明と共に、廃墟と化した遊園地をじっくり歩いて回る(要予約。参加費は15ユーロ。ツアーは基本的に週末に開催されるが、日程の詳細は以下ウェブサイトをご参照下さい)。

住所:Kiehnwerderallee 1-3, 12437 Berlin
電話番号:(0176)831 43 138
URL:www.berliner-spreepark.de


ヘッベル・アム・ウーファー
Hebbel am Ufer (HAU)

e0038811_1122660.jpg
2003年、クロイツベルクの川沿いの大中小3つの劇場が統合して生まれた1つの劇場組織。芸術監督のマティアス・リリエンタールが「常に『摩擦を起こすこと』を試みている」と語る通り、革新的な作品を世に送り続けている。年間120ものプロジェクトが手掛けられ、今回のように舞台が都市そのものになることも。

住所:Hallesches Ufer 32, 10963 Berlin(チケットオフィス)
電話番号:(030)259004 0
URL:www.hebbel-am-ufer.de

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-07-08 11:31 | ベルリン発掘(東) | Comments(0)

日本滞在も早後半に

e0038811_1934632.jpg
実家の近所の神社より

○早いもので日本滞在もあっという間に後半に入った。昨日は2人の弟が実家に帰って来たのだが、帰宅の時間帯やそれぞれの予定が別々で、結局家族全員が揃うことはなし。一番下の弟も今年から社会人になったので、揃って会うのはなかなか難しい。

○「ベルリンの壁」についての講演会まで1週間後を切った。講演会自体が初めてだし、うまくまとめられるかどうか、いくらかは不安もある。そんな中、自分にとって1つの支えになってくれているのが、ベルリンを発つ直前にお会いしたドイツ人の知人の体験談だ。ちょうど50年前、命をかけて鉄条網を越えた時の話、その後数年間シュタージに監視されていた時の生々しい実話。このお話を聞いて受けた驚きや感銘を自分の言葉で伝えたい。私が日本に帰って来てから、その方は家の押し入れに眠っていた自分に関するシュタージのファイルを探し出し、スキャンしてわざわざ送ってくださった。講演会ではどこまで上手に話せるかわからないが、とにかく思うのは、単に本を読んでまとめただけではない話が少しでもできればということ。再度のご案内になりますが、お時間とご興味のある方、よかったらいらしてください(詳しくはこちらより)。

○日本に帰って来ると、いつも何かしらの刺激を受けるのだが、今回新しくやってみたいと思うことが1つできた。それは定期的に走ってみようということ。先日、初めて人間ドッグというものを受けて、(まだ正式な結果は出ていないのだが)日頃あまり意識していなかった自分の健康についてみつめ直す機会を得たこと。そして、ちょうどその時村上春樹の『走ることについて語るときに僕の語ること』(文春文庫)を読んでいて、書くということを(もちろんそれだけに留まらないが)末永く続けていくためには、肉体的な健康を維持することが大事だと考えたからでもある。幸い、真ん中の弟が元駅伝選手で、今でも週末にはジョギングのコーチをしているくらいので、昨日一緒に近所を少し走り、いくつか手ほどきを受けた。弟が言うには、「(長く続けるためのコツは)もう少しいけるかなと感じるところでやめておくこと」だとか。なるほど。ベルリンのアパートの近くには大きな市民公園があるし、環境には恵まれている。少しずつ、そしてできるだけ楽しく続けていこう。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-07-04 19:27 | ニッポン再発見 | Comments(3)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング